Haiku of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > Haiku

Copyright(C) 小林 千早都

宿る(2016.09.09)

宿る

・あの日からゆるりゆるりと坂下りて今は地の底這いずりまわり  
・過剰かと思えど深き愛止まず心の底に押し込むばかり  
・びしょびしょになれど心の渇きには届くことなくただ流れゆく

赤ワイン(2015.10.03)

赤ワイン

・つぎはぎの記憶を剥いで触れる芯
・埋火をなだめて消してまたつけて
・胸の内君を抱きて赤ワイン

本と記憶(2015.06.28)

本と記憶

・先ほどの記憶怪しく反芻し呆け始めの怖さを綴る  
・読みかけの本を積んでるベッドサイド少しは血となり肉となったか  
・本を閉じ瞼を閉じてあの人を浮かべてなんぼ沈めてなんぼ

アクセント(2015.05.23)

アクセント

・イヤリングねじでぎゅぎゅっと締め付けてあなたをいつも感じるように 
・重ねれば重ねるほどに悲しくて繋がったまま死にたいあなたと 
・うなだれしモノおっ立ててカラ元気あとでストンと落ちるも必至

齢(2015.05.10)

・齢重ねとがった心も丸くなり君に抱かれてもっと丸くなる
・いくたびも君の旋律流れてはあの日が滲む涙に揺れる
・次逢える日がいつなのか知りもせずココロの準備カラダの準備

眠れない夜(2015.02.22)

眠れない夜

・あの人もこの人も忘れられないと
        そんな記憶は黒塗りしてやる 
・肝心なその一言が言えぬまま
        くいと曲がった足の親指 
・眠れない夜をあなたのせいにして
        まぶたに映す違う男を

凍える(2014.12.14)

凍える

・突然のあなたのキスは空気銃
        一気に身体を射抜いてしまう
・氷ならとかしてみせるこの愛で
        けれどとけないあなたの心
・体温を交えぬままにさようなら
        凍え死んでも知らないんだから

カラカラ(2014.11.23)

カラカラ

・猫じゃらしついつい我もじゃらされて人の顔した猫現れる
・なつかしき雨の匂いを吸い込みて満たされてゆく生き物の性
・たっぷりの水を水を水をください激しい愛は渇きやすくて

生きる(2014.10.09)

生きる

・こなごなになりて宇宙の塵となり散らばっていく日の遠からじ
・交差点前後左右も赤信号なら突っ走れ思うがままに
・起き抜けの珈琲ぐっと香り立つ今日も一日生きてみないか

金魚すくい(2014.08.05)

金魚すくい

・間違えて押してしまったYour Numberゴメンナサイでも確信犯です
・もうこりごりわかっていても落ちる恋ただ見てないですくってください
・コーヒーにミルクを入れてぐるぐると溶けてゆきたいわたしあなたと

たゆたう(2014.05.07)

たゆたう

・さえずりのなき朝ゆれてゆれてゆれて
・揺れるとも大地にしがみつく我ら
・「地震なんてないよ」小舟でどんぶらこ

姫よ秘めよ(2014.02.17)

姫よ秘めよ

・青春はサラダみたいと君が言うさくっといけるさらっと終わる
・イヤリング外し束ねた髪ほどき歌のようには行かぬ展開
・水底に沈めてみたし君となら暗き世界も竜宮城に

未熟なオトナ 【大人短歌計画 jukebox4号に掲載】(2013.10.19)

未熟なオトナ

・おしゃべりはこしょこしょつなぐ手のひらと耳をくすぐる小鳥のキスと
・一本ずつ指を舐めたり咥えたりその形状を覚えるくちびる
・気持ちよくなりたいからこそ気持ちよくなってほしいとキミをふくんで
・尖っても焦らして焦らして焦らされてうるうるしてるじんじんしてる
・キレイゴト並べる壁をど突かれてめくれてちらり下品な本性
・これ以上奥はないのに千本ノック降参という言葉は御法度
・キミゆえにワタシは今日も大洪水決壊すれば命危うし

止まない雨 (2013.10.16)

止まない雨

・止まないね止まない雨などないわでも止むまで居たいあなたの傘に
・鉢の中の金魚と心入れ替えてあなたに見られる私でいたい
・せつなさのかたちはまんまるころころと涙の川へころころぽちゃん

斎藤茂吉短歌ポスト【佳作(PDF)】(2013.08.01) 

・せつなさを埋めるかさらに増やすのか触れ合う肌がやや躊躇して 小林千早都      

手をつなぐ (2013.06.12)

手をつなぐ

・道失ふときはあなたと手をつなぎ        
・さびしさもぎゅっとつかんで共有し
・怖いもの知っているから手をつなぐ

時間差攻撃 (2013.03.10)

時間差攻撃

・ボタン押し落ちてくるまでひと呼吸
        ペットボトルよ何を迷わん
・ワンテンポ遅れて開く自動ドア
        ごつんとやってごめんといって

鬼の仮面 (2013.02.04)

鬼の仮面

・深入りはしないよそれが大人だと
        冷たく笑う君はやはり鬼
・目尻よりあふれる涙ぬぐうのに
        ポンと渡せりティッシュの箱を
・幾日も待てど来るのは鬼ばかり
        仮面を剥げば福にならぬか

夢惑い (2013.01.04)

夢惑い

・目覚めればあなたがそばにいる夢を
        何度見ただろう何度泣いただろう
・手のひらにふわりのったりすり抜けたり
        たわむれなのか本性なのか
・手をにぎり指先だけのぬくもりを
        まじえてなんぼの命あるかな

予知夢 (2012.11.26)

予知夢

・きっとただの思い過ごしと知りつつも
        一パーセントにかけてみたくなる
・あの夢の中のたわむれ心地良し
        そのうち叶う予知夢であれば
・はやし立てられれば信じてみたくなる
        本人確認取れてないのに
・二人だけのないしょ話をまた一つ
        増やした分だけ距離の縮まる
・ふいにメガネはずしてあなたが急接近
        ふれていいのねなぞっていいのね

皆既月食 (2011.12.11)

皆既月食

・各地より瞳集めしフルムーン
・月食の顔そむけつつ赤らめる
・満月を丸ごと飲みて吐き出せり

鬼笑ふ (2010.04.25)

鬼笑ふ

・熱燗に酔ふも寂しき春の宵
・幸せか隣りに眠る人の息
・次の芽の吹くとき我の命なし

平成万葉集 【入選】(2009.04.29発表)

・昇り行くエレベーターで目を閉じる違う私になって降りるため  小林千早都

新年によせて三句 (2009.01.01)

新年によせて三句

・真っ白な暦美し年初め
・子(ね)の過ぎて待たせた丑の大あくび
・前向きな言葉選びて春祝ふ

膝がしら (2008.04.16)

膝がしら

・膝がしらぶつかい合ひて寄り添ひて
        ずっとこうしていたいと思ふ
・好きという言葉の先に何かある?
        ないのは気楽ないのは寂し
・聞きたくないセリフを塞ぐキスキスキス
        薔薇になろうか棘になろうか

何度も何度も (2007.10.05)

何度も何度も

・肉焼きてまた肉焼きて肉焼きて
        悲しみを焼く煙となるまで
・とめどなく溢れる思いぎゅっと抱く
        心で泣いてカラダで泣いて
・思ひつつ眠れど君は現れず
        思ひ足りぬか思ひ過ごしか

気付き (2007.07.16)

気付き

・スーパーに足踏み入れてふと気付く
        買いたいものなどなかったことを
・次々と悲しみばかり続くから
        つい幸せを見落としてしまう
・世界よりも日本よりも家族よりも
        我にうずくまる我は小さき

昔の記憶・・・出産編 (2007.04.30)

昔の記憶・・・出産編

・陣痛から助けを請ひて一昼夜
・腰骨を砕きて命現れぬ
・赤子抱く医師の笑顔に感謝する
・もう二度と御免だ母になった夜
・今だから言える産むとはおそろしや

風強し (2007.02.02)

風強し

・いつの間にどうして疎遠になったのか
        問い詰めぬまま再度乾杯
・愛だとかつべこべ言わず抱き合えた
        原始の時代へ君と還らん
・あなたとならいい子が生まれる間違いなく
        一瞬だけど本気で思った

【題詠】100題100句 (2006年春から秋にかけて)

【題詠】100題100句

1 風     春風の召しますままにシャボン玉
2 指     赤ん坊の指ほどの芽のぷくりぷくり
3 手紙    煙る空一枚一枚手紙燃す
4 キッチン  キッチンに飛び込む虫を閉じ込めん
5 並     人並みと言われてなんぼのフレッシュマン
6 自転車   置き去りの自転車しくしく主人待つ
7 揺     揺られても揺られても揺り戻す愛
8 親     花見の宴突如疼くは親知らず
9 椅子    値札つき賞味期限つき黒い椅子
10 桜     満開の桜に寄り添ふ酔ひの果て
11 からっぽ  からっぽのポケット一つ二つ叩く
12 噛     飼い犬にがぶと噛まれし梅雨近し
13 クリーム  ぱっくりとクリーム咥えあっぷっぷ
14 刻     背比べ柱に刻んだ日は遠く
15 秘密    手をつなぎ心の秘密探り合い
16 せせらぎ  せせらぎを心に持ちて君に会ふ
17 医     白衣の人みな医者と言ふ留学生
18 スカート  裾踏みておっとっとっとっスカート嬢
19 雨     雨の中君待つ傘の中も雨
20 信号    胸痛し今宵は誰の信号ぞ
21 美     付き合ってみなけりゃわからぬ心の美
22 レントゲン レントゲン心の襞まで読めるかい
23 結     もやい綱君にしっかと結びおり
24 牛乳    リットルで飲み干す牛乳もう一杯
25 とんぼ   赤とんぼ雲無き空をホバリング
26 垂     炎天下汗水垂らすユニフォーム
27 嘘     ぱっちりと目を開け嘘も見つめおり
28 おたく   尻小さき女子追いかけるおたくかな
29 草     梅雨時は好都合なり草伸びる
30 政治    エンタメになりて政治のふわふわり
31 寂     寂しいと言えば負けるなら負けよう
32 上海    上海に一度おいでとネット友
33 鍵     もう要らぬ鍵を投げ込む夏の川
34 シャンプー それTSUBAKIこれはメリットシャンプー香
35 株     地震予知より難しい株チャート
36 組     雪・月・花・宙も加えしヅカの組
37 花びら   花びらを背中につけて君帰る
38 灯     ひとひらの花にも灯りをあげましょう
39 乙女    横顔に乙女の輝き君六十
40 道     今日明日の行方は知らぬ道しるべ
41 こだま   こだまくんひかり・のぞみに愛想良く
42 豆     君ゆえに秘めた豆粒ぷっくりと
43 曲線    曲線をぐいと伸ばして秋の空
44 飛     飛びもせず潜りもせずにオフィスの夏
45 コピー   手が足りないコピーは何人必要か
46 凍     熱風の凍てつく心溶かすかな
47 辞書    こぼれてる私の辞書は穴だらけ
48 アイドル  アイドルはいくつになってもポーズ決め
49 戦争    戦争の匂い薄れて平和ボケ
50 萌     燃えるでなくくすぶるでなし萌えの時代
51 しずく   葉に残るしずくがキラリ午前五時
52 舞     せわしなく蜜を探して舞うアゲハ
53 ブログ   ブログから真実読み取る夏の汗
54 虫     虫の声今夜は移動演奏会
55 頬     頬についた肉はまるめてポイポイと
56 とおせんぼ とおせんぼひょいと乗り越え君は去る
57 鏡     夏過ぎて鏡に映る怖い顔
58 抵抗    いやだいやだ抵抗しても秋が来る
59 くちびる  くちびるのぬめりを剥がす風痛し
60 韓     韓国語表示の増える山手線
61 注射    休みぼけちょいと注射が必要か
62 竹     懐石の料理は竹を選ぶかな
63 オペラ   「オペラ座の怪人」海に轟けり
64 百合    白百合の花びらするするめくり上げ
65 鳴     鳴く場所を選びて猫のまるくなり
66 ふたり   夏はるかふたりの記憶に霞降る
67 事務    事務的な言葉に隠す恋心
68 報     ポッポッポッ時報の余韻は長々と
69 カフェ   待ち合わせ秋の日差しがカフェ照らす
70 章     章立てをなぞりて進むは恋にあらず
71 老人    老人の行く手にまあるいお月様
72 箱     アイデアの次々飛び出すおもちゃ箱
73 トランプ  トランプを並べて遠くの春思ふ
74 水晶    身につけし水晶パワー身に重し
75 打     先手打つのは得策か冷戦下
76 あくび   連鎖するあくびの先に日向猫
77 針     針穴をそっと隠せり新素材
78 予想    予想する初冠雪と台風と
79 芽     小さな芽つけてゆっくり伸びる秋
80 響     空高しブランコきぃと響くかな
81 硝子    さらりさらり硝子を擦る枯葉かな
82 整     ウォーキング終えて呼吸を整える
83 拝     君の愛拝み倒して奪い取る
84 世紀    現実味日々増して行く世紀末
85 富     脳ある人豊富な知識を小出しにする
86 メイド   秋葉原メイド喫茶の花盛り
87 朗読    朗読に耳を傾け白昼夢
88 銀     銀色の受け月相手に杯を挙げる
89 無理    無理と言うを一押し二押しスタッフ業
90 匂     街歩きあなたの匂いを探してる
91 砂糖    蟻行列せっせと運ぶ砂糖粒
92 滑     滑り止めあってつまづく不運かな
93 落     落ちてなお花でありたい女の欲
94 流行    暮れてゆく流行り言葉と口癖と
95 誤     情入りて誤診恐るる医師の顔
96 器     君を受く器となりて夜長し
97 告白    句に秘めし告白そっと送る秋
98 テレビ   石ころを並べしテレビ蹴っ飛ばす
99 刺     輝けリ秋刀魚の刺身はこってりと
100 題     ひねったり曲げたり折ったりお題目

行きつ戻りつ (2006.12.13)

行きつ戻りつ

・控えめの愛をあなたにふりかける
        燃えないように消えないように
・加算法ならば楽しい恋なのに
        今日も何だか罰点増える
・次に会う日を決めないと帰れない
        あてなき夜はイヤだよもうイヤ

遠い一歩 (2006.11.13)

遠い一歩

・三回も食事をしたけどそれだけの
        私はやっぱり友達ですか
・行くぞぉと思うときほど奪えない
        北風触れる君の唇
・君に出すことのできない手紙たち
        ぎゅっと絞って歌に詠みけり

春なのに (2006.02.24)

春なのに

・美しい嘘は美味しい肴なり
・身をかばう肩なし傘なし恋しぐれ
・チンすれば元に戻るか冷めた恋

冬の迷子 (2006.01.11)

冬の迷子

・何日も先の約束欲しくって
        にらめっこするスケジュール帳
・「酔ってるんだ」引き寄せながら君は言う
        ここで泣こうか笑っておこうか
・一連の手順すぱっと省略し
        ぎりぎり重ねるきりきり痛む
・さよならに向かって落ちる砂時計
        ねえもう一度ひっくり返そう
・言いたいこと言える言えない言えるかも
        あなたは今日も行ってしまった

カタチなき想い (2005.12.21)

カタチなき想い

・人間の心の裏の恥ずかしさ
        ぺろりとめくる罪深き人
・理性とか分別だとか羞恥とか
        今の二人には邪魔者ばかり
・我おもう人よ今夜はその腕に
        誰を抱くのか長い長い夜
・ゆっくりと回れよ恋の観覧車
        できればここで止まっておくれ

遠い月 (2005.10.30)

遠い月

・待ち疲れ眠ってしまった後の朝
        あほうあほうとうるさきカラス
・目が覚めて醒めるぐらいがちょうどいい
        恋は夢ごと愛はたわごと
・ぼんやりとしていなければ悲しくて
        誰待つでなし待つあてもなし
・冬篭り間近の心パリパリリ
        水与えねばバラバラバララ

一人の食卓 (2005.10.27)

一人の食卓

・少年の心を持ってる君がいい
        人の夫ゆえ言えることだけど
・キスしてとねだればキスをしてくれる
        ただそれだけのでもそれなりの
・奪ったりしませんちょっと借りるだけ
        わかってくれる?そんなわけないか
・会えただけでうれしいなんてきっと嘘
        しょんぼり帰るお家は遠い
・キュウリ・トマト・ナス・ニンジンと並べたら
        華やかなりし一人の食卓

春の夢 (2004.04.05)

春の夢

・かたわらに居るとココロが近づいて
        どうにかなってしまいそうな夜
・触れられぬ前からココロ溶け始め
        ひとり勝手にスタンバッテル
・酔いしれてうそもまことの宵桜
        だれのせいでもない夢の咲く

恋猫五様 (2004.02.23)

恋猫五様

・鼻先のセンサー頼り恋探し
・三食より恋に走りて春うらら
・通い猫エサの切れ目が縁の切れ目
・夜鳴きする声のうるせぇ恋がたき
・恋猫の老いて鏡をのぞき込む

夏の終わりに (2003.09.08)

夏の終わりに

・飲み干してしばらく置いてまたひと吸い
        薄まってゆく君待つ気持ち
・クリップを二本絡ませぐるんぐるん
        外れたくない外したくない
・都会でも見える星座のひとつふたつ
        ひとり数えてお家に帰ろう

台風の爪 (2003.08.10)

台風の爪

・ジャンプ傘ひらけた途端ぐしゃぐしゃり
       骨抜きのまま頭にかぶる
・低木の根元は鳩の避難場所
       のんきに食うやつキョロキョロするやつ
・日に焼けた花をいたぶり叩きつけ
       そそくさと逃げる台風10号

はじまりはいつも (2003.07.04)

はじまりはいつも

・東口バスターミナルで宝くじ
       君に当たるか我に当たるか
・くちづけの前までは多分お友達
       そこから先は親しい友達
・くちびるをそっと離して見つめ合う
       うれしはずかしもう一度しよっ

自然の力 (2003.06.21)

自然の力

・雨の日は決まって君から来るメール
       心それぞれ雨に打たれて
・海底に深く沈みて抱く人の
       世界に呼吸を預けし夕べ
・遠ざけてもなおひかれ合うNとS
       コイル巻き巻き強める磁力

相聞~合鍵~ (2003.05.17)

相聞~合鍵~

・合鍵を持ちて帰らぬ人いずこ
       ふと気にかかる引っ越しの日に
・合鍵をせがみて貰ひし日のありて
       その形だけ引き出しの底

日帰り手術 (2003.05.09)

日帰り手術

・テレビで見るのとそっくりだオペルーム
・足裏に名前を書きて手術台
・電子音我の鼓動をつかみ取り
・歯の治療ほどの麻酔とみな笑う
・医師の手に委ねしメスの鈍い痛み
・ハイ終わり玩具の修理みたく言う

輪郭 (2003.05.02)

輪郭

・君を待つ時計の針はいじらしくゆっくりゆっくり進めておりぬ
・スピードを落とせばバランス失ひて君の支えが必要となり
・タイムリミットありて燃ゆるか恋花火はかなさゆえに幻かさね
・ダメという言葉奪われ堕ちてゆく底の見えない欲望の海

春ゆえに (2003.03.25)

春ゆえに

・この人はどんな抱き方するのだろう思ってしまった私の敗北
・相性をはかりて注ぐ混ぜる振る君の手つきをじっと見ている
・あいつのこと好きなのかと問う人の居て「そうなんです」と言うはずもなし

避けられない予感 (2002.12.30)

避けられない予感

・冷蔵庫に居るような日の言葉遣い冷たい響きは極力避けて
・やり残しあるからついつい早歩き身体むしばむ病を秘して
・手に足に時折血流滞る胸に来たならおそらく最期
・ひとり寝の夜は怖くて耳伏せる終わりの音が聞こえてくるから
・コーヒーに砂糖を溶かし込むようにカタチを消して君に飲まれたい

贅沢な時間 (2002.12.26)

贅沢な時間

・心の中すっかり占める人ありてあてもないのに予定を埋める
・しつこいと嫌われるぞと脅す我忘れられること怖がる私
・もしかしたら甘い期待に賭けてみる彷徨い人になるかな今夜も
・思うのは勝手の沙汰と言い聞かせ演じてみよう待つ女の役
・空白を埋めるだけの人は要らないきっと夢なら君に逢えるはず
・君の声鈴の音とともに舞い降りる嘘じゃないよね頬つねりつねり
・クリスマス飾りを終う閉店前静かな静かな聖夜が終わる

ある季節の言葉 (2002.12.20)

ある季節の言葉

・「どちらでも」いつもオプション投げるキミ
・「どうでもいい」なら早く言って言わないで
・「どうするの」試されているクリスマス

30000アクセス記念 (2002.11.20)

30000アクセス記念

・水飲めば飲むほど渇く喉みたい麻薬を断つにはすでに手遅れ
・ライオンの香りに誘われついて行く迷惑かもと疑いもせず
・緊張のゆるゆる解けるを我慢して平気装う冬の一日

五七五七七 (2002.07.30)

五七五七七

・人肌に冷めたコーヒー温めて君に注ぎし口移しの儀
・温かな砂を満たした砂時計返してもなお返し足りない
・心通わす君との扉開けるごとやさしくなれる自分に気づく

五七五 (2001.10.10)

五七五

・5・7・5言葉選びの残酷さ
・あれ言えばこれ抜け落ちる両刃
・伝えたい伝わらないの繰り返し
・your heart 針でつつくかくすぐるか
・100あれば1,2佳作のリボン付け

東京都が2000年1月に募集した少子化に関する川柳にて (優秀賞受賞)

東京都が2000年1月に募集した少子化に関する川柳にて

・夜泣きする声のきこえるあたたかさ    小林千早都