Keijou of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > Keijou

Copyright(C) 2004-2005 小林 千早都

形状記憶(1) (2004.09.06)

形状記憶(1)

 地下の店から上がると、突然カズが建物の影に私を引き込み唇を重ねてきた。
(それどういうこと?)
 呆然とする間もなくカズの舌が突き刺さる。後頭部をつかまれているだけに、
唇を開けなければ突き破られてしまいそうだ。あぁ、と力を抜いたその瞬間、
突入してきた舌が、今までずっと動くことを禁止されていた別の生き物のように
口の中を暴れ回る。錆びついて止まっていた歯車をぐりぐりと動かすように、
私の舌を攻めたてる。
(どうすればいいの?)
 呼応せざるを得ない舌が、カズの舌と追いかけっこをはじめる。口の中という
狭いスペースをかけめぐる二匹の子ねずみたちは、ときどき逃げ場を失いながらも、
なかなか動くことをやめない。体を支えていたカズの右手がそっと耳たぶをはさみ
頬を撫であげる。
(ダメ!リョウが上がってくる。見つかっちゃうよ。)
 巻きついた腕を振り払い、ありったけの力でカズを突き放す。それでもカズには
柔道の心得があるだけに、体勢をさっと持ち直し、彼が出てきたときには平然と
タバコを咥えていた。

形状記憶(2) (2004.09.07)

形状記憶(2)

「ごめん、待たせちゃったね。ちょっとトイレが混んでたんだ。」

 今ここで何があったか知る由もなく、リョウは駅に向かって歩き出す。
リョウの後ろに私、そしてカズ。三人は少しずつ距離をおいて歩く。
 リョウが振り向いて言う。

「電車、まだ時間あるんだろう?」
「ああ。」
「じゃ、それまでお茶でもしようか。」
「いいね。」
(そんなぁ。)
 どうせ私の心の声なんて二人に聞こえてないんだ。
 それにしても、どういう神経してるんだろう、カズは。
 なんでその、何ごともなかったような受け答えができるの?

形状記憶(3) (2004.09.08)

形状記憶(3)

 男二人の前に私が座った。
(ああ、カズ、マズい、口紅。)
 視線を盗んで身振りで教えると、カズはもらったばかりのおしぼりを
口に当て、おじさんのようにゴシゴシと顔を拭く。
 間に合っただろうか。彼は気付かなかっただろうか。私の方は大丈夫かしら?
 口に手を当てると、カズはそっと小さなOKサインをくれた。

 コーヒー片手に、他愛もない話が続く。いつものように冗談を飛ばしながら
話すカズ。私はぼちぼちと相槌を打ちながら、あの日のカズを目の前の人に
重ねる。カズ、本当にカズ、あなたなんだよね?

形状記憶(4) (2004.09.09)

形状記憶(4)

 改札口まで見送り、カズの後ろ姿を最後まで見届けて、リョウと私は
同じマンションに帰る。
 何も変わっていない。何も変わらない。そう言い聞かせるたびに、
心がミシッと音を立てる。
 あれはきっと夢だったんだ。そう思いたいのに、カズの舌の感触が
口の中に生々しく残っている。
 ダブルベッドの隣に居るリョウは、飲み疲れたのか、布団に潜り込むなり
軽い鼾をかいて眠っている。いつもなら、あーあと思うところだが、
今夜はそのことがありがたかった。

形状記憶(5) (2004.09.10)

形状記憶(5)

 目を閉じれば、ついさっきのことがコマ送りのようにゆっくり思い出される。
カズの舌はあんなに鋭かったんだ。カズの指はあんなにがっちりしていたんだ。
知らなかった、知らなかったよ、今日まで。だって、今まで一度も・・・。
涙がとくとくと湧いてくる。

 なぜ今日の、よりにもよってあんなときに?二人で居た時間は、二人だけの
時間は、昔、もっともっとあったのに、なぜ今になってこんなことを?
ううん、嫌いになったわけじゃないよ。今でもカズのことは好き。
でもそれはとっくの昔に封印したこと。いいえ、自分からしたんじゃない、
カズに拒絶されて、それで、しかたなく封印してきたんだから。
恋人のひきだしには入れたくないって、いつまでも友人でいたいって、
カズは私にそう言ったんだよ、覚えてる?大学一年の時だよ。

形状記憶(6) (2004.09.11)

形状記憶(6)

 あれから、そう、カズに拒絶された直後、なんだかとても悔しくて、
山道をバイクで飛ばしてたら、曲がりきれず山側に激突して、手とか足とか
血だらけになって、それでも何とか動いたバイクに乗って帰ってきたことが
あった。別に死のうとかそんなこと思ったんじゃないよ。ただ、腕に力が
入ってたのか、スピードを出し過ぎたのか、とにかく曲がりきれなくて、
あぁ山が私の目の前にぐんぐん迫ってくる、そんな感じだった。
 擦り傷だらでボロボロの私を見て、
「俺のせいだ、責任を取る。」
とか、わけのわからないこと言ってたけど、その意味はせいぜいケガ人の
私を丁重に扱うことでしかなかったんだよね。だって、決して恋人の
席には座らせてくれなかったんだから。

形状記憶(7) (2004.09.12)

形状記憶(7)

 カズと私、ボケとツッコミという意味で、とてもいいコンビだった。
サークルの場を盛り上げたり、揉め事の収拾をつけたり、この二人で
やれば朝飯前だった。事前にあれこれ相談しなくても、あうんの呼吸が
取れる。当然、周囲のみんなからは一線を越えた仲だと思われていた。
でも実際は、いくら二人っきりになっても、飲みに行っても、私が少し
ばかりちょっかいをかけても、友達の域を超えることはなかった。
 私って女性としてそんなに魅力ないのか、と落ち込んだことも
一度や二度じゃない。でも、他の男性から声をかけられることは
多かったから、それは外れているんだと思っていた。
 カズに付き合っている人がいる、っていうんだったらあきらめも
つくけど、そんな気配はちっとも感じられなかった。なんせ、
カズと一緒の時間は他の誰よりも私が一番長かったのだから。

形状記憶(8) (2004.09.13)

形状記憶(8)

 そういえば、大学卒業前に、カズから一度だけ誘われたんだっけ。
 何でそこに居たかはもう忘れたけど、二人で繁華街のはずれを歩いて
いたら、ふいに私の手を引っ張り、
「これからちょっと行かない?」
ってホテルを指差したカズ。真顔で下ネタ飛ばすのが常だから、
そのときもいつもの冗談だと思って、
「もしもし、お兄さん、急にどうしましたか?」
ってとぼけたら、ぶぅっとふくれて口を聞いてくれなくなった。
 本気で言ったのなら、何と返答されようともう一押しするはず。
そんな期待は見事に裏切られ、ぐっと押し黙られて気まずい空気に。
「唐突過ぎるよ、今になって急にそんなこと言われても・・・。」
「もういい、いいんだ、俺が悪かった。」
 あれは一時のきまぐれだったのだろうか。その後何度も、あの真意を
聞こうとしたけど、腫れ物に触るような気がして、今も聞けないままだ。

形状記憶(9) (2004.09.14)

形状記憶(9)

 それから二人とも社会人になっていろいろあったけど、ひょんな
はずみでカズの友人と意気投合。それがリョウ、今、隣に寝てる人。
意図してそうなったんじゃないよ。結果的に、それからも二人の共通の
友人ということでカズに会えるのが、私としてはうれしかったけど。
 リョウと私は仕事の関係で東京に移り住み、いつまでも同棲じゃ
世間が許さないということで結婚した。
 カズはずっと大阪だけど、しょせんは新幹線で二時間半程度の距離。
カズが東京にやってくる頻度も多く、出張ついでに三人で会うことも
しばしばだった。
 今回も、日帰りだけど最終に乗ればいいというので、三人で会った。
カズは重大発表として半年後の十月に大阪で結婚する予定だと宣言。

「いつの間にそこまでの彼女ができたんだい?全然聞いてなかったぞ。」
「俺だって男だよ。彼女の一人や二人できてどこが悪い?」
「まあまあ二人とも。カズ、おめでとう、良かったね。」

 突然のキスはその直後だった。

形状記憶(10) (2004.09.15)

形状記憶(10)

「無事家にたどりついたかい?」
 リョウの電話の相手はカズみたいだ。
「あの店うまかったな。また行こうな。次いつ来るんだい?」
 昨日会ったばかりの相手にいきなりそれはないだろうと思いつつ、
つい耳を傾けてしまう。
「おぉ、来月か。よっしゃ。また日が決まったら早めに連絡くれよ。
じゃあな。」

 来月カズが来る・・・今度会ってしまったら、一体どんな顔をすれば
いいのだろう。いっそ、適当に理由をつけて会わないようにしたほうが
いいんじゃないだろうか。でもそれじゃリョウが不審がるか。
 本当は、本当は二人だけで会ってカズの真意を確かめたい。
「ああ、あれはほんの一時の気の迷いだよ。悪い悪い。」
なんて笑い飛ばしてくれると助かるのになぁ。それとも・・・期待したら
裏切られるよ。期待しちゃいけないんだ。そう思い込もうとするほどに、
期待が膨らんでゆく。

形状記憶(11) (2004.09.16)

形状記憶(11)

 あれ以来、リョウの唇を受け止めるタイミングが微妙にずれている。
受け止める前に、どうしても一瞬のためらいができてしまう。この唇で
正しいのだろうか。私はこの唇をほしがっているのだろうか。もしかして、
これは代替品だったのではないだろうか。
 リョウの舌はとても柔らかい。マシュマロを食べているような気分に
さえなってしまう。これはこれで気持ちがいいのだ。けれど、けれど、
やっぱり比較してしまう。有無を言わせぬ鋭さを持つカズの舌。
その激しさをただ受け止めて合わせることことしかできなかった、
あのときのキス。
 唇と舌が触れ合った、ただそれだけなのに、体のあらゆる部分が
抱きとられたような錯覚。これは私の内なる願望なのかもしれない。
封印していた欲望の扉が、たった一度のキスで、いとも簡単に
こじ開けられてしまうとは、我ながら情けない。

形状記憶(12) (2004.09.17)

形状記憶(12)

 待ち焦がれる夏の太陽はなかなかやってこない。ただ、じめっとした
空気だけが運ばれてくる。
 今日こそは、カズに連絡をとってあのときの本当の気持ちを聞き出そう。
今日こそは・・・そう思いながらも、ついタイミングを失ってしまう。
こういうことは聞かないほうが幸せなのかもしれない。そう思うことで
自分を一時的には説き伏せられるものの、白黒はっきりつけたい性格が
すぐに顔を出してくる。
 誰にも言えないこと。間違ってもリョウには言えないし、こんなことを
あっさり打ち明けられるほどの友人はいない。いや、そんな友人こそが
カズだったのだから。

形状記憶(13) (2004.09.18)

形状記憶(13)

 異性間の友情は成立するのか。今まで多くの執筆家が活字で議論を
重ねてきている。
 私はといえば、厳密にはノーだと思っている。もし成立している例が
あるとすれば、それは何らかの阻害要因、やむを得ない事情があるのでは
ないかと踏んでいる。例えば、カズと私の場合は、カズに拒否されて
封印してきた私の想いというやつである。あれがなければ今頃はきっと
カズと・・・。
 いや、「たら・れば」はやめよう。過去をほじくり返せば何か出てくる
かもしれない。けれど、それは下手をすると過去の事象を覆すことにも
なりかねず、それにより、現在のステータスに変化を及ぼすことになる。
現在は現在で、将来に向かう時の流れに乗っているのだから、決して
コースアウトさせてはならないのだ。

形状記憶(14) (2004.09.21)

形状記憶(14)

 あれから間もなく一ヵ月。その日が近づくにつれ、カズに会いたい
気持ちと会いたくない気持ちが行ったり来たり、その振幅がどんどん
激しくなってゆく。表には出さないようにしているつもりでも、そばに
居るリョウは、何か気付いているのだろうか。
「女って大変だよね。いつもだいたい一ヵ月単位で体の周期が来るんだ
もんね。理屈ではわかってても、どうしてこんなに気性が違うんだろう、
って思うことが今でもあるよ。よくよく考えれば、体の周期に左右されて
いる、いや、もっというと、月の引力に忠実ってことで、それはそれで
素晴らしいことなのかもしれないな。」
 急にこんなことを言われてドキッとする。まったく、的が合っている
ようで、すっかり外れていることに、つい吹き出してしまいそうになる。

形状記憶(15) (2004.09.22)

形状記憶(15)

 どんよりした空。湿り気を帯びた生ぬるい風が辺りを包んでいる。
その日はついにやってきた。朝から体の中に鉛が入ったみたいに体が
重たい。オフィスを定時に出て、待ち合わせの場所へ向かおうとする
のだけど、はやる気持ちに反比例するかのように、足がちっとも
進まない。足より頭のほうが前に出て何度もつんのめってしまう。
 今回も、三人が集う店は前回と同じだ。あの日、あの場所で、
カズと私は・・・一ヵ月前の記憶が体の芯を熱くする。
「遅かったじゃない?どこかでひっくり返ってるんじゃないかと
心配したよ。」
 結局、十五分の遅刻。中ジョッキが二つともほとんど空だ。
「ごめん、待った?」
「ご覧の通り、そろそろ二杯目だよ。ビールでいい?」
「ええ。出掛けに上司につかまってしまって。ごめん。」
「まあまあ、もうそんなことはいいから。お兄さん、ビール三つね。」

形状記憶(16) (2004.09.23)

形状記憶(16)

 今までと何ら変わらないリョウとカズ。それに比べて私ときたら、
ひとりでワクワクドキドキイライライジイジをしていたのかと思うと、
何だか急にばかばかしくなってきた。この一ヵ月、いったい私は何を
していたのだ、と。
 リョウが席を外したとき、カズに思い切って訊いてみた。
「このあいだのあれってどういう意味だったの?」
「ああ、もう気にしないでくれ。」
「気にしないで、って言われても・・・。」
「俺が悪かった。」
「そんな、謝られても困るよ。なぜあんなことを?単なる気まぐれ?」
「気まぐれなんかじゃない。」
「じゃあ、何なのよ?」
「それは・・・。」
「どうしたんだい?二人とも、怖い顔して。」
 もう少し、というところでリョウが戻ってきた。

形状記憶(17) (2004.09.24)

形状記憶(17)

「いや、大したことじゃないんだ。ちょっとつっかかられて、
タジタジだったんだ。リョウが戻ってきてくれて助かったよ。
さぁ、飲み直そう。」
「今日は虫の居所が悪いようだな。」
「そうかもしれない、ごめんね。」
 今日はもうこれぐらいが限界かもしれない。
「やっぱり今日はあんまり調子良くないみたいだから、私、
申し訳ないけど先に失礼するね。お二人さん、ごゆっくり。」
「リョウ、一緒に帰ったほうがいいんじゃないか?」
「ううん、せっかくの機会なんだし、たまには男二人でじっくり
飲むのもいいじゃない。大丈夫、私は一人で帰れるから。」
「そうか?じゃ、気をつけてな。俺もほどほどには帰るから。」
「ええ。」

形状記憶(18) (2004.09.25)

形状記憶(18)

 じゃあ、と言いながらカズを盗み見る。苦渋に満ちた顔が何かを
伝えようとしている。けれど残念ながら、私にはそれが何なのか
読み取ることができない。
 席を立ち、店を出る。追いかけてきてほしい。到底ありえない
ことを心の底で望みながら、階段を一歩一歩上ってゆく。カズと
二人で話したい。もっと話したい。ここで一ヵ月前に起きた事象が
リアルによみがえってくる。あふれる涙は止まることを知らない。
決して追いかけては来ない人の姿を何度も何度も振り返っては探し
落ち込んでゆく私。
 せめて、
「あれは単なる気まぐれだったんだ。」
とでも言ってくれれば救われたのに、
「気まぐれなんかじゃない。」
なんて。どうして妙な期待を持たせるのよ?!カズのバカ!

形状記憶(19) (2004.09.26)

形状記憶(19)

 どこをどう帰ってきたのかどうしても思い出せない。ちゃんと
電車に乗ったのかもしれないし、ひょっとしたら途中タクシーを
拾ったのかもしれないけれど、気がつくと、眼の前にリョウと
二人で住んでいるマンションの入り口があった。
 洗面所の鏡には、泣きはらした顔が映っている。早く冷やさなきゃ
マズイよ、リョウが帰ってくるよ。何で泣いてるんだ?って
問い詰められたらどうしよう。早く、早く。
 氷を包んだタオルを目の上に当てる。ひんやりして気持ちいい。
 ああ、今夜はいったい何だったんだろう。私はなぜこんなに
泣いてしまったのだろう。行き場のない疑問符が頭の中をぐるぐる
回っている。カズが悪いのか?いや、カズはちっとも悪くない。じゃ、
リョウが悪い?いいや、彼はぜんぜん悪くない。じゃ、私が悪い?
一人悶々として勝手に苦しんでいた私がすべて悪いの?そんなこと
ないよね?誰も、誰も、悪くはないんだよね?

形状記憶(20) (2004.09.27)

形状記憶(20)

「ただいま。おい、大丈夫か?」
 ベッドでうつらうつらした頃、突如リョウの声が飛び込んできた。
「今夜はごめんなさいね。もう大丈夫だから。おやすみなさい。」
 今はただ黙って寝かせておいてほしい。そんな願いを込めて返答する。
「ああ、ごめんごめん、せっかく寝てたのに起こしてしまったみたいだね。
ゆっくりおやすみ。」

 ふと顔をあげると、カズの顔が真上にある。
「えっ?どうして?」
視点がなかなか定まらない。
「ここどこぉ?」
「慌てなくても大丈夫。起こしてやるからもう少し寝てな。」
 何がなんだかよくわからないけど、カズの太ももが気持ち良くて、
べったり頭を下ろしたまま目を閉じる。彼の手がそっと体を支えて
くれている。ゴトゴト、ゴトゴト・・・この振動は、ああ、ここは
電車の中なんだ。なんでカズと二人なんだろう?小さく生まれた疑問は
睡魔にすぅっとかき消されてゆく。

形状記憶(21) (2004.09.28)

形状記憶(21)

 まぶたの上に光がかぶさる。何だろうと思って目を覚ますと、
カーテンから漏れる日差しがゆるい風とたわむれていた。カズは
どこ?ここはいつものベッド。そうか、そうだよなぁ、そんなはず
ないもんなぁ。
 甘い夢をさまよってたんだ、私。そういえば、リョウはどこへ
行ったんだろう?今日は土曜日だから、会社は二人ともお休み。
いつもだと、お昼頃までベッドでごろごろしているはずなのに。
 のそのそと起き出すと、テーブルの上にメモがあるのが見えた。

「急な仕事が入ってしまったので行ってきます。サラダが冷蔵庫の
中にあります。よかったらどうぞ。」

 サラダを食べ、冷たい牛乳を一杯飲んで、もう一度ベッドに逆戻り。
こんな機会はめったにない。
 神様、どうか夢の続きを見せてください。もう一度カズに会わせて
ください。眠りにつけばもう一度あの夢の世界に入っていけるかも
しれない。そんな期待を胸にそっと目を閉じる。

形状記憶(22) (2004.09.29)

形状記憶(22)

 突然電話が鳴った。慌てて飛び起き、子機をまさぐる。
「はい、もしもし?」
「・・・」
 間違い電話だろうか。
「もしもし?」
「おはよう。」
「カズ?」
「ああ。起きた?」
「ええ。」
「ちょっと出て来れないか?」
「出て来る、ってどこへ?昨日大阪に戻ったんじゃないの?」
「いや、それがまだ東京に居る。」
「どうして?」
「わけは後で話す。」
「わかった。それでどこに行けばいい?」
「マンションから出てきてくれれば。」
「そこに居るの?」
「そういうこと。」

形状記憶(23) (2004.09.30)

形状記憶(23)

「五分待って。」
 着替えて顔を洗って歯を磨いて髪を梳かして・・・あっという間に
五分が過ぎる。せめて十分って言えばよかったと後悔しながら部屋を
飛び出す。
 マンション入り口を出たところにカズは立っていた。
「もう、びっくりするじゃない?」
「だって、あのままじゃ大阪に帰れないから。少し時間いい?」
「いいけど、化粧も何にもしてないし、普段着だし・・・。」
「全然問題ないよ。」
 そう言うと、カズはタクシーを拾った。
「これはすべて俺のわがままなんだ。俺は君を失いたくなかったんだ。」
「それって?」
「もし一線を越えてしまったら、二人行くとこまで行ってしまったら、
二度と引き返せないから。始めてしまったら必ず終わりがやって来る。
だから始めたくなかった。いつまでも友達でいたいと思っていた。
でも、もう我慢の限界だったんだ。」

形状記憶(24) (2004.10.01)

形状記憶(24)

「それって十月に結婚することと関係あるの?」
 カズが黙り込んでしまった。
「私、何かいけないこと訊いてしまった?」
「いや、それ嘘なんだ。」
「えっ?」
「リョウと二人の姿を見ていると、いいなぁ、うらやましいなぁ、
俺だって・・・って急に言いたくなったんだ。」 
「うらやましかっただけ?」
「相変わらずツッコミが厳しいね。正直に言う。とてもねたましく
思ったんだ。」
「それで?」
 一息置いてカズが言い放つ。
「力ずくででも君を奪い去りたいと思った。」
 体の奥から熱いものがこみ上げてくる。

形状記憶(25) (2004.10.02)

形状記憶(25)

「俺ってとんでもないやつだよな。」
 そう言われてウンと言うべきだろうか。
「カズ、今どうしたいと思ってる?」
「どうって?」
「正直に言ってみて。」
 突然カズの両手が掴みかかる。キス・キス・キス。そのうちに、
手が胸と下腹部をまさぐり始めた。
「だめだって、こんなところじゃ。」
「じゃ、どこだったらいいのさ?」
「そりゃ、二人っきりになれるところなら。」
「わかった。」
 運転手に繁華街のはずれを告げる。いくら慣れているとはいえ、
運転手にはとても申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

形状記憶(26) (2004.10.03)

形状記憶(26)

 はめられた。はまりにいった。この場合、多分どちらも正しい。
 荒々しい抱き方と優しい抱擁が激しく入り乱れる。まるで、
出会ってから今までに抱き合わなかったことを穴埋めするかのように、
二人で何度ものぼりつめてゆく。もしかしてこれが最初で最後かも
しれないと思った瞬間、体の中を大波が駆け抜ける。
「取り返しのつかないことをしてしまった。」
 私の髪を撫でながらカズが言う。
「でも後悔はしていないのでしょう?」
「ああ。」
「だったらいいじゃない?」
「本当にいいのか?」
「私も後悔してないから。」
「でも・・・。」
「だって、死ぬまでに一度はカズに抱かれたいと思ってたから。」

形状記憶(27) (2004.10.04)

形状記憶(27)

「そんな風に思ってくれてたの?いつから?」
「このあいだ、突然キスされたときから。ううん、心の奥では
ずっと昔からだと思うけど、忘れてたんだと思う。」
「眠り姫を起こしてしまったわけだ。」
「そう。カズは罪作りな人。」
「俺と一緒に来ないか?」
「どこへ?」
「俺のところへ。」
「そんなこと急に言われても・・・。」
「嫌か?」
「ううん、そうじゃない。もし私が結婚してなかったら、
ついて行ったと思う。でも、今の私には帰る家があるから。」
「だめか・・・。」

形状記憶(28) (2004.10.05)

形状記憶(28)

 うなだれた顔がみるみる崩れてゆく。何か言わなきゃ、何か。
「でも、カズには会いたいよ、これからも。」
「そうそううまくいうと思う?」
「それはやってみないとわからない。でも、私はカズが好き。
カズとこうしているのが好き。カズに抱かれるのが好き。
それは本当だから。」
 大胆な言葉がするすると口から流れてゆく。
 カズが体を押し付けてくる。いきり立ったものが私の体に
割り込んでくる。潤んだ唇がそれを呑み込んでぎゅっと
締め付ける。ずんぐりとした形。先の方がごつっと張り出して
いて、壁にごりごり擦りつける。

形状記憶(29) (2004.10.06)

形状記憶(29)

 形というのは徐々になじんでいくもの、多少ぎこちなくとも
バリエーションを工夫したり精神的なものでカバーできる・・・
そんな言い伝えが一部まかり通っているが、これは相性が悪かった
ときの言い訳にすぎない、と私は思っている。
 もちろん精神的なものは重要だし、それだけでもいいという人が
世の中にいるのは認める。しかし、こと体の相性については、
割れ鍋に綴じ蓋状態がもっとも望ましいはずだ。
 そういう意味では、どんぴしゃの人が見つかった、と身をもって
感じているところだ。埋め込んで埋め尽くす。ぴったりはまった
ときの一体感は何ものにもかえがたい快感となって、じわじわと
押し寄せてくる。

形状記憶(30) (2004.10.07)

形状記憶(30)

 逃げることも我慢することも許されず、ただまっすぐに突き進む
ことを要求するカズ。今度はあっさりとのぼりつめていってしまう。
「何だかぴったりみたいだね。」
「ええ。」
「また会おうな。」
 多分、そう言ってもらえた嬉しさと、今日これで別れなければ
ならない寂しさで、泣き出しそうな顔をしていたのだろう。カズが
強い調子で言う。
「泣くなよ。ここで泣いたらダメなんだよ。」
「わかってる。でも、せっかくここまでの仲になれたのに、
すぐに別れなきゃいけないなんて、人生うまくいかないものだ
なぁと思った。」
「何おばあさんみたいなこと言ってるんだよ。また来るから。」
「待ってる。」
「お前も大阪に出張があったら連絡しろよ。」
「ええ、必ず。」

形状記憶(31) (2004.10.08)

形状記憶(31)

 駅まで見送ることもなくカズと別れる。空はまだ明るく、
行き来する人の流れはゆるやかだ。
 タクシーを拾い私は自分たちのマンションに帰る。リョウが
まだ帰っていないことを祈りつつ、その一方で、なるようになれ、
とも思っている。言い訳は何とでもなる。休日に一人だったの
だから、買い物でも映画でも散歩でも、何でもありだ。

 幸い、リョウはまだだった。部屋の中をさっと整理しひと休み。
紅茶を入れていると、電話がかかってきた。
「黙って出てきてごめんね。今オフィスを出るところなんだ。
晩ごはんどうする?外で食べようか?出てこれる?」
 今から買い物をしてしたくするのも面倒だ。何より体が
だるくて億劫だ。リョウとは近所の居酒屋で待ち合わせすること
にして、電話を置く。まあまだ一時間ぐらいあることだし、っと
まずはゆっくり紅茶をいただくことにしよう。

形状記憶(32) (2004.10.09)

形状記憶(32)

 ふんわり立ち上がるアールグレイの香りをやや刺激的だと
感じながらも、今日はミルクを入れるのを控えた。この一ヵ月
あんなに思い悩んでいたのが嘘のように吹っ切れているのが
不思議だ。すっきりした、と言えばカズに申し訳ないような
気もするけれど、それも事実。
 さっと着替えてマンションを出る。私にとって、リョウは
リョウ、カズはカズ。その思いは交わることなく、この先
しばらく並存するだろう。いつまでうまくいくかはわからない
けれど、これはこれ、それはそれ、で続けていきたい。リョウ
には気付かれないよう、カズには下手に嫉妬されないように。

 店に入ると、リョウがもう来ていた。
「早かったんだ。」
「ううん、今着いたばっかりだよ。とりあえずビールでいいかな?」
「ええ。」

形状記憶(33) (2004.10.10)

形状記憶(33)

「体調はどう?」
「もう大丈夫。でなかったら出て来ないわ。」
 けだるさは残っているが、精神状態はすこぶる良い。
「ぐっすり休めたのかな?顔色も良さそうだし、安心したよ。」
「ありがとう。リョウは今日一日忙しかったんだね。」
「ああ、ちょっとトラブルがあって、慌ててリカバリかけてたんだ。」
「お疲れさまでした。」
 ちょうどいい具合にビールが来た。
「カンパーイ!」
 好きなつまみを次々に注文してたいらげる。このペースがいい。
一緒に暮らしていて一番不幸なのは食への感覚が合わないこと。
リョウとは本当にいい感じだ、いや、どんどんいい感じになってくる。

形状記憶(34) (2004.10.11)

形状記憶(34)

 アルコールが体の中をほどよくめぐる。神経がまるくなり、体が
ゆったりしてくる。ささやかな幸せ・・・そんな言葉が頭の中に
ほわほわっと浮かぶ。リョウは酔っても変わらずやさしい。こんな
夜は、きっと、多分、でも・・・。
 店を出ると、ぬるい風がほほをかすめてゆく。リョウとつないだ手を
びゅんびゅん振り回しながら家に帰る。玄関を上がるなり、どたどた、
っとベッドになだれ込む。リョウの唇が唇を求め、リョウの腕が体を
求める。嫌という理由はないけれど、漠然とした不安が頭をよぎる。
柔らかな愛撫を受けながら、これはリョウなんだと自分に言い聞かせる。

形状記憶(35) (2004.10.12)

形状記憶(35)

 手のひらがお椀を包み込みかのように乳房を掴み取る。舌が二つの
胸の突起をますます尖らせてゆく。いつもにも増して、ついリョウの
名を連呼してしまう。
「そんなにいい?うれしいな。」
 リョウはそんな私をあっさり受け入れ、なおもじっくり攻め立てる。
相手の反応を丹念にうかがい、呼応しつつも、点った炎をじわじわと
燃やしてゆく。花火を何発もぶち上げるより、一発の花火を丁寧に
仕込んで余韻の残る豪華な一発を最後の最後に上げる。それがリョウの
やり方だ。

形状記憶(36) (2004.10.13)

形状記憶(36)

「お前の燃えるさまを見てはじめて俺も燃えるんだ。だから、
俺を喜ばそうとかあれこれ考えず、自分の欲望に浸っていてほしい。」
 いつまでも為されるままではいけない、リョウにお返しをしよう、
ちょっとは工夫しようとした私に、リョウはそんな言葉で動きを制した
ことがある。
「本当にそれでいいの?」
「ああ、妙に玄人じみたことはしなくていいよ。」
 おかげで、いとおしくなってつい手がのびることはあっても、気分を
高めるためだとか、ギブアンドテイクでいこうとか、そんな風に気負う
ことはなくなった。

形状記憶(37) (2004.10.14)

形状記憶(37)

 いくつもの火花を散らしながら、リョウの手順はそろそろ最終コーナー
を曲がりつつある。私はすでに八分目のところで彼を待っている。もう
何度も踏んできたこのやり方を恐らく今日もまっとうするのだろう。
 今日、何度もカズを受け入れてきた体はいったいどう反応するのかと
少し心配していたが、いとも簡単にいつもの私に戻ってリョウを受け
止めている。我ながらあっさりしたものだなぁと思いながら。
 何回行き着いても多分飽きない。そんな関係を今までリョウと築いて
きた。そして今日も・・・。
 横たわる私の髪をなでるリョウ。頭皮をマッサージするかのように
柔らかな指がぐっと入り込んでくる。目を閉じてそのやさしい感触を
感じ取る。至福のとき。それは案外こんなときのことを言うのかも
しれない。

形状記憶(38) (2004.10.15)

形状記憶(38)

「今夜はとっても自然体だったね。」
「そう?」
「何か吹っ切れたのかな?よくはわからないけど、とてもいい感じ
だったよ。」
「そう?あんまり自覚ないけど、でも、気持ちよかったよ。今もまだ
気持ちいいもん。」
「ほう、珍しいね。ずっとずっと続くといいね。」
「そうね。ずっとこのまま。」
 互いの肌に触れながら、ゆるい声を行き交わす。この幸せも
ずっとずっと続くといいな。カズの荒々しさとリョウのやさしさ。
どちらも恋しい。どちらも手放したくない。誰にも言えない贅沢な
願望が胸にたまってくる。

形状記憶(39) (2004.10.16)

形状記憶(39)

 夜中の二時、一人目が覚めた。喉の渇きを覚え冷蔵庫からミネラル
ウォーターを取り出す。どよんとした体の真ん中を冷たい水が伝って
落ちてゆく。
 さあもう一度寝ようとしたそのとき、カバンに入れっぱなしだった
ケータイの震える音が耳に入ってきた。マナーモードにはしているが、
あれはメールの着信音だ。取り出してみると、三件の未読メールが
たまっていた。送信者はいずれもカズ。時間を見てみると、一件目の
届いたのがちょうど居酒屋に居たとき。二件目はリョウと抱き合って
いたとき。そして今のが三件目。まるでカズに行動を見透かされている
かのようだ。ちらとリョウがまだ眠っていることを確かめ、おそるおそる
メールを開けてみる。

形状記憶(40) (2004.10.17)

形状記憶(40)

 一通目。
「今、新幹線の中です。無事家に帰れましたか?落ち着いたらまた
連絡ください。」
 二通目。
「やっと家に着いた。ついさっきまで君と一緒だったのがずいぶん
遠い昔のように思えてくる。もう、君がほしくてたまらないんだ。
すまん、いつも自分勝手でわがままで。俺ってこんなやつなんだ。」
 そう、カズは昔っからそういうやつだ。人の気持ちなんか
おかまいなしなんだから。
 三通目。
「もう寝た?」
 今起きたばかりよ、と打ってはみたものの、どうしても送信ボタンが
押せない。

形状記憶(41) (2004.10.18)

形状記憶(41)

 カズが靴も脱がず私の心の中にずかずかと踏み込んできている。
さもそれが当然であるかのように。恐らくカズには私しか見えて
いなくて、私にはカズとリョウの二人が見えている。今、カズを
全面的に受け入れてしまうと、間違いなくリョウとの関係が壊れて
しまう。ほど良い所でうまくバランスを取らなければ。そんな思いが
ためらいとなってメールできない。
 今夜はメールしないほうがいい。少し気を落ち着けて、冷静に考えて、
それからでも遅くない。カズはイライラして待っているかもしれない
けれど、長い目で見ればきっとそのほうがカズのためにもいいはずだ。
 ケータイの電源をオフにしてベッドに戻る。さあもうひと眠り。

形状記憶(42) (2004.10.19)

形状記憶(42)

 さわさわっとした風が頬を撫でる。外はもうだいぶ明るいようだ。
リョウがベッドに居ない。キッチンからコーヒーの香りが漂ってくる。
「おはよう。」
「おはよう。やっと目が覚めたかい?眠り姫さん。」
 昨日カズに言われた「眠り姫」という言葉がでてきて思わずドキッと
するが、そんなことリョウに話すわけにはいかない。
「今何時?」
「十時半ぐらいだよ。お腹すいた?何か食べる?トーストとハムエッグ、
それにサラダぐらいなら何とかなるよ。」
「じゃ、お願いしようかな。」
「よしきた。できたら起こすからもう少し寝てていいよ。」
「ありがとう。」

形状記憶(43) (2004.10.20)

形状記憶(43)

 こんなときは、いまさらながら、リョウがそばに居てくれて本当に
よかったと思う。きっとひとりだったら、食事も取らずぐずぐずと
夕方ぐらいまで寝ていただろう。
 そういえば、カズはどうしているだろう。あれからまたメールを
送って来ていただろうか。ベッドの中でそっとケータイの電源を入れ、
メールをチェックする。でも、あの三通以降メールは届いていなかった。
ホッとした反面、少し残念にも思ってしまう。カズのメールにまだ一回も
返信していないのだから当たり前なのに、ああ、私も自分勝手なやつだ、
何か一言返さなきゃ、何か・・・と思っているうちに、
「おまちどうさま。」
とリョウの声。慌ててケータイをカバンにつっ込み、テーブルにつく。

形状記憶(44) (2004.10.21)

形状記憶(44)

 おそらく、リョウがまじめに料理しはじめたらとても敵わない
だろう。その手際の良さは見ていて爽快だし、味付けもいい感じ。
キャベツの千切りが少々不揃いなのはお愛嬌。
「今日は天気もいいし、近所を散歩でもしようか。」
「そうね。じゃ、着替えて洗濯をさっさとやったら出かけようか。」
 リョウにとっては今日が今週唯一のお休みだし、これで雨だったら
家の中でのんびりするところだけど、穏やかな日差しが心を外へと
誘い出してくれている。
 これでカズへのメールはまた夜までお預けになりそうだ。

形状記憶(45) (2004.10.22)

形状記憶(45)

 ここからは、少し歩けばいくつもの公園に行き当たる。小さな
子供がいっぱい砂場で遊んでいてにぎやかなところ、ベンチで本を
読む人がぽつぽつ居るだけの静かなところ、犬を連れている人や
ジョギングする人がたくさん居るところなど、公園にはそれぞれ
色があって面白い。
 一時間も歩くと、汗ばむほどではないけれど、冷たい飲み物が
恋しくなり、テラスのあるカフェでひと休み。アールグレイの
アイスミルクティーが午後のやさしい時間を包み込んでくれる。
リョウはアイスコーヒーをストローでカラカラいわせている。
グラスと氷の角がうまくぶつかって、
「なかなかいい音だ。」
と、お行儀の悪い子供のように、なんどもなんどもかき混ぜては
音を楽しんでいる。

形状記憶(46) (2004.10.23)

形状記憶(46)

「リョウ、恥ずかしいよ、もう。」
と言いつつも、憎めない人だなぁと思う。
 結局その夜は鍋。たらふく食べてお風呂に入りビール片手に
すっかり出来上がりの一日。リョウは眠くなったらしく、先に
ベッドに入るなり寝息を立てている。

 カズはどうしているだろう。メールがちっとも来ないって
怒っているだろうか。あれからはメールが入っていない。
何て言い出したらいいのか。とりあえず、「こんばんは」
と書いて送ってみる。すると即座に「こんばんは」返事が来た。
「元気?」
「ああ。」
「遅くなってごめんなさい。」
「今メール大丈夫なの?」
「ええ。」

形状記憶(47) (2004.10.24)

形状記憶(47)

「あれからずっと考えてたんだ。」
「何を?」
「お前のこと。」
「そう。」
「俺って悪いやつだよな。お前を困らせるようなことばっかり。」
「だとしたら、私も悪いやつだよ。」
「なんで?そうは思わないけど?」
「良いとか悪いとか言うの、もうやめようよ。」
「わかった。でも会いたいよ。すぐにでも会いたい。」
「私も。」
「無理してない?」
「してないよ。」
「だといいけど。本当に、俺みたいな自分勝手なやつに無理矢理
合わせなくていいからね。」
「大丈夫、できないことはできないって言うから。」
「是非そうしてくれ。」

形状記憶(48) (2004.10.25)

形状記憶(48)

「いつもいつでも、というわけにはいかないけど、
またうまく都合ついたら会いたい。」
「合わせるよ、できるだけ。」
「うん、また連絡して。」
「そうする。」
「じゃあ、そろそろ、寝ようか?」
「そうだね、じゃ、おやすみ。」
「おやすみなさい。」
 他愛もないメールのやりとり。でも、ときどきチクッとした
痛みが走る。眠るリョウの様子をうかがいながら、できるだけ
音を立てないようにキーを打つ。もしも、行き交う電波が目に
見えたなら、それはやはり赤い糸をなしているのだろうか。

形状記憶(49) (2004.10.26)

形状記憶(49)

 リョウにはどこかしら悪いなぁという気持ちと知られては
いけないという緊張感がある一方、いわゆる罪の意識から
程遠いところにカズへの思いがある。たとえ結婚していても、
誰かと一緒に暮らしていても、人を思う気持ちを止めることは
できない。おのずと行動には制限かかってしまうけれど、
それゆえ何とかしたいとあれこれ考え悩むのもまた人間なのだ。
 メールを終えてリョウの眠るベッドに滑り込む。隣に居る人と
カズを比べてみても始まらない。それとこれとはどこか根本的に
違う。両立でもなく良いとこ取りでもない。ただ、今、自分が
置かれている環境の中で、いかに思いを叶えるか、すべては
その一点にかかっている。

形状記憶(50) (2004.10.27)

形状記憶(50)

 カズにはせめて夢で会えないかなぁと思う。けれど、そんな
ことを思っているときほど夢は見られないものだ。それに、
夢見て寝言で変なこと言っちゃったら大変だ。たとえそれが
夢であったとしても、夢って案外気にしていることや願望が
表出してしまうもの。リョウに訊かれたらしどろもどろの
言い訳になるのは必至だもの、やっぱりまずい。

 カチャリという音で目が覚める。いつの間にかぐっすり寝て
しまったようだ。えっ、もうそんな時間?朝の光が差し込む中、
リョウはすっかり起きてコーヒーを入れる準備をしている。
「ごめんごめん、今起きるね。」
「もう五分したら起こそうと思ってたんだよ。トーストと
コーヒーぐらいならやっておくから、ゆっくり起きておいで。」

形状記憶(51) (2004.10.28)

形状記憶(51)

 平日の朝はそれでなくとも慌しい。朝食、着替え、化粧など、
一連の作業がざざっと続く。すっきり起きられた日には、簡単な
朝ごはんを用意し朝刊を読む時間もあるけれど、今日のような
日は、自分の身支度を整えるのが精一杯。リョウがコーヒーを
入れてくれるだけでも、とても助かったぁという気分。
 バタバタしながらも、コーヒーをすすりトーストをかじる。
何も食べないで行くと、通勤のラッシュアワーに耐えられない
可能性がある。だから、無理やりにでも突っ込んでから外に
飛び出すようにしている。これはリョウにある意味躾けられた
ことだ。彼は生活のペースメーカーといっても過言ではない。

形状記憶(52) (2004.10.29)

形状記憶(52)

 朝のぼやけた頭と体を日差しが突き抜けてゆく。やっと体が
朝を認識した頃、オフィスに到着。何となく出遅れた気持ちが
ようやく追い着いて、週始めの慌しい仕事をほとんど力づくで
こなしてゆく。
 ほっと一息つけるなぁと思ったらお昼の十二時。午前中は
濃かったなぁ。でもまだまだこなさなきゃならない仕事が
山積みだ。売店でパンとペットボトルのカフェオレを買い、
パクつきながらもパソコンの画面とにらめっこ。
 ブーブーというケータイの着信音にハッとする。この忙しい
のに、誰だ?
「こんにちは。今お昼休みかなっと思ってメールしました。」

形状記憶(53) (2004.10.30)

形状記憶(53)

 わざわざお昼にメールしてくるだけ進歩かな。でも、ごめん、
今カズのメールに付き合っている暇はないのよ。きっと、メール
し始めたらしばらく時間を取られるに決まってる。返信は
ちょっと保留しておかないと。
 目の前の仕事をこなしながらも、カズがケータイ持って
待っている姿が浮かんでくる。うーん、一回だけメールしようか。
一回だけ。
「こんにちは。せっかくメールもらったのだけど、ごめんなさい、
今ちょっと仕事に追われていて、ゆっくりお昼もとれない状態
なの。一息ついたらまたメールするから。」
「わかった、邪魔してしまったみたいでごめん。」

形状記憶(54) (2004.10.31)

形状記憶(54)

 それからの私は脇目も振らず仕事をこなした。今日中には
カズと連絡を取りたい。そのためにはやることをしっかり
やり終えておきたい。そんな気持ちが頭に加速をかける。
 余分な仕事が入らなかったおかげで、残業が必至だと思って
いた仕事が定時内に完了した。ふぅと一息ついて、カズに
メールする。
「やっと終わったよ。」
「お疲れさま。」
 即座にメールが返ってくる。今日は外回りなのだろうか。
「今大丈夫なの?」
「ああ、俺、打ち合わせの時以外はたいてい大丈夫だから。」

形状記憶(55) (2004.11.01)

形状記憶(55)

「だいぶお待たせしちゃった。これでも一生懸命やったんだけど。」
「いや、何だか催促したみたいで申し訳ないよ。」
「うぅん、もう、カズらしくないなぁ。」
「どんなところが?」
「自分の思いで突っ走るところがカズらしいところでありまして。」
「そうかも。」
「でも今は、相手の都合をちゃんと考えて行動できるみたいだし。」
「少しは社会人らしくなった、って言いたい?でも、だれにでも
そうかっていうと、違うみたいだよ。」
「というと?」
「お前は特別なんだ。」
「えっ?」
「もうこれ以上お前を泣かせたくないから。」

形状記憶(56) (2004.11.02)

形状記憶(56)

 くさいセリフだなぁと思いつつも、ほろっときてしまう。
 多分女は、いや、男も女も、「特別」という言葉に弱いのだろう。
他のだれでもない、君だけなんだ、他の人とはちゃんと区別して君を
扱っているんだ、といったニュアンスが、この「特別」という言葉に
ぎゅっと凝縮されている。どこかしら相手に優越感を持たせ、気分を
高揚させ安心させる決めの言葉。きっとこの「特別」という言葉に
騙された、勘違いさせられたパターンは、世の中に五万とあるのだろう
けれど、たとえそのときだけでも信じたくなるのが人間というもの。
 例に漏れず私のその人間の一人。カズのその言葉をすっかり信じたく
なっている。なのに、
「もう、そんなこと言うから泣けてくるじゃない、まったく。」
なんて怒ったように返してしまう。今この場で感じていることが、
どうしてうまくメール言葉にならないのだろう。

形状記憶(57) (2004.11.03)

形状記憶(57)

「えっ、俺、何か悪いこと言った?」
「ううん、カズは悪くないよ。」
「うーん、これだからやっぱり女はわからないよ。」
「少しはわかろうとしてるんだ。」
「当たり前だろ?」
「ごめんごめん、バカにしてるんじゃないからね、くれぐれも
お間違えなきよう。」
「そんなことはどっちでもいいけどさ。ところで、来週は忙しい?」
「どうして?」
「そっちに行けそうなんだ。」
「また出張?」
「じゃなくて、休みが取れそう、ってこと。」

形状記憶(58) (2004.11.04)

形状記憶(58)

 カズがわざわざ休みを取って私に会いに来ると言う。
「そんなこと急に言われても、一緒に休みなんか取れないよ。」
「そんなことお願いしようなんて思ってないよ。ただ、君に会いたいだけ。
もちろん仕事が終わってからでかまわない。都合がつくだけでいいから。」
 メールではそんなこと言ってくるけど、やっぱりカズは、ゴーイング
マイウェイの人だ。私の予定など本当はみじんも考えてない。私がきっと
何とか都合をつけると信じ切っている。私がカズの意思に抗えないことも
おそらくカズにはお見通しなのだろう。
 頭の中で来週のスケジュールを検索する。幸いカズの指定日には特段の
予定はなく、今のうちに押さえてしまえば休みは取得可能だ。
「わかった。何とかする。どうせなら、大阪と東京の中間あたり、名古屋で
会わない?」

形状記憶(59) (2004.11.05)

形状記憶(59)

 一瞬のためらい。そしてカズからのメール。
「本当にそれでいいの?」
「もちろん。だってせっかくだもん、少しでも長く一緒に居たいから。名古屋
なら、最終の新幹線もお互いそこそこ遅くまであるでしょう?」
「うーん、そうだろうね。でも、そんなこと予想してなかったから、とっても
びっくりしたよ。」
「驚かせてしまってまずかったかな?」
「とんでもない!とてもうれしいよ。正直なところ、これって俺の一人想いか
なぁと思っていたんだ。俺っていつも人を振り回してしまうから、今回だけは
そんなことしちゃいけないって心に決めてたんだ。なのに、またしても無理
させてしまったみたいで。」
「ううん、別にカズに強制的に嫌なことやらされてるわけじゃないから。
自分が好きでちょこっと無理しているだけなんだから。」

形状記憶(60) (2004.11.06)

形状記憶(60)

 またしてもカズのペースにはまってしまった。どうしてあんな大胆なことを
自ら提案してしまったのだろう。私はそんなにもカズを求めていたのだろうか。
 家に帰ればやさしいリョウが居る。これと言って不満がないばかりか、私は
リョウととてもうまくいっている。なのに、カズとはもっともっとつながり
たい。それは、きっと、頭で思っているというよりも、この体が欲している
ようだ。
 カズと重なり合ったときの記憶が瞬時に体をかけめぐる。彼の体の一部が
どんな風に私に触れ、私の中に入り、うごめいていたか。彼の皮膚がどんな
風に私の皮膚と睦み合っていたか。数え切れないほど接してきたリョウと
比べ、数少ないカズとの記憶は私の中に鮮明に刻まれている。会えばまた、
この刻印が増えたりより深く刻まれていくのだろうか。

形状記憶(61) (2004.11.07)

形状記憶(61)

 「その日」までの一日一日がゆっくりとカウントダウンする。ときどき
リョウにすべてを吐き出したくなるけれど、バランスを取りたがる理性が
それを制御する。
 あれからカズは、毎日メールをよこしてくる。「日増しに夏の日差しが
強くなってきてたまらない」とか、「仕事でちょっとした失敗をしたけど、
何とかフォローできた」とか、「お昼のカツ丼がとてもうまかった」とか。
「そうだね」、「よかったね」、「へぇ~」という相槌ぐらいで終わって
しまうメール。本当は「早く会いたい」と言いたいのだろうけど、きっと
カズはその言葉がとても重くなるのを恐れているのだ。今はただ、私と
つながっていることを確かめたい・・・そんな気持ちがじんわりとメールに
にじみ出ている。カズらしからぬいじらしさを、私はそっと受け止める。

形状記憶(62) (2004.11.08)

形状記憶(62)

 「その日」まであと三日。もちろんリョウには何も言っておらず、
ごく普通の出勤日ということになっている。名古屋駅に朝の十時。
上りと下りの新幹線でそれぞれが落ち合う時刻。いつもの出勤時間に
家を出ると、ちょうどそれぐらいになるはずだ。細かいことは何も
決めていない。決まっているのは、その日のうちに家に帰り着くこと
だけだ。そもそも二人とも、名古屋という土地に明るいわけではなく、
はなから行き当たりばったりのつもりだけれど。
 仕事は今のところ順調だ。すでに休みの申請はしてあるし、ドタバタと
急な仕事が入る気配はない。職場結婚でなくて良かった。そういえば、
今までそんなこと意識したことなかったけれど、なるほど、こんなときに
そのありがたみを感じるんだ・・・などと妙に感心してしまう。

形状記憶(63) (2004.11.09)

形状記憶(63)

 「その日」まであと二日。これまで、浮つきそうな気持ちをぐっと
抑えることが苦痛なときもあったけれど、ここ数日は逆に快感に感じて
いる。痛みとくすぐったさは紙一重というけれど、もしかしたら、今の
私はそんな微妙なラインに立っているのかもしれない。
「なかなかいいところが見つかったよ。」
 カズのメールがこころもち弾んでいる。
「いいところってどんな?」
「駅から程近くて、外出もできるところ。そんなところ、めったに
ないでしょ?」
「ああ、そういうこと。」
「そんなあっさり返さないでよ。これでも家のパソコンから情報を
探しまくったんだから。」

形状記憶(64) (2004.11.10)

形状記憶(64)

 カズに計画性を求めることなど土台無理だとあきらめていただけに、
この変わりようにはびっくり仰天だ。
「あっさり、じゃなくて、びっくり、だよ。」
「ん?どういう意味?」
「行き当たりばったりのカズが事前に調べまくりなんて、どうもピンと
来なくて。」
「だってさ、せっかく会えるんだもの、一分でも無駄な動きに使いたく
ないじゃない?」
「そうだね。でも、なんか、うれしい。」
「喜んでもらえた?それはよかった。」
「うれしい誤算です。」
「もう、そんな言い方ばかりするんだから。」
「ハハハ、でもこれが精一杯の褒め言葉です。」

形状記憶(65) (2004.11.11)

形状記憶(65)

「でも、やっとだね。もうすぐ会えるね。」
「そう、あと二日だし。」
「ドキドキしてきた。」
「はぁ?」
「はぁ?はないだろう?」
「だって小学生の遠足みたいなこと言うんだもん。」
「そりゃ悪かったね、どうせ俺なんて小学生並ですよ。」
「まあまあ。でも、私も似たり寄ったり。カズのこと笑えないよ。」
「似たもの同士でよかったね。」
 文字面に過ぎないメールが、急に熱気を帯びてきたり、冷めてみたり。
ログが残って後で見返せることを考えると、これは、ひょっとしたら、
電話の会話よりも重いのかもしれない。

形状記憶(66) (2004.11.12)

形状記憶(66)

 いよいよ「その日」が明日に迫ってきた。そわそわというよりは、
べたっとしたねばねばが動作を包み込む。もう一晩寝れば、カズに
会える。そう思うと急に体がほてってくる。
「いよいよ明日だね。」
「長かった。」
「そうだね。でも、あと十時間もすれば君に会える。」
「ええ。」
「どんな風に抱かれたい?」
「どんな風って言われてもなぁ。」
「こんな風にしてほしい、っていうのがあるでしょう?」
「うーん、形はどうでもいいから、早くあなたに捕まりたい。」

形状記憶(67) (2004.11.13)

形状記憶(67)

「俺に捕まりたい、だと?そりゃまたおだやかじゃないな。」
「だって・・・。」
「だって何?」
「だって、心の置き場所が今とっても不安定なんだもの。びしっと
捕まえていてほしいの。」
「それって、心も体も、だよね?」
「えっ?ええ。」
「委細承知。明日はそなたをしかと抱きしめてしんぜよう。」
「よろしくお願い申し上げます。」
「今夜はこのあたりで休むとするか。明日に障ると困るからのう。」
「では、おやすみなさいませ。」
「おやすみ。」

形状記憶(68) (2004.11.14)

形状記憶(68)

 朝のラッシュアワー。すれ違う人はだれも無口で、ただひたすら
目的地に向かい、心を殺して歩いている。その中でひとり、やや
特殊な目的のために行く私がいる。朝一番の会議に間に合わせる
ためか、アタッシュケースや普通のビジネスカバンを持つスーツ
姿の男性が目立つ新幹線ホーム。一応指定席をおさえてはいたが、
それなりに席が埋まっている。席に着くなり朝ごはんをパクつく
人や経済新聞を広げる人、はたまたパソコンを取り出して資料を
チェックする人など、慌しい雰囲気が車内にたち込めている。
 見かけはスーツ姿でも、私の心の中はすでにカズでいっぱいだ。
今朝はすっきり目が覚めた関係で、体が妙にシャキッとしている。

形状記憶(69) (2004.11.15)

形状記憶(69)

「今日は飲み会があるので少し遅くなるから。」
 リョウに今朝そう告げて家を出るとき、胸にかすかな痛みが
走った。けれど、すでに心の中では棲み分けがはっきりしている。
そうそう簡単には揺らぐことのない確信が、心から体に一本通って
いるようだ。

 ワゴンサービスのコーヒーを片手に窓の外を見つめる。東京から
名古屋までのニ時間弱、いつもならひと眠りするところだけれど、
今日はやたらに目が冴えていて、なかなか瞼が閉じようとしない。
途中カズから予定通り名古屋に到着しそうだとのメール。こちらも
予定通りとメールを返す。あとはただ、時のコンベヤが予定通り
動いてくれることを祈るのみだ。

形状記憶(70) (2004.11.16)

形状記憶(70)

 のぞみのスピードがガクンと落ちたかと思うと、しばらくして
車内アナウンスがかかった。はやる気持ちを抑えつつ、ゆっくりと
席を立つ。時刻表によれば、カズが一歩先に着いているはずだ。
出口の先頭に立って、小窓から流れる名古屋の景色をぼんやり眺める。
いつもと変わりないはずの風景が、なぜか今日はふんわり浮いている。
いや、きっと、浮いているのは私の気持ち。仕事でも観光でもなく、
今日はカズと会うためだけにやってきた。いつもと違う次元を一人
移動しているのだ。
 ホームに到着してから扉が開くまでの時間がやけに長い。ホーム
から階段を駆け降り、待合室へと足が急ぐ。
「そんなに慌てたら転ぶよ。」

形状記憶(71) (2004.11.17)

形状記憶(71)

 振り返るとカズが笑っていた。
「もう、イノシシみたいに突進して行くんだから。」
「えっ?どこから見てたの?」
「君がホームに降りたときから。」
「うそーっ!」
「ハハハ、そんなわけないでしょうが。すぐそこからだよ。」
「んもう!」
「でも、最初からイノシシみたいに走ってきたんでしょう?」
「だって・・・。」
 これじゃ最初からカズのペースだ。何とかここから抜け出さねば。
「来てくれてうれしいよ。」
 本来ならここでぎゅっと抱きしめ合って・・・といきたいところ
だけど、悲しいかな、ここは普通の恋人同士のようには振舞えない。

形状記憶(72) (2004.11.18)

形状記憶(72)

「会いたかった・・・。」
「行こうか。」
 それは同意を求める言葉ではなく、行くぞ、という合図だった。
私の反応を待つまでもなく、カズはぐんぐん歩き始める。置いてき
ぼりを食らわぬよう、私は慌ててカズを追いかける。右に左に人の
隙間を巧妙にすり抜けてゆくカズ。人にぶつからぬよう遅れぬよう、
ひと言も言葉を発することなくカズを追いかける。そうしてたどり
着いた先は、カズが事前に調べていたところだった。
 カズは部屋をパネルでさっと選びキーを受け取る。エレベータを
二階で降り、ランプの点滅する部屋の鍵を開ける。私は後ろ手に
ドアを閉めロックする。カズに会ってから部屋に入るまでの時間は
約十分。時計は確かにそう言っているのだが、私は、その何倍も
長い時間に感じていた。

形状記憶(73) (2004.11.19)

形状記憶(73)

「空いてて良かった。」
「まるでどこかのコンビニみたいね。」
「コンビニか。なるほど、恋人たちのコンビニってわけか。」
「何でも揃う、っていう意味ではまんざら外れてもいないかな。
ちょっと軽薄な感じもするけど。」
「とはいえ、部屋の半分ぐらいは埋まってたから、需要は高い
みたいだし。」
「わざわざ新幹線でやってきて落ち合うというカップルが
そうそう居るとは思わないけど。」
「そうでもないんじゃない?だってここ、駅から歩いてすぐ
なんだし、空港のそばにずらり並んでいて昼間から繁盛して
いるのと同じでさ。」

形状記憶(74) (2004.11.20)

形状記憶(74)

 せっかく会えたのに、せっかく二人っきりになれたのに、
指一本触れぬまま掛け合いが続いてしまう。
「ありふれた二人か・・・。」
「何をもって”ありふれている”っていうかは難しいけど、
男と女が出会えば最終的に行き着くところは決まっている
んじゃないかな?」
「でも、カズはそれを何年も否定してきたわけでしょう?」
「どうせなら最後まで押し通せば良かったのに、負けて
しまったよ。」
「終わりが怖くて始めない、っていうのは、逃げてる、って
ことと同義なんだよね?」

形状記憶(75) (2004.11.21)

形状記憶(75)

「今日はなかなか厳しいね。」
 思ったことをすぐ口にする癖はいまだに直らない。だから、
ときどき「厳しいことを言う」と言われ、しまったぁと思う
こともしばしばある。
「ごめんなさい、そんなつもりじゃなくて・・・。」
「じゃあ、どんなつもりなんだよ?」
 これ以上私の口を饒舌にしてはいけない。カズの唇に私の
唇を押し付ける。弾き返されそうなほど頑丈な唇。割って
入るスキさえ与えてくれないカズ。

形状記憶(76) (2004.11.22)

形状記憶(76)

「本当はどうしたいんだ?こうされたいのか?」
 くるりと態を入れ替えたかと思うと、背後から胸を掴み
体全体を押し付けるカズ。
「そんな・・・。」
「そんなんじゃイヤ、とでも言うのかい?」
「そうじゃないけど・・・。」 
「はっきり言ってみろよ。俺に抱かれたかったんだろ?
こうやって、ああやって、って、ここに来るまでずっと
想像してきたんだろ?違うか?」
 凄みのある声にほだされたのか、頭の先から足の先まで
一気に血液が流れ出す。じんわりと熱を帯びた体から、
はけ口を求めて水があふれ出してくる。

形状記憶(77) (2004.11.23)

形状記憶(77)

「思ったとおりだ。お前はやっぱりこういう女だったんだな。」
 潤みのつぼをまさぐった指が目の前に突き出される。否定する
余地もなく、顔を背けることも許されぬまま、何ら抗うことの
できない自分の歯がゆさに心が歪んでゆく。
 それにしても、これがカズの本性なのだろうか。私の知らない
カズの一面なのか。それとも、私のマゾッ気を嗅ぎ取った上での
プレイなのだろうか。
 何の前触れもなくカズが私に入り込んでくる。そう、これが
カズの形。忘れようとしても忘れられない記憶。ごつりごつりと
壁にぶつかる振動が体の芯に響き、壁がひくりひくりと波を打ち
始める。

形状記憶(78) (2004.11.24)

形状記憶(78)

 大波に突き上げられ、何度も何度も座礁する。そのたび海に
引き戻されて、うねりのなかに沈み込む。このままじゃ本当の
難破船になってしまう。
「カズ、もうやめて。」
 必死に哀願するのに、まるで何も聞いていないかのように
私の体をがっちに組み敷いたまま攻め立て続けるカズ。
 快感が麻痺し、意識がすぅっと無くなってゆく。どこか
遠い世界に連れ去られるような不思議な感覚。ああ、私は
いったいどこへ行ってしまうのだろう。
 ふと気がつくと、隣でカズが軽い鼾をかいて寝ていた。
さっきまでの荒々しい表情はなく、私の知っているカズが
そこに居た。

形状記憶(79) (2004.11.25)

形状記憶(79)

 だるい体をゆっくり起こし、辺りを見回す。散らかった服を
揃え、下着をつけながら、私はいったい何をしているのだろう、
と思ってしまう。
 午後二時。ほうっておくと、カズは夕方まで眠ってしまう
だろうか。でも、その安らかな眠りを起こすにはしのびない。
私も隣でもう一眠り、と思うのだが、なぜか目が冴えてしまう。
うまくいかないものだなぁ。
 仕方なく、備え付けのコーヒーを入れ、テレビをつける。
もちろん、ボリュームは控えめだ。普段見ることのない昼メロや
奥様向けのワイドショーがずらりと並ぶ時間。相変わらず芸能人の
不倫やら離婚やらが画面を賑わしている。有名人でなくて良かった、
と思う反面、みんな結局は同じなんだなぁと思ってしまう。

形状記憶(80) (2004.11.26)

形状記憶(80)

「ごめん、寝てしまってた。」
「別に謝ることないよ。」
「うわぁ、もうこんな時間だ。」
 ベッドサイドの時計は三時を回ったところだった。
「そんな驚かなくっても・・・。」
「もしかして、ずっと起きてたの?」
「ううん、一時間ぐらい前。私も少し寝てしまってたみたい。」
「なんだ、一緒に起こしてくれればよかったのに。」
「だって、気持ち良さそうに眠ってるんだもん。起こすの悪いかな、
っと思って。」
「あーあ、貴重な時間を無駄にしてしまった。」
「大丈夫、まだ時間あるって。でも、今日はもう十分かな。」

形状記憶(81) (2004.11.27)

形状記憶(81)

「えっ、もういいの?淡白だなぁ。」
「カズが濃いんだってば。」
「本当にそうかな?」
 カズの手が下腹部をまさぐる。
「うそつきだなぁ。ここが、ほしい、って言ってるじゃない?
ほら、胸だって・・・。」
 ちょっとした刺激にもすぐに反応してしまう。それが物理的な
刺激でも言葉による刺激でも、私にとっては多分同じことだ。
「もっと、自分の体に正直になろうよ。抱いてください、って
言ってごらん。」
「えっ?」
「えっ、じゃないだろう。ほら。」
 カズの指が二つの突起をぎゅっと摘み上げる。痛みがそこに
ぎゅっと集まる。

形状記憶(82) (2004.11.28)

形状記憶(82)

「ああ、やめて。」
「やめて、じゃないだろうが。ほら、ちゃんと言えよ、抱いて
ください、って。」
 カズの指が突起をひねる。どくんとした痛みが体の真ん中を走る。
ああ、それ以上ひねると千切れてしまう。
「だ・い・て・く・だ・さ・い・・・。」
「お願いします、は?」
「おねがい、し、ま、す・・・。」
 悪い夢を見ているのだろうか。いや、この痛みは本物だ。背後から
カズの手が執拗に胸を揉み砕く。いきり立ったものが入り口を求めて
お尻にがつんがつんとぶつかってくる。

形状記憶(83) (2004.11.29)

形状記憶(83)

 一旦はめ込んでしまえば、やり方が多少乱暴ではあるけど、
ごく普通の交わりが始まる。前に後ろに態を変えながら、
快感のツボを探り当てそこを集中的に攻める。二点、三点と
同時に攻め立てられると、途端に逃げ場がなくなり、あっと
いう間に大きな壁に行き着いてしまう。
「ほら、いってしまえよ。」
「これ以上いけないよ。行き止まりなんだもの。」
「自分でストップかけちゃだめだって。」
「えっ?」
「そこに壁があると思い込んでるんだろう?壁にぶつからない
ように、ってブレーキ踏み込んでるんだろう?」
「そんな・・・。」

形状記憶(84) (2004.11.30)

形状記憶(84)

「ほら、どこまでもいってみなよ。力むんじゃないよ。そう、そうっと、
体全体から力を抜いて。手足から順番に。そう、いい子だ。」
 まるで催眠術にでもかけられているような不思議な気分。今まで
こんなに楽に体を横たえたことがあっただろうか。
「そう、そのまま、あるがままを受け止めて。何もしなくていいからね、
何も、何も・・・。」
 芯から徐々にざわざわっとしたむずがゆい感覚が体の外側に向かって
広がってゆく。
「そう、押しとどめなくていいんだよ。ずぅっとずぅっと果ての果てまで
そのままずぅっといっていいんだよ。」
 カズの声が、天から降ってくる柔らかい雨のように、心をゆるゆると
撫でている。ああ、もっと、もっとカズがほしい。言葉でもいい、体でも
いい、もっとほしい、もっと・・・。

形状記憶(85) (2004.12.01)

形状記憶(85)

 体の底から立ち上がった大きなうねりが体全体を覆いつくす。
「あぁ・・・。」
 手足がもげて散らばってゆく。体が地球の底に飲み込まれてゆく。
カズはどこ?私を置いていかないで。一人にしないで。お願い、
一緒に居て・・・。

 涙の軌跡をカズの指がなぞる。
「どうして泣いているの?」
「泣いてるんじゃないの。泣きたい気分じゃないのに、涙が自然に
こぼれてしまうの。」
「そう、そんなに良かったの?」
「いいとか悪いとかじゃなくって、こんなの初めてのことだから。」

形状記憶(86) (2004.12.02)

形状記憶(86)

「後悔はしてないよね?」
「してないよ。それどころか、こんなことを教えてくれたカズに感謝
しないといけないと思ってる。」
「大げさこと言うなぁ、もう。」
「でも・・・。」
「でも、どうした?」
「今までのはなんだったんだろう、って思うと、ちょっと複雑。」
「うーん、実は自信がなかったんだ。」
「自信?」
「そう、最後までいかせてあげる自信がなかったんだ。これって、
本人が本当にその気にならなきゃうまくいかないものだからね。」
「私、その気になってた?」

形状記憶(87) (2004.12.03)

形状記憶(87)

「お前の体がいきたいって意思表示してた。だからきっとうまく
いけたんだと思う。」
「体が意思表示を?」
「そう。思いっきりいってみたいです、って言ってた。」
 頭でわざわざそんなこと考えていなかったと思うが、頭より先に
体が反応していたのだろうか。今となってはカズの言葉を信じるほか
ない。
「またちゃんといけるかな?それが心配になってきちゃった。」
「一度いけたんだからもう大丈夫じゃないか?」
「うん。」
 でも、きっとこんなこと、カズとでしかできないだろう。根拠は
ないけれど、確信めいた悲しい結論が頭の中を占領する。

形状記憶(88) (2004.12.04)

形状記憶(88)

「お腹空かない?」
「うん、いっぱい暴れたからいっぱい空いた。」
「素直でよろしい。一回外に出る?」
「うーん、ピザとか頼めるならここでもいいな。」
「でも、いっぱい空いたんでしょう?」
「外に出るならちゃんと身支度整えなきゃならないし。」
「大体でいいよ。」
「男はそれでもいいだろうけど、やっぱりそれなりにちゃんと
してないとね。いかにも、っていうの人に見られたくないし。
じゃ、十分待ってくれる?」
「オーケー。」

形状記憶(89) (2004.12.05)

形状記憶(89)

 衣類を身につけ鏡に向かう。もっと疲れた顔をしていると思ったが、
案外すっきりした顔に映っている。冷たい水でばしゃりばしゃりと顔を
叩けば、すっきり目覚めたときの朝のような潤いが戻ってくる。髪を
梳かし薄く口紅をつければ、とりあえず外には出られるだろう。
 とうの昔に準備の終わったカズは美味しそうにタバコをくゆらしながら、
こちらを見ている。
「お待たせしました。」
「おぉ、待ったぞ。でもぴったり十分だ。よし、行こう。早めの夕食、
ってところかな?」
「時間的にはティータイムだけどね。」
「来るべき夜に備えてしっかり食べておかないとね、ハハハ。」
「んもう、カズったら。」

形状記憶(90) (2004.12.06)

形状記憶(90)

 朝食べてきてなかったのかと思うほど、カズはがつがつと肉や野菜を
口に運ぶ。そんなカズの姿をついぼーっと見つめてしまう私。
「人の食ってるところを、そんなにじろじろみるもんじゃないよ。食べ
にくくてしかたないじゃないか。」
「じろじろじゃないよ、ぼーっと見てるの。」
「どっちも一緒。お前も食べろよ。さっきからちっとも食ってないじゃ
ないか。」
「いいの。カズの食べるところに見とれてたんだから。」
「もう、気持ち悪いなぁ。ほら、食えよ、食わなきゃ元気出ないぞ。」
 カズにうながされ、私も焼いた肉を口に運ぶ。頼んでおいた肉が、
あっという間に皿から消える。デザートのシャーべットでお口直しを
したら、もう戦闘態勢だ。

形状記憶(91) (2004.12.07)

形状記憶(91)

 部屋に戻るとあっという間に着ているものを脱ぎ捨てるカズ。
「脱げよ。」
 今さら脱がせてもらおうなんて思っていないけど、何だかこれから
水泳の時間でも始まりそうな雰囲気だ。
 シーツの海に二人して飛び込めば、泳ぐというよりもアクアサイズの
よう。同じ運動をこれでもかというほど繰り返しては、次のパターンへ
また次のパターンへと、どんどん展開していく。音楽があるわけでも
リズムを刻む音があるわけでもない。そこにはただただ二人が自発的に
作り出すリズムが流れているだけだ。
 引き寄せられては突き放され、引き寄せられては突き放され、どちら
かが終わりなりタイムを告げない限り、このエクササイズは終わりそうに
ない。

形状記憶(92) (2004.12.08)

形状記憶(92)

「少し休まない?喉が渇いちゃった。」
「俺も。ビールあるかな?」
 ビールを2缶取り出しプルタブを引き上げる。プシュッという音が
部屋に響き渡る。なんだかとっても爽快だ。
「スポーツでひと汗かいた気分だな。」
「まったく同感。」
「そういうのもありだよな?」
「うん、今日はいろいろあり、ですね。」
「やっぱり相性がいいのかな。いろんなことをしてみたくなるよ。」
「まだあるの?」
「まだまだ。」
「本当?」

形状記憶(93) (2004.12.09)

形状記憶(93)

「もう少し試してみる?」
「これ飲み終わったらね。」
「結構どん欲なんだね。」
 一気に飲み干したビールが、喉でしゅわしゅわしながら流れ込む。
「そんなに慌てなくてもいいのに。」
 そう言いながら、カズはゆっくりビールを飲み、私に寄りかかってくる。
唇に圧力を感じふっと隙間を空けた途端、カズの唇からビールがとくとくと
流れ込んで来た。口元からこぼれたビールが首筋に落ちてゆく。
「もう、へたくそなやつだな。」
 突然の口移しに驚きながらも、ごくんと飲み込み、
「ごめんなさい。」
と謝る。
「もう一回やってみるからな。今度は一滴もこぼすんじゃないよ。」

形状記憶(94) (2004.12.10)

形状記憶(94)

 口は漏斗となり食道はただ液体を流すための管と化してゆく。一度
カズの体温を得た液体が私の体の中に入り込むことがうれしくて、
夢中で受け止める。
「ようし、その調子だ。やればできるじゃないか。」
 ほめてもらうのがうれしくて、お腹を空かせたヒナのように、つい
口をぱくぱくさせてしまう。
 結局カズの残していたビールはすべて私の体の中に収まっていった。
ペースが速かったせいか、体全体が火照ってくる。
「カズ、なんだか熱いよ。」
「本当だね、体がほんのりピンクに染まっていい感じだね。」
「いい感じって?」
「とってもそそられるよ。」

形状記憶(95) (2004.12.11)

形状記憶(95)

「私のからだがカズをそそるの?」
「そう、もっともっといやらしくなって。」
 カズの指が耳たぶから頬、首筋、胸へと降りてくる。熱気を帯びた
血液が体の中心に集まってくる。こんな姿がカズの視線に捉えられて
いると思うと、恥ずかしさを通り越して、自分自身も感じてきてしまう。
 ああ、もう少し、と思った瞬間、カズの指がさっと離れていってしまう。
「どうして?お願い、やめないで。」
「今度は自分でやってごらん。自分で自分自身を感じさせてごらん。」
「自分で?いやだぁ。」
「やってごらん。自分がどうやったら感じるのか、ちゃんと見せて。」
 どんなに抵抗したところで、カズの言葉にはやっぱり逆らえない。
ああ、これがカズの指だったらいいのに、と思いながら、右手と左手が
胸やお尻をまさぐり始める。

形状記憶(96) (2004.12.12)

形状記憶(96)

「もっとちゃんとやってみて。」
「ちゃんと、って言われても・・・。」
「どうやったら感じるか、一番良く知ってるのは自分自身だろう?」
「それはそうかもしれないけれど・・・。」
 一点よりは二点、二点よりは三点の刺激が重なることにより、快感信号が
増幅されることは体験的に知っている。けれど、それを自分で演出すること
にはまったくもって慣れてない。きっと、最終的には、総花的に撫で回す
より突起部分を集中的に攻めるのがいいんだろうけれど、そこに至るまでの
プロセスがあまりにもぎこちなくて、一人もがいている自分がとても情けなく
なってしまう。
「うまくできないよ。」
「しょうがないなぁ。で、どうしてほしいんだ?」

形状記憶(97) (2004.12.13)

形状記憶(97)

「感じさせてくれる?」
「どうやって?」
「言わなきゃいけない?」
「ちゃんと言ってくれなきゃわからないよ、具体的にね。」
「じゃ・・・硬く尖っているものに同時に刺激を与えてほしいの。」
「そりゃまた贅沢だな。」
「だって、言え、っていうから・・・。」
 カズの左手が二つの胸をぎゅっと掴む。親指と人差し指がちょうど二つの
突起をとらえている。右手は二本の足の間をつつぅっとのぼり、潤みを掬い
上げた二本の指がすぐ上の突起を刺激し始める。トライアングルの三点に
痒みとも痛みともつかない刺激が断続的に走り、体全体にぶぁんぶぁんと
したうねりが起こる。

形状記憶(98) (2004.12.14)

形状記憶(98)

「なんともあっさりいってしまったね。」
「だって・・・。」
「そんなに良かった?」
「うん、確かに良かったんだけど、なんだか一気に山を登りつめてしまった
みたいで、ちょっともったいなかったかなぁ。」
「ハハハ、本当に贅沢だね。さて、今日はこれぐらいにしようか。後はまた
今度のお楽しみ、ってことで。」
「うん、もういい時間だし。」
 部屋の小さい窓から外のネオンがちらついている。外はきっと慌しく
時間が流れているのだろう。私たちも、そろそろ元の世界に戻らなければ、
明日に流れていけなくなってしまう。

形状記憶(99) (2004.12.15)

形状記憶(99)

「じゃ、また。メールするね。」
「うん、私も。」
 改札に入ったところでそれぞれのホームに向かう。振り向かずに
どんどん足を進めることで何かを振り切ろうとするのだけれど、
今日一日で私の体に染み付いたものは、ヘビの脱皮のようにするりと
剥けたりはしない。
 まだ終電まで少し時間があるせいか、空席の目立つ車内は、いくらか
鼾が聞こえるほかは極めて静かである。ぼんやりと窓の外を眺めていると、
まぶたが次第に重くなってゆく。
「まもなく、終点、東京です。・・・」
 東京という言葉が寝ぼけた耳をくすぐる。もうすぐ十一時。リョウは
もう帰っているだろうか。それともまだ外で飲んでいる頃だろうか。
真っ先に頭に思い浮かぶのは、カズではなくリョウのこと。私はもう
すっかりこっちの世界に戻ってきてしまったらしい。

形状記憶(100) (2004.12.16)

形状記憶(100)

 家に着いたのはちょうど十二時を回った頃だった。
「ただいま。」
「おかえり。」
「起こしちゃった?」
「いや、そろそろ寝ようかなぁとは思ってたけどね。」
「シャワー浴びたら私もすぐ寝るね。」
「うん。」
 ホテルを出る前に、さっとシャワーを浴びてはきたものの、
このままベッドに入るのはちょっと抵抗がある。髪と体を
さっと洗い、ドライヤーでひと乾き。一杯の冷たいミルクを
流し込めば、あっという間に体が吸収分解してゆく。

形状記憶(101) (2004.12.17)

形状記憶(101)

「まだ寝ないの?」
 ぎくっ。やはりリョウは起きていた。
「早くおいでよ。」
 その言葉だけは聞きたくなかった。気持ちは切り替わって
いても、恐らく体はまだカズのモードになっている。それに、
今日はもう勘弁してほしい、というのが正直なところだ。
「うん、でも、今日は何だか体が重いんだ。少し頭も痛いし。」
「じゃ、ツボを押してマッサージしてあげるよ。」
 あぁ失敗した、と思ったけど、もう手遅れだ。頭のてっぺんから
首筋、肩、背中、腰へと、リョウの指が的確にツボを押し当てる。
「そんなに悪いところはなさそうだね。しっかり指入るしね。
ちょっとお疲れかな?」
「うん・・・。」

形状記憶(102) (2004.12.18)

形状記憶(102)

 ツボと一口に言っても、人の体には、心身をリラックスさせたり
活性化させるツボ、ひいては痛みを取り除いたり乱れた臓器の調子を
整えることのできるツボが各所にある。さらにエロティックな気分に
させるツボもいくつかあるようだ。リョウは、どこで学んだのか
ツボにはとても詳しくて、私の体の状態を素早く読み取り、的確な
ツボ押しマッサージを施してくれる。
 今夜もその手さばきに狂いはなく、体をリラックスさせた後は、
否が応でもその気にさせるツボをぐいぐいと押してくる。すべての
刺激が子宮に集まり始め、断続的に声が漏れてしまう。
「気持ちよくなってきた?」
 やさしい声が耳元をそっと愛撫する。
「うん、もう、がまんできない。リョウ、きて。」

形状記憶(103) (2004.12.19)

形状記憶(103)

 あっさりスイッチの入ってしまう体を苦々しく思いながらも、
感じたことを素直に言葉にしている私。抗えない性がリョウを
がっちり受け止めている。
 リョウが体全体を使って私の体を撫でる。手や足、舌先は
もとより、リョウの皮膚が私の皮膚を覆いつくし、二人の境目を
徐々に無くしてゆく。まるでそうなることが当たり前であるかの
ように自然に吸い寄ってゆく二つの体。ぴったりはまり合った
まま昇りつめ、ストーンと落ちてゆく。
 リョウは私を抱いたまま、柔らかな寝息をたてている。果てた
後の男の人ってみんなそう。時間がなければ仕方なく体を起こす
だろうけど、そうでなければたいていそのままぐっすり寝入って
しまう。男性にとってはかなりの重労働なのだろう、きっと。

形状記憶(104) (2004.12.20)

形状記憶(104)

 リョウの腕をそっと外す。起きてしまうかと思ったが、そのまま
くるりと向きを変え彼は一人寝に入っていった。するっとベッドを
降り、下着を着けてカバンの中のケータイを取りに行く。新着の
メールは入っていない。カズはもう寝た頃だろうか。あんなに
暴れたんだから、きっと熟睡してるんじゃないかな。でも、もし
起きているのなら・・・ひとりでに指がメールを打ち始める。
「まだ起きてますか?今日はありがとう。会えてよかった。」
 ケータイを胸に抱きしめながら、じっと返信を待つ。一分、
二分と時間が経過してゆく。ああ、やっぱりカズは寝てるんだな。
そうに違いない。いよいよあきらめて寝ようかと思った瞬間、
ケータイがぶるぶるっと震え出した。

形状記憶(105) (2004.12.21)

形状記憶(105)

「ごめん、今気が付いた。」
「起こしてしまった?」
「いや、ぼーっとしてただけ。大丈夫。」
「ならいいんだけど。」
「今メールしてていいの?」
 念のためもう一度ベッドの方を確認する。
「うん、リョウはぐっすり寝てる。」
「ならいいけど。今日一日楽しかったね。」
「楽しかったというのもあるけど、とっても充実した一日だったな。」
「充実?」
「だって・・・盛りだくさんだったから。」
「アハハハ。」
「カズは疲れてないの?」
「そりゃ、疲れてないと言えばうそだけど。」
「だよね。」
「でも、今お前が目の前に居たらまたしたくなるよ、きっと。」
「そりゃ体に毒だよ。」
「かもね、ハハハ。」

形状記憶(106) (2004.12.22)

形状記憶(106)

 こんな気楽な会話をしていていいのだろうか。事態はもっと深刻な
はずなのに、ついつい流してしまう。
「また会える?」
「きっとね。今日の明日とは言わないけど。」
「カズなら言いそう・・・。」
「俺ってそういう風に見られてるわけ?」
「違う?」
「はいはい、降参です。おっしゃるとおりでございます。」
「じゃ、夜も遅いし、そろそろ寝ようか。明日もあることだし。」
「うん。」
「少々寂しい気もするけど、仕方ないかな。」
「うん・・・。」
「じゃ、おやすみなさい。」
「おやすみ。」

形状記憶(107) (2004.12.23)

形状記憶(107)

 今日会ったばかりなのに、もう次会える日を思っている。しかも、
何度もカズを受け入れた私の体は、ついさっきリョウをも受け入れて
しまった。私の体には二つの異なる形が刻み込まれている。それは
決してオーバーラップするものではなく、体に入ってきた途端、
識別できるのだ。
 「男なんて入れてしまえばみな同じだ」と、うそぶく女性は多い
けど、それってなんだかかわいそうだと思う。体のセンサーが壊れて
いるのか鈍いのか、もしくは、違いを認識することを拒絶してしまって
いるのか。次から次へととっかえひっかえしているとそうなってしまう
のか、それとも、認識できるほどちゃんとした経験をしていないのか。

形状記憶(108) (2004.12.24)

形状記憶(108)

 私は、リョウとカズという二つのカタチを今同時進行で体験している。
やさしいカタチと非常に攻撃的なカタチ。それぞれが、私のカタチを
存分に刺激する。受け入れれば入れるほど、私の神経は鋭さを増して
ゆく。

 何だかくすぐったいなぁと思って目を覚ますと、リョウが私の体を
撫でていた。そのまま続けてほしくてもう一度目を閉じる。すると、
今度は体を無理矢理割ろうとする力がかかる。慌てて目を開けると、
どうしたことか、カズが私の体を組み敷こうとしているではないか。
リョウはといえば、表情一つ変えることなく、私の体を両手で撫でて
いる。なぜ、なぜ二人が一緒に?どうしてこんなことになるの?

形状記憶(109) (2004.12.25)

形状記憶(109)

 強さの異なる二つの刺激がカラダの中で交錯する。
「お願い、どちらか一人ずつにして。」
 必死に叫んでいるのに、二人にはちっとも届かないらしい。リョウと
カズは決してぶつかることなく、それぞれの持ち場を変えながら、私を
いじくり回している。
「こういうのもいいだろう?」
 リョウがやさしく語りかけてくる。
「ううん、イヤ、二人一緒なんてイヤ。」
「そんなことないだろう、ほら。」
 ぐしゅっ。水たまりに足を突っ込んでしまったような音。リョウの指が
束になって水たまりをかき回す。

形状記憶(110) (2004.12.26)

形状記憶(110)

 カズのカタチとリョウのカタチが私のカラダにずんずん入ってくる。
上に下にと入れ替わっては私の口という口を塞ぐ。耳に、首筋に、胸に、
お尻にと、カラダのいたるところに四本の手と二つの舌が様々な刺激を
加えてくる。どこにも集中させてもらえぬまま、カラダの部分部分が
快感を持て余し、バラバラに壊れてゆく。最後に残った子宮だけが、
熱を帯びたまま闇にずとんと落ちてゆく。

形状記憶(111) (2004.12.27)

形状記憶(111)

 言葉に詰まった私をそっと抱きしめてくれるリョウ。私はカラダを
まるごと預け、鼓動がおさまるのをじっと待つ。けれど、バクバクした
心臓はなかなか落ち着かない。だって、ついさっきまで私のカラダを
弄んだ二人のうちの一人の肌が今また触れ合っているのだから。
「もし、話して楽になりそうなら、その夢のこと話してみないか?」
「ううん・・・。」
 そんなことできるわけない。
「怖かった、ということは覚えているんだけど、よくわからないの。
目が覚めてすっかり飛んじゃんったみたいで。」
「そうか、ならいいけど。」
「私、何か変なこと言ってた?」
「いや、何か言ってたけど、よく聞き取れなかったよ。」

形状記憶(112) (2004.12.28)

形状記憶(112)

 リョウは本当は何かを聞いていたかもしれない。今さら追及しても
しかたないけど、もしかしたら、カズ、とか叫んでいたかもしれない。
だとすると、リョウはどう思っているだろうか。考えてもきりがない
ことばかり次々と頭に浮かぶ。
「ハーブティーでも飲む?」
「ありがとう、いただくわ。」
 その心遣いがうれしい。だから私はリョウと一緒に居るんだなぁ、
と思いながらも、一方で罪という文字が心に点滅している。
 ハーブティーをすすりながら、夢のことを反芻してみる。なぜあんな
夢を見たのだろう。二人が同時に出てくることなど決して望んでいない
のに。でも深層心理にはひょっとして?まさか。

形状記憶(113) (2004.12.29)

形状記憶(113)

「もうひと眠りしようか?」
「ええ。でも眠るの怖い。」
「よほど怖かったんだね。」
「うん・・・。」
「じゃ、抱いていてあげようか?」
「ううん。夜中に起こしちゃってごめんなさい。リョウ、先に寝てて。
眠れそうになったら寝るから。」
「そうか、わかった。なんかあったらいつでも起こしていいからな。」
「ありがとう。」
 ダブルベッドの半分にすっぽり収まるリョウの背中を見つめていると、
申し訳ないと思う気持ちが涙になってあふれてくる。

形状記憶(114) (2005.01.03)

形状記憶(114)

 ベッドに体を預けても、心は天井付近をさまよっている。目を閉じると
リョウとカズの姿が交錯し吐き気をもよおしてしまう。だから、止むを得ず
ぼーっと天井を眺めている。
 私は確かにここに居る、居るはずなのに、その重みがどこにも感じられ
ない。ベッドが軋むことで、物理的存在はかろうじて確認できる。けれど、
私の心の居場所がどうしても定まらなくて、宙に浮いてしまっているのだ。
私はカズのところへ飛んでいきたいのだろうか。それとも、リョウに
しがみついていたいのだろうか。両方、というのは許されないのだろうか。
それって都合が良すぎる?確かにそうかもしれない。ある時はリョウと、
ある時はカズと。体はその時に応じてきちんと反応できる。けれど、心が
それにちゃんとついていっていない。そういうことなのかもしれない。

形状記憶(115) (2005.01.04)

形状記憶(115)

 いつもの朝。いつものベッド。いつもの目覚ましがじりりと鳴るのを
じっと待つ。ベッドの中から一秒ずつ進む針を見つめる。あと五秒、四、
三、ニ、一、じりっと鳴った途端にストップボタンを押す。やっと朝だ。
長い長い夜だった。
 いつになく重い頭をゆっくり起こしてベッドを抜け出す。冷たい水で
じゃぶじゃぶと顔を洗うことで、やっと「起きた」という気分になる。
 リョウがぼちぼち起き始める。
「おはよう。」
「おはよう。あれから眠れた?」
「うん、何とか。」
 嘘ばっかり、と自分に言いながらも、笑って見せている私。偽物の
笑顔にどれほどの価値があるのかわからない。けれど、
「それはよかった。でも、今日は無理するなよ。」
と返すリョウは、さすがだ。

形状記憶(116) (2005.01.05)

形状記憶(116)

 マイペースでのんびり朝支度するリョウを横目に、いそいそと家を
出る私。
「今日はそこそこ早く帰るつもりだから。」
「オーケー。じゃ、ご飯セットしておくね。」
「よろしく。いってきます。」
「いってらっしゃい。くれぐれも無理するなよ。」
 一日休んだおかけでそこそこ仕事がたまっている。でも、今日は
頭がぼーっとしていて朝からまったく乗れない。下手にあれこれ
やると、とんでもないミスを犯しそうだ。明日にできることは
できるだけ明日にしよう。そうと心に決めて割り振りをすると、
手が早く動き出す。仕事っていうのは、白黒整理した段階で、
実は八割がた終わっているのだ。

形状記憶(117) (2005.01.06)

形状記憶(117)

 お昼。一人で食事を取りながら、カズにメールしてみる。
「元気?」
「元気だよ。元気に決まってるじゃん。」
「そう、ならいいんだけど。」
「元気じゃないの?」
「うん、ちょっとね。」
「疲れが残ってるとか?」
「そうかもしれない・・・。」
 あの夢の話をすれば少しは楽になれるかもしれない。けれど、
やっぱりメールでは言いにくい。
「そうか。だいぶ無理させちゃったかな。じゃ、今日は早めに
仕事を切り上げて、ゆっくり休みなよ。」
「うん、そうする。ありがとう。」
「また会おうな。」
「うん。じゃ。」

形状記憶(118) (2005.01.07)

形状記憶(118)

 リョウには言えない。カズにも言えない。心の中にできた渦が
ひたすら回り続けている。その不快な振動が、ときどき喉の辺り
までせり上がってくる。午後の時間はやたら長い。体の不調を
理由にいっそ早退してしまおうかとも思ったけれど、あと二時間、
あと一時間、あと三十分、と言い聞かせ、どうやら定時を迎える
ことができた。
「お先に失礼します。」
「おい、顔色悪そうだけど大丈夫か?」
「ええ、ちょっと体調が良くなくて。」
「気をつけて帰れよ。」
「ありがとうございます。」
 立ち入ったことは一切きかない。でも、ちゃんと見ているぞ、
という姿勢。今の私には本当にありがたい上司だと思う。

形状記憶(119) (2005.01.08)

形状記憶(119)

 眠りたい。何も考えず、ただひたすら眠りたい。そう思いながら
マンションにたどり着く。ベッドに突っ伏せるともう動けない。
意識がすぅっと消えてゆく。
「ただいま。帰ってる?」
 遠くからリョウの声が聞こえる。何とか返事しようと思うのだけど、
どうしても声にならない。リョウが近づいてくる。
「あっ、寝てるんだ。大丈夫?ご飯どうする?」
「うん・・・。」
「もう少し寝てるか?」
 全身でうんと頷く。
「オーケー。ゆっくりお休み。とりあえず何か作っておくよ。食べたく
なったら起きておいでよ。」
 リョウのやさしさがぐっと心にしみる。悲しいわけじゃないのに、
涙が後から後から湧き上がってくる。

形状記憶(120) (2005.01.09)

形状記憶(120)

 結局あのまま眠ってしまったらしい。気がつくと、リョウの腕が
私を包んでいた。もちろんリョウは眠っている。夢を見たという
記憶もない。穏やかな休日の朝が部屋全体を包んでいる。
 起こさないように気をつけながら、回したリョウの腕を外し
ベッドを出る。私の夕食がテーブルに並んでいる。
「リョウ、ありがとう。後でいただくね。」
 コーヒーの支度をし、新聞を取りに行く。朝の日差しが空から
はみ出している。ふとカズのことが気になる。カズはまだ寝ている
だろうか。もう起きているだろうか。

形状記憶(121) (2005.01.10)

形状記憶(121)

 電源を切ってバッグに入れていたケータイを取り出す。電源を入れ、
おそるおそるメールを確認する。
「おーい、大丈夫か?少しは元気になったか?」
 深夜に届いていたメール。
「うん、おかげさまでだいぶ元気になったよ。だっていっぱい寝たもん。」
 そこまで書いてすぐに返信しようかと思ったけど、まだ朝も早いし、
メールでカズを起こしたくもない。送信を保留してまた電源を切る。
 コーヒーカップを用意していると、リョウが起きてきた。
「おはよう。調子はどう?」
「ありがとう。だいぶ良くなったみたい。コーヒー飲んだら、そろそろ
ご飯いただこうかと思ってたところ。お腹も空いたし。」
「それはよかった。でも、昨日のでいいの?朝ごはん作ろうか?」

形状記憶(122) (2005.01.11)

形状記憶(122)

「まずは昨日のをいただくわ。それでもっとほしくなったら頼むから。」
「了解。」
 リョウと二人の朝がゆっくりと動き始める。この幸せな時間は二人だけ
のもの。今一番に守るべきは、リョウとのこうした日常の時間だ。 じゃ、
カズとの時間は何?こっちがご飯ならあっちがおかず?毎日の食事とたまの
豪華ディナー?いつもの味とスパイス?こうやって別物ととらえて並列で
考えること自体が不謹慎なのかもしれない。けれど、今はこうやって
それぞれの位置づけを決めることが、私の心を安定させる近道なようだ。
「そうだ、カズが来週来るって言ってたよ。」
「えっ、そうなの?」
「ああ、昨日連絡があったんだ。」

形状記憶(123) (2005.01.12)

形状記憶(123)

 カズから電話があったのは、ちょうど私が寝てしまっているときだった
らしい。
「元気そうだった?」
「いつもと変わらないよ。でも、何でも結婚がだめになったとか言ってたぞ。
せっかくうまく行ったと思ってたのにさ。」
 そうか、リョウにはまだ本当のこと知らせてなかったんだ。もっとも、
私から言う話でもなかったけど。
「ふられちゃったのかな?」
「その可能性もあるけど、あいつ自身の気が変わったんじゃないか?昔から
そんなところあるし。」
 それならそういうことにしておいたほうが良さそうだ。

形状記憶(124) (2004.01.13)

形状記憶(124)

「自分からやめったってこと?うーん、確かにカズらしいけど。で、
弁明に来るって?」
「まあ、いつもの出張ついでみたいだけど、金曜の夜に飲もうって。」
「金曜か・・・。」
「スケジュール大丈夫?」
「うん、今のところ多分大丈夫だと思う。」
「じゃ、空けておいて。」
「わかった。」
 あっさり返事をしてしまったけど、実は心臓がばくばくしていて、
気持ちでこいつを押さえつけている。今度はどんな顔をしてカズと
会えばいいのだろう。リョウとカズを同時に目の前にしたとき、私は
いったいどんな風に振舞えばいいのだろう。まだ一週間も先のこと。
考えても始まらないこと。けれど、頭の中がゆっくりとうねり始める。

形状記憶(125) (2005.01.14)

形状記憶(125)

 朝書いたメール、出そうか、それとも書き直そうか。躊躇している
うちに、時間がどんどん過ぎてゆく。私の無事を伝えるだけならあの
ままでいいのだけど、すぐまたカズに会えるんだったら、もう少し
何か書いておきたい。でも、何をどう書いたらいいのだろう。
 手はてきぱきと洗い物を片付けている。頭はカズのことばかり考えて
いる。
「おーい、天気いいから、ちょっと外に出ない?」
「うん。」
 ひょっとしたら、リョウはさっきからずっと私のことを呼んでいた
のかもしれない。いや、きっとそうだ。でなきゃあんな大声出すわけが
ない。
「で、どこへ?」
「横浜でも行くか?ちょっとごぶさただし。」
「はーい。」

形状記憶(126) (2005.01.15)

形状記憶(126)

 年に何回かは足を運ぶのだが、横浜というところは、訪れるたびに
ダイナミックに変わっていく街だ。もちろん、街のシンボル的なものは
不変だけれど、新しい建物が増え、道が作られ、車の流れが変わる。
人の流れが変わる。そこを包む空気の流れや匂いが変わる。だから、
行くたびに発見があり新鮮な気持ちになれる。
 天気がいいと、何キロでも歩けてしまう。リョウと一緒なら一日中
歩き回っても飽きることがない。あてもなくどんどん歩き流しながら、
何か目に留まるものがあると、びたーっと立ち止まる。そんな歩き方の
テンポが似ているからかもしれない。

形状記憶(127) (2005.01.16)

形状記憶(127)

 私たちは今も手をつないで海べりを歩く。ときどき、半袖のTシャツを
柔らかな風がかすめてゆく。いつもよりのんびり歩く私のペースにリョウが
合わせてくれている。私はきっとこの人と居て幸せなんだと思う。ひょっと
したら、幸せすぎて持て余しているのかもしれない、ぜいたくな話だけど。
「カズ、なんで結婚しないんだろう?こうやって、好きな人と一緒に居るの
って、とても楽しいことだと思うんだけど。」
「確かにそれは理想だけど、好きな人と一緒に居る、すなわち、結婚じゃ
ないのかもしれないね、カズの場合は。」
「というと?」
「私たちはたまたま結婚という道を選んでうまくいってるんじゃない?
でも、そうじゃないカタチもありだと思うよ。どちらが良いとか悪いとか
言うつもりはないけど。」

形状記憶(128) (2005.01.17)

形状記憶(128)

「カズ、誰か好きな人居るのかな?」
「そりゃ居るんじゃない?いい歳なんだしさ。」
「いや、そういう意味じゃなくって。誰かのことが気にかかってて、それで
結婚できないんじゃないかな?」
「うーん、そういうものかなぁ。」
 まずい。リョウの言いたいことがだんだんわかってきた。できるだけ、
私とカズとの接点を遠ざけておかなければ。
「カズのこと、よく知ってるんだろう?」
「そりゃ、昔の仲間だから、ある程度はね。」
「仲間、か?」
 リョウがちらりと私を見る。
「疑ってるの?」
「いや、そうじゃないけど、ひょっとして、カズの好きなのは・・・。」
「バカなこと言わないでよ。」

形状記憶(129) (2005.01.18)

形状記憶(129)

「いや、だからどうというつもりはないんだよ。」
「ごめんなさい、つい・・・。」
 その一言を言われたくなくて無理矢理さえぎったまでのはいいけれど、
それがかえってリョウに妙な確信を持たせることになってしまったかも
しれない。いっそのこと、昔ふられたことを言っておいたほうが展開が
楽そうだ。
「私はね、大昔、カズにふられたの。だから、本当にそんなこと、
ありえないんだよ。」
「へぇ、それは知らなかったなぁ。」
 そう、だって今まで誰にも話したことないんだから。
「じゃ、カズはもったいないことをした、ってわけだな。こんなに
いい女なのに。そんなことするから結婚できないんだな、きっと。」

形状記憶(130) (2005.01.19)

形状記憶(130)

「男同士だとそこまで言うんだ?なかなかきついね。」
「そうかな?いざとなったら女のほうがきついんじゃない?」
「うーん、それはどうだろう。」
 とにかくこの話題を何とかうまく回避したい。けれど、なかなか
妙案が浮かばない。
「しかし、カズのやつ、信じられないな。いったい何考えてるんだ?
今度会ったら、しっかり問い詰めなきゃ。」
「そんなにカズを責めなくても・・・。」
「今日はやけにカズの肩を持つね。」
「そんなことないよ。リョウがあまりにも一方的に言うもんだから、
ちょっと戸惑ってるだけ。」

形状記憶(131) (2005.01.20)

形状記憶(131)

 声を荒げてしまったせいか、リョウが黙り込む。さりとて私に次の
句が浮かぶでもない。二人で居るのに会話がない、というのは本当に
辛い。ただ時間と風景だけがゆっくりと進んで行く。一番近くに居る
人がとてつもなく遠くに感じる。心が少しも通い合えない。
 ふと鼻をくすぐる甘い香り。つられてお腹がぐぅと鳴る。
「おいしそうな香り。」
「お腹空いたね。」
「ちょっと寄って行こうか。」
「うん。」
 焼きたてのクッキーに紅茶。これが今日の救いの神だ。
「ねぇ、一つ訊いていい?」
「はいはい、何でもどうぞ。」

形状記憶(132) (2005.01.21)

形状記憶(132)

「リョウはなぜ私と結婚しようと思ったの?」
「こりゃまた唐突な質問だね。」
「うん、でもね、急に訊いてみたくなったの。」
「そっか。えぇっとね、一緒に居る時間を少しでも長くするには
どうするのが一番いいか、って考えたんだ。」
「で、その答えが結婚?」
「そうだよ。何かおかしい?」
「ううん、とっても自然なことだと思う。実は私もそんな風に
考えていたの。リョウと少しでも長く一緒に居たいなぁって。」
「あまりカタチにこだわるのもどうかと思ったけど、まわりに
あれこれ言われるのも何かと面倒だし、カタチも整えておいた
方がいいと思ったんだ。」
「確かに、後ろめたさっていうのはないもんね。」

形状記憶(133) (2005.01.22)

形状記憶(133)

 結婚というのは束縛を伴うカタチだ。愛は時間で計るものでは
ないけれど、長く一緒に居たい、というのは、裏を返せば、一緒に
居ることを相手に強制させていることに他ならない。たまたま、
双方が同じことを思っているから、強制だとは感じないだけのだ。
「これで良かったと思っている。」
「ん?」
「リョウと結婚して良かったと思っている。」
「そうか、俺もそう思ってるよ。でも、無理するなよな。」
 まっすぐに見つめてくるリョウの目が、俺は知ってるんだぞ、と
言いたげだ。私はその視線をすっとかわして言う。
「うん、無理はしてないから。」

形状記憶(134) (2005.01.23)

形状記憶(134)

「ならいいんだけど。」
 疑惑を残しながらもそれ以上は追及しない。それがリョウのやり方だ。
思うところがあっても、それを知ることがプラスになりそうになければ
あえて知ろうとはしない。そうやって、ともすれば壊れそうな幸せを
大事に大事に包み込む。これって、逃避とは違う、賢い生き方なのかも
しれない。

 仕事でばたばたしているうちに、カズと会う日がやって来た。前回の
ような失態を犯してはならない。今回はリョウがなんだかんだとうるさく
言いそうだし、私は二人の間にうまく入り込むという役割がある。これは
きっと私にしかできない。極度の緊張感を乗り越え、こうなったら何でも
来い、という開き直りの境地だ。

形状記憶(135) (2005.01.24)

形状記憶(135)

 店には待ち合わせた時間ぴったりに着いたのだが、リョウとカズはすでに
席について話し込んでいた。あんなにとやかく言っていたリョウがカズを
咎めている様子もなく、見た目はいつもの二人だ。
「ビールでいい?」
 二人はすでにそれぞれのジョッキを空にしている。
「ええ。ピッチ早いんだね。」
 そういえば、前回三人で会ったときもこういう展開だった。急に記憶が
よみがえってくる。
「こいつ、やっぱり彼女にふられたんだって。」
「そうだったんだ。」
 少しばかり大げさに驚いてみる。

形状記憶(136) (2005.01.25)

形状記憶(136)

「まったくカズは女に縁がないみたいだよ。」
「一言多いよ、リョウ。」
 カズがぶぅたれた顔を作る。これで万事うまくいったのかもしれない。
「まあまあ二人とも、さあ飲み直そうよ。」
 崩れていた三人のバランスが幾分修復されたようだ。しかし、カズと
私は隠れた共犯者。リョウの疑いは少し晴れたみたいだけど、一度でも
疑いが起こった以上油断は禁物だ。
「おれ、結婚はだめだったけど、転勤でこっちにくることになりそう
なんだ。」
「えっ?」
「そんなに驚くこと?」
「だって、そんなこと一度も言ってなかったじゃない?」

形状記憶(137) (2005.01.26)

形状記憶(137)

「そりゃそうだよ、今この場で初めて言ってるんだから。」
 カズが東京に来るという。全く予想していなかった展開に、次の
言葉が出ない。
「俺のところも本社はこっちだろう?仕事もこっちのほうがたくさん
あるんだ。バリエーションもあるしね。今後のことを考えると、やっぱり
東京かな、と思ってさ。」
「希望を出していたんだ?」
「ああ。やっと叶ったってわけ。」
「じゃ、これからはがんがん飲めるな。」
「まあそういうことだな。」
 二人の会話が宙を飛び交っている。カズが東京に転勤してくる、という
その事実だけで私の頭はいっぱいだ。

形状記憶(138) (2005.01.27)

形状記憶(138)

「で、いつこっちに来るんだい?」
「来月になりそうだ。」
「そりゃまた急な話だな。」
「ああ、善は急げっていうだろう?さっさと引き継ぎ終えて、こっちに
慣れないとね。」
「そうか、じゃ、手伝うことあったら何でも言えよ。」
「ああ、頼むよ。まずは家探しなんだ。相談に乗ってくれよ。」
「よしきた・・・。」
 カズが東京に来る。頭はそこからちっとも動こうとしない。せっかく
修復しかけていた三人のバランスが、今また大きく振れようとしている。

形状記憶(139) (2005.01.28)

形状記憶(139)

 リョウは手放しに喜んでいる。私もうれしいはず・・・なんだけど、
カズとは離れていたからこそ成り立つ関係だったとしたら、これから
いったいどうなるのだろう。
 そんな心配をよそに、二人はずっとわいわいやっている。
「で、どのあたりに住むんだい?」
「それがまだ、ノーアイデアなんだ。」
「じゃ、うちの近くに来いよ。」
「いや、それは遠慮しておく。」
「なんで?」
「入り浸っちゃ悪いだろ?」
「そんなわけないだろうに。」
「いや、お前はよくても・・・」
 カズがちらと私の顔を見る。

形状記憶(140) (2005.06.25)

形状記憶(140)

「私は別にいいよ。でも、近すぎると息が詰まっちゃうだろうから、
少しは距離があった方がいいかもね。」
「そんなもんかぁ?帰りのタクシーが一緒とかだと効率いいし、とか
思ったんだけどなぁ。」
「じゃ、同じ街道沿い、っていうか、同じ沿線だったらどうだろう?」
「なるほど、そういう手があったか。」
 話は何とか落ち着きそうだ。遠すぎず近すぎない距離。それは、
物理的なものより案外精神的なものの方が大きいのかもしれない。
 それにしても、カズはどうして私に転勤の話を事前にしてくれ
なかったのだろう。私を驚かせたかったのだろうか。変な意味に
とられたくなかったのだろうか。

形状記憶(141) (2005.01.30)

形状記憶(141)

 翌日は三人でカズの家探しとなった。男の一人住まいを探すのに
女がついていくのは変だとさんざん言ったのだが、カズが、
「リョウだけじゃなく、二人で俺の住処をみつくろってほしい。」
と強く言うのでこうなった。
 私たちの最寄り駅より二つ都心寄りの駅前で、いかにも地元という
不動産屋のドアを開ける。めぼしい案件をいくつか実際に見せてもらい、
カズが迷うことなく決断する。東向きのその部屋は、窓を開けると
商店街の音が少し気になるほかは文句のつけようがなかった。三階で
日当たりも良く築年数も気にならない。先週空いたばかりでまだ掃除が
できていないということだったが、ほとんどひとめぼれ状態。リョウも
私も何ら口出しする必要がなかった。

形状記憶(142) (2005.01.31)

形状記憶(142)

「どうして急に東京に来ることにしたの?」
 カズが大阪に戻った頃を見計らって、ようやくメール。
「いちいち言わなきゃいけない?」
「やっぱり仕事は東京の方がいいの?」
「いや、あれはあくまでリョウを納得させるための答えなんだ。」
「じゃ、どうして?」
「お前にもっと会いたいから。」
「そんな・・・。」
「迷惑か?そんな風には思わなかったわけ?」
「そうじゃないけど・・・。」
「けど、なんなんだ?」
「大丈夫かなぁと思って。」

形状記憶(143) (2005.02.01)

形状記憶(143)

「リョウのことか?あいつなら心配ないよ。」
「どうしてすっぱり言い切れるの?」
「うまくやるから。」
「いくらカズがうまくやったって・・・。」
「お前も当然うまくやるの、やれるって。」
「自信ないよ。」
「自信じゃなくて気持ちの持ちようだろう?それとも、そんなに俺とは
会いたくなかった?」
「ううん、そんなことないけど。」
「だったら大丈夫だよ。もう少ししたらそっちに行くから待ってて。」
「うん・・・。」

形状記憶(144) (2005.02.02)

形状記憶(144)

 何かが食い違っている。何かがおかしい。カズはなぜそこまでするのか。
訊けば、会いたい気持ちを前面に押し出した結果だ、と彼は言うだろう。
けれど、いつでも会える距離に住むことに、大きなリスクを感じないの
だろうか。もしかして、やばいと思っているのは私だけなのか。私さえ
きちんと大人の行動が取れるなら、すべてはうまくいくのだろうか。私は
カズに試されているのだろうか。
 ふとカズの唇を思い出す。太くて頑丈な唇。何ものをも跳ね返しそうな
弾力性と、一度吸い付いたら決して離さないような吸着力。そう、すべては
あのカズの口づけから始まったのだ。自分の唇をそっと指で押さえてみる。
唇が覚えている形。感触。ぬくもり。目を閉じると、あの日の記憶が一つ
ずつよみがえってくる。

形状記憶(145) (2005.02.03)

形状記憶(145)

 カズが東京にやって来る日、リョウと二人で引越しの手伝いに行ったら、
あっという間に片付いてしまった。
「あんまり荷物ないんだね。」
「ああ、持ってくるほどのものはあんまりなかったから結構捨ててきたよ。
どうしても必要ならまた買えばいいし。百円ショップだってあるしね。」
「まあそうだね。」
「大阪に比べればちょっと家賃高いけど、贅沢しなきゃやっていけそう
だし。」
「日向ぼっこするにはいいなぁ、ここ。」
「していけば?」
「やだ、冗談だよ、冗談。」
 カズの目がちっとも笑っていない。

形状記憶(146) (2005.02.04)

形状記憶(146)

「でも、たまにはこっちにも遊びに来てくれよな。何にもないけど
ご覧の通り座る場所ぐらいはあるから。」
「そうだな。ともかく、今日はうちに来いよ。鍋やろうと思ってる
からさ。」
「サンキュー。助かるよ。」

 リョウと私の空間にカズがするっと入ってくる。見せたくない体の
一部を見られたような、探られたくないものを探り当てられたような、
そんな気分。しかし、歓迎する理由はあっても拒絶する理由はどこにも
ない。私さえ我慢すればいいんだ。鍋はたくさんで囲む方が楽しい。
世話好きな二人の男性に挟まれて、女王様気分を味わうなら今のうちだ。
そう割り切れば、きっと楽しい宴会になるはずだ。

形状記憶(147) (2005.02.05)

形状記憶(147)

 材料を揃え出汁をとる。寄せ鍋ってことで、肉や魚、いろんな野菜に
豆腐など、種類も多ければボリュームも盛りだくさんだ。リョウと二人
だったらとてもじゃないけどこんなに食べきれない。見ただけでうんざり
してしまうかもしれない。でも、今日は大食漢のカズがいる。
 ビールで乾杯しながら、蓋の下でグツグツいうのを待つ三人。
「なんだかわくわくするね。」
「確かに。」
「これからは毎週でもできるぞ。こりゃ本当に楽しくなりそうだ。」
 リョウが一人陽気に笑う。カズと私は一瞬目を合わせては逸らし、
ハハハと調子を合わせる。
「さあ、食うぞ。」
 リョウが蓋を開ける。ぎこちない二人の表情が、一瞬にして湯気の中に
隠れる。

形状記憶(148) (2005.02.06)

形状記憶(148)

 カズの食に対する勢いは本当にすさまじい。それにつられてリョウも
私もどんどん箸を進める。後から後から材料を突っ込み出汁を追加する。
こんなに無言でひたすら食べることってここ最近なかったなぁ。リョウと
だって、とろ火でのんびり鍋をつつきながら、っていう感じだし。
 ふと大学時代のサークルの宴会を思い出す。あの頃はみんなこうだった。
食べ盛りというのもあったが、とにかく若いがゆえの勢いがすごかった。
今のカズはまだあの頃のままだ。私一人が歳をとってしまったようで、
寂しささえ感じてしまう。
「ああ、食った食った。うまかったよ。」
「久しぶりに腹いっぱい食っちまってしばらく動けないよ。」
「しばらく横になってていいか?」
「ああ、俺も。」
 片付けは後回し。酔いも手伝って、私もいい気分でごろんとなった。

形状記憶(149) (2005.02.07)

形状記憶(149)

 右にはリョウが、左にはカズがごろんと横たわっている。このまま
寝てしまっていいのだろうか。そんな疑問がふと頭をよぎるけど、
そういうことをじっくり考える余裕などないまま意識が薄れてゆく。

 くすぐったい。体をよじろうとするのだけど、何ものかに手足を
おさえられていて身動きがとれない。目を開けようにも何かに視界が
さえぎられているようだ。私のカラダの外に何かが起こっている。
 これは夢だ、きっと、夢に違いない、でなきゃ、こんなこと・・・。
頬をつねることもできないけれど、私の皮膚に何かが触れている。
その指先。その舌ざわり。これはリョウだ。じゃ、こっちは?
もしかしてカズなの?

形状記憶(150) (2005.02.08)

形状記憶(150)

 きめの細かい柔らかな指先とごつごつっとした硬い指の腹。それは
間違いなくリョウとカズのもの。二人の肌が私の肌を覆い尽くしてゆく。
何ら抗えないまま、二つの異なるカタチが中に割り込んでくる。これは
リョウ、これはカズ。明らかに違うカタチが次々に押し込まれてくる。
二人が激しく交錯しはじめると、カラダに十分にしみこんでいたはずの
形状記憶が、だんだんあやしくなってくる。これはどっち?こんどは
どっちなの?カタチあるものが次第に溶けはじめ私のカタチととろけ合う。
カラダが正体をなくし意識だけがふわりと地を離れ、宙に浮き上がってゆく。

 気が付くと、私は川の字の真ん中に居た。右にはリョウ。左にはカズ。
配置はさっきと変わらない。二人が鼾をかいて眠っている。二人の描く
川の中で、私は途方もない夢を見ていたのだろうか。

形状記憶(151) (2005.02.09)

形状記憶(151)

 夢と現実の境目はいったいどこにあるのだろう。願望とか恐怖という
ものは、時として夢に現れたり現実のものとなることがある。それが
夢なのか、現実なのか、何を証拠として判断すればよいのか。頭の中に
かろうじて残る記憶は、時間とともに薄れたり中身が変容・変形していく
ものだ。たとえ記憶がログとして忠実にトレースできたとしても、それが
何を物語るというのだろう。
 リョウとカズ。少なくとも、今の私には二人ともかけがえのない存在だ。
どちらも失いたくない。どちらも手中にしておきたい。けれどあくまで、
リョウと私、カズと私、というペアは別々に存在していてほしい。決して
私を挟んで二人をダブらせたくはない。そんな願いと恐れが、もしかしたら
私の身に一気に出現したのかもしれない。そう考えれば、たとえ三人が
何らかのはずみで交錯したとしても、少しも不思議なことではないのだ。

形状記憶(152) (2005.02.10)

形状記憶(152)

 ふとカズが目を覚ます。
「ああ、もうこんな時間なんだ。そろそろ帰るよ。今日は本当にありがとう。
色々と助かったよ。リョウによろしく言っといて。」
「うん。帰り道、大丈夫かな?」
「ああ、多分ね。」
 リョウはまだ目を覚まさない。
「じゃ。」
 カズがふいに顔を近づけてくる。
「また今度、楽しみにしてる。」
 耳元でささやく声、そして、頬に軽いキス。

形状記憶(153) (2005.02.11)

形状記憶(153)

「おーい、カズは帰ったのか?」
 ドアの閉まる音で目が覚めたのだろうか。それとも?
「ええ、リョウによろしく、って。」
「そうか・・・。それにしても、よく寝たなぁ。さて、ゆっくり風呂に
でも入ってこようかな。」

 背後ですぅっと記憶の扉が閉まる。ここは間違いなくリョウと私の
生活の場だ。もしかしたら、また、あの扉の向こうに行くことがある
かもしれない。でも、もう私は恐れない。だって、いつでもこちらの
世界に戻れると確信めいたものを感じたから。たとえそれがだれかの
手によって仕組まれたものだとしても。(完)