印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > Short Story

Copyright(C)  小林 千早都

連載「Small Hours IX」 (【今日の一文字】より2016.04.26~2016.06.03)

「Small Hours IX」

◆虚◆ 突如膨らむ空虚感。制御不能の落涙。そんな姿を誰にも見せたくなくて、人通りのなさそうな道を選び、ただただ歩く。いったい私は何をしているんだろう。愚痴を吐きたいのか?違う。何かを壊したいのか?それも違う。ああ、もう、帰らなきゃ…って、どこへ帰るの、私?

◆歌◆ 誰かに連絡してみようかな…って、いったい誰に?友達と呼べる人はたくさんいても、こんなときに名前の挙がる人は一人もいないことに、今さらのように気付く。「みんなひとりぼっち…」ふと口ずさむ私のテーマソング。「海の底にいるみたい…ですか?」「えっ?」

◆驚◆ 「当たりですか?それは良かった」彼はさっと目をそらし、空を見上げた。「その歌、好きですよ、僕も…」「そうでしたか!びっくりしました」「驚かせてごめんなさい」「いえ…うれしかったです」「一緒に歩きます?」「ええ…でも、何だかどっと疲れてしまって…」

◆手◆ 「じゃ、少し休みますか?」彼のやわらかな視線が私を包む。身体がふわっと軽くなったような気がして、彼を見つめ返す。目の前に差し出された手。その手に触れてしまったら、きっともう後戻りできない…そんな冷静な判断とは裏腹に、一歩二歩と近づいてしまう私。

◆冷◆ あっ、冷たい…。思わず手を引っ込める。「どうかしましたか?」「あっ、いえ、ごめんなさい…」「長く風に吹かれ過ぎたのでしょう…」彼はゆっくりと歩き出す。その背中をボーッと見ながら、その場に立ちすくむ私。「また会いましょう…」そんな声が闇に消えて行く。

◆急◆ いつもの自分が急速に戻ってくる。早く家に帰ろう。こんなところでぼやぼやしているから、変なものを呼び寄せてしまうんだ。闇がゆるゆるとほどけてくる。ちょうど来た空車のタクシーに手を上げて、自宅の住所を告げる。シートに深く座れば、強い眠気が襲ってくる…。

◆着◆ 「お客様、このあたりでよろしいでしょうか?」慌てて飛び起きる。確かに家の近くだ。「ああ、はい、ありがとうございます」「お気をつけて…」いい運転手さんで良かった。部屋の鍵を開け、そのままベッドに潜り込む。ようやく安全な場所にたどり着いたようだ…。

◆朧◆ 朦朧とした中で、あのときの冷たい手がよみがえってくる。あれは生きている人間だったのか、それとも…。あのまま彼の手を握っていたら、今頃どうなっていただろう。瞬間的に手を放したのは果たして正解だったのか。ひょっとして、惜しいことをしてしまったのか。

◆滑◆ 彼の手がするすると肌を撫でてゆく。少しひんやりした感触がゆるゆると内側にしみてくる。冷たいのも心地いいんだ…。やがて彼の指がするりと身体の中に滑り込んでくる。「あぁぁ…」思わず身体に力が入る。「ほうら、ゆっくりと力を抜いて…そう、ゆっくりと…」

◆侵◆ 身体の奥を少しずつ掘り起こしては、ぐりぐりと侵入路を広げていく指たち。やがてそれは一本の太い杭に置き換わり、頭突きのような衝撃が走る。鈍い痛みはやがて甘くてルーズな感覚に変わり、中心からまわりへべたーっと流れていく。これは夢?夢なら覚めないで…。

◆水◆ びっしょりの汗と全身に広がる気だるさ。夢にしては、やけに現実味が…。いけない、このままでは風邪をひいてしまう。のろのろとベッドを抜け出しバスルームへ。熱を帯びた部分にぬるめのお湯をかける。落ち着いてきたところで、水温を下げ、ゆるんだ肌を引き締める。

◆朝◆ カーテンを開けると、まばゆいばかりの光が差し込む。ああ、もうこんな時間なんだ…。久しぶりの休日。ハードな仕事が続いていただけに、この解放感がうれしい。濡れてしまったシーツを剥いで洗濯機に放り込む。ふと、留守電の赤ランプが点滅しているのが目に入る。

◆帰◆ 「元気にしてる?さっき帰国した。今から行くよ…」まったく、連絡はいつも突然で、かつ、こちらの予定などおかまいなしなんだから…。でも、そんな彼を心待ちにしているのも事実だ。留守電の入った時間からすると、もうすぐピンポーンってやってくるに違いない。

◆互◆ 「ただいまー!」「お帰りー!」いい気なもんだわ…と思いつつ、あっという間にテンションが上がってしまう私。「元気そうで良かった」「あなたも」部屋にあがるなり抱き合う二人。「帰ってくるならちゃんと事前に知らせてよ。居なかったらどうするつもりだったの?」

◆憎◆ 「居なかったら…そこで待ってるつもりだった」「そこって?」「扉の前で」「もう、お子ちゃまじゃあるまいし…」私よりはるか年上のくせに、なぜかこういうときだけ若ぶる彼がどうしても憎めない。互いの身体をまさぐりながら唇を重ね、いとしい思いを伝え合う。

◆間◆ なつかしい匂い。なつかしい輪郭…。ひとつひとつ丁寧になぞりながら、眠っていた甘い記憶を手繰り寄せる。付き合い始めた頃のほとばしる激しさはもうないけれど、二人の間には、とろりと流れるぬくもりがある。「やっぱりあなたが一番だ」「それ、ほめてるつもり?」

◆刻◆ 「えっ?一番じゃだめ?二番とか三番がいいの?」「そうじゃないけど…」ここで女心を切々と語ったっていいことなんかない。とにかく今は、彼が私を一番に選んでくれている、それでいいじゃないか?胸にチクッとした痛みを抱えながら、彼の鼓動を私の中に刻みつける。

◆居◆ 男性特有の少し苦くて甘い汗。異国の香りを含んだ彼の体臭までもが私の中にしみ込んでくる。今回はいったいいつまでここに居るつもりだろう。問うたところで「さぁ…」とはぐらかされるのがオチだから決して口にはしないけれど。「ああ、ずっとこうしていたいなぁ…」

◆濃◆ 髪を撫でながら呟く彼に、呟き返す私。「いつもそう言ってるような気がする…」「だって、こうしていたいんだもん…」無邪気にそう言われて嫌な気はしない。それを言葉通り受け止めるかどうかはこちら次第なのだから。彼の匂いがぎゅっと濃くなる。「もう一度したい」

◆滑◆ 「もう一度?」「いや、何度でも…できる限り」身体をまるごと強く擦りつけながら、ごつっとしたものが侵入を試みる。「もう、性急なんだから…」ふっと力を抜いた途端に彼が滑り込む。「ほら、もうこんなに…僕だけじゃない、あなただって、したかったんだろう?」

◆答◆ 肯定せざるを得ない問いかけに、彼の背中をぎゅっと抱きしめて答える。一人では決して得ることのできない生き物同士の一体感。他には何もいらない、彼さえここにずっと居てくれたなら…。これまで何度そう思ったか。そして、何度失望してきたか。ああ、また今回も…。

◆潤◆ 「お腹すいたね」「喉もかわいたし…」彼が冷蔵庫からミネラルウォーターのボトルを取り出し、先にごくごくっとやってから、私の手に持たせる。そのごく自然に振る舞う一連の動作にさえ、つい、ウルッときてしまう。「どしたの、急に?」「いや、どうもしないけど…」

◆真◆ 「何か悪いことしたかなぁ…」真面目に首をかしげている姿を見て、思わず吹き出してしまう。「おいおい、泣いたと思ったらすぐに笑うの?もう、よくわかんないよ」そう言いながら、私の身体をぎゅっと胸に包み込み、頭を撫でる彼。「うれしいのよ、ただそれだけ…」

◆反◆ ワンス・オア・トゥワイス…惰性ではなく、ただ純粋に“欲しい”という欲望に寄り添っているだけ…。深く愛すれば愛するほど、それを無くしたときの喪失感は深く、心が大きくえぐられる。そんな痛みを何度も経験していながら、それでも…と思う自分が愚かで愛おしい。

◆暫◆ 「しばらく居てもいいかな?」「しばらく、ってどれぐらい?」「うーん、わかんないけど…」こういうことをベッドの中で抱き合いながら言うのはズルいなぁと思いつつ、「好きなだけどうぞ」と答えてしまう私。たまには「ずっと…」と甘い嘘でも聞いてみたいけど…。

◆着◆ それから一週間。私は普通に仕事に出かけるけれど、彼は特にどこに出かけるでもなく、すっかり家に落ち着いている。たまに買い物や食事には行っているようだけど、帰宅したらいつもそこに居る。「晩ご飯作ったよ」彼のご飯はまじめに美味しい。「相変わらず器用ね」

◆飯◆ 「そう?ありがとう。ま、飯は基本だしね」「基本って何の?」「生きて行く上での」「なるほど」「飯をいい加減にすると、生きることそのものがいい加減になるような気がしてね」彼が言うと、妙に説得力がある。きっとそれだけ色々な経験をしてきたということだろう。

◆慣◆ 食事だけじゃない。しなくていいというのに、片付けものや掃除、洗濯など、ほぼ全ての家事をテキパキとこなす彼。不器用な私にはとてもありがたいけれど、この状態に慣れてはいけない。慣れてしまったら、彼が居なくなった時とのギャップに耐えられなくなるから…。

◆語◆ 「今さらだけど、こんな俺でも残り時間を考えるようになってさ…」私を腕に抱きながら語り始める彼。「どうしたの、急に…」尖らせた唇を彼の分厚い唇がすっぽりと包む。舌が滑り込み、歯を、歯茎を舐め回す。舌を存分に絡め唇を吸い合えば、甘い気持ちが垂れこめる。

◆囁◆ 「“しばらく”が、“ずっと”になってもいい?」そんな大事なことを、なぜこんなときに耳元でささやくのかなぁ。いいも悪いもないでしょうに。いつ何どきふぅっと居なくなるか…そんな不安とあきらめでいっぱいだった日々からついに解放される、そういうことなの?

◆今◆ 「だめ?」「だめなはずないじゃない?でもどうして…」「ずっとこうしていたいから…」「もう、そればっかり…」「ばっかり、って言ってもさぁ、今一番大事なことじゃないかい?」「うん」うなずく私の上に彼がのしかかる。この圧迫感が迷う心をぎゅっと凝縮させる。

◆残◆ 彼が私とずっと一緒にいたいと思うのは、もしかしたら、人生の残りを意識し始めたからかも。何か病気でも?いや、彼のこの力強い抱き方からして、そんなことは…じゃ、他には何が?あらゆる可能性が頭の中でぐるぐるしている。もっと素直にうれしいと思えばいいのに。

◆整◆ 彼がせっせと私の身の回りを整えてくれる。もうお互い遠慮はしない。して欲しいときにして欲しいと言い、イヤなときはイヤと言う。できることをできる方がすればいい。そんな簡単な原則だけで、もう半年になる。「少し休みを取って旅行しようか?」「ほぉ?どこへ?」

◆所◆ 「どっかいいとこないかな?」「そうだなぁ、俺そこらじゅう行ったしなぁ」「二人で行きたいと思ったところは?」「そうだねぇ…」彼が私の身体をあちこち撫でながら、思いを巡らせている。「二人でのびのびできるところがいいよね、あんなこととかこんなこととか…」

◆解◆ 心と身体を縛っていたリボンを、一つずつほどいてゆく。一気にむしりとるのではなく、一つずつ、ゆっくりと…やがてそれは、ほうっておいても勝手にほどけてゆくようになる。そんなプロセスを経て、二人の心身は完全に解放状態に。そんな所がどこかにあれば…。

◆空◆ 青い空。青い海。プライベートプールとプライベートな広い空間。そこに訪れるのは、光と風と木々のざわめき、そして、鳥たちのにぎやかしのみ。ただ流れ行く時間に身を任せ、愛しい人と肌を寄せ合い戯れる。一生に一度ぐらいは、と思っていたことが、今、ここに…。

◆月◆ ストンと日が落ちて、まあるい月が昇る。月にぽっと照らされたプールに二人身を浮かべれば、やわらかなスポットライトを浴びているような気分になる。「月夜っていいね」「だけど…ちょっと寂しいなぁ」「どうして?」「お迎えが来てしまいそうで…」「えっ?」

◆時◆ 彼が月に向かって手を伸ばす。その手に光の粒が集まってくる。「ああ、その時が来てしまった…」「行ってしまうの?私も連れてって…」彼は首を横に振る。「ごめんね…」そっと重ねた唇に涙が落ちる。しがみつく私の腕をするりと抜けて、空に吸い込まれて行く彼。

◆火◆ 涙が溢れて止まらない。やがて月の光は消え、あたりはすっぽり闇に包まれる。そしてまた、日の光が溢れだす…楽しかったことも悲しかったことも、走馬灯のように流れ続ける。それは果たして現実だったのか、幻想だったのか…何もかもをない交ぜにして、命の火が落ちる。

連載「Small Hours VIII」 (【今日の一文字】より2016.01.24~2016.04.24)

「Small Hours VIII」

◆生◆ あの日から、私はちゃんと生きようと思った。それまでは、いつもどこか他人事で、あきらめ感が強く根っこにあり、自分に真っ直ぐ向き合っていなかったのだ。それは、自分の至らなさ、不甲斐なさ、心の弱さを認めることでもあり、そうすることが許せなかったのだ。

◆失◆ 足もとは揺らぎ、支えとなるべき柱は傾く。物という物は壊れ、流され、あるいは消失する。確かだと信じていたものはことごとく崩れ、何を頼りに何を目指して生きていけばいいのか、道しるべを一瞬にして見失う。 目に映るのは、同じように途方に暮れる人々の瞳。

◆息◆ あたりの光は徐々に力を無くし、もう二度と輝きなど手に入らないと思ってしまうほどの絶望感が広がる。息絶えるもの、息長らえるものに境目があるとしたら、それはひとすじの望みか、それとも人のぬくもりだろうか…。彼に出会ったのはそんな最中だった。

◆伝◆ 涙ながらに話す人の話を、同じ目線になって、ひとつひとつうなずきながら聴く彼。「大変でしたね」「お辛いですね」と言葉を挟みながら真摯に向かうその姿は、とても地味ながらほんのりあたたかい光を発していた。いつしか私の頬にもあたたかい涙が伝っていた。

◆肩◆ 「大丈夫ですか?」ふいに肩をポンポンと叩かれる。えっ、いつの間に彼が…。「あっ、すみません、私は大丈夫です」「そう言う人に限って大丈夫じゃないんですよ。よかったら、一緒にコーヒーでも飲みませんか?」「あっ、はい…でも、お仕事の方はいいのですか?」

◆半◆ 「これも仕事の一環ですから」「えっ?」「いや、半分ぐらい冗談です。あなたのような人を見ると声をかけたくなる…一種の職業病みたいなものですよ」「ぐふっ…」なぁんだ、という思いと、それでも彼と話せることのうれしさが混ざり合って、変な笑い方をしてしまう。

◆向◆ 「ああ良かった、笑ってくれて」「もう…」テーブルの向こう側にいる彼の笑顔はとても自然だ。「大変なお仕事をされているのですね」「大変?そう感じたことはないですよ」「ええっ?そうなんですか?」「一人一人に対し、ありのままに向き合う、それだけですから」

◆重◆ 「ありのままに向き合う…それって言葉で言うのは簡単だけど…」「だけど?」「それってしんどくないですか?」「ああ、確かに、すべてをずしっと受け止めたままでいると、きっとその重みで潰れてしまいますよね。だから、そのたびごとにクリアする必要があるのです」

◆触◆ 彼は、そんなカウンセリングの極意を、さらさらと語る。「じゃ、こうして私と話していることも、次の人と向き合うときにはまっさらになるのですね?」「いえ、そんなつもりはありません、あなたがそれを希望しない限り…いけませんか?」彼の手が私の手に触れる。

◆手◆ 思わず引っ込めようとした手を、ぎゅっと繋ぎ止める彼の手。「こ、これは?」「ひとめぼれです」じんわりと伝わってくる彼のぬくもり。「本当は、私…」「気付いていました、あなたの視線をたくさん浴びましたから」そうなんだ…と思った瞬間、ふぅっと力が抜ける。

◆行◆ 「あっ、ごめん。時間なので…あなたと話ができて良かった。ありがとう」「あっ、こちらこそ…」ちゃんと返事もできないうちに、彼がするっと行ってしまう。仕事中だったのだから仕方ないのだけど、この手に中途半端なぬくもりを残して、彼は行ってしまった…。

◆追◆ 気になる、というレベルじゃない。来る日も来る日もスキあれば彼を目で追ってしまう。また突然声をかけられるのではないか、ふいに隣りにいたりしないか、一度あることは二度あるはずだと…でも、こんな風に待ち構えているときに限って、そんな機会はやってこない。

◆立◆ 「あ〜あ」肩を落とし頭を垂れて、今日何度目かのため息をつく。「似合わないよ、そんな姿は」「えっ?」またしても彼に不意討ちを食らう。「あなたには、自分の意志で、自分の足で、ピシッと立っててほしいんだ」「自分で…?」「そうすればぐんと魅力的になるから」

◆価◆ 彼の言葉にハッとする。振り向いてほしい、気にかけてもらいたい、それしか思っていなかった私は、いったい何者なのか。振り向いてもらえる、気にかけてもらえる、そんな価値ある存在なのか?フリーフォールからストーンと落ちたような無力感。そして、あふれる涙。

◆役◆ 私にできることは何だろう。どこでどうやったら価値が出せて人の役に立てるのだろう。あたりを見回し、自分を見つめ直す。人を助けるための特別な技術や資格は持っていない。でも何か…。「私、何かお役に立てることはありませんか?」彼に問いかけてみた。

◆自◆ 「まずは自分で考えてみて」彼はニッコリほほ笑む。けれど、まなざしはとても鋭かった。こういうことは、人に訊くことではないのだ。言われるままに動くことはとても簡単。でもそれじゃいけない。バカならバカなりに自分の頭で考えて動くこと。そこがスタートライン。

◆実◆ 物を運ぶ。物を配る。人の話を聴く。人に声をかける。私にできることはたかだかこのぐらいだけど、少しでも役に立つのなら…。「頑張ってるね」彼がこちらを向いて笑いかける。ああ、彼の存在をすっかり…。「ごめんなさい」「謝ることなんてないよ。休憩しない?」

◆力◆ 彼の横に座って久しぶりに話す。「これでいいのかどうかわからないけれど、無我夢中でやってきました」「それでいいと思うよ」「背中を押して下さって…ありがとうございます」「いや、それはあなた自身の力だから…素敵なことだよ」彼がそっと手を握る。「うれしい」

◆飯◆ 「今度、ご飯でもどうです?何なら今晩でも…」「あっ、はい、ぜひ」「じゃ、決まり!後ほど」サッと手を離し、仕事に戻る彼。潔いなぁ…。さて、私も仕事に戻らなきゃ。手のぬくもりをそっと抱きしめながら、この後のことに思いを馳せる。晩ごはん…それだけですか?

◆合◆ カンパーイ!ビールのジョッキを合わせ、ゴクリ、ゴクリ。「ああ、うまい!」頼んだつまみをつつきながら、しゃべる、しゃべる。つられて私もつい饒舌に。「こんなににぎやかな人だとは、正直びっくりしました…」「あははは、君といると、いっぱい話したくなるんだ」

◆元◆ 「私となんて…どなたとでもうまく合わせられるのでは?」「それは仕事だけ。プライベートまでそんなことしてたら疲れてしまうよ…僕といると疲れる?」「そんな、とんでもない!元気になります」「そうか、それは良かった。僕も元気になる!もう一軒行こう」

◆縮◆ 店の外に出た瞬間、彼の手が私の手に触れる。そっと握り返した途端、彼との距離がぐんと縮まる。「二人きりになりたい」彼のささやきが耳元をくすぐる。我慢できずに彼の正面に入る私。どちらともなく唇を近づけ、軽く触れる。「こんなところじゃまずいから…」

◆誘◆ カチャリ。オートロックのドアが閉まる。目の前に広がる二人だけの空間。誘ったのか、誘われたのか…今となってはそのどちらでも構わない。「力を抜いて…」彼の言葉がふんわりと身体を包む。ふぅっとほどけた唇に彼の舌が滑り込み、口の中を余すところなく撫で回す。

◆線◆ 身体の芯がじわじわと溶けてしみだしてくる。彼の大きな手が、髪から頬、首から肩、そして背中へと落ちてくる。確実にツボを捉える彼の指に翻弄されながら、私も彼の身体の線を両手でそっとなぞり始める。華奢に見えていたのに、意外に肉付きが良いのに驚きながら。

◆言◆ 彼の手が腰から下半身に移っていく。ぐっと引き寄せられて、彼の硬くなったものがごつんと当たる。「スゴい…」「君のせいだよ…」そう言いながら下腹部に押し付ける彼。「いじわるぅ…」「いじわる?じゃ、どうしてほしい?」「言わせるの?」「ああ、言ってほしい」

◆包◆ 「ベッドに行きたい」「行ってどうするの?」「どうするって…あなたがほしい…」彼は大きくうなづく。互いの着ているものを剥ぎ取り、ベッドに潜り込む。「あったか〜い」「そうだね、生きている人間はみんなあたたかいんだ…」互いを包み込むように抱き合う二人。

◆混◆ このまま二人、じゃれ合いながら眠るのもいいなぁ。でも、鼓動は高まるばかり…。「ほしい?」「ええ、全部ほしい…」彼が身体の芯をめがけてぐぐっと入ってくる。肌を触れ合わせることで感じる外側からの心地よさに、身体の内側で感じる心地よさが混ざり合う。

◆暴◆ できることならもう少しゆっくり…と思っていても、いったん暴走しはじめた身体にブレーキはかからない。「ああ、もうだめ…いってしまう…」「いいよ、何度でも…」呼吸は乱れ、息の詰まる感覚を幾度も味わう。そして、頭の中と身体の中がほぼ同時にはじけ飛ぶ。

◆遠◆ 「あっという間にいっちゃったねぇ…」遠くから彼の声が聞こえてくる。「あ…ごめんなさい」「ううん、あやまることじゃない、むしろ、うれしいよ」「そうだといいのだけど…」半ば夢見心地のまま、髪や身体をやさしく撫でられて、またスイッチが入ってしまいそうだ。

◆恥◆ 「感じやすいんだね」「恥ずかしい…」「恥ずかしがることはない。ステキなことだよ」消え入りそうな彼の言葉さえやさしい愛撫となり、ふわふわした感覚が身体中に広がっていく。「おいで」導かれるまま彼の上になり、ゆっくりと腰を沈める。「好きに動いていいから」

◆波◆ 彼の両手が二つの乳房を下から持ち上げるように掴み、手の平とその指で弄ぶ。芯から甘やかな快感がいくつもの小さな波を生み出し、それはやがて大きな波となって身体を揺らし始める。「もっと揺らして、もっと…」浮き上がりそうな上半身を彼の腕がぐいと引き留める。

◆楔◆ 今にも爆発しそうな快楽の塊がどんどん大きくなってくる。身体全体が一つの重たい風船のようにぎりぎりと膨れ上がるような感覚。逃げ道を塞がれて、ここでどうにかするしかないという覚悟。やがて彼は体を入れ替え、私を見下ろすようにして、最後の楔を差す。

◆沈◆ ずっしりとした重みを受け止めながら、水底に沈んでゆく。このまま息絶えてもいいかもしれない…。気が付くと彼はいなかった。慌てて飛び起きると、シャワーの音が耳に入ってきた。ああ、良かった。また、一人、残されたのかと思ったから。「やっと、お目覚めかな?」

◆軽◆ 「あっ、私も浴びてきます」すれ違いざまに、おでこにキス。「行っといで」熱めのシャワーが肌を滑り落ちてゆく。まだふわふわする身体に刺激を与えながら、現実の世界へ。心身が幾分軽くなったのを実感しながら、バスタオルを身体に巻き付ける。「そのままおいで」

◆後◆ 「えっ?」視線の先にはタオルを腰に巻いただけの彼がいた。「せっかくシャワー浴びたのに…」「また浴びればいいから…」バスタオルを剥ぎ、私の後ろに回り込んで身体を押し当てる彼。耳元や首筋に唇を這わせ、両腕で胸を揉み、下半身をまさぐる。「もうこんなに…」

◆好◆ 立ったまま、せわしなく交わり、昇り詰めて果てる二人。そのままベッドに倒れ込めば、彼の荒い息遣いがうなじに降りかかる。「好きだ…」「私も好き…」「こういうことが?」「こういうことも」「良かった…」「うん…」切ない気持ちが甘いシミになって広がっていく。

◆閉◆ 彼が私の中に残したものを抱えて帰途につく。夢のような、でも、このずっしりした重みこそが現実なのだ。明日からどんな顔をして彼に向き合えばいいのだろう。何事もなかったように、普通に振る舞えるだろうか。そんなことを巡らせながら、一人のベッドで目を閉じる。

◆朝◆ 心身ともにスッキリした朝。意外によく眠れたみたいだ。しっかり朝食をとり、職場へ向かう。「おはよう」「おはようございます」何も変わっていない…そのことを、ほんの少しだけ寂しく思いながら、こうしてまた同じ空気を吸えるうれしさで、一人にやにやしてしまう。

◆覗◆ 「お昼一緒にどう?」「あっ、ぜひ」跳ね気味になる声を抑えつつ返答する。「昨日はお疲れさまでした」「疲れたの?」彼が笑いながら覗き込む。「あっ、いえ、そんなには…」どぎまぎする私の頭を彼の手が撫でる。「もう…」また、ポロッといってしまいそうになる。

◆慌◆ それからの一週間は、彼との十分な時間が取れないまま、慌ただしく過ぎていった。家にたどり着けばバタンキュー。深く眠ることで何とか元気を取り戻し、新しい一日を始める。そんな繰り返しの中で、彼をいつしか第三者の目で見ている自分に気付く。「頑張ってるね」

◆頃◆ 「あっ、いえ、もう毎日が精一杯で」「それでいいと思うよ」「はい」「今夜はお疲れさま会にしようか?」「いいですね」「じゃ、後で」頃合いを見計らったような彼の声かけ。それがまた心憎いなぁと思いつつ、すでに頭の中は彼と一緒にいる自分の姿を描いている。

◆独◆ 「あっという間の一週間でした」「それは喜ぶべきことなのかなぁ、それとも、悲しむべきことなのかなぁ…」私の髪を撫でながら、独り言のようにつぶやく彼。そんなこと、考えたことなかった。私の一言で彼がどういう気持ちになるか、なんて…、ああ、私ってもう…。

◆伝◆ 「こうしていると、何だか落ち着きます」「胸がこんなにドキドキしているのに?」「あっ、それとこれとは…」言い訳も許されぬまま唇を吸われ、彼の両腕が私をぐっと抱き寄せる。私より少し高めの体温が、肌を通じてじわじわと伝わってくる。「これでも落ち着く?」

◆撃◆ 「そんなこと…」彼が私の中にぐぐっと潜りこんでくる。奥に当たる衝撃がどんどん強くなってくる。「ああ、もう、だめ、それ以上は…壊れるぅ…」「大丈夫、一度壊れてごらん。きっと楽になるから…」「楽に?」「そう、我慢するんじゃなくて、全部受け入れて」

◆抜◆ 衝撃からくる痛みが徐々に快感に変わっていく。やがて、下半身がすっぽりと抜け落ちてしまうような感覚とともに崩れ落ちてしまう。遠のく息をゆっくりと引き戻しながら、ふと、こんなことをしていていいのかな?という疑問が頭をよぎる。「余計なことは考えないで…」

◆感◆ 「…今はただ、気持ち良くなること、それを幸せと感じること、それで十分じゃないか?」確かにそうかも…人肌のぬくもりを直に感じながら思う。「こんなに感じてくれることがうれしくって…」「本当に?」「ああ、それで、もっともっと感じさせたくなるんだ」

◆怖◆ 「ねぇ、もっと刺激的なことしていい?」「刺激的なことって…?」ふっと走る警戒感を拭うように、彼の両手が私の頬を包み、唇が唇を塞ぐ。大きな舌がゆっくりと口の中をめぐり、去ってゆく。「何だか怖いわ…」「大丈夫、大丈夫だから…。さあ、目を閉じてみて」

◆挟◆ 彼の優しくも強い命令口調に逆らえるわけもなく、こわごわ目を閉じる。しばらくして、ひやりとしたものが胸に当たる。「何?」彼のあたたかい手が左の胸を覆い、ほっと気がゆるんだ瞬間、冷たいものが先っぽを挟む。「イタッ!」身体中の神経がそこに集まってくる。

◆痛◆ 「外して…」「力を入れないで。ほら、ゆっくり深呼吸して、そう、ゆっくりと…」言われた通りに息を吸い込み、ゆっくりと吐き出してみる。確かに少しずつ痛みが和らいでくる。「そう、そのままゆっくりと呼吸して…」「あぁっ…」もう一つの先っぽにも痛みが走る。

◆響◆ 「お願い、もう外して…」「でも、こんなに感じてるよ」彼がびしょびしょになった部分をすくい上げる。「そ、それは…」「身体は嘘をつかないんだよ」そう言いながら、挟んだものを揺らす彼。「ああ、やめて…ちぎれちゃう…」胸の先からつーんとした痛みが頭に響く。

◆離◆ 目を開けようにも涙が溢れて光しか見えない。「お願い、やめて…」「わかった」ようやく願いが聞き入れられ、ひとつ、またひとつ、痛みの根源が身体から離れる。じんじんする先っぽに彼のぬめっとした舌がまとわりつく。尖った痛みにじわじわと甘さが加わり始める。

◆泳◆ 「我慢しなくていいんだからね」「ええ…」「それにしても、ここ、大洪水だねぇ…」本当に堰が切れてしまったのかもしれない。その辺りで彼の指が泳いでいる。「初めてだったの、こんなこと?」「うん…痛かった…」「最初はそうかもしれない、でも、きっと慣れるよ」

◆速◆ 彼が後ろからそっと抱きしめる。じんじんとした痛みが消えない胸を弧を描くようにソフトに撫で回しながら、濡れそぼったところに分身を潜り込ませる。こんなことに慣れてしまっていいのだろうか…ふと頭をよぎる不安をかき消すように、彼の動きがぐんと加速する。

◆果◆ 身体の端々から徐々に麻痺が広がっていく。「ああ、もうダメになっちゃう…」彼の指が胸の先っぽをきゅっとつねる。再度鋭い刺激が全身に走り、彼とともに果ててしまう…。「すごかったね…」何と答えたらいいのかわからないまま、彼の胸に顔を埋める私。「怖いわ…」

◆擦◆ 「怖くない、怖くない、大丈夫、大丈夫、もっともっと気持ち良くなれるよ…」髪を撫でながら、おまじないをかけるように彼がささやく。このまま身を預けたら、私はどこにいってしまうのだろう…。帰り道、胸の先に布が擦れて、あの痛みがじわじわとよみがえってくる。

◆疼◆ 一人ベッドに入れば、またあの痛みを思い出す。じわじわとこみ上げてくる痛みの記憶を鎮めるべく、尖ったものを自分の指先でそっとなぐさめる。やがて痛みは心地良さに変化し、身体の芯をじんじんと疼かせる。ああこの変わり目は、いったいどこにあるのだろう。

◆復◆ 彼の姿を見るだけで、いや、彼のことを思うだけで、あの痛みが胸によみがえってくる。ダメ、こんなことじゃダメ…振り切ろうとすればするほど、その記憶が鮮明になってくる。今度リアルに逢う時はきっと…甘い期待と不安の中、その日はすぐにやってきた。

◆戯◆ 「まだ痛む?」「ええ、時々…」「そっかぁ…」「もう、痛いのはイヤ」「じゃ、どんなのがいいのかなぁ?」彼のいたずらっぽい顔が近づく。「どんな、と言われても…」「痛くしないから、言うことをきいてくれる?」「怖いこと?」「怖くない、怖くない、僕を信じて」

◆隠◆ 彼をどこまで信じることができるのか?試されているなら、とことん試されてみたい…そんな気持ちでうなずく私。「じゃ、そっと目を閉じて」閉じたまぶたの上にさっと布が当てられ、後頭部ぎゅっと結ばれる。「痛くない?大丈夫だね。目隠しされる、ってどんな感じ?」

◆鋭◆ 「見えない分、感覚が鋭くなっているような…」「そうだね」彼の手が肌にランダムに触れる。そんなことにいちいち反応していたら、身がもたないかもしれない。「大丈夫だよ、感じるままに…」喉の奥からあられもない声が漏れる。「そう、我慢しなくていいからね…」

◆続◆ 涸れてしまうのではないかと思うぐらい、高くて大きな声が出続ける。「いいよ、いいよ、もっと、もっと…」「ダメ、もう、死んじゃう…」「大丈夫、こんなことで人は死んだりしないから…」彼の手が私の両手首を掴み、頭の上に持ち上げる。「痛くしないから、ね」

◆張◆ 手首をさっと結び、その紐の先はベッドサイドに…。「大丈夫、心配しないで。暴れなければ傷つくことはないから…」「そんなぁ…」身動きが制限された身体に緊張が走る。「ますます尖ってきたね…」彼の舌と唇が、二つの胸の先をやさしく転がしながら行き来する。

◆悪◆ 「感じてるね」「何だかとてもいけないことをしているような…」「そう、君は悪い子、僕にこんなことをさせてしまう、とっても悪い子だ…」ああ、暴れてはいけない。けれど、この身体の奥から湧き上がってくるむずむずした感じが広がり、身体がじっとしていられない。

◆指◆ 「ねぇ…」「ん?どうした?」「ほ、ほしい…」「何が?」「うーん…」「うーん、じゃわからないよ、ちゃんと言ってごらん」「あ、あそこに、あなたのを…」「ここかい?」彼の指がするりと入ってくる。一本が、二本、三本になり、ぐちゃぐちゃとかき混ぜる音がする。

◆流◆ 「ここかな?」「あぁ…」滞っていたものが一気に流れ落ちる。「すごいねぇ、我慢しないで、全部流してごらん」身体中の水分が抜け落ちてしまうのではないかと思うぐらい、滴りが続き、頭がクラクラしてくる。「ああ、もう止めて、壊れる…」ようやく彼の指が止まる。

◆水◆ 手首を解かれ、目隠しを解かれても、すんなり起き上がることができない。「大丈夫?」「水を…水をください」ほどなく彼が冷蔵庫からミネラルウォーターのボトルを持ってきてくれる。ギャップを開けて渡された水のボトルをゴクゴクゴク…やっと生き返った心地がする。

◆冷◆ 「すごかったね」「恥ずかしい…」びしょびしょになってしまったシーツがひんやり冷たい。「次からはちゃんと準備するから大丈夫」「そんなことされたら、もっと恥ずかしくなってしまう…」彼が私の頬を掴み、優しくキスしてくれる。「あなたのそういうところも好き」

◆安◆ 彼が私の中に滑り込む。「今日は君の中でじっとしていたい気分だよ」それもいいかもしれない。互いをぎゅっと抱きしめ合い、一つの柔らかなかたまりになっていることを感じ合う。「でも、こんなんじゃ、イヤだよね?」「ううん、こういうのも好き。安心できるし」

◆底◆ ほどよい心地良さが続く。こんな時間が永遠に続くといいなぁ。「このままふぅっと眠ってしまいそう…」「いいよ」「本当に?」「ああ、こういうおだやかな抱擁も、一体感があっていいね」海の底にゆっくりと降りて行くような感覚。音も光もない世界へ落ちて行く二人。

◆立◆ 「つながったまま寝ちゃった…」彼の囁く声で目が覚めた。「それってすごいことかも…」「そうだね、何だかとっても心地良くって…」「うれしい…」二人ぎゅっと抱きしめ合えば、また彼がぴくぴくしてくる。「わぁ、またぁ…」「あははは、また元気になっちゃった」

◆勢◆ 彼にしては珍しく、ちょっと照れた表情を見せる。「でも、元気になってくれるのはやっぱりうれしい」「ねぇ、一気にいっていい?」「うん、私もいきたい…」中の感じる箇所を
確実に突きながら、彼がどどーっと昇りつめる。その勢いに押され、私もすぐ高みに到達する。

◆巡◆ 「僕たちとっても合うのかもしれないね」「相性…?」「うん、やっと巡り会えたような気がする」「やっと?」「うん、いろいろあったから…」「そっか…」今はこれ以上訊かない
ほうがいいのかもしれない。彼からそっと身体を離す。ああ、彼のぬくもりがいとおしい。

◆余◆ 仕事の時の彼は相変わらずきびきびとした動きをしている。私も負けじと動く。無我夢中だった最初の頃に比べれば、少し先のことを考えながら動けるようになってきたのか、動きに若干余裕が出てきたように思う。「だいぶ馴染んできたかな?」「いえ、まだまだですけど」

◆叩◆ 「いいことだね」私の肩をポンと叩いて去っていく彼。そのさりげないタッチにぐっとくる。いけない、いけない、今は仕事中なんだから…。やっとのことで週末を迎える。「少し遠出してみようか?」「いいですね」「行き先は…任せてくれる?」「あっ、はい…」

◆顔◆ どこへ行くのだろう?助手席からハンドルを握る彼の顔をチラと見る。仕事の時ともあの時とも違う真剣な表情にドキッとする。「クルマは苦手だったかな?」「いえ、小さい頃はすぐ酔ってしまってダメだったのですが、今はもう大丈夫です、慣れました」「そうなんだ」

◆傾◆ クルマはずんずん山道を行く。油断すると酔ってしまいそうで、一生懸命前方を見て、振られないようカーブと反対側に身体を傾ける。「大丈夫?もう少しだからね」「はい…」私が必死になっていることに気が付いたのだろう。彼の運転が急に丁寧になる。「着いたよ」

◆見◆ 「こ、これは…」眼下に広がる壮大な景色に言葉が続かない。「見せたかったんだ、これを」「ありがとう…」悲しくなんかないのに、涙がぽろぽろ落ちてくる。靄がとれて、だんだんクリアになってくると、山、街、そして、その先の海までくっきりと見えてくる。

◆寄◆ 「こんな景色を見ていると、自分がとてもちっぽけな存在であることを、改めて感じます」彼の手がそっと腰に。「物理的にはそうかもしれない。でも、僕の中ではとてつもなく大きくなっているんだ、君の存在が…」マグネットのNとSのように、互いの唇が引き寄せ合う。

◆告◆ 「一緒に暮らさないか?」「一緒に?」「いや?」「いやじゃないけど…」「何が心配?」「心配というか…まだよくわからないことだらけで」「一緒にいればだんだんわかってくると思うよ。それじゃだめ?」そばで見つめられると、心も身体もぐいぐい引き込まれていく。

◆晒◆ 「こんなところじゃ…」「じゃ、どこだったらいいの?」「どこって…」「誰も来やしないよ、大丈夫」彼の手が胸に滑り込む。「そんなぁ…」「いやじゃないんだろう?ほらぁ、こんなに…」お天道様に晒された胸がツンと立っている。「ほら、こっちだってきっと…」

◆捉◆ スカートの裾を捲り上げ、するすると侵入してくる彼の手。「ほうら、やっぱり…」身をよじり避けようとするも、彼の指は的確に小さな尖りを捉え、ツボをいじり始める。「やめて…」そんな言葉に逆行するように、彼が身体をまるごと押し付けてくる。「入れたい…」

◆変◆ みしっ。「あれ?」「どうしたの?」「おかしいわ」「だから、何が?」彼と抱き合いながらも、五感はすでに別のところへ。「来る!」彼の手をとり、車に駆け込む。わさわさわさ…大地が揺れ始め、やがて大きな唸りを立てる。「あなたに会えて良かった。ありがとう…」

連載「Small Hours VII」 (【今日の一文字】より2015.09.26~2016.01.12)

「Small Hours VII」

◆糸◆ あっ、この人は確か…。うっすらとつながっている記憶の糸を、切らさぬようそろりそろりと手繰り寄せる。いったいどこまで戻ればいいのだろう。五年、いや十年、ううん、もっと前だ。彼は気付いているのだろうか。さすがに私のほうが変わってしまったか…。

◆隣◆ 「隣り、いいですか?」「ええ、どうぞ」そう答えつつ見た横顔。見覚えがある、なんていう手ぬるいレベルじゃない。苦しいほどに抱きしめ合い、それでも足りず、すべてを奪おうとした、そんな相手だ。セミナーに集中しようと思えば思うほど、息が苦しくなってくる。

◆出◆ 「大丈夫ですか?」お願い、声をかけないで。「ええ、何とか…ああ、やっぱり、すみません」我慢できず席を立ち、会場の外へ。「お客様、どうされましたか?」「すみません、少し気分が…」へたりこんでいると、横からすっとミネラルウォーターのボトルが渡される。

◆分◆ ゴクゴクゴク。ふぅ。少し落ち着いた。「お水、ありがとうございます」そう言って見上げると…そこに居るのは、誰でもない、彼だった。「僕のせいだったら…ごめん」「この水はあなたが?」「そう」「私だと気付いていたの?」「実は、最初は分からなかったんだ」

◆息◆ 「君があまりにもキレイになっていたから…。でも、荒い息遣いが聞こえてきて、ハッとしたんだ。まさかこんなところで逢うなんて…」荒い息遣い…それは、あの頃、呼吸困難に近い状態まで追い込みながら互いを求め合っていた、その時のことを言っているのだろう。

◆機◆ 「もしよかったら、お茶でもどう?」「私の方はもう大丈夫だから。セミナーもまだ続いているし」「ああ、それはもういいよ。それより、こんな機会そうそうないだろうから…」今、彼はどんな暮らしをしているのだろう。あの頃のことをどんな風に思っているのだろう。

◆香◆ 結局、近くの喫茶店でコーヒーを飲むことに。こうやって向かい合って座っていること自体が奇跡のようだ。彼の匂いがコーヒーの香りに消されてしまうのはもったいないなぁ…と思いながら。彼は今も一人だと言う。一方私は…。「一人なわけないよね?」「うん、まあ…」

◆過◆ 「…でも、今は一人だから」「えっ?」複雑な表情を見せる彼。「まあ、いろいろあったから。子供も居たしね」「居たしって、それも、過去形?」「ええ。で、やっと落ち着いてきたところ。得たものも失ったものも、いろいろあったわ」「そうだったんだ…てっきり…」

◆歳◆ 「まあ、歳はとったわ」「でも、その分、深みが増したんだね」「深み?」「一段と魅力的になった」「ありがとう。そう言ってくれるのはあなただけだわ。あなただって、ずいぶん格好良くなったし」「そんな、取って付けたように言わなくてもいいよ」「いや、ホントに」

◆直◆ 「もし本当だったら、もう一度付き合ってくれませんか?」「単刀直入ですね」「本心です。こういうことを回りくどく言うのは嫌いなので」思ったら真っ直ぐなところは昔とちっとも変わっていない。それがうれしい時もあったけれど、重たすぎると感じることも多かった。

◆疲◆ 「また同じことを繰り返すの?」「同じこと…にはならないと思う。少しは大人になったはずだから、二人とも」それはどうだろう、と言いかけて引っ込める。「少し考えさせて。今日はもう疲れてしまった」「ごめん。いつも、疲れさせるばかりで」「そうよ、まったくぅ」

◆縮◆ 会計を済ませ、二人同時に店を出る。なつかしい香りが私を包み込む。えっ、と声をあげる間もなく唇が塞がれる。離れていた長い時間が一気にぎゅっと圧縮される。「もう、こんなところで、ダメじゃない」「ごめん、我慢できなかった」「さっきから謝ってばっかり」

◆笑◆ 「ごめん」「ほらまたぁ、もう、全然変わってないじゃない?」そう言いつつも互いに苦笑。こうなったらもう笑うしかないのかも。これも何かの巡り合わせだろうから…。連絡先を交換してとりあえず別れる。ああ、今夜は早めに休もう。あれこれ考えるのは明日にしよう。

◆触◆ 自宅のベッドに潜り込むと、彼から一通のメッセージが届いた。「今日は色々と…ごめんなさい。でも、偶然とはいえ、逢えて本当にうれしかった…」ふと、彼の唇を思い出す。その厚み、柔らかさ、そしてぬめっとした感触…あの頃のことが一気にフラッシュバックする。

◆境◆ 肌が溶け合う…どこまでが自分でどこからが彼なのかわからなくなる、まるでアメーバ―のように広がっていく一体感と浮遊感。どこが始まりでどこが終わりなのかわからないまま、時間の許す限り互いを求め合っていた遠い日々が、身体の芯に強い振動を与えてくる。

◆熱◆ 熱を帯びたものがじわじわとあふれだす。人差し指と中指がぬめりを受け止めながら、あたりを徘徊する。火口はぽってりと膨らみ、その奥にうごめく熱い塊が何かを叫びたがっている…。あの時、彼は最後までそこから逃げなかった。土壇場になって逃げたのは私の方だ。

◆死◆ このままだと、息絶えてしまう。アブナイ…そう思った瞬間、彼を全力で突き飛ばしてしまった私。「もう少しだったのに…」「もう少しで本当に死んでしまうところだったわ…」「君と一緒なら死んでもいいと思ってたのに…」「やっぱり私、まだ死にたくない…」

◆流◆ ハッと我に返る。全身から汗が吹き出し、あたりがびっしょりだ。ああ、彼にこれ以上触れてはいけない。今度こそ本当に死んでしまう…。「ごめんなさい。私、もうあなたとは付き合えない」メッセージを返し、熱めのシャワーを浴びる。すべてを洗い流してしまいたい…。

◆吸◆ 火照った肌にボディローションがするすると吸い込まれていく。もうそんなに若くはない。いや、まだもう少し…そう思うと、身体の真ん中に一本の柱が通る。もう一度恋を…でも、彼だけは避けたい。そう思えば思うほど、振り払ったはずの記憶がペタペタとまとわりつく。

◆翌◆ 翌朝。彼から来ていた山のようなメッセージをガサッと削除しオフィスへ向かう。「おはよう」「おはようございます」「どうした?」「えっ?」「少し元気がないな、と」「そうですか?あつ、少し寝不足かも」「そか、まあ、無理しないように」上司の目はごまかせない。

◆昼◆ 黙々と仕事をこなす。こんな日は、頭をあまり使わない単純作業がありがたい。すぐにお昼休みが来る。「一緒にメシ行かない?」「はい」「何が食べたい?」「あっ、何でも…いや、元気の出るものの方が…」「了解」上司が笑いながらカツ丼の店に連れていってくれる。

◆元◆ 「このカツ丼、美味しいですね!本当に元気が出そうです」「それは良かった。君には元気でいてほしいから」「いてほしい、って…?」何か奥歯に挟まっている感じだ。上司の口が再度開きかかった時、「おっ、二人で食事?いいね!」隣のボスたちが横を通り過ぎる。

◆素◆ 「あっ、何かまずかったですか?」「お昼を一緒にしたぐらいでどうのこうの言われたくないよ、気にしないで。それよりも…」「はい?」「君は僕の元気の素でもあるので」「えっ、私が?」「そう。もちろん人間だから、いつも元気というわけにはいかないだろうけど」

◆返◆ 「そんな風に思っていただいてたのですね?うれしいです」「もしよかったら、今度晩ご飯でもどうかな?」「いいですね!ぜひ」軽く相槌のように返事をしてしまってから、ふと気付く。あれ?これってデートの誘いだったのか、と。もちろん嫌いなタイプではないけれど。

◆店◆ いわゆる個室居酒屋…といっても、御簾のようなもので仕切られているだけの空間。でも、出てくるお料理はなかなかのレベル。「いいお店をご存知なのですね?どれも美味しいです」「そう?気に入ってもらえたらうれしいよ。ところで、一つ訊いていいかな?」「はい?」

◆好◆ 「どういう人が好みなのかなぁと思って…」「えっ、好み、って男性の?」「ああ、いや、女性の方が…と言われると、僕も困ってしまうけどね」「あははは、そんなことはないですよ。うーん、月並みですけど、やっぱり仕事ができて、大人な人かなぁ…」「大人かぁ…」

◆大◆ 「僕はそんな大人だろうか…」「そんな遠い目をしないでください。部長はもう十分に大人ですから」「そう見えてる?まあ、君からすれば、もう十分おじさんの領域だろうし」「いえ、そういう意味ではなくて。年齢とは関係なく、ステキな男性だと思っていますから」

◆委◆ 発した言葉に嘘はない。けれど、それをどう解釈するかは受け手に委ねられるもの。「もしかして、無理に言わせてる?だとしたら、申し訳ない」「無理なんかしてません。部長のような男性とお付き合いできたらいいなぁと、これは真面目に思ってますよ」「本当に?」

◆誘◆ ああ、ついに言ってしまった。こちらから積極的に行ってうまくいった試しはない。だからずっと言わないでおこうと思ったのに…。「僕から誘ってはいけないと思っていたんだけど、そう言ってくれるなら、思い切って言ってもいいかなぁ…僕と付き合ってくれますか?」

◆知◆ 「でも、部長にはご家庭が…」「以前はね。でも今は一人なんだ」「あら、そうでしたか…離婚されたのですか」「そう」知らなかった。部長のところは夫婦円満で素敵なご家庭を築いてらっしゃるイメージが強かっただけに、ホッとした、というより、少しショックだった。

◆続◆ 「あっ、僕、まずいこと言った?」「いえ、そんなことは…まったく知らなかったのでびっくりしただけ」本当は“だけ”じゃないんだけど。「嘘はつきたくなかったから」「はい」次の言葉が続かない。普通なら喜ぶところなんだろうけれど、どうしても素直に喜べない。

◆放◆ 部長は寂しいのだろうか。「でも、部長なら、またすぐ素敵な人が見つかりますよ」「どうしてそんな言い方をする?」しまった…つい、突き放した言い方をしてしまった。目の前に広がる怒りと悲しみの混じった表情。「すみません」「僕は、君が、欲しいんだ…」

◆酔◆ 「…ごめん。つい言ってしまった」もしこれが嫌いな人だったら、セクハラだと騒ぐところだろう。でも、今、私は明らかに、彼に対して好意を持っている。後先を考えなくていいのなら…。「今日はだいぶ酔ってしまいました。そろそろ帰りましょう」「そうだね」

◆吸◆ 会計を済ませる彼の匂いをそっと吸い込んでみる。いい匂いだ…。「今夜はごちそうさまでした」「また付き合ってくれる?」「ええ、ご飯でよろしければ」「それって、もしかして、嫌われたのかなぁ…」「まさか!」「本当に?」ふと彼の手が腰に回される。

◆寄◆ 「こんなところじゃ…」彼の香りがぐっと強くなる。「君が欲しいんだ…」もう逃れられない…そう思った瞬間、身体からストーンと力が抜ける。「僕のところに来てくれ」空車タクシーに手をあげ、開いたドアから滑り込む二人。彼の腕が私をぎゅっと引き寄せる。

◆着◆ ほどなく彼のマンションに着く。背中を押されながら一歩、一歩。部屋の扉がバタンと閉まる。「ずっと欲しかったんだ…」「ずっと、って、いつから?」「僕のところに来てくれてからずっと…」「そんな風には見えなかった…」「見せちゃいけないでしょう、普通は」

◆背◆ 「でも、今は普通じゃないと…」後ろに回り込んだ彼が耳元で囁く「君が欲しい…」熱い身体が背中に覆いかぶさってくる。と同時に、自分自身の身体の内側からも、じわじわと熱いものがこみ上げてくる。唇をそっと合わせながら、彼の両手が身体の輪郭をなぞり始める。

◆尖◆ 彼の両手が胸を大きく掴んでは、尖った先端をさらに尖らせる。たまらず声をあげると、右手はおへそから下の方をまさぐり始める。ごつごつしたものがお尻の辺りに強く当たっている。「ねぇ、先にシャワーを浴びさせて…」「じゃ、一緒に浴びようか?」

◆脱◆ 言い終わらないうちにすべてを脱いでしまう彼。呆気にとられながら、慌てて準備をする私。「早くおいで」「はい…」思ったよりがっちりした体格。そして、彼の凛々しく立ったものが目に入る。「キレイだ…」彼の手とシャワーのお湯が私の肌をゆっくりと撫で回す。

◆濡◆ 「もうびしょびしょだね」「だってシャワーが…」「そりゃそうだ、ちょっと違う気もするけどね、あははは…」シャワーヘッドを固定して、くるりと向き合い、首を傾け唇を合わせてくる彼。そっと舌を絡めながら抱きしめ合えば、彼の尖ったものがごつんと当たる。

◆浅◆ 「当たってる」「ああ、そして、君の中に入りたがっている」そっと手を添えて、目的地へ導く。私の小さな突起を少しつついた後、先端が潤みの中に滑り込む。「やっと入れてもらえた」「やっと?」「そう。ずっと入りたかったから…」浅瀬で水浴びのような戯れが続く。

◆奥◆ 「大洪水だね」「やだ、もう…」「いやじゃなくて、もっとでしょう?」「もっと、中へ…」引っ掛かっていた笠の部分がぐぐっと中に押し込まれ、心地よい圧力が奥の方から周辺へと広がってゆく。彼の両腕にがっちりと抱き締められ、私も彼の背中をぎゅっと抱く。

◆鋭◆ 「こういうの、好き…」「じゃ、こういうのは?」彼はすっと身を引き、私を裏返しにして浴槽に手をつかせ、お尻を掴む。彼の入ってくる角度がとても鋭くなる。「ああ、すごく響く…」思わず叫びそうになるのをぐっと我慢しているのに、彼は容赦なく攻め立てる。

◆崩◆ あまりの快感に、腰からストンと力が抜け、その場に崩れてしまいそうになるのを、彼の腕が抱きとめる。「大丈夫?ベッドに行こうか?」彼に支えられながら、のそのそと浴室を出る。「ごめんなさい、何かカッコ悪い…」「そんなことないよ、感じすぎちゃったんだね」

◆広◆ 彼のベッドの中。気だるさが身体の隅々まで充満している。寄り添う彼の匂いを胸いっぱい吸い込めば、幸せな気持ちが広がる。「少し眠るかい?」「いいの?」「もちろん。ゆっくりおやすみ」髪を撫でる彼の手を感じながら、すぅっと眠りに吸い込まれていく…。

◆朝◆ 「そろそろ起きるかい?」「わっ、やだ、もう朝?」「そう。でも休みだから大丈夫だよ」「今日は、えーっと、土曜日…でしたっけ?」「うん。よく眠れたかな?」「よくもなにも、全然知らないうちに…」「そうか、それは良かった」笑いながら珈琲をいれてくれる彼。

◆食◆ 「朝ごはん、食べる?」「ええ、でも…何だか申し訳ないです」「そんなことないよ、大したものはできないけどね」スクランブルエッグにソーセージ、サラダをささっと出してくれる彼。「わぁ、いつもこんな風に?意外でした」「そう?何にもしないやつに見えてた?」

◆思◆ 「家事はすべて奥様がきっちりされているものとばかり…あっ、す、すみません」「そう、みんな任せっきりだったよなぁ、確かに」「こんな時に思い出させてしまってすみません」「いや、逆に、こんなことで君に不快な思いをさせてしまったなら、僕こそ申し訳ない」

◆窓◆ 気まずい雰囲気に包まれて、次の一言がなかなか出ない。「ごちそうさまでした」「お粗末さまでした」ふっと二人に笑顔が戻る。もしかしたら、この人のこと、これからもっと好きになるかもしれない。「こっちにおいで」そこには、窓に切り取られた街の風景があった。

◆接◆ 「わあ、緑の森と近代的なビル群とのコントラストがキレイですね」「好きなんだ、この景色。でも一人で見るのはつまらなくて。君と一緒に見れるからこそ素敵なんだよ…」彼の腕が私をそっと抱く。頬を寄せ合い、おでこに、瞼に、そして、唇に触れるやさしいキス。

◆舐◆ 彼のものが鋭い角度で突き立っていて、斜めにグサッと刺さりそうだ。「スゴイ…」彼の手が私の手をそれに導く。「もうこんなに…」「ああ…、もし、イヤじゃなかったら、舐めてくれる?」「はい」その場に膝立ちをして、トランクスから飛び出したものに唇を付ける。

◆舌◆ アイスキャンディーをもらった犬のように舐め回す。美味しそうに、愛おしく…決して溶けることはないどころか、それはますます太くがっしりしてくる。先っちょをちろちろすれば、透明な液体が滲み出す。それを唇で吸い取りながら、上から覆い被せるように口の中へ…。

◆暴◆ 「ああ…」彼の声が歪む。そんな声さえ愛おしくて、舌を強く絡ませる。「ああ、もうそれ以上は…」暴れ馬が口から飛びしていく。思わず前に突っ伏した私の腰を掴まえて、彼が侵入を試みる。下半身に走る強い衝撃。やがてそれは快感となって、全身へ広がっていく。

◆丘◆ 一気に昇り詰めるというよりは、かなり高い丘の上を走り回っているような感覚が長く続く。「もう十分だわ…」そう言いかけた瞬間、彼の小さな呻き声とともに、ずっしりしたものが放たれる。やがてするっと抜けていくのを少し寂しく感じながら、私は私に戻っていく。

◆帰◆ 「送っていくよ」「いえ、一人で帰れますから」「そか」そこで無理を言わないのが彼の大人な部分。玄関先でぎゅっと抱きしめて私を送り出してくれる。そんなところも好きだ。”好き”をひとつずつ拾いながら歩く。高く上がったお日さまが身体をほんわり包んでくれる。

◆変◆ 休み明けの朝。何も変わらない、変えてはいけない、そんな朝。「おはようございます」「おはよう」すれ違いざまに彼がちらりと振り返る。だめよ、そんな風に見ちゃ…そう思いながらも、視線は彼の方に流れてしまう。開きかけた口をすっと閉じて、通常勤務に入る。

◆傾◆ 休み明けの午前中は、いつものことながらバタバタ続き。ぼやぼやしてたら流れに取り残されそうだ。気が付くと、もうお昼をとっくに過ぎていて、ブラインドから斜めになった光が差し込んでいる。ああ、お腹が空いたなぁ。ふと目の前にシュークリームが差し出される。

◆余◆ 「あっ、ありがとうございます。美味しそう!」もちろん私だけじゃなく、まわりのメンバにも分け隔てなく、上司からの差し入れだ。「あっ、一個余っちゃった。もう一個食べる?」彼が私の方を向いて言う。「わぁい、では、遠慮なく」憎らしいほどの差別化だ。

◆交◆ 月、火、水…平日の夜は接待が続いていて会えないよ…そんなことを彼がメッセージで送ってくる。でも毎日オフィスで会えるのだから…と返せば、素顔の君に逢いたいのだ、とふくれっ面マークを付けて送り返してくる。私だって本当は…と書きかけて、ふと指を止める。

◆隣◆ 「何だかご機嫌だね」となりの上司に声をかけられる。おそらく悪気はないのだろう。「えっ?そう見えます?」「いいことだ」ハハハ、と笑って通りすぎる背中を見ながら、ああ、やっぱり社内って面倒くさい、と思ってしまう。彼への返信は少しおあずけにしておこう。

◆長◆ 逢いたかった、逢いたかった、逢いたかった…そんな逢瀬もあっていい。金曜の夜はデパ地下で食べ物と飲み物を買って彼のマンションへ。そこは私を暖かく迎え入れてくれる場所。そして…。「一週間が本当に長かった。こんなに長く感じたのは初めてだよ」「私も」

◆灯◆ 赤ワインが頬を染める。二人で一本、ちょうどいい分量かもしれない。食事を終えてあの窓から夜景を望む。「灯りを消そうか?」まるでそこだけに薄くスポットライトが当たったような小さな舞台に二人。「逢いたかった」「もう、何度目かしら?」「何度でも言うよ…」

◆流◆ ゆっくり、ゆっくり…丁寧にほどいていく二人の時間。一か八かの賭けではなく、じっくりと安心して向き合えることの喜びをじんわりと感じながら、唇を付け合う。ともすると走り出してしまいそうな衝動を抑えながら、彼の流れに沿ってゆく。「無理してない?」「全然」

◆肌◆ 彼のタッチも言葉遣いも、とても気持ちが良くて自分が自然に振る舞える感じがする。肌が合うというのはこういうことを言うのかな、とこの歳になって改めて思う。身体を交えながら、ふと、この人とずっと一緒に居られたらどうなるだろう?と想像を巡らせてみる。

◆山◆ 今が一番…そう思った途端、山は崩れ谷底に落ちてゆく。途中休憩してもかまわないけれど、山は常に登り続けていかなければ幸せは続かない。彼との週末逢瀬が続く。これは夫婦以上の関係かもしれない。形あるものは崩れ、確固としたものは心の内にのみ存在する。

◆寂◆ 「ずっとこのままがいいの?」「ええ。多分、ずっと一緒にいると色々あるだろうから」「ちょっと寂しいね」「でも、ちょっと寂しいぐらいがちょうどいいのかも」「そうか…」「何かあれば駆けつけられるぐらいの関係がいいかなと」と、少しだけ強がってみる。

◆他◆ 「そういうのも悪くはないけど…」「だめ?」「心底好きな人とは四六時中一緒にいたい、というのが普通だと思うんだけど?」「うん」「これって普通じゃないのかな?って…」「うーん…」「もしかして、他に誰か…?」「えっ?」「いや、ごめん、疑ったりして」

◆苦◆ 困ったような、今にも泣き出しそうな彼の表情が、私の胸を苦しめる。「お願い、そんな顔しないで」「だって…僕は君が欲しいんだ、ずっとずっと…」私を痛くなるぐらい抱きしめる彼。「もうどこにも行かないで。ずっと僕のそばに居て」彼の腕が、手が、指が食い込む。

◆抜◆ 「痛いわ…」「ああ、ごめん」彼はようやく力を抜き、私をふんわりと抱きしめ直す。「ここで一緒に暮らさないか?今すぐ、とは言わないから。まずは考えてみてくれないか?」「わかりました」彼には一度ちゃんと私のことを話したほうがいいのかもしれない。

◆錯◆ やさしく、やさしく、壊れものを扱うように…そんな彼の愛撫に、愛しさと不安が交錯する。彼を失いたくはない。けれど、束縛されるのは…。「ねぇ、少し新しいことを試していい?」「新しいこと?」「そう。少し目を閉じて」頬に触れるのは絹のような肌ざわり。

◆布◆ やがてそれは頬を包み口元と鼻をふさぐ。「そ、そんな…」そんな声も十分に出せないまま、閉じたまぶたの上にも別の薄い布が当てられ後ろでキュッと結ばれる。息が浅くなり、ぞくぞくっとした感覚が身体に広がってゆく。彼の指が顔の輪郭をそっとなぞり始める。

◆身◆ 身に付けていたものが、一枚、また一枚と、丁寧にはがされてゆく。どう抵抗していいのかわからないまま、彼の前に無防備な姿をさらしてしまう私。「キレイだ…」彼の指が、唇が、身体中をくまなくはい回る。たまらず漏らすくぐもった声が、また彼を刺激してしまう。

◆隙◆ 身体が溶けて流れ出し、アメーバ状に広がってゆくような不思議な感覚。やがて、自分の重さを感じなくなったかと思った途端、ドスンと地上に落とされる。目隠しが解かれ、猿ぐつわのようになった布が外されて、ホッとした一瞬の隙に、彼のものが、口に突っ込まれる。

◆堪◆ 何度も吐き出しそうになるのを堪えながら、出し入れされるものを必死に受け止める。やがて彼のせつない呻き声とともに、生あたたかいものが口の中に広がる…。彼の指が私の髪をやさしく撫でては、身体を抱きしめる。「感じてたね、いつも以上に」「苦しかった…」

◆訊◆ 「苦しいのはイヤ?」そう訊かれて彼の目をまっすぐ見つめ返す。「思い出したくなかったから」「そうなのか?」「でも、いつまでも黙っているわけにはいかないと思っていたから…そんな時が来たんだと」「怖いの?」「ええ、このままエスカレートしてしまったら…」

◆重◆ 「まだ死にたくないの…」「こういうことで死にそうになったことがあるんだね?」「ええ、だから…」重苦しい空気が立ち込める。やがて、ゆっくりと口を開く彼。「僕は、僕の望みは、君が元気でそばいてさえくれれば…」ぎゅっと抱きしめる彼の身体が熱い。

◆見◆ 重たすぎず軽すぎず…彼に逢うことが日々を生きていく上でのいいアクセントになっていた、そう、あの日までは…。「やっと見つけたよ」「えっ、何を?」彼は資料を取り出し目の前に広げる。「リゾートマンション?」「そう。真ん前にどーんと海が広がっていて…」

◆飛◆ 「それを買おうと?」「そう。こういうところもあったらいいかなと思って」まだ一緒に旅をしたこともないのに、いきなりリゾートマンションを買おうという、その発想がぶっ飛んでいる…。「別に買わなくても利用できればいいのでは?」「もちろんそれは手軽だけど…」

◆機◆ 「会社を引退したら、こういうところで君とゆるゆると過ごしたいなぁと…」「そうですか…」「イヤ?」「イヤというわけではないけど、まだそんな先のことは考えられないなぁ」「そか…。いい買い物だと思ったんだけど、まだそんなタイミングじゃなかったか…」

◆戻◆ 「今度の週末、温泉に行かないか?」少し意気の落ちた彼だったが、さっと気持ちを戻した様子。「いいですね。例えばどちらに?」「絶景の露天風呂があるところとか?」「そうですね、自然がいっぱいのところがいいな」「OK!」すぐさまパソコンで検索を始める彼。

◆計◆ 「へぇ〜、最近は、露天風呂付きの和室が多いんだね」「でも、そういうお風呂って、とても小さいんでしょう?」「そうだね。大きいのに入りたかったら、家族風呂の時間制のになるね」こんな風に、ああでもないこうでもないと二人で計画を立てている時も楽しいものだ。

◆宿◆ あれもいいな、これもいいな…調べるほど迷いが増える。一方で、良さそうだと思ったらもう満室だったりして、宿がなかなか決まらない。よし、これだ!と決めてやって来たのは、少し山間を入ったところにあるひなびた一軒宿。しかも一日に一組しか受け入れないという。

◆問◆ 「ようこそいらっしゃいました」部屋に通され、女将から宿の中の説明をひと通り受けた後、質問してみた。「たくさんお部屋があるようですが、今日は本当に私たちだけなんですか?」「はい、もちろんでございます。大広間もお風呂もご自由にお使いくださいませ」

◆消◆ 「なぜ一日一組だけにされたのですか?」「せっかく人里離れた山奥まで来ていただいて、また知らない人に会ったり気を遣ったりするのはもったいないでしょう?」女将は笑みを浮かべながら、そっと姿を消す。なるほど、何がもったいないかは考え方次第なのだなと思う。

◆浴◆ 「じゃ、まずは、お風呂に行こう」「えっ、いきなり?」「うん」まるで少年探検隊のような瞳を輝かせて、タオルや浴衣を持つ彼。私もその一員になったつもりで隊長の後を追う。ガラガラ~。大浴場と書かれた扉を開ける。わぁ、広い脱衣場!そして、大浴場がその奥に。

◆泳◆ 「ひろ~い」「そうだね」「これなら思いっきり泳げそう」「泳ぐの?」バタバタまではしないものの、湯の上に身体をぷかぁんと浮かせてみる。気持ちいい。「こっちに露天風呂があるよ」彼の声のする方へ、すぅいすい。そこには石造りのかなり大きな露天風呂があった。

◆滑◆ 湯の中で、手足を伸ばしゆったりとくつろいでいる彼。「いいお湯だね。熱すぎず、ぬるすぎず、ちょうどいい湯加減だ」私もするっと身体を滑り込ませる。「イテッ」勢い余って石に膝をぶつけてしまった。「大丈夫?」「ええ、ああ、みっともない…」「慌てんぼうさん」

◆沈◆ ぶくぶくぶく…。「おいおい、何してるんだ?!」彼の腕にぐいと引き揚げられる私。「だって、恥ずかしくって…」「だからって、湯の中に沈むんじゃないよ、もう、心配するじゃないか!」「ごめんなさい」頭を撫でられくしゃくしゃになった私をぎゅっと抱きしめる彼。

◆頬◆ 外気の冷たさが頬にひんやり心地良い。「今日はゆっくりできるね」「ええ。こんなお風呂をずっと二人で使えるなんて、夢みたい。飛びきりの贅沢だわ…」「そうだね」冷たくなった頬に彼の唇がそっと触れる。やがてそれは、耳たぶから首筋、うなじへと滑っていく。

◆操◆ 「力を抜いて、ゆっくり、ゆっくりと…」彼の催眠術師のような言葉が私を操る。「そう、いい子だ…」頭を撫で撫でされて、彼にすべてを託したくなってくる。「君の身体が全身で、感じさせてください、って言ってるよ」「そ、そんな…」「だって、そうでしょう?」

◆受◆ 首に、肩に、腕に、背中に…彼の触れた箇所から、ゾクゾクッとした感覚が全身に広がっていく。「もう、どこに触れても感じてしまうんだね。ああ、逃げないで。すべてを受け入れて…」身体中のネジがゆるんで、次々と外れてしまいそう…。「もう、だめ、だめだから…」

◆死◆ 身体の奥で何かが大きくはじける。魂が身体を離れどこか遠くへ飛んで行ってしまうような不思議な浮遊感。もしかしたら、死とはこういう感覚なのかもしれない…あっ、彼が私を呼ぶ声がする。露天風呂の脇に打ち上げられたような私の身体。ああ、あそこに戻らなきゃ…。

◆帰◆ 「本当にいっちゃったんだね」「そうみたい…」「ちゃんと帰ってきてくれてよかった」「心配かけてごめんなさい」「あやまることじゃないよ。僕の前で素直に感じてくれた結果だから、うれしいよ」「うん、つい…タガが外れちゃって…」「もうこんなになっちゃった…」

◆手◆ 「すごい…」「すべては君のせいだからね、ほら」彼の手が私の手をつかみ、そそり立ったものに押し付ける。今にも爆発しそうなそれを、やさしく撫でる。時々首根っこのところを強く擦りあげると、そのたびに彼がぴくっとする。「エッチだねぇ、もう…」「もっと?」

◆突◆ 「口に…入れてくれる?」周囲をひととおり舐めまわしながら舌を徐々に先端へ。うるうるした突起部分からゆっくりと唇を被せていく。歯が当たらないように気を付けながら、口の中で彼のものを転がすと、彼の手が私の突起をまさぐり、その指がゆっくりと撫で始める。

◆揺◆ 彼の指に操られ、リズムが次第に乱れていく。「ねぇ、こっちに入れていい?」「ああ、いいよ」彼の腰にまたがり、そっと覆いかぶさるように身体を重ねる。いくつかの抵抗ポイントを経て、すっぽり埋まり込んだものの硬さを感じながら、ゆっくりと全身を揺さぶる。

◆高◆ 振動が徐々に増幅され、やがて大きな波がやってくる。「一緒に…」ハモるような声とともに、高みから落ちて行く二人。「いっちゃった…」「ええ、あっという間に…」「そうだね、たっぷり時間はあるのにね」「せっかちなんだから」「僕が?」「多分、二人とも」

◆残◆ 美味しいお料理とお酒、楽しい相手とのお話、贅沢な空間と時の流れ…以前の私なら、きっとこのあとバチが当たるに違いない、と思っただろう。けれど、人生の残り時間を意識し始めてからは、そんな後のことを気にすること自体もったいないと思うようになったのだ。

◆語◆ 手を握り、寄り添いながら、彼がぽつぽつと語り始める。「いつまでこんなことができるかなぁ…と思うと、不安で胸が張り裂けそうになるんだ」「そうなんだ…いつまで欲しいと思うかかなぁ、私の場合は」「そんなことを聞くと、僕はもっと不安になってしまうよ」

◆丸◆ 彼が手をぎゅっと握り返す。「少なくとも、今は、あなたが好きだから。欲しいのはあなただけだから」そう言いながら、彼の胸の中に潜り込んで丸くなる。今欲しいのはきっと、このあたたかな安心感なのだろう。「君は自由な猫みたいだなぁ」「猫は好き?」「もちろん」

◆猫◆ 「でも本当は犬が好きだったりして?」「以前はそうだったよ」「やっぱり」「でも、猫も面白いと思うようになった」「それは私のせい?」「そう、まったくもって、君のせい」そう言いながら、彼の手が、頭や背中を撫で回す。「心地良いのが好きなんだろう?」

◆満◆ 「うん」「で、満足したら、どっかに行っちゃうんだ」「そんなことないですよ。心地良いところをしっかりキープするのが猫ですから」「それなら、まだ大丈夫なのかな?もっと気持ちよくしてあげなきゃね」そう言いながら全身をくすぐりだす。「いゃん、もう…」

◆従◆ 犬がご主人様に対して従順なのだとしたら、猫は恐らく自分自身に従順なのだろう。そんなことを思いながら、彼の手に身を任せてみる。快感のツボの捉え方は、回を重ねるごとに正確さを増し、次々と新たな箇所を探り出している。今はその貪欲さがうれしくて、つい…。

◆声◆ 声は時に言葉以上の誘因作用がある。せつない声は精神を高揚させ、おそらく頭を通じて身体に変化を及ぼす。そんなことを身をもって感じるようになったのは、少し大人になった証拠だろうか。私のせつない声が彼のせつない声を誘発し、互いに高め合う時間がまた始まる。

◆急◆ 彼と週末旅行に出かけてから二週間余り。いつもの仕事の時間が淡々と進む。二人のあいだに少しホッとした空気が流れ始めた、ちょうどその頃だった。「急ぎの話がある…」かなり切羽詰まったメッセージに、ただならぬものを感じながら、指定された会議室に向かう。

◆抜◆ 「着いてきてくれないか?」「えっ、どういうこと?」米国支社長の急死。そして彼の抜擢。しかも、事態が事態だけに急を要するらしく、来週には飛ばなければいけないらし
い。「僕は取り急ぎ向こうに行く。でも、できればその後に…」「わかりました、考えておきます」

◆怒◆ 「えっ?考えておくって…即答してくれないの?」「そういうお立場にふさわしい方がきっといらっしゃるかと…」「どうしてそんなことを言うんだ?!」彼の表情に怒りが満ちてくる。「あなたのことがよくわかるから、わかるからこそ…」「そんなことは聞きたくない」

◆熱◆ 彼に身体をがばっと掴まれる。「お願いだ。ずっとそばにいてくれ。僕には君の支えが必要なんだ」「本当に、本当に、私なんかにそんな大役が務まるかどうか…」躊躇する唇に彼の熱い唇が覆いかぶさる。「ダメです、こんなところで」「君がイエスと言ってくれるまで…」

◆選◆ 彼の指が身体に食い込む。この感覚はあの時の…。「私で本当にお役に立てるなら…」「来てくれるんだね?」こくりと頷く私。これも一つの選択なのだろう。誰のせいでもない、あくまで自分の。彼が改めてやさしく抱きしめてくれる。「ありがとう、そして、よろしく」

連載「Small Hours VI」 (【今日の一文字】より2015.07.27~2015.09.16)

「Small Hours VI」

◆肩◆ トントン。誰かに肩を叩かれて振り向く。「えぇーっ?」「そんなに驚くこと?」そこにはとてもなつかしい顔と匂いがあった。「だって…いつこちらに?」「さっき」「さっき、って…」「いるかなぁと思って、一番にここに来た」「もう、そんなこと聞いてない」

◆年◆ 彼が旅立ってからちょうど五年。ひとときとて彼のことを忘れたことはなかった。けれど、「成功するまでは帰らない」と言い残し、その後ぷっつり連絡が途絶えてからは、きっともう逢うことはないのだろうと心の中であきらめていたのだ。「ぜんぜん変わってないね」

◆変◆ 「変わってないわけないでしょう?五年も経つのに…」「その言い方、そのふくれっ面、ぜんぜん変わってない」そう言いながら私を抱きしめる彼。急に涙がぼろぼろ落ちてくる。「やっと帰ってこれた。逢いたかったよ」「私もずっと…」この一瞬で、五年間が帳消しになりそうだ。

◆食◆ オフィスでの挨拶まわりを一通り終えて、彼が戻ってくる。「何かうまいもん食いたい」「お寿司とか、お刺身とか?」「いいねぇ!そういえば、生の魚は長く食ってないや」この五年間、いったいどこでどんな生活をしてたんだろう?まあ、おいおい訊けばいいか…。

◆飲◆ 「カンパーイ!」冷えたジョッキに入った生ビールを一気に飲み干す彼。相変わらず飲みっぷりは豪快だ。「やっぱりうまいねぇ、日本の刺身は」「よそのは美味しくないの?」「いい線いってるのはたまにあるけど、やっぱり違うね」「食は圧倒的に日本がいいよ」

◆根◆ 「そうなんだ…で、この後は?」「しばらく日本に居るよ」「しばらく、って?」「うーん、一ヵ月ぐらいかな?」「そっか…」まあ、日本に根を下ろすような人じゃないとは思っていたけど、こうやって逢えるのも今だけだと思うと、胸がぎゅっと締め付けられる。

◆置◆ 「で、お願いがあるんだけど?」「ん?なに?」「しばらく俺を置いてくれない?」「置く、って…?」「いや、ホテルとかウィークリーでもいいんだけど、どうせなら、と…ダメ?」「突然すぎる…」「あっ、もちろん、お金払うから…」「そういう問題じゃなくて…」

◆奪◆ さも当たり前のように言う彼に圧倒され、次の言葉が続かない。大きなスーツケースを二個ゴロゴロしながら、彼は私の部屋にやってくる。「ああ、やっぱりここがいい!」「相変わらず勝手な…」そう言いかけた私の唇を奪う彼。有無を言わせぬやり方も昔のままだ。

◆獣◆ 五年間の空白を埋めようとしているのか、彼は何度も執拗に責め立てる。眠りを覚ました獣の血に火が点く。火口付近がどろどろに溶け出し、今にも噴火しそうだ。「やっぱり…お前じゃなきゃ…ダメなんだ…」呻くように言葉を交えながら、彼の動きが一気に加速する。

◆撃◆ 彼が私の中で強い衝撃とともに弾け飛ぶ。それを反射的に包み込む私。「ああ、吸い込まれていく…」そう言いながら彼は全体重を預けてくる。かたい筋肉質。以前よりずっしりと感じるのは、ぐんとたくましくなったせいか、それとも、依存度が高くなったせいなのか…。

◆望◆ やがて身体を起こし、隣りにごろんと仰向けになると、すぐに寝息を立て始めた彼。その脱力しきった表情を眺めていると、ほろほろと涙がこぼれ出す。私は、今日こんな風に再会することを望んでいたのだろうか。目を閉じれば、この五年間がランダムによみがえってくる。

◆流◆ 彼がいなくても平気だと自分に言い聞かせていた日々。どうしようもない寂しさに涙を流し続けていた日々。夜な夜な街に繰り出しては誘いの言葉に応じていた日々。それでも彼と過ごした楽しい日々を上回るものはないことを知り、自分を少しずつ取り戻してきた日々…。

◆朝◆ 「おぉっと、朝だ、朝だ」彼の声が耳元で弾む。私もすっかり眠ってしまっていたらしい。今日が土曜日で良かったと思いつつ、彼に続いてベッドを出る。「ちゃーんと俺のカップ、残ってる!うれしいなぁ!」あの頃と変わらぬ手つきでコーヒーを淹れる彼。

◆揃◆ ありあわせのもので朝食を作る。ただ、しょせんは一人暮らし、大したものはない。そんな風を見てか見ないでか、彼が「今から買い物に行こう!」と言う。「あれこれ買い揃えないとね」「…といっても一ヵ月なんでしょう?」少し拗ねた私をぎゅっと抱きしめる彼。

◆買◆ 「たとえ一ヵ月でも、一緒にいられるこの時間を大事にしたいんだ」そう言われて反論できるわけもなく、結局は買い物に付き合うことになる。お揃いのお茶碗やお椀、お箸…彼の分だけ買えばいいのに、つい二人分の食器を買ってしまう。しまいにはパジャマまで…。

◆顔◆ 「ままごとみたい」「なるほど、だとすれば、大人のままごとだね。悪くないだろう?」下から私の顔を覗き上げる彼。いたずらっ子の表情は昔のまんまだ。「それで、仕事はうまくいってるの?」「ああ、そうでなきゃ、こうやって帰ってきたりしないさ。長かった…」

◆失◆ 彼がふぅっと息をつく。「失敗も沢山したよ。もうダメだと何度思ったことか。でも、最後の最後に運が回って来たんだ。これでやっと日本に帰れるんだと思うと、無我夢中で…結果、とても大きなディールに、しかも、まだまだのびしろが…」そう語る彼の横顔がまぶしい。

◆同◆ 一緒に目覚め、朝ごはんを食べ、身仕度を整え、共にオフィスに向かう。帰宅する時間はバラバラだけど、合わせられるときは飲み食いを共にして家に帰る。夜は軽く抱き合いながら、時にディープにむさぼり合いながら眠りにつく…そんな同棲生活が戻ってきた。

◆半◆ 二人の生活が再開して二週間。予定の半分が過ぎた。そして、残り半分だ。昔に引きずり戻された感覚が消えてきたと思ったら、もう次の別れがちらつく。決して安定したカタチを求めていたわけじゃない。だからこそ、いつも新鮮な気持ちでいられるのだ。でも…。

◆寂◆ 彼が日本を離れる日が決まった。残り十日。「寂しい」と言葉にすれば楽になれるの?心に募る寂しさを何とかしたくて、彼に身体を強く押しつけてみる。「どうしたのさ、急に…」「どうもしてない、こうしたかっただけ…」「だけ、って…」「お願い、好きにさせて…」

◆刻◆ 彼がぴくんと反応する。「この身体にあなたをしっかりと刻み付けておきたいの、だから…」着衣のまま彼に全身を強くこすりつける。「この窪みも、この膨らみも、しっかり覚えておきたいから…」身を包んでいるものを一枚ずつ剥ぎ取りながら、手で、指で、舌で…。

◆舌◆ 彼のせつない声が漏れる。その出元を唇でふさぎながら、舌を絡める。彼の長い舌はいつもにも増して饒舌だ。その激しさとやわらかさに翻弄され、軽いめまいを覚える。崩れかかった態勢を彼の腕がぐいと立て直す。「ああ、ごめんなさい…」「ベッドへ行こう」「ええ」

◆触◆ 「俺って悪い奴かな?」「ええ、多分…」「いい奴になった方かいい?」「今さら何を…」尖らした唇に軽くキス。そして全身にキスの雨。彼の十本の指がゆるゆると肌を伝う。今までこんなにソフトに触れてくれたことなんかなかったのに…。「何だかいつもと違うわ…」

◆浮◆ その後も彼はただただ愛撫を続ける。「お願い、来て、早く…」そんな言葉を無視するかように、彼の指と舌が身体を駆け巡り、尖った部分を執拗に攻め続ける。「ああ、もうダメ、おかしくなりそう…」身体全体がふわっと浮き上がりそうになるのを、彼の胸が抱きとめる。

◆獣◆ 重心が身体の中心へと一気に吸い込まれていく。そこをめがけて、彼のいきり立ったものが差し込まれる。硬くて大きな異物が、狭くなった壁を広げながら奥へ奥へと突き進む。壊れそうな感覚と甘だるい快感かごちゃ混ぜになり、頭は思考を停止し、ただの獣と化していく。

◆交◆ 激しく交じり合う獣たちは、やがて大きな雄叫びをあげ、切なく堕ちていく。強烈な眠りに抗えず、そのまま闇の世界へ沈んでいく二人…。「好きだよ、好き好き、もう離したくない…」湿っぽい声が耳にぬめっと入ってくる。まさか…開けた瞳に涙を溜めた彼の瞳が映る。

◆泣◆ 見たことのない彼の情けない姿に、私もついもらい泣き。「強い人だと思っていたのに…」彼をぎゅっと胸に抱き入れながら、ああ、私はこの感触を刻み付けているのだなと思う。離したくない、離れたくない…そんな言葉をループさせながら、限りある時間を過ごす二人。

◆渇◆ どれくらい眠っただろう。喉の渇きを覚えてベッドを出る。冷たい水を冷蔵庫から取出しゴクゴクゴク。「俺にも…」ベッドからすがるような声。ボトルを差し出すと、拒絶。「君の口から…」まったくぅと思いつつ、水を口移し。ゴックン。「ああ、美味しい。もっと…」

◆冷◆ 一滴もこぼさずに何度も何度も…。「ありがとう、生き返ったよ」彼の両腕が私を引き寄せる。「したい」ごつっとしたものが下腹部にすりつけられる。「私だって…」冷たい水で冷えた唇を彼のうなじに押し当てる。「ひんやりして気持ちいい」「もっと冷たくしてみる?」

◆氷◆ 冷凍庫から氷を一個取り出し、彼の唇にツンと当ててみる。「ああ…」首筋から胸へ。乳首がぴくり。そしてもっと下へと氷をすらせていく。「そこはやめて…」熱いふくらみがきゅっと縮む。「もう…」彼は私の手から氷を取り上げ、今度は私の乳房に強く押し当てる。

◆先◆ 「イタズラが過ぎるんだから…」氷の冷たさがじわじわと胸にしみてくる。「ああ、もうすっかり溶けちゃった」そう言いながら、彼の唇が冷えた乳房の先端を含む。生温かい感触が新鮮で心地よい。彼の冷たい指先が下腹部をまさぐり、尖ったものを捉え、ぐりぐり…。

◆憶◆ やがて、彼の指先がぶっといものに代わり、潤んだ壺にずぶっと押し込まれる。このカタチ、この感触、たとえ離れてもきっと忘れない…そんなことを思ったら、みるみる涙があふれてきた。「もしかして、痛い?」「ううん、そうじゃない、いいの、すごく…」「そか…」

◆痺◆ 腰から下半身全体に痺れるような感覚が走り、あちこちをびしょびしょにしながら果てる…。もう力など入らないのではないかと思うほど完全な脱力感。彼も突っ伏したままだ。「大丈夫?」「ああ、俺は大丈夫。すごかったよ…」「うん、しばらく動けないかもしれない…」

◆柔◆ 彼がふんわり抱きしめてくれる。激しいのもいいけど、こんな柔らかな感覚も覚えておきたい。ひとときの幸せをずっと心に残しておくために…。少しずつ身体に力が戻ってくる。「ああ、もう、起きて、洗濯しなきゃ!お布団干さなきゃ!」「あははは、そうだね」

◆触◆ あと何日…もう考えるのはやめておこう。今、この時、一緒に居られるこの瞬間を大切にする。今の私にできるのはそれだけだから…。そこに彼がいると、どうしても触れたくなる。一度触れたらもっと触れたくなる。そして、もっともっと、疲れ果てるまで触れ合って…。

◆化◆ 「ついて来ない?」彼の口からふいにこぼれた罪な言葉。「そうしたいのは山々だけど…」「だけど?」「そうしない方かいいことも知っているでしょう?」「でも、このままだと毎晩君が化けて出そうだし…」「そういう問題?だいたい、化けて出るなんて、縁起でもない」

◆限◆ 「ごめんごめん、言い方が悪かった。君なしの生活はもう嫌なんだ。できる限り一緒に居たいんだよ」「だからこそ、この限られた時間をできるだけ一緒に過ごしてきた…」「すぐには難しいだろうから、後からでも…」だとしたら、この濃密な時はいったい何だったのか?

◆応◆ 仕事なら前提条件が変わることなど日常茶飯事。そんなこんなに柔軟に対応することも慣れている。でも、こと自分の生活、ましてや恋愛においては、その心構えさえなかったことに愕然とする。「あれ?うれしくないの?」「う、うん…」「だめ?」彼が私の顔を覗き込む。

◆違◆ 「あまりに急なことだから…少し考えさせて」「わかった」すがりつくような目をして、彼が寂しそうにぽつり。まるで私の方が悪いことをしているかのような罪悪感。これが五年前だったら大喜びだったはず。じゃ、あの時と今とでは、いったい何が違うというのか?

◆延◆ 次の夜も、やはり彼の肌がいとしくなる。けれど、一方で、触れることをためらう私がいた。この限られた時間で燃え尽きてしまうはずだった炎が、突然先の見えない延長戦に入り、とりあえず、とろ火にならざるを得なくなってしまったのだ。そんな私を悲しそうに見る彼。

◆直◆ 彼の腕に引き寄せられ、唇が触れ合う。「好きで好きでたまらないんだ…」「私だって…」すぐに、身体の中からとろ〜っとしたものが溢れてくる。彼の指がそれをすくい上げる。「もうこんなに…」「あなたがほしい…」たとえ、頭が何を考えていても、身体は正直だから。

◆渦◆ 彼をまっすぐに受け止める。それは、自分自身をそのまま受け入れることに等しい。身体の中の一番熱い部分がとろとろに溶け合い、マグマのように渦巻く。ああ、もうこのまま、弾け飛んでしまえたら…この瞬間に世界が終わればいいのに…。意識がすぅっと遠のいていく。

◆覚◆ 気がつくと、彼の泣きだしそうな顔がそばにあった。「よかった…。心配したよ」「私、もしかして、気を失っていた?」「そう。突いても揺すっても目を覚まさないんだもん」「死んだと思った?」「いや、それは…脈あったし」「なぁんだ、意外に冷静だったんだ」

◆終◆ いよいよ明日、彼が日本を発つ。彼はちゃっちゃとパッキングをしている。手慣れたものだ。私は隣りで本の頁をめくる。もちろん、本の内容なんて頭に入らない。彼に何と返事したらいいのか、さっきからそればかりを考えている。「終わったよ」「ああ、おつかれさま」

◆障◆ 彼の視線を頬に感じながら、そちらを向けない私。「ねぇ…」「ん?」「向こうから連絡するから」「うん、でも仕事に支障のない程度にね」「何でそんな冷たいことを言うの?」「冷たくなんかないよ。ちゃんと仕事をするのは基本。それなしにこの関係はあり得ないから」

◆攻◆ 彼が私の身体に手を伸ばす。「これが最後とか言わないで…」「最後かもしれないし、最後じゃないかもしれないし…」そんな言葉を遮るように、尖った唇が攻撃をしかけてくる。今必要とされていることは、この攻撃を受け止めることと、しかるべき反撃をしかけること。

◆紐◆ 彼のぶつけてくるものをすべて全身で受け止める。身体のそこここでしっかりとつながっていることに喜びを感じながらも、これが永遠に続かないことにどうしようもない切なさを覚える。ふと、彼が私の両手を捉え、赤い紐を取り出し、手首をぎゅっと頭上で結んでしまう。

◆塞◆ 「このまま君を連れて行きたい…」「ま、まさか…」あっという間にタオルで目を塞がれる。「やめて…」そう叫ぼうとした口もタオルを噛まされて声にならない。彼の指がそっと肌に触れる。視覚が閉ざされたことで、触覚が研ぎ澄まされ、快感が全身を一気に襲う。

◆感◆ どこを触られても、その快感が身体の中心部に集まってくる。そこに触れられたわけではないのに、足の間からとろりとしたものが流れ始める。「どこでも感じてしまうんだね…」返事を声にすることができず、身体でうなずくしかない私。「いいよ。もっと感じて…」

◆錯◆ 身体がひとつの小さな塊になっていく感覚と、バラバラに大きく散らばっていく感覚が交互に繰り返す。そこには自分の意思など働く余地はなく、為されるがままの物体があるだけ。ああ、今度こそ、本当に、壊れてしまうんだ…。遠くから私を呼ぶ声がする。「はぁい…」

◆逝◆ 「よかった…もう目を覚ましてくれないのかと…」そうか、本当に逝ってしまいそうだったんだ、私。「やっぱり君を一人にしておけないよ」髪を撫でながら彼が言う。「ううん、あなたと居ると、私、今度こそ壊れてしまう。一人の方が強く生きられるから、きっと…」

◆糧◆ 彼を乗せた飛行機が轟音を立てて飛び立つ。「また帰ってくるから」「それじゃ、もっと大きくなって帰ってきてね」彼も、私が傍にいると強く生きられない…それが結論だった。恋しさ、愛しさを糧にして、明日を切り拓く。それが、似た者同士の運命なのかもしれない。

連載「Small Hours V」 (【今日の一文字】より 2015.04.13~2015.07.08)

「Small Hours V」

◆傘◆ 外は雨。濡れていくには強すぎる。私の手元には折畳みの傘一本。彼は傘を持っていない。「俺はいいから」そう言いながら、すたすたと歩きだす。「そんなぁ、よくないよ」慌てて駆け寄り、10センチ以上背の高い彼の頭上に傘を差しかける。「いい、って言ってるのに」


◆奪◆ 「だってびしょびしょになってしまうし、せめて頭だけでも…」彼は私の手から傘を奪い取り、身体を抱き寄せる。「こうでもしなきゃ、二人ともびしょびしょになってしまうだろ?」「うん…ありがとう」「さあ、行くぞ」腰に回した手にぐっと力が入り、駆け出す二人。


◆浴◆ 「シャワー浴びるぞ」「あっ、はい、どうぞ」「そうじゃなくて…」あっという間に着ているものをはぎ取られてしまう私。「ほら、早く。風邪ひくぞ」熱めのシャワーを浴びる二人。あまりに早い展開に心が振り落とされそうになりながら、彼の身体に絡みつく。


◆差◆ そそり立ったものが私の中に突き刺さり、激しく暴れる。じんじんした感覚が子宮から頭の方に駆け上がってくる。彼の鼓動を肌で受け止めながら、一気に昇り詰める時を知る。雷に打たれたように電流が走り動けなくなった二人の身体を、熱いシャワーが包み込む。


◆牙◆ 「そろそろ行かなきゃ」「どこへ?」「どこっ、て…」言いかけた唇を彼の唇が塞ぎ、舌が突っ込まれる。「どこにも行くな」「えっ?」「ずっとここに居ろ」彼の抱きしめ方が尋常じゃない。全身から牙が出ている。「嫌か?」「ううん、嫌じゃないけど」「何か問題?」


◆嫌◆ これまであんなに素っ気なくてつれなかったのに、この急変ぶりはいったい何なんだろう。もちろん彼が私を強く求めてくれたことはうれしい。でも、今度は「ずっとここに居ろ」だなんて…。「嫌だったら無理にとは言わない」「嫌じゃない、嫌じゃない、ってば」


◆痛◆ 「よーし、それじゃ、今日は記念日だ」勢いづいた彼のものが、私の中に割り込んでくる。「そんな、いきなり、痛いってば…」「痛いぐらいが好きなんだろう?ほら、もうしっかり濡れてきた」身体を入れ替え、私を上にのせ彼が下から何度も何度も突き上げる。


◆溝◆ 地が裂けてできた深い溝に引き込まれていく…その後は記憶がない。気が付くと彼の胸の中にいた。静かな寝息と規則正しい鼓動。どれぐらい眠ったのだろう。時計を見ようと身体を動かそうとしたら、彼の腕に力が入った。「どこにも行くな」寝言のようにつぶやく彼の唇。


◆脱◆ このままじゃいけない。彼の腕を外し、ベッドを抜け出し、散らかった下着や服を身につけ、急いで彼の部屋を飛び出す。追いかけてくるかもしれないと思うと、駆け出すしかなかった。こんなはずじゃなかった。もっとやさしく、おだやかに、事が進んでほしかった…。


◆怖◆ 男性と交わることが怖くなったのは、それからだ。この人が好きだと思っても、むやみに近づくことはせず、付かず離れずの距離を保つ。言い寄られたら、さっと身をかわしてにっこりほほえむ。そんな自分を情けなく思いつつ、そんな反応しかできない我が身を抱きしめる。


◆癒◆ 傷ついた心身を癒すには、直接的に響くロックやポップスよりも、じわじわと間接的にしみてくるジャズがいい…そう感じるようになったのは、常時ジャズの流れるバーに通い始めてからだ。ゆるゆるとした時間と空間を求めて、カウンターの席に座り、グラスを傾ける。


◆品◆ ずっしりしたグラスに大きくカットされた氷。そこに、琥珀色のバーボン、そして水。氷を軽く回してから目の前に置かれる水割り。カウンターには品のいい方たちが座る。軽く話しかけられることはあっても、基本挨拶程度で、それぞれがゆったりこの空間を楽しんでいる。


◆隣◆ 「おとなり、いいですか?」「あっ、はい、もちろん」穏やかな笑顔を浮かべた男性が座る。「マスター、いつものを」軽くうなずき、ロックグラスに氷を置き、ウィスキーを注ぐマスター。まあるい氷が、ゆっくりと動き、きらめきを放つ。「キレイ…」「どうぞ」


◆口◆ 「えっ?」「いや、よろしければ一口でも」「いいのですか?」せっかくなので、グラスのふちから一口いただく。「ありがとうございます、やはり濃厚ですね」「あはは、たまにはいいでしょう?」「ええ、その氷のキラキラがあまりにキレイで目を奪われてしまって…」


◆顔◆ 「氷を見つめるあなたも魅力的でしたよ」「まぁ…」「少し哀しそうな、でも、凜とした感じがいい」「そんなぁ…」「ああ、気を悪くされましたか?ごめんなさい、僕の勝手な印象をぺらぺら言ってしまいました」私の当惑した気持ちが素直に顔に出てしまったのだろう。


◆詰◆ 「いえ、私の方こそすみません。そんな風に言われたの、初めてだったので、どうお答えしていいのか、戸惑ってしまって…」言葉に詰まり、涙がぽろり。「甘いお酒は飲みますか?」「ええ」「一杯ごちそうさせてください。マスター、お嬢さんに何か甘いものを」


◆赤◆ 「はい。では、さっぱりしたものにしましょうか?」マスターが、赤ワインとジンジャエールを入れただけの、とてもシンプルなカクテルを目の前に置いてくれる。「ありがとうございます。いただきます」口の中に爽やかな甘みが広がる。「やはり赤がお似合いですね」


◆言◆ 「美味しかったです。ごちそうさまでした」本当は少しお話をしたほうがいいのかも。でもこれ以上は…心に余裕がなかった。お会計を済ませ、マスターと隣のお客様に会釈をして席を立つ。「またね」そんな軽いひと言がうれしくて、思わず「はい」と答えてしまう私。


◆星◆ 店の外に出れば星が瞬いている。今あの星を見ている人はどれぐらいいるだろうか。ふとあたりを見回してみる。人は街を慌ただしく歩くだけで、空を見上げる人など一人もいない。そりゃそうだ。こんなところでぼーっと空を見ていたら、危なくて仕方ないのだから…ドン。


◆空◆ はずみでその場にこけてしまった。「すっ、すみません。お怪我はありませんか?」「あっ、大丈夫です。こちらこそ、こんなところでぼーっと空を見ていた私の方が悪いんで…すみませんでした」「空?あっ、本当だ。街がこんなに明るいのに、結構星が見えますね」


◆彼◆ 「空を見るなら、そこの公園がいい」「えっ?」「あっ、いえ、ぶつかっておいてこんなこと言ってすみません。でも安全に空を見るならそこかなと。僕も星を見るのが好きなので」そう言われて初めて彼を見た。好青年というほど若くないけれど、悪い人ではなさそうだ。


◆着◆ おそるおそる彼に着いて行く。確かに、こんなところに?という所に公園はあった。それも、辺りにはさほど高い建物がなく、灯りもまばらだ。見上げると、しっかり星が瞬いている。「良かったらベンチに座りませんか?その方が楽ですし」「あっ、ありがとうございます」


◆解◆ 彼の隣に腰掛ける。まるで、そこが指定席のように。「本当に星を見るのがお好きなんですね?お誘いして良かった」「星に想いをめぐらしていると、心を解放できるから好きなんです」「わかります。実は僕、ここでよく見てるんです。良かったらまた来てくださいね」


◆浮◆ 「ありがとうございます。またきっと来ると思います」特に約束もしないまま、彼と別れる。連絡先ぐらい交換しても良かったのだけど、それは今度会えたらにしよう。今日は色々ありすぎて、心が落ち着かない。ホッとしたとき浮き上がってきた想いこそ本物と信じて。


◆息◆ その後一週間ほどは、仕事がたて込んでいて、職場と家を往復するのが精一杯だった。ようやく一息ついた週末の金曜日、あのバーに寄ってみることにした。「いらっしゃいませ」マスターの変わらぬ声が私を招き入れてくれる。「あの、ロックをお願いできますか?」


◆再◆ グラスの中でまあるい氷がくるんとまわる。そんな様子を楽しみながら、冷えたバーボンを口に含む。「おっ、やってますね」「あっ、こんばんは。先日はごちそうさまでした」「いやいや、こちらこそ、またお目にかかれて光栄です。マスター、今日はストレートで」


◆向◆ ウィスキーをストレートで…何て大人な飲み方なんだろう。そこにキラキラはないけれど、それはそれで魅力的だ。「これは、お嬢さん向きじゃないからねぇ…」笑いながら言う彼。「ええ、子供の私にはまだちょっと…」「ふむ、大人の階段一歩ずつってとこかな?」


◆段◆ 「大人の階段ですか?一段抜かしとかエレベーターでひょいと上がっちゃうと、ロクなことがないんですよね」「あははは、面白いことを言うね」「踏み外したり、真っ逆さまに落ちたりして…」「それで慎重に一歩ずつ、と?」「だって、やっぱり、痛いですし」


◆少◆ 「痛いかぁ…」「本当はそんな子供っぽいことを言っている歳じゃないんです。こんなんじゃいけない、ってわかってるんですけど…」グラスの中に残っていた液体を一気に飲み込む。「無理をしなくていいんじゃないかな?少しずつ傷を癒していけば、そのうちきっと…」


◆肩◆ 「そんな風に言われると、また涙がこぼれてしまいそうです…」「ごめん、ごめん、泣かせるつもりはなかったんだ」軽く肩を叩かれて気を取り直す。「すみません、弱いですよね、私」「いいと思うよ、そのままで」もうひと押しあれば、私はこの人に落ちてしまうだろう。


◆支◆ ともするとバランスを崩してしまいそうになる私を支えながら、うまくキャッチボールしてくれる…そんな彼の配慮に感謝しながら、話し続けていたら、あっという間に一時間。「今夜も楽しかった。またゆっくり話しましょう」「こちらこそ、ありがとうございました」


◆傘◆ 私も少し遅れて席を立つ。扉を開けるとそこは雨。あれっ、そんな予報だっけ?まいったなぁ…そう思いながらきょろきょろしていたら、先に出た彼が大きな傘を差してこちらに歩いてきた。「良かったら入っていきませんか?」「よろしいのですか?ありがとうございます」


◆触◆ 次第に雨が強くなってきた。彼が肩をそっと抱く。「もしよければ…」そんな彼の言葉さえ雨に掻き消されてしまう。「雨宿りしていきますか?」「雨宿り?」「そう、もう一度店に戻ってもいいし、もしくは…」傘の中で視線が触れ合う。「もう少しあなたに触れていたい」


◆唇◆ 磁石が引き合うかのように、どちらからとなくそっと唇を合わせる。この人となら…、でも…。「無理しなくていいからね」もしかしたら、この人は、私がその気になるのを待っているのかもしれない。決して無理強いをしない、そんな大人な部分にも惹かれている私。


◆決◆ 雨はますます激しくなる。迷っている場合じゃない。今すぐ私の素直な気持ちを言葉にしなければ…。「着いて行きます」彼は無言でうなずき空車のタクシーに手を挙げる。たとえ何が起こっても、自分で決めたことだから…そっと触れた彼の手をぎゅっと握り返す。


◆緩◆ てのひらを伝うぬくもりに嘘はない…今夜はそう信じられそうな気がする。そろりそろりと二人だけの部屋に滑り込む。「あなたを大切にしたい」やさしい言葉とソフトな指づかいに、身体がゆるっとほどけていく。髪を撫で耳の輪郭をあらわにして、そっと息を吹き込む彼。


◆流◆ 刷毛のようなやわらかなタッチが、首筋から胸、そして下腹部へと流れていく。くすぐったいような感覚が、徐々に気持ち良さに変わっていく。身体の奥からあたたかいものがじわっと滲み出す。「シャワー浴びてきていいですか?」「ああ、いってらっしゃい」


◆熱◆ 汗を洗い流し、一旦息を落ち着ける。敏感になった肌をクールダウンさせようとするも、一度熱を帯びてしまった身体の火照りは止まない。バスタオルにくるまり部屋に戻ると、入れ替わるようにバスルームに入る彼。何もかもがスローモーションのように進んでいく。


◆伝◆ シャワーの音がピタッと止まり、彼が戻ってくる。ベッドのふちに腰掛けて、肌を合わせる。すぅっと力が抜けたり入ったり。ゆるくじわじわと追い詰められ、その心地よさを身体全体で伝えていく私。それに呼応するように、またやさしく攻め立ててくる彼。「ステキだよ」


◆強◆ 寄せては返す波のような、おだやかな攻防が続く。「もっと…」「もっと欲しい?」「ええ、もっと強く…」彼はギアを一つずつ上げていく。私もそのギアに合わせてテンションを上げていく。「もうダメ…」「もう?」「もう我慢できない…」「我慢しなくていいから…」


◆撫◆ ふと気を抜いた途端、ズドンと行き止まりにぶち当たる。浜に打ち上げられたイルカのように身動きできなくなった私を、彼がやさしく抱いてくれる。「ごめんなさい…」「謝ることはない。君はいい子だ…」頭をなでなでされて、このまま眠りに落ちてしまいそうになる。


◆尖◆ ふと、耳たぶから首筋にかけて生温かい感触が走る。夢の世界から現実にぐっと引き戻され、肌の感覚が尖る。「今度は僕のほうが我慢できなくなってしまった…」彼の舌が、唇が、胸から下腹部へと降りてくる。大きな手が胸をぎゅっと掴んでは、指先が先端を絞り上げる。


◆擦◆ 性急に快感が押し寄せてくる。もう逆らわない。彼が私の中に滑り込む。「感じてるんだね…」そうささやかれると余計に感じてしまう。「好きだよ」「私も好き…」唇に触れ、舌を絡め合う。手も足も、身体全体を擦りつけるように絡ませながら、「好き」を伝える。


◆抱◆ 二人ゆるゆると昇り詰め、共に果てる。「良かった…」その言葉が嬉しくて、思わずギュッと彼に抱きつく。「もっと?」「ううん、そうじゃなくって」「本当に?」笑いながら、彼もギュッとしてくれる。「こういうのも好き」「それじゃ、しばらくこうしていよう」


◆送◆ 雨はすっかり止んでいた。「しっかり雨宿りになったかな?」「そうですね」「家まで送るよ」「ありがとうございます。でも、大丈夫ですから」「まあ、そう言わずに…少しでも長く一緒に居たいから」そう言われると、私もホロッときてしまう。「では、お言葉に甘えて」


◆恋◆ タクシーの中で、つないでいた手をそっと離す。「本当に、ありがとうございました」「また会えるね」「ええ、きっと…」近所で降ろしてもらい、手を振りながらクルマを見送る。ふわふわした夢のような空気が身体をすっぽり包んでいる。これって、恋なのだろうか…。


◆反◆ 一人のベッド。まだふわふわとした浮遊感が続いている。肌を重ね合ったときのことを反芻していると、とても幸せでちょっぴり切ない思いが込み上げてくる。彼はどんな気持ちで私を抱いたのだろう。こんな風にあの時のことを思い出すことはあるのだろうか。


◆余◆ 翌週。昼間はバタバタ、帰宅したらバタンキューの毎日。ひと息ついたら金曜の夜だった。あのバーに行けば彼がいるかもしれない、でも…。メールアドレスは交換したものの、やりとりはほんの数回だけ。自分にもう少し余裕があればいいのだけど、今は難しそうだ。


◆光◆ 迷いながら足はバーの方へ。でも、何となく気後れして、通り過ぎてしまう。気が付くと、あの、星を鑑賞した公園に来ていた。ここに連れてきてくれた彼と座ったベンチに座り、空を見上げる。長い長い時を経て届いたたくさんの光の粒を、この目でありがたく受け止める。


◆滲◆ ずうっと空を見ていたら、星がじんわりにじんできた。ああ、何で一人感傷に浸っているんだろう。人が見たら変に思うじゃない?そんな時に限って…。「こんばんは!久しぶりですね」し、しまった。こんな顔を見せたくない…と思ったけれど、間に合わなかった。


◆久◆ 「もしかして…」「いえ、あれ以来、初めてなんですよ。久しぶりに星を見ていると、何だか感動しちゃって…」「そうでしたか…となり、いいですか?」「ええ、どうぞ」「ぼくも、そうそうここには来れてなくて…ともあれ、またお目にかかれて良かった」「私もです」


◆留◆ 昔は天文少年だったという彼の話に引き込まれていたら、もう終電の時間。「ごめんなさい、ちょっと急ぎますね」「すみません、長くお引き留めしてしまって」「いいえ、こちらこそ」ふと目の前に手が差し出され、そっと握り返す。「また会いたい」手のひらに力が入る。


◆逃◆ この手を離してしまっていいのだろうか…そう思いつつ、時計に急かされ手を離す。「おやすみなさい」手を振る余裕もなく駅へ急ぐ。逃げているんじゃない、逃げているんじゃ…パンプスが脱げて、転びそうになるも、何とか持ち堪えて電車に駆け込み、やっとひと息。


◆素◆ 家に着くなり身体中の力が抜け、ベッドに倒れ込む。私、どうしちゃったんだろう。なぜかあふれる涙をそのまま枕に吸わせる。いったい私はどうしたかったんだろう?「素直になればいい」「素直に?」「そう、自分の胸に手を当てて、本当の気持ちに向き合って」


◆欲◆ 自分の本当の気持ちって…目を閉じて、一番好きなこと、欲しいものをイメージしてみる。心地よい風、心地よい会話、心地よい肌ざわり、心地よいカラダ、心地よい眠り…それらは、心許せる人と共に過ごすことに他ならない。ふと、この間の彼にメッセージを打ってみる。


◆返◆ 「こんばんは。こんな遅くにすみません」ほどなく彼から返信。「大丈夫ですよ。元気でしたか?」「ええ、まあ、一応…」「それならいいのですが」「あのー、会いたいって言ってもいいですか?」「今から?」「いえ、そんな無茶なことは…」「いいですよ」「えっ?」


◆迎◆ 「じゃ、これから迎えに行きます。この間タクシーを降りたあたりに居てください」これで良かったのだろうか。鏡に自分を映してみる。ああ、せめて顔だけは洗ってから…と、慌てて準備をして部屋を飛び出す。泣きたいような笑いたいような、困った気持ちを抱えながら。


◆逢◆ 彼はもうそこに来ていた。「すみません、こんな遅くに…」「連絡をくれてありがとう」待たせていたタクシーに急いで乗り込む二人。「実は、僕もあなたに逢いたかったんだ…だから、うれしかった」彼の腕が私をぎゅっと引き寄せる。どくんどくんと鼓動が伝わってくる。


◆溢◆ 二人を一つの部屋に閉じ込めて、扉がバタンと閉まる。彼の両腕が私を強く抱きしめる。「逢えて良かった」「私も…うれしい…」唇を合わせ、肌に指を這わせる。すぐに身体の奧がじんじん疼いてくる。「ああ、こういうの、好き…」言葉にならない声があふれ出す。


◆達◆ 互いの輪郭をなぞりながら「好き」を繰り返す。感じるポイントは、ここと、そこと…けれど、もうそんなことはどうでもいい。どこにどう触れても気持ちいい、そんな域に達してしまったから…。身体がどこかに飛んで行ってしまいそうで、彼にぎゅっとしがみつく。


◆弾◆ 彼のギアがぐぐっと上がる。「ああ、もうダメ…」「いくよ…」張り詰めたものが私の中で弾ける。少しずつ遠のく快感。ああ、逃げないで…いつまでも、その余韻に浸っていたくて、全身で彼にしがみつく。「ずっとこうしていられたらなぁ…」「そうだねぇ…」


◆照◆ 「…僕もこうしているの、好きだよ」髪を撫でながら彼が言う。「君が求めてくれるから、どんどんどんどん好きになるんだ…」やわらかな睡魔が心身を支配し始める。「少し眠ろうか?」「ええ」身体からすうっと力が抜け、大好きなぬくもりと香りに吸い込まれていく…。


◆覚◆ 目が覚めた。多分朝なのだろうと思ってデジタルの数字を探したら、ちょうど7:00だった。隣りに居たはずの彼は…一瞬慌てたけれど、ちょうどお湯を沸かしているところだった。「おはよう」「おはようございます」「コーヒー飲む?」「はい、ありがとうございます」


◆裸◆ 彼がベッドサイドにコーヒーを運んできてくれる。引き締まった身体…下着は着けているけれど、裸の姿をちゃんと見るのは初めてだ。思わずその筋肉に触れてしまった。「急にどうしたの?」「服を着てらっしゃる時とは違って、すごいなぁと」「そう?どう見えてた?」


◆鍛◆ 「細身のすらっとした感じに見えてました」「そうなんだ?まあ、着痩せする方かもね」「毎日鍛えてらっしゃるのですか?」「あははは、もう、敬語禁止。普通に話してくれる?」そう言いながら、肩に手を回し軽くキスをくれる彼。「テニスをしていた頃の名残りだよ」


◆痛◆ 「テニス、今は?」「肩を痛めてからはねぇ…」「今も痛むんですか?」「普段こうしている分には問題ないよ」「そうなんですね…」筋肉でがっちりした肩や腕が急にいとおしくなり、あらためて触れてみる。「コーヒーが冷めてしまうよ」「あっ、そうでした」


◆慌◆ 慌ててカップを手に取る。じゃぽっ。しっ、しまったー。「ごめんなさい」彼はタオルを濡らし、コーヒーのかかった肌を拭いてくれる。「大丈夫?」「ええ、そんなに熱くなかったので。すみません、私、とっても慌てん坊でドジばかり…」悔し涙がぽろぽろこぼれる。


◆包◆ 「大丈夫、大丈夫だから…」彼が私の身体をすっぽりと包んでくれる。頭をなでなでされて、気持ちが次第に落ち着いてくる。「もう少しこのまま…」「ああ、いいよ、好きなだけこうしていよう」唇から首筋へ、彼の唇が滑り落ちてゆく。私も彼の肌に思う存分触れてみる。


◆尽◆ こうやって逢うのはまだ二回目だというのに、彼は私をすみずみまで知り尽くしているかのように、肌を合わせ身体を重ねていく。そんな彼にぴったり寄り添いながら、私も彼に合わせて動く。「ああ、またすぐにいっちゃいそう…」「いいよ、何度でもいっていいから…」


◆梳◆ 何度も昇りつめてはあと一歩というところで引き戻され、身体がとろとろになっていく。もうどうなってもいい…そう思った瞬間、底なしのフリーフォールのように下へ下へと吸い込まれていく…。気がつくと、彼の指が髪をやさしく梳いていた。「ステキな声だったよ…」


◆声◆ 「声?」「そう。あの時の甘くて切ない声がとっても良かったんだ…」いったい私はどんな声を出していたのだろう。そんなこと、言われるまで気にしたことがなかったのだけど。「今度録音しておいてあげようか?」「えっ?」「だからといって、作らなくていいからね」


◆職◆ 本気とも冗談ともつかない表情の彼。ああ、話を変えなきゃ。そういえば、彼の職業は…すっかり聞きそびれていた。いや、申し訳ないけれど、そんなことはこれまでどうでもよかったのだ。「お仕事は何を?」「君からはどう見える?」「サラリーマンっぽくはないですね」


◆楽◆ 「サラリーマンをしていた頃はあるよ」「で、今は?」「気楽な商売」「気楽な?」「思うがままにね」そう言いながら、笑い飛ばす彼。どうにも取りつく島がなくて、困惑していると、「君が逢いたいと言えば、いつでも逢いに来れる。だから、安心して」と付け加える。


◆化◆ 何となく狸に化かされているような、不思議な気持ちに包まれたまま、彼と別れる。「送ろうか?」と言われたけど、自分の力でこちらの世界に戻ってこなきゃとやんわり断った。「またいつでも連絡くれていいから」「例えば、明日とかでも?」「あははは、全然大丈夫」


◆叩◆ 「いえ、あの、明日というのは冗談ですから…」「わかっているよ」肩をぽんと叩かれて、また涙がぽろり。「おいおい…」「ごめんなさい、もう、自分でもイヤになっちゃう…ではまた」これ以上彼と一緒に居ると、本当に離れられなくなってしまう。早く帰らなきゃ。


◆思◆ さあ、気持ちを切り替えなきゃ…。帰宅後、掃除と洗濯をさっと終えて、ひと息。ああ、お腹が空いた。彼は今頃どうしているだろう?ケータイにメッセージが入っていた。「無事帰れたかな?少し心配しています。君は強さと脆さを併せ持っている人だから…」


◆腹◆ 脆さ…そうかもしれない。とりあえず、無事であることを伝えなきゃ。「ご心配おかけしてすみません。こちらは大丈夫です。お腹も空いてきましたし(笑)」ほどなく彼から返事が。「それは良かった!何なら一緒にご飯食べる?」「えっ?」「さすがにそれはなしかな?」


◆飯◆ 彼はそんなに私に逢いたいのだろうか?それとも、私、単におちょくられているだけ?「まさか、本気じゃないですよね?」「あははは、ごめんごめん。少しワガママ言ってみたかっただけ」「ご飯一緒に、いいですよ。一人で食べるより、二人のほうがきっと美味しいし」


◆向◆ そういえば、テーブルを挟んで彼と向かい合わせで座るのは、これが初めてだ。「こういうの、何だか照れますね」「照れる?」「お見合いみたいで」「あははは、なるほど、こうやって真正面から君を見るのは初めてかも」「でしょう?」「いいね、こういうのも」


◆訊◆ こんな風に彼と過ごす時間がたくさんあるといいなぁ。でも、やっぱり、彼のことよく知らないし。だからといって、今さら根掘り葉掘り訊くのもちょっと…。「どうしたの?」「うーん、何だかスッキリしなくて」「胸に溜めていることを、正直に言ってくれないか?」


◆視◆ 心の内をぽつりぽつりと告げる。彼は少し視線を天井に向けてから、まっすぐ私を見る。「うちに来てみますか?」「えっ、今から?」「もし興味があるのなら」確かに興味はある、おおありだ。でも…。「片付いてないけどね」「お一人なのですか?」「そう、今はね」


◆亡◆ 「今は?」「三年前に病気で妻を亡くして…それからは一人」「そうでしたか…何にも知らなくて」「我慢強い人だったんだ、痛いとか苦しいとかちっとも言わないし、そんな素振りさえ僕に見せてくれなくてね…それが一番の心残りなんだ」それで、私には素直になれと…。


◆寂◆ ふと見せる彼の寂しそうな表情が胸にしみる。「私なんかで…いいのでしょうか?」「こんな俺でいいのか、本当に?」「もちろんです」「無理してない?」「してないですよ。したいようにしてますから」彼の表情が一気にゆるむ。「今すぐ君を全身で抱きしめたい気分だ」


◆眺◆ 彼は都会の高層マンションに住んでいた。街の機能ひとつひとつが手に取るように見える。「ステキなところにお住まいなのですね」「ありがとう。そう、この眺めが気に入ったから買ったんだ…でも今は、君のほうが何倍もステキだよ」彼の大きな身体が私を包み込む。


◆求◆ 「来てくれてありがとう」「こちらこそ、誘っていただけてうれしいです」そっと重ねる唇がもどかしくて、つい力を込めてしまう。「したい?」返事の代わりに彼をぎゅっと抱きしめる。彼の堅くなったものがごつんと当たる。「スゴい…」「君が求めてくれるからだよ…」


◆溢◆ 彼と居ると、欲望がとめどなく溢れだす。我慢しなくていいと言われると、限界が見えなくなってしまう。ついこの間までは、そんな自分が怖かった。けれど、そんな臆病な私をしっかり受け止めてくれる彼と出会ってからは…。「離れたくないなぁ」「いいよ」「えっ?」


◆縛◆ それから私の帰るところは彼の家になった。彼は決して私を束縛しない。いや、逆だ。自由という束縛の中で私は生かされている。そして、それがとても心地いいのだ。「夢なら覚めないで…」彼の胸の中でそう祈りながら。一方で、この幸せに寿命があることを知りながら。

連載「Small Hours IV」 (【今日の一文字】より 2014.11.06~2015.03.31)

「Small Hours IV」

◆適◆ 適切な時に、適切な場所で、適切な相手と、適切な方法で、適切な事をする…そんな教科書通りにいかないのが恋だ。思いがけないタイミングで、思いがけない所で、思いがけない相手と恋に落ちる。それをある人は運命と呼び、またある人は自分が引き寄せたものだと言う。

◆受◆ 「ちょっと相談したいことがあるんだけど?」「はいはい、何でしょう?」何でも気さくに受け止めてしまうことがいいのか悪いのか…男女問わずそんな持ちかけが多いのは事実。私が適しているのかどうかわからないけれど、まずは話を聞いてみる。彼もそんな一人だった。

◆悩◆ 「実は…」仕事の悩みを切々と語り始める。曲がりなりにも彼の二倍は会社人生を送っている身としては、正直どうってことない話ばかり。でも、彼は眉間に皺を寄せながら必死に話すし、こちらも一つ一つ頷きながら聴く。この姿勢は、相手が誰であっても変えたりしない。

◆答◆ 相談事というのは、それを聴いてあげるだけで8割がた解決するもの。言語化しそれを発しているうちに、気づきがあったり整理がついたりで、自分なりの答えが導き出せるのだ。そこにほんの一言加えれば、事はほぼ終わる。彼も、話しているうちに色々と気づいたようだ。

◆顔◆ ひと通り話し終えた彼は、見違えるほどさっぱりした顔に。「どうもありがとうございました」「いえいえ、私はただ聴いていただけ。答えは自分で見つけたでしょう?」「それはそうかもしれませんが…また困ったときには声をかけていいですか?」「いつでもどうぞ」

◆肝◆ あれ以来、ことあるごとに声をかけてくる彼。それは、相談というよりは、確認だったり結果報告だったり。さほど手を取られるわけでなく、良い方向にいることを耳にするのは嬉しいことだし…ただ、これがカウンセリングなら、あまり深入りせず距離を取ることが肝要だ。

◆誘◆ 「今度ご馳走させて下さい」「えっ?」「いつもありがたいと思ってるんです、こんな僕の話をちゃんと聞いて下さって」「うん、そう思ってくれるのは嬉しいけれど、その気持ちだけで十分だから」「そんなこと言わないで下さい…それとも、僕なんかじゃダメですか?」

◆押◆ 「ダメとかじゃなくて…」「じゃ、いいんですね?食べ物、好き嫌いとかあります?」結局押し切られる形で彼と晩ご飯へ。まあ、たまにはいいかな、こういうのも。「お疲れさま」「お疲れさまです」ガツン。ジョッキを突き合わせると、彼はビールを一気に飲み干した。

◆空◆ 「はぁ、落ち着いたぁ」ホッとした表情の彼。今どき一気飲みって珍しいと思ったけど、そういうことか…。「じゃ、もう一杯いく?」「はい!いや、ここからは普通に…って、もう、人をのせるのがうまいんだから」「だって、空っぽじゃかえって落ち着かないでしょう?」

◆訊◆ ゆっくり話しながら、その合間にお料理をつまんだり飲むのが私のペース。「いいのよ、遠慮せずパクパクいって」「ええ、でも今日は、僕もゆっくりキャッチボールしたいんです…ストレートに訊いていいですか?」「何でしょう?」「今、好きな人はいますか?」

◆余◆ 「好きな人?もちろん」「そうですか…」「いたらおかしい?」「全然おかしくないです、でも…」「いい歳をして、とか思う?」「いえ、そんなつもりで訊いたんじゃないんです、ただ、僕の入り込む余地はないかなと…」「若いのに、えらく謙虚なのね」「謙虚?」

◆許◆ あっ、こんなところで油を注いじゃいけない。落ち着いて、落ち着いて。「好きになるのにいちいち許可はいらないのよ。好きというのは一方通行な思いだから、いいも悪いもないのよ」「それはそうかもしれませんが…」「問題は、それを相手に伝えるかどうか、かなと」

◆伝◆ 「伝えてはいけないこともあるのですか?」「あるでしょうね、相手を不快にしてしまったり傷つけてしまうこともあるから」「それって切ないですね」「もちろん、言葉にしなくても伝わるときは伝わるんだけどね」彼は今にも泣き出しそうな顔をして私を見る。

◆俯◆ 「好意を持ってくれているのはとても嬉しいのよ、それだけはわかっていてほしい」「それだけですか?もう少し僕を中に入れてくれませんか?」「もっと色んな人と付き合ってみて。最初から私なんかにフォーカスしないで」彼は俯いたまま、沈黙の時が流れた。

◆想◆ 「もう一つ訊いていいですか?」小さな声で呟くように言葉を発する彼。「はい?」「どんな人が好きですか?」「わがままじゃなくて、自立している人かなぁ…ありきたりな答えかもしれないけど」「じゃ、こんな僕は到底…」「でもね、それはあくまで理想なのよ」

◆熱◆ いつまでもぐずぐずしている彼を促して店を出る。目を真っ赤にして私を見る、その姿に心がキュッと痛むと同時に、彼を胸に抱き入れた。「お願い、もう泣かないで…」熱い塊が私の中でどんどん大きくなってくる。私は彼をちゃんと受け止められるのだろうか。

◆触◆ 人ってこんなにあたたかいものなんだ…彼の熱がじわじわと心にしみてくる。「うれしいです」そう漏らす唇が唇に触れる。こんなことぐらいで喜んでもらえるなら、いくらでも抱きしめたくなる。それっていけないことだろうか。いや、心からそう思うならきっと…。

◆消◆ 「ステキな男性になってね」そう声をかけると、彼はやっと少し笑みを見せた。「じゃ、今夜はこれで。おやすみなさい」「おやすみなさい」彼と分かち合っていたぬくもりが一瞬のうちに消える。もう少し一緒に居られたなら…でもそれは、決して彼のためにならないから。

◆透◆ 「もう少し一緒に居させて下さい」まるで私の心を見透かしたかのように、さっき別れたばかりの彼がそこに居る。「どうしてまた…」「あなたが欲しい」そう言うが早いか、彼は私をがっつり抱きしめる。「ダメじゃない、いきなり、そんな…」「もう離さないから」

◆半◆ ああ、結局受け入れてしまうんだ…そんな自分に半ばあきれながら、きちんと抵抗することもなく彼の腕の中にいる私。一途な恋は危険だから少し距離を置かなきゃ…そんなお題目はただのお題目に過ぎない。こんなの、きっと、一時のことだから。熱病みたいなものだから。

◆驚◆ 「こうなりたいと思ってた?」「はい、もう何度もイメージトレーニングをして…でも、その通りにはいかず…」「で、一か八かの?」「はい…迷惑でしたか?」「少し驚いたけど、あっ、嬉しい驚きね」「良かった…」元気を取り戻した彼の分身があっという間に滑り込む。

◆弱◆ 上手とまでは言いがたいけれど、彼は私の中のツボを懸命に探し当てては容赦なく攻めてくる。「もっともっと、あなたを知りたい」ああ、私はこういう姿勢に弱いんだなぁ、きっと。彼のつるっとした肌に触れていると、その若さへの憧れといとおしさが増してくる。

◆見◆ オフィスにいる彼がキラキラして見える。「見ていてくださいよ、僕はあなたに見合う男になりますから」私に見合う、って、そんな大した女じゃないのに、私…少し戸惑いながらも、そんな彼が頼もしく思えて、つい応援したくなる。「最近つれないね?さては…」

◆相◆ 声をかけてきたのは以前の上司だ。たまに一緒に食事をしたり、食事をするように身体を重ねる相手でもある。「えっ?」「あまりのめり込むんじゃないぞ」「ははは…」「今夜はどう?」「大丈夫ですよ」「じゃ、いつものところで」「はい、わかりました」

◆要◆ いつもの場所でいつもの人といつものように…慣れ親しんだその感覚に身を委ね、甘え、さらけ出す。新たな刺激は時に必要かもしれないけれど、いつもの心地良さをしっかり引き出すことはもっと必要なのだ。「あいつはどうだった?」「どうって?」「良かったのか?」

◆読◆ 食事をしただけだから…今ならそう言ってごまかすこともできる。けれど、きっとお見通しなんだろう。「良かったとはいうほどではないけれど…」「将来性はあると?」「可能性はありそう。でも、やっぱり、あなたがいい」「そか…」そう漏らす彼の表情が読み取れない。

◆二◆ 彼の腕の中にいながらもう一人の彼の夢を見る。比べちゃいけない、重ねちゃいけないと思えば思うほど、二人が同時に押し寄せる。「ほぅら、やっぱりやつのほうがいいんだろう?」そう言われてハッと現実に戻る。「そんなこと…やっぱり物足りなくて…」「ふむ…」

◆教◆ 「物足りないなら、ちゃんと教えてやればいい」「教える?」「男は大なり小なり女性から教わって成長するんだ」「そういうものなんですか?」「ああ、だから、いい女にめぐり合うことが男には大事なんだよ。やつはラッキーだよなぁ」そう呟きながら彼は私を抱いた。

◆元◆ 翌朝、若い彼は気さくに声をかけてくる。「おはようございます。あれ、何だか少し元気ないですね?」「そう?」「僕が元気づけてあげましょうか?」「まぁ…」まったく調子がいいんだから…これも若さの為せるわざなのだろうか。「それもいいかもね」「やったー!」

◆恐◆ 「ほどほどにしておけよ…」ゾクッ。真後ろからの声。も、もしかして…振り返ったが誰もいない。気のせいか…。いったい私は何を恐れているの?そんなにイケナイことをしているとでも?たまたま付き合っている人がいて、そこに若い彼が少し割り込んできただけなのに。

◆男◆ 普段は元気を与える係の私が、逆に元気をもらうことになろうとは…。想像のつかない展開に、心の真ん中辺りがピクピクする。最初は観察モードで見ていた相手が急に大きく頼もしく思えてきたのは、私が彼を一人の男性としてみるようになったからかもしれない。

◆導◆ 「こうしてほしいということがあったら、遠慮せずに言ってください」二人で昇りつめた後、ぼそりと言う彼。「うん、でも、結構いい感じだから」「そんなこと言わないで、お願いします」「じゃあ…」彼の手をとって、関節の裏のくぼみや骨と骨の間へと導く。

◆撫◆ 彼の指先が、膝の裏側を撫であげる。くすぐったさはすぐに気持ち良さに変わり、思わず高い声を出してしまう。「こんなところが感じるんだ、知らなかった…」それでも彼の指先は撫でることをやめない。肘の内側から脇の下には舌を滑らせ、時折大きく舐めあげてくる。

◆骨◆ 背骨から肩胛骨のあたりも、そっと撫でられるとゾクッとする。骨盤のまわりにはもっと敏感なツボが…そんなことを教えているうちに、理性では制御できない感覚が押し寄せてくる。もうどこに触れられても全てが快感になり、身体の中心めがけて鋭いパルスが炸裂する。

◆幕◆ ぱちん。最後はヒューズが飛ぶときのように、突然であっけない幕切れ…魂がふっと身体を離れては戻ってくる。「ステキだった…」そう言いながら彼が私の中に入ってくる。「あたたかいわ…」彼のものをぎゅっと包み込みながら、一つになる喜びを身体全体で感じ取る。

◆包◆ ふと彼の腕の中で目覚める。少し眠ってしまったみたいだ。身体を動かすと彼も薄目を開けた。「もう少しこのままで…」そう言いながら私をぎゅっと抱き締める。「うん…」彼の匂いを胸いっぱい吸い込みながら、もう一度目を閉じる。ゆるゆるした時間が二人を包む。

◆朝◆ 「きゃー、朝じゃない?!寝坊、寝坊、ねぇ、起きてー早く!」「ん?今日って土曜日じゃなかったっけ?」「そうであってほしいけど、残念ながら金曜日よ。急いで仕度しなきゃ!」「休んじゃおうよ」「だめよ、だめだめ。そんなことできると思う?ほら、急いで」

◆同◆ 結局、家に戻る時間がなく、昨日と同じ服でオフィスに出る始末。手持ちのスカーフでかろうじて違う雰囲気をに見せるも、わかる人にはわかるもの。「バレバレだぞ」「えっ?」「そこまで羽目を外すとはなぁ…」「…」「仕事はビシッとやれよ」「はい、もちろんです」

◆息◆ 何とか一日の仕事をこなし、金曜の夜を迎える。寝坊の彼もどうやら今日の仕事にカタをつけたようで、コーヒー片手にふぅっと一息入れている。「やっと金曜が終わりますね」「そうね…」相槌を打ちながら、今朝のドタバタを思い出す。危ないところだったなぁ、全くぅ。

◆謝◆ 「今朝はすみませんでした」「ん?」「わがまま言ってしまって…」「ああ、そうね、一回だけは許してあげる」「はい、二度と言いません」この素直さが若さだなぁと改めて感じる。「ところで、この週末はお忙しいですか?」「ええ、ちょっと出かけるので」

◆次◆ この週末はいつもの彼と温泉に一泊する予定だった。「そうですか…そりゃそうですよね、また僕にもどこかで時間を下さい」残念そうな顔をして仕事に戻る彼。そんな姿を目で追いながら、“また”ってあるかなぁと冷静に考える私がいた。さあ、明日の準備をしなきゃ。

◆繋◆ 泊まりがけのお出かけはもう一年ぶりだ。着かず離れずの関係は、仕事や家族の状況で少し薄まることはあっても、そうそう簡単には切れたりしないもの。それは、心の安定剤であり、拠り所でもあった。「二人でゆっくり飲める方がいい」と、今回は電車の旅を選択した。

◆缶◆ まずはビール。売店で買ってきた缶ビールをプシュー、カンパーイ、ごくごく、プワァ…落ち着いた。「朝っぱらから元気だね」「だって、久しぶりだし…あんまり眠れなかったけど」「それって小学校の遠足みたいに?ハハハ」そんな彼も、豪快に一缶を飲み干す。

◆入◆ 彼の手が私の膝の上に置かれる。じわじわっ。ファーストシグナルが身体の芯に届き、思わず吐息が漏れる。「何だ、もう欲しくなったのか?」耳元で彼がささやく。「だって…」うまく言葉が続かない。「だって…何だ?」「だって…スイッチが入ってしまうから…」

◆握◆ 「しょうがないやつだなぁ」そう言いながら、私の膝の上に置いた手に力を込めてくる。私は窓の外に視線を移す。少しでも気をそらすために…でもそれは無駄な抵抗だった。身体の奥からあたたかいものが溢れ出す。もうダメ…悪さをしている彼の手を取り、ぎゅっと握る。

◆赤◆ 「わかった、わかった、もうしないから」彼は、私の嫌がることは決してしない。だから、これまで安心して長く付き合ってこれたのだと思う。「ワインでも飲むか?」「ええ」持参したワインをプラスチックのコップに注ぐ彼。窓から差し込む光が液体を鮮やかな赤にする。

◆歩◆ 電車のほどよい揺れにワインが相まって、身体がほわほわといい感じになったところで目的地に到着。ひなびた温泉地ではあるけれど、降り立った客層は、シニアのカップルから若い女の子の集団まで幅広い。本当は手をつないで歩きたいのに、彼はさっさと歩を進める。

◆宿◆ 「人前でべたべたするのは好きじゃない」そういえばそんなことを言ってたっけ。でも二人きりになれば思い切り…そう思うことで、ここはガマンガマン。早足で彼に追いつき宿に到着した。チェックインを彼に任せ、抹茶と和菓子をいただきながら、ロビーでまったり。

◆湯◆ 「貸切風呂を予約したよ。今から一時間ゆっくりできる」さすが、手筈が行き届いている。部屋に入り、ささと浴衣に着替えてお風呂へ。二人にはもったいないぐらい大きな岩風呂と檜の露天風呂がある。「ステキ…」備え付けの石鹸で身体を洗い、お湯に浸かる。

◆背◆ 「いい湯だね」そう言いながら、背後から抱きしめてくる彼。「やっと二人きりになれた」「そうだね。待ち遠しかった?」「ええ、とっても」やや無理な体勢から彼の唇にキス。彼から三倍返しのキス。背中から彼の身体がぴったり合わさって、湯の中をふわりふわり。

◆冷◆ 「ああ、のぼせてしまいそう…」「そりゃいかん、上がろう」夢見心地で長湯してしまったみたいだ。冷たい水をぴしゃぴしゃと肌に当てながら自分を取り戻してゆく。湯上がりで冷たい麦茶を一杯。「ああ、美味しい」「良かった」「ごめんなさい、心配かけてしまって」

◆寄◆ 「いやいや、俺の方が調子に乗りすぎたようだ。すまんすまん。さて、そろそろ部屋に戻れるかな?」「ええ、たぶん…」彼の手がさっと腰に回る。「ゆっくりでいいからね」足元がまだ少しふわふわしている気がするけれど、彼がぴったり寄り添ってくれているから安心だ。

◆茶◆ 部屋の座イスでふぅっと一息。「熱いお茶でいい?」「ええ」彼が備え付けの茶器でお茶をいれてくれる。宿おすすめのお菓子とお茶で一服。ふわふわ感が根っこが生えた感じに変わって行く。「夕食まで少し横になる?」「でもお布団はまだ…」「自分で敷けばいいだけさ」

◆並◆ 彼は押し入れから二組の布団を取り出し、手際良くシーツをかけ、枕と掛け布団を置く。「どうぞ。俺もちょっと横になるよ」まだ夜じゃないのに、二人並んでそれぞれの布団に入ってる、ってちょっと不思議な感じだなぁと思いつつ、心地よい睡魔にすぅっと吸い込まれる。

◆握◆ もそもそと入ってきた彼の手が、私の手を探している。私はそのてのひらをぎゅっと握りしめる。「起きてた?」「ううん、少し眠ってたみたい」「そか…」こんどは彼が身体ごとこちらに入ってくる。その肌のぬくもりと重さが心地良くて、両手でぎゅっと抱きしめる。

◆弄◆ もう少しというところでふっと力を抜き、こちらが油断しているとがんがん攻めてくる。そんな緩急をつけた抱き方に翻弄されながら、身体はどんどん狭いところへ追いつめられていく。「もうダメ…きて…」「まだだ…」彼の凄みのある重たい声が胸にずきんとくる。

◆叫◆ 向き合っていた彼がするりと態勢を入れ替え、背後に回る。迎える角度が変わり、より強い快感ポイントに刺激が加わる。思わず大きな叫び声が出てしまい、彼に叱られてしまう。「そんな声出したら宿の人が飛んで来てしまうぞ」「ごめんなさい、でも、もう、許して…」

◆満◆ 哀願を振り切るように攻め立てる彼。もうすべてを受け入れるしかない。ああ、突き破られるぅ…その瞬間、彼のせつない声が漏れた。彼は私をふんわり抱きしめ、やさしいキスをくれる。「良かったよ、すごくステキだった」私は満たされた感で胸がいっぱいになる。

◆寂◆ 飲んだり食べたり喋ったり、そして時々交わりながら、二人の時間はあっという間に過ぎて行く。もっと一緒にいたい。でも、そう思うぐらいが、この関係を続けていく上でちょうど良いのだろう。そんな聞き分けの良い大人になってしまったことを、少し寂しく思いながら。

◆寄◆ 月曜の朝。若い彼がささっと寄ってくる。「おはようございます」「おはよう。何じろじろ見てるの?」「いえ、何だか今日はとってもスッキリというか、リフレッシュされた感じがして…」「そりゃ、いつもしょぼーんとなんかしてられないわよ」「それはそうですけど…」

◆機◆ 少し不貞腐れたような顔をして席に着く彼。思わず笑い出したくなるのをぐっと噛み殺し、私も席に着く。自分が必要とされるタイミングがなかったり逃してしまったなら、次の機会を待つなり自ら作り出すこと…それは何も恋愛事だけでなく、仕事にも通じることだ。

◆追◆ 今週は次から次へと急ぎの仕事に追われ、一週間がとても短く感じる。終わった…と思えたのは金曜の夜十時。今夜は一人で少し飲みたいなぁと思いながらオフィスを出る。こんな時はあのマスターの居るバーがいいなぁ。いわゆる花金だけど、一人ならなんとかなるだろう。

◆招◆ 扉を開けると、カウンターにぽつんと一席。「どうぞ」マスターが目で招いてくれる。幸い、あたりに知り合いはいなさそうだ。上品に輝くバカラのグラスを傾けながら、このところの慌ただしかった日々を振り返る。いつもの彼と若い彼…これからどうなって行くだろう?

◆終◆ 「お客さま、そろそろ…」し、しまった。カウンターで眠ってしまったようだ。「すみません」「だいぶお疲れのようですね。気を付けてお帰りください」「ありがとうございます。あの、お会計を…」「もう済んでいますから」「えっ?」「覚えておいでではないですか?」

◆隣◆ 記憶が飛んだ…そんなことは初めてだった。「どなたかが?」「ええ、お隣にいらっしゃったお客さまですよ。会釈されていたので、てっきり…」「そうでしたか…その方に失礼がなかったならいいのですが…」「きっと大丈夫ですよ」マスターの言葉に思わずほろっとくる。

◆送◆ 心配したマスターが、タクシー乗り場まで送ってくれる。「申し訳ありません。ご迷惑をおかけしました」「いえいえ、このぐらいは全く問題ありませんから」そんなことはないだろう…と思いつつも、また泣かされそうになる。「お気を付けて。またお待ちしております」

◆寂◆ 帰宅すれば一人。この週末は何も予定を入れていなかった。一人の時間はとても大事。でも、時々胸がきゅーとなる寂しさに耐えられなくなることがある。こんな時、彼がそばにいてくれたら…ああ、あの若い彼が欲しい。でも、もう真夜中過ぎ、いや、正しくは夜明け前だ。

◆鳴◆ 気が付くと、外はすっかり明るくなっていた。時計を確かめ、これが夕暮れ時じゃなくてよかったと思いながら、ベッドから抜け出す。ああ、身の回りを少し整理しないといけないなぁ。まずは洗濯と掃除から、いや、その前にお腹に何か入れなきゃ…そんな時電話が鳴った。

◆呼◆ 「もしもし、僕です…」まさか!思いが呼び寄せてしまったのか?「今、お話しできますか?」「ええ、大丈夫ですよ」「ご迷惑でなければいいのですが」「実は、起きたところで、まだ頭がちゃんと回ってないかもしれないけれど、それでもよければ」「僕は構いません」

◆機◆ 「今日はお時間ありますか?本当は昨日のうちにおききすべきだったのですが、お忙しそうで声をかけられなくて…」何と答えるべきだろう?渡りに舟というのもおとなげない。さりとてせっかくの機会を逃したくない。「うーんと、晩ご飯ぐらいなら」「わぁ、嬉しいです」

◆浮◆ そわそわ、そわそわ…たまった家事を片付けながら、心がどうにも落ち着かない。いったい私、どうしちゃったんだろう。彼と晩ご飯の約束をしただけなのに、もちろんそれだけで終わるはずはないだろうけど…もしかして、そのことがそんなに嬉しいのだろうか。

◆済◆ 「お会いできて良かった」「私も」「本当ですか?正直、自信なかったんです。だってわがまま言ってご迷惑かけちゃったし。しばらくは会ってもらえないんじゃないかなぁって…」「うん。でも、済んだことは済んだことだし、それで嫌いになったわけじゃないから」

◆驚◆ 元気を取り戻した彼につられるかのように、私もいっぱい食べて、いっぱい飲んで、いっぱい話す。少し若返ったような感覚。「そろそろ行きます?」「ええ」そう答えながら、そっと手をつないでみる。驚いた表情をする彼。「ダメ?」「まさか!でも、びっくりしました」

◆崩◆ 「そういうことはしない人だとばかり思っていたので」「イメージ崩しちゃった?」つないだ手にぎゅっと力が入る。「崩れました、いい意味で」そう言いながら二人だけの世界へ足を速める彼。それに遅れまいとする私。扉をバタンと閉め、後ろ手にカチッと鍵をかける。

◆奪◆ 「逢いたかった、とっても、とっても…」もう言葉は要らない。唇を奪い合いながら両手で互いの身体をまさぐる。息をつく間もないぐらい性急な欲望が二人を突き動かす。着ていたものを剥ぎ、ベッドに行く余裕もなく乱暴に交わる。むき出しの欲情が身体から溢れ出す。

◆盗◆ 二度三度と態勢を変えながら、互いの身体をむさぼる二人。「ベッドへ行く?」「ええ」仰向けになって彼を受け止めながら、そっと顔を盗み見る。少年のような愛らしさと大人の男っぽさが交じった顔が、時折せつなくゆがむ。いとおしい…その気持ちを全身で伝えながら。

◆底◆ 何度も陸に押し上げられては波の中に引きずり込まれ、最後の最後は重い錘を付けられたように海の底に落ちて行く二人…。ふと目を開けると、彼はちょうど珈琲を入れてくれていた。「ありがとう」「大丈夫?」「ええ、どうして?」「だって、なかなか起きなかったから」

◆冷◆ 「ごめんなさい、全然気が付かなかった…」「いえ、元気ならいいです」「いや、もう歳だから、私…」「あっ、そんなこと…」そう言いながら私を抱きしめる彼。「それ以上言わないで…」「うん。せっかくの珈琲が冷めちゃうわ」「僕はあなたが冷めてしまう方が怖い」

◆刺◆ 若さは残酷だ。全身をやわらかな刺に包まれて、私は身動きができなくなっていく。やわらかな痛みはじわじわととろける甘さに変わり、心がおぼれかけている。「もうあなたを離さない」一番言われたくない言葉が胸に突き刺さる。身体はすでに従順な奴隷と化している。

◆弾◆ 彼の腕の中で、何度となく浮き上がってはストンと落ちる。「ああ、もう、壊れてしまいそう…」「壊れるなら一緒に…」ズドーン。重い弾丸が身体の芯に打ち込まれた。完全に射止められてしまった私。彼の熱を身体じゅうで受け止めながら、すぅっと気が遠くなっていく。

◆光◆ 朝だ…カーテンのすそから薄く光が漏れている。あのまま彼の腕の中で眠っていたようだ。でも今日は日曜日。ゆっくりしていてもいい。少しだけ身体をずらそうとしたら、彼が起きてしまった。「おはよう」「おはようございます…まだ大丈夫ですよね?」「ええ、多分」

◆震◆ 「良かった…」彼は私をそっと抱いてもう一度眠りに戻ろうとする。けだるい空気に飲み込まれて、私ももう一度夢の中へ…。ぐらっ。えっ、何?二人の身体に緊張感が走る。ゆっさゆっさ、ぐらぐらぐら…。とっさに布団の中に潜り込む。「怖い…」「大丈夫、きっと…」

◆収◆ 彼をぎゅっと抱きしめながら、揺れが収まるのを待っ。弱いながらも大地の振動は断続的に続く。「早く収まってほしい…」「うん、でも二人一緒だから大丈夫だよ」「良かった…あなたがそばにいてくれて」「ずっと一緒にいる?」「えっ?」「いや、何でもない」

◆帰◆ こんな時に「何でもない」って口ごもるなんて…。「帰るわ」「えっ?」「揺れも収まったし」「またすぐ揺れるかもしれないし、もう少しここに…」そんな彼を振り切ってベッドを出る。「もう大丈夫だから」さっと支度を整え、おろおろしている彼を横目に部屋を出る。

◆乾◆ あの揺れは心を揺らす揺れだったのだろうか。一人自宅に帰る道には、一見穏やかな休日の空気が流れている。けれどそれは、崩れはじめたらとても脆いもの。さっきの揺れはまさにそんな揺れだった。何だか喉が乾いてきた。そういえば、珈琲飲みそびれたんだった。

◆油◆ 目についたカフェでブランチをいただくことにした。珈琲をすすりながら、昨日から今日までの出来事を少しだけ振り返ってみる。自分から熱くなっちゃいけないな、と。彼、決して悪い人じゃないんだけど…やっぱり若いんだなぁ。むやみに油を注いじゃいけないんだなぁ。

◆隣◆ 「こんにちは」知らない男性に声をかけられる。えっ、私?「あっ、こんにちは。ごめんなさい、どちらさまですか?」「お忘れですか?先日あのバーで隣に居たものですよ」あっ、もしかして、私にお酒をおごってくださった方なのか!「その節はごちそうさまでした」

◆話◆ 「どういたしまして。楽しく会話させていただいたので」「ああ、本当にごめんなさい。私、酔ってたらしくほとんど覚えてないのです、後でマスターにきいて…」「そうでしたか…それにしても、あなたは正直な人ですね。もし差し支えなければ、もう一度話しませんか?」

◆傾◆ 気が付けば陽が傾いている。「あら、いけない、もうこんな時間!」「カボチャの馬車のお迎えでも?」時折絶妙なユーモアを加えて話す彼は、出版社の編集者だという。「またお会いできますか?」「ええ、今度はちゃんと記憶をとどめておきます」「ありがとう」

◆横◆ 心がふんわりあたたかい空気に包まれたまま、一人の部屋に戻る。この土日はいったい何だったんだろう。一人は寂しい…そんな気持ちが呼び寄せたのだろうか。ふわふわしたままベッドに横たわる。こんなときそばにいてほしいのは、元上司の彼か、若い彼か、それとも…。

◆鏡◆ 翌、月曜日。身体がふわふわしたままオフィスの席につく。「おい、大丈夫か?」元上司の彼が声をかけてくる。「えっ?私の顔に何か付いてます?」「そうじゃなくって…熱でもあるんじゃないか?顔が赤いぞ」そう言われて慌てて手鏡を覗き込む。「ホントだ」

◆診◆ 結局、まわりに迷惑をかけてはいけないと、診療所で薬をもらって早退することに。こんなことは年に一回あるかないかなんだけど。「だいぶお疲れのようですね。まずはたっぷり栄養と睡眠をとって下さいね」診察してくれた医者のそんな一言にさえ、うるっときてしまう。

◆家◆ コンビニで買い求めた栄養ドリンクを飲み、家のベッドでとろとろと夜まで過ごす。夢と現実をさまよいながら、ふわりふわり。ずっとこのままでもいい、いや、それはまずい!とベッドを抜け出す。ふと、キラリと光るケータイが目に入る。「僕のせいですよね、きっと…」

◆離◆ 「…ごめんなさい。こんな僕が言うのもおかしいのですが、とにかく早く元気になって下さい」若い彼からのメッセージだ。ありがたいと思う一方で、少し距離を置こうと決心した。すぐに返事をするのはやめておこう。その瞬間、別のメッセージが。「おーい、眠れたか?」

◆前◆ 「ええ、おかげさまで、熱は下がったみたいです」「それはよかった。差し入れでもしようか?」「ありがとうございます。でも、また熱が上がったら困りますし(笑)」「それじゃ、部屋の前に置いておくから…」「えっ、もしかして、そこにいらっしゃるの?」「(笑)」

◆扉◆ いざというときのために、彼には住所を教えておいたのだった。ああ、ひと目でも会いたい。でも会ってしまったら…。とにかく扉を開けなければ彼が行ってしまう。バン!あれ?誰もいない。おかしいなぁ。しかたなく扉を閉じようとした瞬間、遠くから彼の声が聞こえた。

◆駆◆ 「そんなところに隠れているなんて、ずるい」「あははは…」階段の裏にいた彼が、笑いながらゆっくりと近づいてくる。その足取りがもどかしくて、思わず駆け出してしまう。「おいおい、熱がぶり返すぞ」そう言いながら、彼は私をしっかりと受け止めてくれる。

◆接◆ とりあえず彼を部屋の中へ。「散らかってますけど…」「いや、今日はこれで。元気になった姿も見れたことだし。これ、食べられそうなものでも食べて、また明日から頑張って」そう言いながら、スーパーの袋を手渡される。泣きそうになった私のおでこにキスをくれる彼。

◆復◆ 翌朝、すっかり復活して出社。さあ、昨日の分を取り戻さなきゃ…と気合いを入れる。「おっ、元気になったか?」「はい、おかげさまで。ありがとうございます」元上司の彼と話しているところを、若い彼が羨ましそうに見ている。無視するつもりはないけれど…。

◆末◆ 週の頭にいきなりつまずいてしまったけれど、週の終わりにはどうやら落ち着きを取り戻してきた。金曜日、あのバーへ行ってみようかな。あの記憶喪失の一件以来ご無沙汰しているから。マスターにあの時のお礼とその後の顛末も報告しておいたほうがいいだろうし…。

◆声◆ 早い時間のバーなのに、カウンターはもう半分ぐらい埋まっている。どこに座ろうかなと思っていたら、聞き覚えのある声が。「お一人ですか?」「ああ、こんばんは。ええ、一人です」「よろしければこちらへ」「ありがとうございます」「今度は覚えていてくれたんだ」

◆杯◆ 「その節は本当にすみませんでした」「もうその話はよしましょう。一杯おごらせてください」「よろしいのですか?」「もちろんです。マスター、彼女に一杯お願いします」「承知いたしました。どんな感じにしましょう?」「では軽めのものを、酔っ払わないように」

◆夕◆ 薄い笑みを浮かべながら、マスターがキレイなオレンジ色のカクテルを差し出す。爽やかな風味と深いまろみが口の中に広がる。「美味しい…ありがとうございます」「それは良かった。ところで、唐突ですが、今夜この後は?」「いえ、特には」「メシでもどうです?」

◆店◆ さっと勘定を済ませ、席を立つ彼。慌てて後を追う私。まるでそうすることがずっと前から決まっていたように…。「五分ほど歩きますね」「はい」いったいどんなお店なんだろう。鼓動がだんだん高まってくる。「どうぞ」彼は格子戸をガラガラと開けて私を招き入れた。

◆隠◆ 「料亭?」「それほどのものでもないよ。女将が一人でやっているので」通された奥の間には、落ち着いた掛け軸と季節の花が飾ってある。「あの…このようなところに、私のような者が…」「あっ、そういうことは気にしないで。ここは僕のちょっとした隠れ家なんだ」

◆素◆ 「日本酒でいいですか?」「ええ、少しなら」一つ一つ、女将さんの手でお料理が運ばれてくる。とてもシンプルだけど、素材を生かした美味しいものばかり。お酒にも合う。「どれも素敵ですね」「ありがとう。気に入ってもらえると嬉しいよ」「でも、私にはちょっと…」

◆回◆ 「それはもう言わない約束」「でも…」ああ、怒らせてしまったかもしれない。私の背後に回った彼がそっと腕を回す。「イヤ?」「イヤだったら着いて来ません」「じゃ、何をためらっているの?」「こういうところに慣れてなくって」「それじゃ少しずつ慣れればいい」

◆接◆ 彼の唇が、耳元から口元へ滑る。もどかしいほどソフトに触れる唇と唇。彼の腕が私の髪を撫で、身体をそっと包み込む。男っぽい匂いがふわっと広がる。「好きだ、とっても…」決してNoと言わせない柔らかなアプローチに、固くなっていた心身がすぅっとほどけていく。

◆強◆ 首元から胸元、手のひらや足元。見えている部分へのソフトタッチが続く。そのもどかしいような展開に我慢できず、つい声が漏れてしまう。「もっと…」「もっと、どうしてほしい?」「もっと強く…」「強く、どうすればいい?」「いじわる…」「ちゃんと言ってごらん」

◆脱◆ 「強く…抱いて…」「少しは欲しくなった?」「はい…とっても」「その前に、ひと風呂浴びよう」あっという間に服を脱いだ彼に促されるように、慌てて私も後に続く。さっと身体を洗い流して二人で湯船に。大人二人がゆっくりできる大きな浴槽に身を沈める。

◆撫◆ 湯の中で、彼の手が肌をくまなく撫でる。「きれいだよ、思った通りだ」「思った通り?」「ああ、ひとめ見たときからね」「まぁ…」嬉しいような、恥ずかしいような気持ちを隠すように、私も彼に触れてみる。中年の男の人の肌とは思えないほど滑らかだ。

◆驚◆ 「こういうこと、好きか?」「ええ」彼の手が私の手をいきり立ったものに導く。華奢な身体つきには不似合いな、ごつっとした感触。「どうした?」「もうこんなに…」「そりゃそうだよ、あなたがそそるから…ほら、あなたのここも…」彼の指がするっと壺に滑り込む。

◆杭◆ 彼の指に替わって大きな杭が身体の真ん中に打ち込まれる。ガツンガツン。固い異物の衝撃があたりに広がっていく。少しの身動きもできないまま、彼の腕の中にしっかりと抱き止められている私。漏れる吐息を唇でふさがれ、饒舌な舌が口の中を支配する。

◆浮◆ 執拗に攻め立てられて、身体がふわふわと軽くなってくる。湯船から出ると、彼は背後に回り、違った角度で突き上げてきた。揺れる胸を掴み、先端をつぶすようにいじる指。串刺しになった身体が芯からとろけだす。「もうだめ…」「いくか?」「いきたい…いかせて…」

◆息◆ 彼のものをくわえこんだ口に、ぎゅぎゅっと強い圧力が加わる。「あああ…」切ない吐息とともに、限界に達したバルーンが弾ける。二人はその体勢のまま床にへたり込む。「いっちゃったね…」「ええ、一緒に…」息を整えながら首を曲げ、やさしいキスを繰り返す。

◆重◆ 「またおいで」彼のやさしい言葉に思わずコクンとうなずいて、隠れ家を後にする。足元に重力が戻り、一歩一歩踏みしめる。振り向けばそこはもう現実の世界。あれは夢だったのかもしれない。アリスみたいに?だとしたら、この甘くてだるい感じはいったい何なのだろう。

◆断◆ この土日はたまった家事をしつつ、一人のんびりと。若い彼からのお誘いもあったけれど、体調が思わしくないとやんわり断った。実際、このところのあれこれで、少し身体を休めないともたないような気がしていた。メンテナンス、リペア…そんな言葉が浮かび上がる。

◆皮◆ 「いいことがあったのかな?」週明けのオフィス。前の上司が声をかけてくる。「いいことって?」「いや、何となく。ひと皮むけた感じがする」「久しぶりにゆっくり休みましたので」「うむ、まあいい。今週はどんな感じ?」「水曜あたりなら」「じゃ、そういうことで」

◆振◆ 水曜の夜はすぐにやってきた。「先日はありがとうございました、お見舞いに来てくださって」「元気になって良かったよ。時々思い切り振り切れてしまうから」「あぁ、そうかも…」「そこが魅力でもあるんだけどね」これって、ほめられているのだろうか、それとも…。

◆指◆ 彼の手が膝に置かれる。ゆくもりと共に、じわじわっと欲情が伝わってくる。「誰のものでもない、君の身体は君のもの。だから、どうのこうのと指図したくはないんだ。ただ、振り切れ過ぎて壊れてしまわないようにしてくれ」「はい…もうそんなに若くはないですし」

◆分◆ 「いや、だから、なおさら危険なんだよ」「というと?」「なまじっか分別があるからこそ、そこを超えてしまうと取り返しがつかなくなるんだ」そう言いながら私を引き寄せる彼。「いつまでも、俺と、というわけにはいかないだろうが…」ぎゅっ。彼の腕に力が入る。

◆嵐◆ 「ずっとなんて言わない。でも今は、あなたといたい」「君は正直だね、せつないほどに…」彼らしくない荒々しいキスの嵐。私も金魚のように口をパクパクさせながら、彼にキスの雨を降らせる。もしかしたら終わりが近いのかもしれない…そんな予感を断ち切るように。

◆拒◆ 彼を全身で感じているのに、なぜか涙が止まらない。いつもの心地良さが悲しみに変わって行く。このままで終わりたくない。もっともっと触れていたい、感じたい。そんな思いとは裏腹に、身体が彼を拒否し始める。「そんなに俺が嫌になった?」「そんなはずないのに」

◆縛◆ 「お願い、無理やりにでも感じさせて」「そんなこと言ったって…」「このままじゃイヤ…」「わかった」彼の手には二本のタオル。そのうちの一本で目隠しを、もう一本で私の両手を上で縛る。途端に芯が疼き始める。ピクン、ピクン…触れられるたびに反応する身体…。

◆暴◆ スルリと滑り込んだ彼の分身が、私の中で暴れ始める。どつかれまくった壁が震えながら縮こまる。「ああ、キツい、キツい…」そう漏らしながらそこに踏ん張る彼。これ以上強いつながりが他にあるだろうか。我慢しきれなくなった彼がやがて大きな号砲を打つ。

◆浸◆ 手を解かれ目隠しを外し、彼の腕の中で、しばらくじっと余韻に浸る。身体の奥にじわじわとしみていくものを感じながら。「良かった?」「良かった」二人にそれ以上の言葉はいらなかった。いつまで続けていけるかわからないけれど、もう少し、あと少し…。

◆目◆ 週末はあっという間にやってくる。またあのバーに行ったほうがいいのか、それとも行かないほうがいいのか。思いあぐねていたら、若い彼が声をかけてきた。「どうしたんですか?深刻そうな顔をして」「あら、そんな風に見えた?」「僕の目が節穴だとでも?」

◆挑◆ 「それじゃ、私が何を考えているか、当ててみて」「今夜は誰にしようかと…違いますか?」挑むような彼の強い眼差しに、一瞬ひるみそうになる。「図星ですか…それじゃ、思い切って言います。今夜は僕を選んで下さい」この強引さはいったいどこから来るのだろう。

◆展◆ 彼の申し出を拒絶する理由は多分ない。けれど…。「僕じゃダメですか?」「ダメじゃないけど」「じゃ、いいんですね」この展開、前にもあったなぁ。そう、彼に最初に食事に誘われた時だ。思い切り笑い出したくなるのをこらえながら、彼の眼を見てうなずく私。

◆鍛◆ 部屋に入ると彼はさっとシャツを脱いだ。華奢だった身体がやけにたくましく見える。「鍛えたの?」「まだまだですけど」「すごくがっちりしたね」「いざというとき、あなたを守れるように」「えっ?」「この間はごめんなさい。自信がなかったんです」「そうなんだ…」

◆一◆ 多少的外れであっても、彼の健気さに思わずホロッとくる。その腕の中にがっちり抱き締められると、捉まってしまった感が全身に広がる。少年っぽさが消え、安定した力強さがみなぎっているのだ。「僕だけに…なんて言えない。でも僕は、あなたの一番になりたい」

◆酷◆ 「一番…とてもステキな響きだわ、そして、とても残酷な…」「残酷?」「そう」彼は、よくわからないという表情をして、首筋に唇を擦りつける。「たった今、私はあなたが一番欲しい。それじゃだめ?」「だめじゃないです、僕は今もこれからもずっと…」

◆重◆ 彼の腕の中で何度も浮き上がりそうになるのを、強い力で引き戻される。「もうだめ、おかしくなってしまう…」「おかしくなっていいから…」重力の感覚が狂い始める。私はどこへ行ってしまうのだろう。遠くへぽーんと飛ばされそうな気がして、彼にぎゅっとしがみつく。

◆寝◆ ふと気がつくと、彼に腕枕されていた。とても心地よい夢を見ていたような気がする。彼の寝顔がすぐそばにある。やわらかな寝息を頬に感じる。いつまでもこうしていられたらいいなぁ…そう思いながら目を閉じる。この夢の続きに、淡い期待と不安を抱きながら。

◆進◆ 翌週はまた一段と慌ただしく始まった。あれこれと対応に追われている中、年上の彼の海外支店長への抜擢情報が入った。来るべき時が来たんだなぁ…一抹の寂しさを感じつつも、彼の昇進を心から喜べる私がいた。「君はもう大丈夫だよね?」「ええ、多分」

◆強◆ 笑って送り出そうと思っていたのに、二人きりで逢うのはこれが最後だと思うと、涙がみるみるあふれてくる。「全然大丈夫じゃないみたいだなぁ」「ごめんなさい、つい…」彼がやさしいキスをくれる。「強がらなくていいんだよ。夏休みになったら遊びに来ればいい」

◆軽◆ 次逢える日が少し遠くなるだけ…そう思うことで心がちょっぴり軽くなる。彼のやさしさに包まれながら「うん」とうなずく。今回飛び立つのは、実は私自身かもしれない、そんな予感がする。年下の彼も昇格が決まった。自信を持った男の人はみなとても強くてカッコいい。

◆客◆ 年度末の慌ただしい中、年下の彼の昇進を二人だけで祝うのは至難の業だった。一人ぽっかり空いた夜、あのバーに足を向けてみた。お客様は誰もいない。「いらっしゃいませ」「ご無沙汰してしまいました。何だか珍しいですね」「ええ、でも、きっとこれからだと…」

◆鏡◆ マスターの言葉通り、私の後からお客様が次々とお見えになる。そんな中にあの編集者の姿も。「久しぶりだね、元気にしてた?」「はい、あれから色々ありまして」「そうだろうね、そんな顔してるよ」そんな顔ってどんな顔?鏡があればすぐに確認するのに…。

◆誘◆ 「今夜はいかが?」「あっ、先日はごちそうさまでした。そうたびたびは申し訳ないので…」「いや、遠慮は無用だから。一杯飲んだら行きましょう」ソフトな誘いの言葉に抗えない力を感じてしまう。今夜はどんな風に抱くのだろう…そう思った時点で負けが決定している。

◆術◆ マスターに作ってもらったカクテルに口をつける。甘くてほろ苦い香りがふわっと広がる。これを飲み干したら彼と…想像するだけで、身体の奥がじわっとくる。いけない、すっかり術中にはまっている。彼のみならず自分をも焦らすように、ゆっくりとグラスを傾ける。

◆書◆ 見られている…彼の視線が私の身体を芯から熱くする。わずか一杯のお酒に酔っているのかもしれない。いや、もしかしたら、こんな風に感じられる自分に酔っているのかもしれない。「書いてみないか?」「えっ、私が?何を書くと?」「あなたなら書けるよ、きっと」

◆感◆ 「そんな、いきなり言われても…」「まずは、感じたままを書けばいい。例えば、今、ここで感じていることを、そのまま言葉に落としていけばいいんだ。きっと説得力のあるものが書ける」彼はいったい何を私に期待しているのだろう。プライベートな日記ならともかく…。

◆表◆ 躊躇する私の心と身体をひとつずつ解きほぐす彼。まずは言葉で。「言葉でちゃんと感じる人はそれを言葉で表すことができるんだ」次にボディータッチで。感じていることを言葉にすることを要求され、本能的な部分と理性的なそれが交錯する。「楽な方に逃げちゃだめだ」

◆隣◆ 逃げないで真正面から取り組む…私のそんな姿勢は恐らく編集者の彼の一言からきているのだろう。今だから振り返れることだけど。今、私の隣には、あの時の若い彼がいる。心身ともに力強さと柔軟さを兼ね備えるようになった彼はまだまだ伸びていくだろう。

◆続◆ 海外赴任を終えた元上司は、その後出世街道をのぼりつめ、社長まであと一歩というポジションにいる。もう気軽に会うわけにはいかないけれど、かつて付き合っていた人が成功していくのを見るのはとても嬉しい。そして私はひとつ賞を戴き、今日も書き続けている。

連載「Small Hours III」 (【今日の一文字】より 2014.07.15~2014.10.14)

「Small Hours III」

◆映◆ 変な人ではない、多少妙かもしれないけれど…それが見た目の第一印象。当たるか外れるかは少し付き合ってみないとわからない。でも、試してみる価値はありそう。そこまでを一瞬で判断して声をかける。果たして彼には、初対面の私がどんな風に映っているのだろうか。

◆顔◆ ふと名前を呼ばれて顔を上げる。さっきまであたりをあんなに気にしていたのに、なぜ彼女が目に入らなかったのだろう。プロフィールの写真通り、いや、それ以上に笑顔のステキな人が目の前にいる。「はじめまして、というのも変かな?」「そんなことないですよ」

◆店◆ 「ワインは飲みますか?」「ええ」「じゃ、料理をつまみながらワインなんていかがですか?うまくてリーズナブルな店が近くにあるんですよ」「いいですね」表通りから一本入ったところにある、小さなイタリアンのお店。チョークで書かれたメニューがほのぼのしている。

◆選◆ 「いいお店をご存じなのですね」ワイングラスを揺らしながら微笑む彼女。「気に入っていただけたなら僕もうれしいです。お料理、苦手なものとかありますか?」「好き嫌いはないです」…そんな言葉に救われて、気さくなお店のオーナーと相談しながら料理をチョイス。

◆赤◆ 彼、こういうことにはなれているみたい。何も驚くようなことではないけれど。そう、美味しいものを知っているというのは、とても大事なことだから。この赤ワイン、とても美味しい。けれど、赤って時間差でぐっと酔いが回ってくるから気をつけなきゃ。

◆惚◆ 次々と運ばれる料理をぱくぱくと美味しそうに食べる彼女。その姿にホレボレしながら、僕もつられてぱくぱく。やっぱりここの料理は本当に美味い。こうテンポがいいと話も弾む。こんな人がそばにいるときっと毎日が楽しいだろうなぁ…ふとそんなことを思いながら。

◆過◆ お料理がどれも美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまったみたい。「何かデザートでも?」「いいですね、でも、もうお腹いっぱいで」「じゃ、ポートワインでも?」「いいですね、でもだいぶ酔っ払っちゃったみたいだし」「がぶ飲みするものでもないですし」「確かに」

◆頬◆ ほんのり赤くなった彼女の頬。いや、彼女だけでなく、この僕もぽーっと熱くなっている。「冷たいお水でもいただきましょうか?」「ええ、助かります」ひんやりした水が喉に気持ちいい。火照った頬にグラスを当てて目を閉じる彼女。このまま連れて帰りたい…ダメかな?

◆歩◆ 「そろそろ行きますか?」「ええ、何だかすっかり心地よくなってしまいました」いや、この言い方は彼に失礼だろう。「僕もです、少し歩きましょう」夜風が角をすり抜けていく。ごく自然に絡ませた手が思いの外饒舌で、つい歩を止めてしまう。「もう少し一緒にいたい」

◆糸◆ 「でも、もう飲めないわ…」「もう飲まなくていいから…」腕の中に彼女を引き入れる。女性特有の甘い香りが鼻の奥をくすぐる。「もっとこうしていたい」彼女の頬に、そして唇に、軽くキス。「私も」と言いながらお返しのキス。緊張の糸がみるみるほどけていく。

◆白◆ 「狭いところですけど、よろしければ…」導かれるままに彼の部屋へ。白を基調にしたごくシンプルなつくり。濃紺の遮光カーテンがあたりを落ち着かせている。少しの安心と少しの不安…そんな私を彼の両腕が包み込む。「私なんかでよかったのでしょうか?」

◆触◆ 「こんな僕なんかでよかったのでしょうか?」クスッ。あっ、笑ってくれた。「会えてよかった」その頬も、唇も、髪も…彼女のすべてに触れたい。こんな気持ちになったのはいつ以来だろう。戸惑いながらもきちんと反応してくれる、そんな彼女がいとおしい。

◆波◆ あっという間に最初の波が来てしまう。ああ、どうかいかないで…彼の腕にしがみついたまま、身体がぐっと遠くへ押し流されてしまう感覚。でも、それで終わりではなかった。今度は、じわじわ、じわじわっと、いくつかの波が同時に身体の中心に向かってくる。

◆昇◆ 小さな波も数が集まればとてつもない大波になる。断続的に押し寄せるものに持ち上げられて、頂点に昇りつめていく。「もう、だめ…」「いや、もういや…」「いい、いいよぅ…」彼女のせつない叫びに呼応して、僕自身の張り詰めていたものも弾けてしまいそうになる。

◆息◆ 最後の大波にさらわれて、底なしの深みに落ちてゆく。ああ、このまま命が消えてしまうなら、それでもいい…。ふと気がつくと、私は彼の胸の中に丸くなっていた。私を包み込んだまま眠る彼。すーっ、はーっ、…安らかな寝息に寄り添うように、呼吸を合わせてみる。

◆起◆ ああ、気持ちいい、ずっとこうやって抱いて眠っていたいなぁ、もう少し、あと少し…ふとベッドサイドの時計に目をやる。もうこんな時間か…。「おはよぉ〜」胸の中から彼女の声。「あっ、起こしちやった?」「うつらうつらしてたから、大丈夫」「ならいいんだけど」

◆借◆ 「コーヒーでも飲みます?」「ええ、いただきます」そう、ここは彼の部屋だった。「あっ、僕のTシャツでよかったら…ちょっと大きいかもしれないけれど」「ありがとうございます、お借りします」ベッドのふちに二人並んで腰掛けて、夜明け前のコーヒーを飲む。

◆唇◆ 「まだ夢を見ているようだ」「じゃ、つねってみましょうか?」笑いながら僕の頬を指でつまもうとする彼女。「面白い人だ」「だって…」少し尖らせた唇が可愛くて、つい引き寄せられてしまう。コーヒーの香り、ほろ苦さ…二人同じならかまわないだろう。

◆欲◆ コーヒーでひと息いれたせいだろう。彼のソフトなキスが、眠りかけていた感覚をじわじわと目覚めさせてゆく。「また欲しくなってしまった…」彼の手が、さっきかぶったばかりのTシャツをくるくると巻き上げる。「好きだ、とっても」「私も、好き…」

◆背◆ 彼女の「好き」という言葉が頭の中を一気に駆け巡る。感度のいい肌。うねる身体。ぞくぞくする感覚を何とか抑えながら、彼女を背後から抱き締める。「こういうのも好き?」「うん…」耳たぶからうなじを唇で攻めながら、手は胸から下半身へ。ソフトに、時々ハードに。

◆韻◆ 背後から急き立てられるように果てて、うつぶせのままベッドに落ちる。そんな私をめくり上げるようにしてソフトなキスをくれる彼。きっとこれからますます好きになってしまうだろう…燃え尽きた後の余韻を抱きしめながら、ふとこの先のことが頭をよぎる。

◆送◆ 日が昇る直前の、きゅっと引き締まった空の下、彼女を乗せたタクシーを見送る。彼女のぬくもりを反芻しながら、ひとりの部屋へ。もしかしたら、すぐにでも彼女が戻ってくるのでは?と、何度も振り返りながら。次の約束を取りつけず帰してしまったことを後悔しながら。

◆長◆ 振り返ってはいけない。振り返ってしまったらエンドレスになってしまうから…。朝焼けの光をまぶしく感じながら、タクシーの中で今日のスケジュールをチェックする。昼間のアポが三つに夜の会食。合間に締切の迫っている原稿書き。間違いなく長い一日になりそうだ。

◆流◆ 部屋に戻ってシャワーを浴びる。みるみるうちに夢の一夜が流されていく。彼女は今頃何を考えているだろうか。僕のことを少しは思い出してくれているだろうか。女々しい?そうかもしれない。今すぐにでも彼女に逢いたい…もう若くはないのに、また彼女が欲しくなる。

◆芯◆ 長いと思っていた一日があっという間に終わり、もうすぐ日付が変わる。昨夜の今頃は…思い出すだけで身体の芯が熱くなってくる。忘れかけていたあの感覚。本能に突き動かされることの、ナチュラルな心地良さ。もう一度、もう一度…彼は今頃どう思っているだろうか。

◆夜◆ 昼間の仕事は何とかなったが、夜になるとまた彼女のことが気にかかって仕方がない。夜半過ぎ、さすがにこんな時間は迷惑かもしれない、でも、電話じゃなくメッセージなら…「こんばんは!まだ起きてます?」「あら、こんばんは!ええ、まだまだ起きてますよ。」

◆若◆ 「何だかあなたのことが気になって…」「私もです、すんなり寝付けなくって」「でも、昨日は寝てないし」「そうですね、お互いもう若くはないのだし…あっ、ごめんなさい、つい一括りにしてしまいました」「いえいえ、あなたはまだまだお若い!僕はもう…」

◆補◆ 体力任せに生きていた若い頃に比べたら、少しは頭を使えるようになったかもしれない。それはもちろん、衰えてきた体力を補うための必然でもあるし、それなりの経験が後ろにあるからだ。ただ、どうしても補えないものがひとつある。それは、突き動かすものの存在だ。

◆急◆ 突き動かすもの…彼にはそれがあった。逢いたい。昨日の今日なのに、何とも性急な願望。今日が無理なら明日でも明後日でもかまわない。たとえ一時間でも三十分でも。恥ずかしくて口には出せないことも、メッセージなら、書き言葉なら伝えることができる。

◆写◆ 「明日でも明後日でも」「たとえ一時間でも三十分でも」…僕の心をそっくりコピーしたような言葉が彼女から送られてくる。頬をつねってみる。痛い。夢ではないらしい。奇跡のような出来事に、はやる気持ちを抑えつつ、明日逢うことに。心身が今からそわそわしている。

◆集◆ 彼とのやりとり終え、天井を見上げる。感情を通い合わせることの喜びに浸りながら、逢う時間を捻出すべくこの後のスケジュールを練り直す。恋愛が仕事の邪魔をするようになったら本末転倒だ。集中、集中。書きかけの原稿に向かいながら。彼に逢う、その時のために。

◆病◆ 目を閉じれば彼女の夢を見る。目を開けば彼女の感触がよみがえる。これはかなり重症かもしれない。まあ、そうそうあることではないのだし…そんな自分に苦笑しながら、彼女に逢える時を待つ。もっと知りたい。もっと理解したい。僕の知らない彼女のことを。

◆流◆ 待ち合わせ。食事とお酒。そして彼の部屋へ。まだこれが二回目の逢瀬だというのに、この自然な流れは何なんだろう。「またここに来てしまったわ」「それって、もしかして、後悔してる?」「まさか!そんな風に聞こえた?」「無理させてるんじゃないかと」「大丈夫…」

◆満◆ 彼女の一挙一動が気になって仕方がない。不快な思いをさせていないか?こんな僕に無理に合わせてくれているのでは?「大丈夫、大丈夫だから、ね」満面の笑みで返してくれる彼女。その念を押すような言葉に、募っていた不安が拭われる。「私もあなたが欲しいの」

◆綴◆ 引き合うとはまさにこのことだろうか。お互いを欲しいという気持ちがあっという間に二人を高め合う。限りある時間をひとときも無駄にしないために。今したいこと、可能なことを先延ばししないために。焦りとは違う、大事にしたい一瞬一瞬を丁寧に綴りながら。

◆旅◆ 「少し休みが取れるようなら、一緒に旅に出ませんか?」何度目かの逢瀬の後、切り出してみた。もちろん、夜だけでも嬉しいけれど、できれば朝も昼も夜も、ずっと彼女と過ごしたい。「うーん、少し考える時間を下さいね」「あっ、無理に、とは言いませんから」

◆予◆ 泊りがけで彼と…いいかもしれない。でも、ちょっと歯がゆい感じがする。もっと積極的に、「ついて来いよ」とか言ってくれればいいのに。これって万が一断られた時の予防線?…いや、悪い方に考えるのはやめよう。きっと彼なりに気を遣ってくれているのだろうから。

◆誘◆ 即却下されなかったのはいいけれど、何が彼女を躊躇させたのか?それがわかったのは次に逢った夜だった。「この間のご提案ですけど…」「はい…」「是非ご一緒させて下さい」「は、はい…」「そんなに緊張しないで、ごく自然に誘って下さればいいのに」

◆素◆ 「あなたにも色々事情があるだろうし」そう言いつつも、安堵の表情を見せる彼。「できるだけ素のままでいたい、あなたの前では、だから…」相手の意を尊重することは大切。配慮も欠かせない。でも、たまには強引さがあっていい。わがままな所も見せるべきなのだ。

◆楽◆ 「素のままでいたい…」それならやはり温泉だろうか。あまりガチャガチャしていない、自然に恵まれたところで、美味しいものをつつきながらゆったりと。いくつか候補を挙げては比較してみる。普段なら面倒くさいと感じるこんなプロセスも、何だか楽しくなってきた。

◆歌◆ 「温泉、温泉、るんるんるーん♪」気がつくとそんな鼻歌を歌っている自分がいる。いやぁ、こんなところを誰かに見られたらと思うとヒヤヒヤしてしまう。出張で泊りがけなんて少しも珍しくないのに、こういうのはやっぱりテンションが違ってくるんだなぁ。

◆怖◆ 一日一日。ああその日が待ち遠しい。いい歳をして、まるで遠足前の小学生みたい。まだそんな気持ちになれるとは…そんな自分に驚いている。今や彼女の存在はとてつもなく大きい。これまでの僕は、そんな状態になることを常に避けてきた。怖かったのかもしれない。

◆軽◆ その日。外は朝からしとしと雨。じゃーじゃーと降っていたらちょっとめげそうだけど、このぐらいなら大丈夫。扉を開けて待ち合わせの駅に向かう。一泊だからバッグもそう大きくはない。いつもの出張と違うとしたら、このふわふわした気持ちの軽さかもしれない。

◆走◆ 雨がだんだん強くなってきた。赤い傘を差した彼女がこちらに走り込んでくる。「おはようございます」「おはようございます。そんな、走らなくても間に合うのに」「そうですね、でも雨の中に長くいるのもイヤですし。それに、向こうからあなたがいるのが見えたから…」

◆腹◆ 息を切らしながら彼のもとへ。改札を通りホームへ向かう二人。ラッシュの人波にさからって歩く。悪いことはしていないのに、ちょっぴり罪悪感を感じながら。「コーヒーでも買って入ろうか?」「そうね、ついでにサンドイッチでも…走ったらお腹空いちゃった」

◆食◆ コーヒーを啜る僕のとなりで、パクパク、パクパク。朝からよく食べる人だなぁ…でも、そんな彼女といると、なぜかホッとする。「一緒に食べません?美味しいですよ」「ああ、うん…」普段あまり朝食を摂らないのだけど、せっかくなので一つ…これは美味しい!

◆世◆ 電車は平日にもかかわらずそれなりに人が乗っている。私たちより少し上の世代が中心。もう少し歳をとったらあんな風になるのかな?でも私は一生現役でいたい。仕事のペースは変わるだろうけれど…そんなことを彼と話していたら、あっという間に目的地に到着した。

◆歩◆ 「少し歩きますか?」「ええ」荷物を駅のロッカーにいれて、山と川に囲まれたあたりを二人で歩く。今までどんな風に生きてきたか、これまでどんなことが楽しくて悲しかったか、これからどんな風に生きたいか…互いの心の内が次から次へとあふれ出す。

◆奥◆ ひっそりした佇まいの宿。案内された部屋へ一歩入ると、谷底が見えそうな絶景が広がる。「素敵な眺めですね」「よかった、気に入ってもらえて」「わぁ、露天風呂付きなんですね」「もっと狭いかと思ったけど、まあまあかな」そんな彼の言葉に身体の奥がじわっとくる。

◆残◆ 夕食の時間を言い残して、仲居さんがそっと去る。途端になぜか落ち着かなくなる。彼女はずっと外の景色に目をやっている。「汗でも流そうか?」「そうね」後ろからそっと抱いて、振り返った彼女にキス。「そんな、いきなり火が点いてしまうわ…」「いいじゃないか…」

◆燃◆ 身体の真ん中にあった埋み火がまわりにじわじわと広がっていく。「今日はゆっくりできるから…」「ええ…」そんな言葉とは裏腹に、火は一気に燃え上がる。「ゆっくり、って言ったのに…」「でも、身体が言うことをきかないの…」「お仕置きだなぁ」「そんなぁ…」

◆漏◆ 浴衣のそばにあったタオル。これで彼女の目をふさいだらどうなるだろう?こんな時に躊躇は禁物だ。「な、何を…、怖いわ…」「大丈夫、心配しないで、傷つけたりしないから」「ああ…」タオルで覆われた目の下で半開きになった口元が、言葉にならない声を漏らす。

◆奪◆ 視界を奪われただけなのに、なぜこんなに感じてしまうのだろう。身体の奥からとろっとしたものが流れだす。そんな変化を彼は見逃さない。「こういうこと、好きなんだ…」「好きとかじゃなくって…」「止めてほしい?」「そんなぁ…」「ほうら、やっぱり好きなんだ…」

◆弾◆ 一気に駆け上ったらもう後には戻れない…二人そのまま畳の上に倒れこむ。目隠しをしたまま息づかいを激しくする彼女。そんなつもりはなかった、と言えば嘘になる。でも、こんなに感度がいいのなら、あんなこともこんなことも…頭の中の妄想が現実に弾けて行く。

◆湯◆ 目隠しされていたタオルが外れる。あたりがやけにまぶしい。そうか、まだ夜じゃなかったんだ…。「風呂に入ろうか?」「ええ」備え付けのボディソープとシャワーでざっと洗って湯船へ。「ああ、身体のあちこちがしみるわ…」「少し擦れちゃったかな、ごめんね」

◆丸◆ 彼女の背中が、腕が、臀部が、膝が、ほんのり赤く染まっている。「これじゃ浸かっているとピリピリしちゃうね」「でも、お湯は気持ちいいわ…」ふぅっと息を吐く彼女。髪をアップにしてあらわになったうなじが唇を誘う。腕の中にいる彼女がくるんと丸くなる。

◆鳥◆ 湯にたわむれ彼とたわむれる。こんな時はぬるめのお湯がちょうどいい。ふと外に目をやると、二羽の小鳥が首をかしげながらこちらを見ている。「つがいかしら?」「そうかもしれないね」「しっかり見られてしまったかも」「ん?ああ、あちらは案外見慣れているかもね」

◆覗◆ 「あれが小鳥じゃなくて人だったらどうする?」「まあ、趣味の悪い、こんなところを覗くなんて…」彼女の火照った頬がいっそう赤くなる。「そんな、真面目に怒らなくても…」「だって…」尖った唇をそっとキスで包む。「でも、想像しただけでまた感じただろう?」

◆弱◆ 彼は意地悪な人…今さらながら、そんなことに気付く。そして、そんな人が実は好きだということも。外からも内からも、ウィークポイントを的確に突かれている…そんな状態にもっと酔ってしまいたい。気が遠くなりかけてふと現実に戻る。こんなところで倒れたら大変だ。

◆泡◆ 「お風呂上がりはビールにします?」「そうだね」二つのグラスに注いだビールの泡がきれいに盛り上がる。「美味しいわ…」浴衣姿の彼女が満足そうにグラスを空ける。「絵になるねぇ」「絵?また冗談を」「冗談でこんなこと言わないよ。一枚写真を撮っていいかな?」

◆姿◆ 彼のスマホに収められた一枚の写真。あまりにもやわらかな自分の姿にびっくり。「別人みたい…」「いいえ、これが今のあなたですよ」「写真というと、キリッとしたものしかなくて。こんなの初めてです」「いいでしょう、こういうのも」「ええ、何だか恥ずかしいけど」

◆器◆ 気がつくと、外はとっぷり暮れていた。「夕食のご用意ができております。お持ちしてよろしいですか?」彼女と向かい合わせに座っていると、ステキな器に入ったお料理が対照的に並べられていく。「わぁ、どれも美味しそう。どれからいただこうかしら?迷っちゃうわ…」

◆飯◆ 宿おすすめのスッキリした日本酒をいただく。その冷たさが、ゆるくなった身体の内に直接しみてくる。お料理の方は、見た目もきれいで目移りしながらひとつひとつ。本当に美味しくて、一生懸命平らげていたらもうお腹いっぱいに。〆のご飯はほんのひと口で降参。

◆長◆ 「よろしければ大浴場の方もどうぞ…」器を下げながら、仲居さんが遠慮がちにすすめる。そうだ、部屋食の後、お風呂に行かないと、布団を敷くタイミングがないのだった。「じゃ、そうしようか?」「ええ、でも、あまり長くは入ってられないかも」「うん、少しだけ」

◆待◆ がら~ん。広いお風呂は貸し切り状態。手足を思い切り伸ばしてもバシャバシャしても何の問題もない。贅沢だわ…。外の露天に行こうと外に出れば、夜風が涼しくて気持ちがいい。つい長居してしまい、待合で彼を待たせてしまったようだ。「心配したよ」「ごめんなさい」

◆責◆ 責めるつもりはなかったけれど、もしかして、中で倒れてるんじゃないかと気が気じゃなかったから…「他に誰もいないから、と、つい、長湯してしまって、本当にごめんなさい」「いや、ゆっくりできたなら、それはそれでいいから…さあ、部屋に戻ろう」「はい…」

◆抱◆ 肩を組むのもちょっと照れ臭くて、手をつないで部屋に戻る。整然と敷かれた二組の布団。そう言えば、彼とはいつもベッドだったから、何だか新鮮…。「もうひとときも、あなたを離さない」ぎゅっと抱きしめる彼。その力強さにやや戸惑いながら、私も彼を抱きしめる。

◆帯◆ 彼女の帯を解き浴衣を剥ぐ。火照った肌がなまめかしい。そうだ…彼女の両手をつかみ頭の上へ持っていく。「な、なにをするの?」有無を言わせず手首を帯で縛る。「そ、そんなぁ…」「きれいだよ、とっても」「ほどいて、お願い…」「大丈夫、痛くしないから」

◆恥◆ 無防備な姿で手を縛られている…何という辱めだろう…そう思うだけで、じわっと温かいものが流れだす。「感じるんだね」「いや、もう、恥ずかしくて…」「じゃ、恥ずかしい姿は見えない方がいいね」湿ったタオルが目を覆う。ああ、身体中のセンサーがオンになる…。

◆砲◆ 鋭く反応しながら、とろとろに溶けていく彼女。このまま続けたら、実体をなくしてしまうかもしれない…ふとそんな恐怖を感じて、手を解く。自由になった手がいきり立った僕を包み込む。激しさとやさしさを織り交ぜる彼女の手の中で、大砲を打つようにどーんと果てる。

◆撫◆ 「ああ、気持ちよかった…こんな風にいかされたのは初めてだ」そう言いながら、私の髪を撫でる彼。「一人で、ごめんね」「ううん、私も、もうこちらには戻ってこれないんじゃないかと思うぐらいだったから…手が自由になれて嬉しくて、つい…」「少し眠ろう」「ええ」

◆渇◆ 午前二時。喉が渇いて目が覚める。腕の中にいる彼女を起こさないように、そっと布団から抜け出す。ポットに入った氷水をグラスに注ぎ一気に飲み干す。「私にも一杯下さいな」「あっ、起こしちゃった?」「氷のカラカラとした音が聞こえたから。それに…ズルいわ」

◆口◆ 「とにかく、私にもお水を…」空いたグラスに水を注ぐ彼。「飲ませてあげるから、口を開けて。ほら、こぼさないようにね」彼は水をひと口含んで、私の開いた唇の間に注ぎ込む。ごくん。「そう、上手だ」「もっと…」金魚のように口をパクパクさせながらせがむ私。

◆訴◆ 何度も何度も口移しを繰り返す。ただの水なのに、まるでお酒に酔ったかのようにとろんとした目が何かを訴えている。「どうした?」「何だか気持ち良くなっちゃって…」「どうしたい?」「どうって言われても…」「どうもしたくない?」「そんなのいやぁ…」

◆噴◆ 「それなら、ちゃんと言ってごらん、どうしたいか」「ん…欲しいの…あなたが欲しい」顔から火が噴き出す思いで言葉を絞りだす。とともに、身体全体がじわじわっと熱くなってくる。「わかった、それじゃ、その身体で、欲しいって表現して見せてくれ」「えっ?」

◆開◆ そろそろ本当に拒絶されるかもしれない。でも、そのぎりぎりのところを見てみたい。困惑した表情の中に見え隠れする艶めかしさ。恥じらいながらも、少しずつ花開いていく彼女。もう乙女という歳ではないけれど、その熟した身体は美しく開かれ色香を放ち始める。

◆臨◆ どうすればいいのかよくわからないまま、腰をくねらせたり足を少し開いたり。身体で表現することの難しさを痛感しながらも、まるで受験生のような気分で臨んでいる私。「そんなに肩に力を入れないで。もっと自然に、やわらかくね。そうだ、やればできるじゃないか」

◆涙◆ 踊りを覚えたばかりの娼婦のように身体を震わせている…そんな彼女がいとおしい。たまらず両手で抱きしめる。彼女は胸の中で崩れていく。「お願いです、抱いてください」すすり泣く彼女の涙を指先で拾いながらキスの雨を降らせる。「ごめんね、もう一人にしないから」

◆交◆ あたたかい…何よりもこのぬくもりが欲しかったんだ…。受け止めてもらえたことに安堵して、心がとろとろ溶けて流れだす。「今夜はこのまま抱いていて…」「ああ、そうしよう」身体を静かに重ね合い、肌という肌に触れ合いながら、「好き」という感情を交換する二人。

◆慌◆ ジリジリン、ジリジリン。慌てて受話器をとる。「おはようございます。あと10分ぐらいしましたら、ご朝食をお持ちしようかと…」もうそんな時間になっていたらしい。一緒に飛び起きた彼女と目くばせしながら、「あっ、はい、お願いします」と答えて受話器を置く。

◆衣◆ このままじゃあまりにも…と、シャワーをサッと浴びて新しい浴衣を羽織る。こんなとき浴衣が二枚あるというのは本当に助かる。「ぐっすり眠れました?」「ええ、おかげさまで」でも仲居さんには、二人の夜のことなどすっかり透けて見えているんだろうなぁ。

◆後◆ 朝食後のまったりとしたひととき。チェックアウトまでそれなりの時間がある。もうひと眠りしたいところだが、布団はしっかり片付けられてしまったし…と思いつつ、彼女を背後から抱きしめる。「またぁ?」「いや?」「いやじゃないけど」「素直じゃないなぁ」

◆犬◆ いじられるとすぐに反応する身体。いや、いじられるとわかっただけで反応してしまう…まるでパブロフの犬みたいに。いったいどこまで堕ちてしまうのだろう。これは私が求めていたことなんだろうか。好奇心と不安が交錯するなか、彼はまた私に目隠しを施す。

◆載◆ ひっくり返したテーブルの上に素っ裸の彼女を載せる。「仰向けにごろんとなってくれる?大丈夫、怖くないからね」おそるおそる横になる彼女の右手、左手を、テーブルのそれぞれの足に括りつける。あらがうことなく甘い息を漏らす彼女。「いい子だ、さあ、足も開いて」

◆嵐◆ 言われるがままに足を開き、足首をテーブルの足に括られる。自らの意思では身動きがとれない状態で、すべてを彼の前に晒すことが、こんなに心地良いものだとは…快感の嵐にがぶっと呑み込まれ、翻弄され、やがて風は私を置き去りにしたままあっけなく通り過ぎて行く。

◆接◆ 束縛を解かれた手足が僕の身体に絡みつく。「一つになりたい…」彼女の漏らす吐息が接着剤になり、二人はそれぞれにないものを補い合う。どこまでが自分なのか、どこからが彼女なのか、だんだんわからなくなってくる。ああ、きっとこんな人には二度と会えないだろう。

◆離◆ 長かったのか短かったのか、いずれにせよ二人で居られる時間には限りがある。電車を降り、つないだ手を離す。「次逢えるのはいつ?」何となく言いそびれてしまった。もしかしたら、この出逢いは夢だったのかもしれない。夢なら夢のままで、現実からは遠く離して…。

◆沈◆ 一人の部屋に戻る。ここは彼女を初めて抱いた場所。そして、その後何度も…なぜそんなことを急に思い出すのだろう。ベッドに仰向けになり、この二日間のことを反芻する。彼女の見せてくれた姿や表情が次々と脳裏に浮かぶ。とともに、身体がベッドの底に沈んでゆく。

◆揉◆ 一人、仕事に戻る。二日休んだ分を取り返さなきゃ…肩からうまく力が抜けたのか、思いのほか筆がスムーズだ。ひと息入れようと珈琲をマグカップに注ぐ。ふと手が、ピンと張った乳房に向かう。その手はいつしか彼の手になり、二つの胸を強く揉みほぐしてゆく。

◆整◆ 遠くから彼女の声がする。甘い吐息と切ない呻き。次第に引き寄せられ、ついに彼女は僕の腕の中に。ゆっくりと、そう、ゆっくりと。一緒に昇って行こうね。身体の一部を尖らせながら、二人の隙間を埋めて行く。互いの呼吸を整え、鼓動をも重ね合わせる。さあ、行こう。

◆返◆ ふと我に返る。ああ、夢だったのか…彼は今どうしているだろう。メッセージを送ってみる。5分、10分…いつもなら即座に返信が来るのに、こんなときに限って返信が来ない。取り込み中なのだろうか。仕方なく仕事に戻る。でも、やっぱり気になって、集中できない。 

◆残◆ 連絡の取れないのは彼女だけではなかった。心配した彼の部下が部屋を訪ね、管理人に頼んで鍵を開けてもらった。そこにはベッドに仰向けになり眠っているかのような彼の姿が。検視の結果、外傷も薬物反応もなし、持病もなかったということで、急性心不全ということに。

連載「Small Hours II」 (【今日の一文字】より 2014.05.04~2014.06.24)

「Small Hours II」

◆近◆ギョロッ。メガネを外した途端、奥に潜んでいた瞳がグッと前に出る。これが知らない人のなら、一瞬ひるむところだ。至近距離。そう、二人は同じノートパソコンの中の小さな文字を拾っていた。「ああ、よく見えない」彼はおもむろにメガネを外し、顔を画面に近づけた。

◆触◆思わず私も画面に顔を突っ込んでみる。はずみで唇が触れてもおかしくない状態で、彼は淡々と話し続ける。おかげで彼の息が直接頬に触れる。きっと私の息も直接ふりかかっているはず。でも、そんなことはおかまいなしだ。目の前の仕事がよほど大事なのだろう。

◆戻◆この後の段取りを決め、顔のポジションを戻す二人。ずっと近くで見ていたかった…そんな思いを無視するかのように、彼はさっとメガネをかけ、いつものほわっとした表情に返る。「歳をとるってやだよねぇ。目は見えなくなるし、あちこちガタがくるし」

◆食◆「あぁ腹減った。メシ食いに行こうか」そうそう、まずは食欲…それでええんか?と思いつつも、一緒にいられる時が延長モードに入ることは素直に嬉しい。きっと、仕事仲間として見てるんだろうなぁ。ここで、女の私なんか見せたら困ってしまうんだろうなぁ。

◆拍◆ぱくり、ぱくり。食べ方って結構大事。本性が出る。「これは美味いねぇ」「これはちょっと油っぽ過ぎるかな」「この塩加減はいい」…そう理屈っぽくもなく、美味しそうに次から次へと平らげていくのを見ていると、こちらもテンポ良く、ぱくり、ぱくり。

◆予◆ぬるくなったビールを飲み干して、ふぅっとひと息。「今度ツリー行ってみるか?」「ツリーってあのスカイツリー?わぁ、まだのぼったことないんだ。予約取れるの?」「多分大丈夫」おもむろにスマホを取り出し、メガネを外してゴソゴソ。「ほら、こんな感じ」

◆塔◆東京タワーに比べれば、スカイツリーなんて…心の奥ではずっとそう思っていた。そう、彼に誘われるまでは。すでに昼間はのぼったことがあるという彼は、今度は夜景を見たいと言う。でも、夜はかなり混み合っているようだ。「じゃ、オフィス早めに出ようか?」

◆微◆平日の夕方なら予約しなくても大丈夫そうだ。「でも、二人一緒に早引けして大丈夫かな?」「ん?何が?」すぐにはピンと来なかったようだ。周りの目ってのがあるでしょうに…とうるさいことを言って、話がおじゃんになるのも困る。「まあ、その時はその時さ」

◆気◆気にしているのか、気にしていないのか、気にするほどのことでもないのか…。互いのスケジュールを見ながら候補日を絞っていく。今はそんなプロセスさえいとおしい。天候次第でもあるので、とりあえず候補は二つ。後は、急な仕事が入らないことを望むのみだ。

◆淡◆その日の朝。頭の上がすっぽり抜けたような青空。申し分ない。このまま午後まで行ってくれますように…。席を立ち、オフィスを出ると決めたその時まで、打ち合わせや事務的な仕事を淡々とこなす。「出るの、少しずらしましょうか?」「必要ない」「はい」

◆席◆その時間。二人さっと席を立つ。まわりは結構出払っていて、出かけても目立たない感じだ。最寄駅まではシャトルバスに乗車。さすがに並んで座るのは気が引けて、少し離れた席を確保。あっ、よりにもよってボスが乗り込んでくる。「どこへ行くんだ?」

◆笑◆「ちょっとお出かけ」にやっと笑いながら答える彼。「いいなぁ、俺はまだこれから打ち合わせ二件だぜ」不安な気持ちを抱きつつ、彼の後についてバスを降りる。「気にしないの!」念を押すように言う彼。そこにはいたずらっぽい少年のような表情があった。

◆昇◆団体客が次々と降りてくる。そんな時間なのだろう。そう並ぶこともなく他のお客様とともにエレベーターに乗り込む。途中二回ほど耳がぴーん。そのたび私は唾を飲み込んでしのぐ。彼は目を閉じたまま、この不快な状況が過ぎ去るのを待っているようだった。

◆絡◆到着。視界が一気に開ける。「わぁっ」思わず声が出てしまった。「おおげさ〜」からかうように彼が言う。だって…ついその腕に手を絡めてしまう。そのまま歩きだす彼。問題ない?ないんだ、ホッ。東京の街は、光と影に包まれながら、徐々にその姿を隠していく。

◆写◆暮れゆく街を二人眺める。「富士山はあっちの方角かな?」「そうだね、今日はちょっとガスが多くて見えないけど」「でも、穏やかな日で良かった」そういえば、写真撮るのをすっかり忘れていた。「撮ってあげるよ」「ううん、私はいいから」「まあそう言わずに」

◆撮◆結局は、為されるままに…撮るのは好きだけど撮られるのはちょっと…どうせなら彼と一緒の写真を…そんな思いが顔に出ていたのか、カメラおじさんが近づいてきた。「ご一緒にお撮りしましょうか?」「あっ、お願いしていいですか?」即座に私のスマホを渡す。

◆内◆見知らぬおじさんに撮っていただいたツーショット。嫌そうな困った表情が映っているかなと思ったけど、そこには拍子抜けするほど自然な二人がいた。写真はすぐに彼と共有。「ナイショだよ」「えっ?当然でしょ?」そんなことわざわざ言わなくてもいいのに。

◆添◆雑然とした街の風景が消え、次々と灯りがともり出す。「きれい…」「いい眺めだ」「一緒に来れて良かった」「うん」あんまりベタベタするのは好きじゃないかもと思いつつ、ぴったり寄り添いながら歩く。彼の手がすうっと腰に回る。大きくて温かい手だ。

◆詰◆身体を伝うぬくもり。そう、私がほしかったのはこのぬくもりだった。言葉では何とでもなるけれど、ぬくもりは嘘をつかない。「ずっとこうしていたいなぁ」「このままでいいの?」その答えは予想していなかった。言葉に詰まった私の唇に軽く触れる彼。

◆尖◆「このままじゃないとしたら?」「オウム返し禁止」「ずるい」尖らせた唇にもう一度キス。「降りようか?」下りのエレベーターに向かいながら、似たようなカップルを何組も見かける。みんな考えることは同じかもしれない。腰に回した彼の右手にぐっと力が入る。

◆紫◆下から見上げるスカイツリー。今日はうっすら紫色を纏っている。二人でタクシーに乗り込んでも、目はツリーを追いかけていた。「そんなにツリーが気に入ったの?」「う、うん」本当は違うんだけど…そう伝えたくて、彼にそっと身体を預けてみる。

◆滑◆ネオン街の入り口で車を降り、そのうちの一軒に滑り込む。躊躇とか迷いとは無縁の自然な行動に少し驚きながらも、二人だけの空間に足を踏み入れる。「いつからこうしたいと思ってたの?」「いつからだと思う?」「オウム返し禁止」そう言い返す私の唇を塞ぐ彼。

◆脱◆着やせするタイプなのだろう。シャツを脱いだその背中は思いの外がっしり。しかも、あんなにがっつり食べる人なのに、お腹は出ていないのがうらやましかったり。「これ外すとよく見えないんだけどね」そう言いながら、彼はメガネをベッドサイドに置く。

◆触◆ぎょろっとした目をやや細めながら、彼は私に触れてくる。ここからは盲目でいよう…目を閉じて感覚に身を委ねる。唇、耳、首筋から肩、脇、腰へ…唇を這わせながら、大きな両手が身体を撫で回す。時に強く、時にソフトに。足を絡めながら、私も彼に触れてみる。

◆胸◆筋肉の硬さとしなやかさ。ずっと触れていたくなるけれど、そうはさせてくれないらしい。彼はくるりと背後に回り、両方の胸を鷲掴みにする。「いいおっぱいだ」大きな手に包まれ揺さぶられ弄られ…それだけで逝ってしまいそうになる。「もうだめ…」「もう?」

◆落◆快感の箇所が一つ、また一つ、増えていく。点と点がつながり合い、やがて大きな面になり、ついに全身が一つの快感に包まれる。アップダウンを小刻みに繰り返した波は頂点に達し、最後はフリーフォールような落下。ブレーキのないままどこまでも落ちてゆく…。

◆浮◆どれぐらい時間が経ったのだろう。私の首は彼の腕に乗っていた。「やっと気が付いたね」「眠っていなかったの?」「いや、少しは」「私、すっかり沈没…」「そうだね、やっと浮上した」「腕、痺れたでしょう?」「大丈夫」そう言いながら私を胸に抱き込む彼。

◆匂◆いい匂いに包まれて…このままもう少し眠っていたい…そんな私にやさしくキスをして彼は言う。「そろそろ行かなきゃね」「離れたくないなぁ」「また明日会えるじゃない?」「でも、明日もこうしていられるとは限らないし…」じわじわと涙が込み上げてくる。

◆撫◆「泣かないで」「勝手に涙がこぼれるんだもん」「そんなに悪いことしたかなぁ」「ううん、そんなことないよぉ」「仕方ないなぁ」そう言いながら頭を撫でてくれる彼。その手の大きさを改めて感じながら、いつまでもぐずぐずしていちゃいけないと気を取り直す。

◆穴◆一人のベッド。ぽっかり空いた心の穴がスースーする。ついさっきまでの彼との時間が遠い。泣くべきか、笑うべきか、明日はどんな顔をして会えばいいのか、彼は今頃何を考えているのか…あれこれ思いを巡らせていたら、メッセージ着信の知らせが。「もう寝た?」

◆気◆「いえ、まだ」「遅くにごめんね。迷惑だったかな?」「いえいえ、大丈夫です」「ならいいんだけど。何かとっても気になってね」「私のこと?」「もちろん。どうしてるかなぁと思うと寝付けなくなってしまって…こんなこと初めてかもしれない」

◆空◆「実は私も」「やっぱり悪いことしちゃったかなぁ」「ううん、そんなことないです。一緒にいられて嬉しかった。ただ、一人になってぽっかり穴が空いちゃったみたいで」「そうそう、あるべきものがない、という感じ。正直に言うと、そんな自分に戸惑ってるんだ」

◆夢◆戸惑ってる…その言葉にやや違和感を感じながらも、何度かのキャッチボール。「そろそろ寝ないとまずいね」「うん」「じゃ、おやすみ」「おやすみなさい」別れ際の言葉をもう一度。明日はどんな風に目覚めるのだろう…これが夢でないことを祈りつつ。

◆変◆普段と変わらない朝。あえて変わったといえば、彼と私の空気感かもしれない。お互いを見る時間が少しばかり長くなったり、言葉を発するのに間があったり。意識すると余計に変になるから、できるだけ気にしないように…仕事は仕事、ミスは許されないのだから。

◆膨◆「うずうずする」お昼を一緒に食べながらぽつり。「うずうず?」「そう」一瞬、視線を遠くにそらしてから私を見る。「そういうこと」「そういうことって…」「まずいよね、絶対」「何がまずいの?」「一緒にいたい、もっと…困るよね、そんなこと言われても」

◆期◆私は困らない…けれど、それが彼の望む答えだろうか。「なぜ私が困ると?」「だってこんなおじさんだし」「だから?」「それに、いずれは向こうに戻ることになるし」そんなことは言われなくてもわかってる。彼は単身赴任中の身。おそらくあと一年か二年だ。

◆続◆確かに、今はお互いなくてはならない存在なのかもしれない。でも、それが未来永劫続くとは限らない。むしろ、そうならない可能性が高いだろう。刹那的とまでは言わないけれど、その時々の自分の気持ちに正直でいたい。状況が変わったら変わったときのことだ。

◆残◆午後は仕事が立て込んでいて、ふと気が付くと、オフィスに二人だけ。「何か食べて帰ります?」「そうだね、お腹空いたし」「今日が無事終わって良かった」「まだ終わってないと思うけど?」「え?ああ、まだ日付が変わるまで少し時間がありますが…」

◆巡◆馬車がカボチャに変わる前に、何が…?いい方にも悪い方にも思いを巡らせつつ、遅くまでやっている定食屋に足を運ぶ。まわりは疲れたサラリーマンが数人いるだけ。とりあえず、二人で瓶ビール。「昨日はありがとう」「こちらこそ、ありがとうございました」

◆辛◆「何かいいね、こういうの」「こういうの?」「うん、ずっと一緒に居たくなる」「私も」「でも、そうもいかなくなるだろうし」「どうして?」「どうしてって…辛くなるじゃない、その時がきたら」「だからって、ずっと不正直に生きるのはもっと辛いと思うなぁ」

◆帰◆駅に向かう道。歩いている人はほとんどいない。言葉少なく並んで歩く彼。ひょっとして困らせているのは私?「今日はまっすぐ帰ろう」首を縦に振りながら、ぽろっと涙をこぼしてしまった私。いけない、と思ったけど、もう手遅れ。彼の右手が私を引き寄せる。

◆数◆「また眠れなくなってしまうじゃないか」「ごめんなさい」「また一緒にどっか行こうね」「うん」彼の胸の中でひとときのぬくもりに浸りながら、夢見心地で声を聴く。こんなこと、あと何回あるだろう…数えたくないのに、始まってしまうカウントダウン。

◆挙◆翌日も、その翌日も、彼の姿を視界にとどめながら、慌ただしい時間が過ぎていく。熱すぎる想いを徐々に冷ましつつ、次の機会が巡ってくるのを待つ。そんな折、地方での大きなプロジェクト話が舞い込む。誰がそのチームを引っ張るか…一番に彼の名前が挙がった。

◆共◆新しいプロジェクトのリーダー候補は他にも何人かの名前が挙がった。けれど、広範で複雑な要件に対応するには、彼以外には難しいだろうということで、彼を核にして具体的な準備が始まった。そんな慌ただしい中、何とか時間を見つけて短い夜を共にする二人。

◆深◆負担になってはいけない。けれど、可能な限り一緒に過ごしたい。プロジェクトは忙しくなるばかりだけど、私の中の彼は、どんどんステキになっていく。肌もなじんでいくのみならず、いつも新たな発見があり、飽きないどころかどんどん深く入っていく感じだ。

◆連◆プロジェクトの準備フェーズもそろそろ終盤。彼が地方に行く日も近い。どこかで区切りをつけなきゃ…そんな理屈とは裏腹に、心と身体が反応してしまう。「私も連れてって…」そう言ってしまえば私はきっと楽になれる。けれど、それは彼を困らせるだけだから…。

◆激◆仕事上どうしても必要な人材ならともかく、現地調達できる程度なら、その方がリスクは低い。こと仕事に関しては極めてクールに判断する人ゆえ、そんなところに私なんかが紛れ込んではいけない…。その日が近づくにつれ、互いの身体をより激しく求め合う二人。

◆謝◆「連れて行けなくてゴメンね」その言葉を聞いたのは、引っ越しの前夜、もうその身体を離さなきゃ、という時だった。「ううん、謝ることじゃないと思う」「だけど…個人的にはもちろん連れて行きたかった。でもそれは、君のキャリアにプラスにはならないから。」

◆潤◆「会いたくなったら会いに行けばいいんだし」「そうだね」そんな言葉とは裏腹に、この先はもう、こんな風に会うことはないという悲しい予感がする。最後までつないでいた手を離す。彼のギョロッとした目がみるみるうちに潤んでいく。ずるいよ…今頃…。

連載「Small Hours」 (【今日の一文字】より 2014.04.06~2014.04.20)

「Small Hours」

◆始◆ 「あなたの部屋に行きたいなぁ…」それは突然の始まりだった。「ちょっと待っててくれる?」慌てて隠した部屋干しの下着。こたつの上のホコリを払う大きなてのひら。共通の話題を探りつつ、テレビのリモコンをいじる指。私は彼とこたつの角を挟むように足を入れた。

◆承◆ ドーナツ屋さんでもらったマグカップに入った珈琲。「いやぁ、こんなカップしかなくて…」お揃いのカップでないことに、少しホッとする。どう見ても他の女性がここに足を運んでいる気配はない。モテそうだけど自分から積極的に行く人ではないのかもしれない。

◆甘◆ 「こんなのしかないけど、良かったら一緒に食べましょう」どこかのスーパーかコンビニで買ったと思われるベビーシューのパック。本当は一人で食べるつもりだっただろう。指でつまんでパクッ、パクッ。そのしぐさが何とも微笑ましくて、つい見とれてしまう。

◆暖◆ 彼の部屋は広めのワンルーム。その半分近くを大きなベッドが占めている。背が高くて手足の長い人だから、これぐらい必要なんだろうなぁ。あそこにダイブしたら、彼はどんな顔するだろう。そんなことを考えながら、暖まった部屋で上着を脱ぐ。

◆寄◆ 一つ口を開けば二三言。ぎこちないながらも、かろうじてキャッチボールを続けている。おかげで、お互いの好きなもの、嫌いなものぐらいはつかめた。でも、お見合いじゃあるまいし…コタツの中の足をすっと彼の方に寄せてみる。とっさに身を退く彼。それは…。

◆苦◆ 一瞬のこわばり。違う?俯いたまま目を合わせようとしない彼。困惑から得体の知れない怒りへ。振り上げた拳の下ろし場所に困って、思わず立ち上がる。「お手洗いは?」「掃除できてないけど」「大丈夫」何が大丈夫なんだか…一人苦笑しながら個室に駆け込む。

◆律◆ 余分なものは何もない。ただ、真っ白なトイレットペーパーがずらりと行儀よく並んでいるのみ。律儀な人なのかもしれない。気を取り直し個室を出る。彼はベッドを背にこたつに入ったままだ。次の一言が切り出せないまま、私も元のポジションに戻る。

◆預◆ 時計の針は夜中の12時を回り、このまま彼のそばで眠りたい願望が強くなる。こたつの角を挟みながら、少し彼に身体を預けてみる。ここでまた避けられたなら、もう取り返しがつかない…そんな恐怖におびえながらも、目を瞑り、ゆっくりと。

◆消◆ 何も。そう、何も。まるで固まってしまった蝋人形のように。せめて鼓動ぐらい聴かせてくれたらと思うのだけど、それすら私の耳に届かない。なぜ?あなたは確かにここにいる。なのになぜ、そんなに存在を消してしまうの?あふれる涙が目尻からあなたのもとへ。

◆叩◆ バン。背中に大きな衝撃が走る。何だろう。バン。ゆるゆると顔を上げる。そこには彼の困った顔があった。「そろそろ帰れ」「えっ?」「送るから」「帰らなきゃだめ?」「さあ、立って」有無を言わせない命令口調。そして、背中を押す大きな右手。

◆力◆ 彼はさっとジャンパーを羽織り、財布をポケットに突っ込んでドアに向かう。私は、仕方なく上着を羽織る。ぐずぐずしていたら怒鳴られそうだ。慌てて駆け出そうとしてつまづく。ふと伸びた右手が私の腕をぐいと引き上げる。彼の香りがさっと流れる。

◆開◆ ゆがんだ唇。吸い込まれるように触れる唇。その身体にも触れたい、抱きしめたい…そんな思いからすり抜けるようにドアを開ける彼。「さあ、行くよ」「そんなに追い出したいの?」「いいから早く」いいから、って、私にはちっとも良くないのに。

◆破◆ ぶつけようのない悔し涙が溢れても、まったく気に留めない彼。無言の圧力に押され、一歩一歩アパートの階段を降りる。ここで踏み外したら…いけない妄想が頭をかすめる。街灯の少ない道から明るい通りへトボトボと。もう一度ここに来ることはあるのだろうか。

◆握◆ 空車のタクシーに手をあげる。「家まで送るから」「一人で帰れますから」「そうはいかない」…なんでこういうところだけ押しが強いんだろう。隣に座った彼の右手をそっと握る。ヒヤリ。この手を少しでも温めることができたら何かが変わるのだろうか。

◆離◆ タクシーはあっという間に自宅近くに到着。何とか歩ける距離に住んでいることは知っていたけれど、何も話せないまま手を離し一人降りることが口惜しい。「おやすみなさい」「おやすみ」彼は、運転手に今来た道を折り返すよう指示し、深々と頭を下げる。

トントンコロコロ (2004.06.03)

トントンコロコロ

私に触れた人はみな
トントン階段を上って行きます
そしていつしか私の手の届かない人になるのです

私を捨てた人はみな
コロコロ転がり落ちて行きます
そしていつしか私の目の届かないところに消えて行きます

人は私をよく「あげまん」と言います
だからといって
私を利用しようなどと安易に考える人は
やはり落ちて行く運命にあるようです

私を本気で愛し、私を本気にさせた人
その後たとえ離れることになったとしても
遠くから視線を送ってくれる人
そんな人には
きっと私と出会わなくとも
上昇していける素質があるようです
私はきっと、そんな人の活性剤として
一役買っているに過ぎないのでしょう
だからこそそんな人は
私の元にとどまったりはしません
もっともっと上に行けるのに
そこで引き止めてしまったら
きっとお互い不幸でしょうから

私の愛した人には幸せになってほしい
私の愛した人には幸せでいてほしい
だから
見えない気持ちを心の波動にして
今日もあなたに送り続けています

捨てる人 (2003.06.13)

捨てる人

「そうやってボクを捨てて行くんだね。」

あなたが目の前にふと現れる。口元がゆがんでいる。
何度読み返しても、

「そうやってボクを捨てて行くんだね。」

メールの最後の一行には確かにそう書いてある。


違う、違うよ、そんなわけない、誤解だよ。
私があなたを捨てたりしない、絶対に、私からは。

いくら叫んでもあなたはここにいない。
胸の中からあたたかいものが溶けて涙に変わってゆく。


違う、違うということをどうやって伝えればいいのだろう。

「違う、それは違う。」

と返信してみるか。ううん、そういうことじゃない。
そんなことしても多分伝わらない。
じゃ、電話してみるか。
でも、一体こんな状態で満足に話なんかできるのか。


予感は確かにあった。
私がそばにいるのにときどきとても遠い目で私を見る。

「どうせボクは何のとりえもないつまらない男なんだ。」

突然そんなことを言う。
なぜそんな目で私を見るのか。なぜそんなことを言うのか。
気になって何度か訊いたけど、まともな答えは返ってこなかった。
私はあなたをまっすぐ見つめているのに。
私はあなたを誰とも比較していないのに。


ひとしきり泣いたら無性に腹が立ってきた。

「そうやって私を捨てて行くのはあなたの方じゃないの。」

返信を書きはじめてハッと気づく。そういうことだったのか、と。

死の呪縛 (2002.12.12)

死の呪縛

昔親しかった人が夢の中で日替わりフラッシュバック。
みんな一言ずつ重たい言葉を残していってくれる。いや、
厳密には、夢の中で「重たい」と感じただけで、その
一つ一つが思い出せるわけではない。最初の2、3日は
気味が悪かったけれど、その後はさすがにこちらもなれたもの、
次は誰?何を言ってくれるの?と思うようになった。
それにしても完璧な寝不足だ。

昔の記憶がフラッシュバックするときは、死の影が後ろに居るからだ、
と、どこかで刷り込まれていた。そういえば、腕や手首に覚えのない
内出血の後があったり、体調が理由もなくおかしかったりと、
思い当たるフシがいくつかある。人生まだ半ばだと思っているのに
これは本当にまずいかもしれない。
今できることは何だ?今何をしておかなければならない?
妙に冷めた頭で覚悟をかためている自分がいた。

8日目。ここでピタッと切れてしまった。
ネタがつきてしまったのだろうか。
親しかった人ってこれで終わりなんだろうか。
ひょっとして私はこれで終わりなんだろうか・・・。

9日目、何も変化なし。10日目、何もなし。
天災は忘れた頃に?いや違うようだ。
体調?特に異常なし。内出血?だいぶ薄くなった。

終わったのは、夢にとらわれた一週間の呪縛だったのだろうか。

不感症 (2002.12.05)

不感症

あの人の指がそっと触れる
あの人の指がぐいと押す
強いタッチ やさしいタッチ
ひっぱたくように なでるように

わたしはふうっと息を漏らす
時に強く 時に弱く
スポットごとにお決まりの
音色でにゃ~と鳴きながら

けれどどうしてなんだろう
わたしに触れないあの人の指
今日か明日かと待ちながら
そんな時間が延々続く

せつない記憶が薄れていくよ
感じることを忘れてしまうよ
5年も経ってしまったら
仕方がないの ごめんなさい

いくら押しても鳴らないキー
やさしくしても たたきつけても
88鍵の中の1音は
慢性の不感症らしい

元気になれる食べもの (2002.11.16)

元気になれる食べもの

  「ねえねえ、なに食べると元気になれる?」
「私はなんといってもタイフード。
辛さで体がぴりっと引き締まる感じ。」
「タイ料理いいねぇ、あとはメキシカンとかインドとか…」
「私はねぇ、チョコ。いつも机にしのばせてるの。
太るしさぁ、お肌にも悪いんだけどさぁ。
だれか健康にいいチョコ作ってくれないかな?
絶対売れると思うんだけど。」
「なんかあるけどさ、そういうのって美味しくないんだよね。」
「そうそう」
・・・・・
いつも元気なユキがひとり黙りこくっている。
「あれぇ、ユキ、どうしたの?ちょっと元気ないじゃん?」
「ああ、うん、別に…」
「私のチョコ分けてあげようか?元気でるよ。」
「ううん、私、チョコじゃ元気になれない。」
「じゃ、ユキを元気にする食べものってなに?」
みんなに見つめられて困ってしまったユキがポツリ答える。
「オトコ」(し、しまった!)
「え?何て言った?おとこ、って、あんた、また彼にフラれた?」
(あちゃー!どうしよう?とりあえず)
「また、ってのはないんじゃないの?」
「ほうら、やっぱり。」
「そうじゃないってば。」
「じゃ、なんなのよ?」
「お願い、ちょっと待って。」
「だって、気になること言ったのはユキだよ。」
「うん、わかってる。ごめん。」
「ごめん、じゃなくってさ、友達なんだし、
少しぐらい教えてくれてもいいんじゃない?」
「まあまあ、しばらくそっとしておいてあげようよ。
きっと言いたくなったら言うよ、ね、ユキ?」
「う、うん。」
・・・・・

  助け舟出してもらえなかったら
大変な目に遭うところだった。
さとみ、ありがとう、ほんとやさしいよね。

彼氏イナイ歴、そろそろ1年だなぁ。
友達と美味しいもの食べたり飲んだり、
おしゃべりしたり買物に行くのはもちろん楽しいよ。
それでさ、彼氏いない、っていうのも、
はずかしいっていうか、しゃくにさわるし、
遠距離してる、ってごまかしてきたんだけど、
なんだか妙なことになっちゃったかなぁ。

  なんかねぇ、男の人に触れてないと、
心も肌もカサカサしてくるみたい。
特に秋から冬なんて最悪。
かといってだれでもいいってわけじゃないし。
その場だけでもいいや、っていう経験?
そりゃないわけじゃないよ、正直に言えば。
でも、サヨナラしたあとのポッカリ感、
たまらないんだよね、もう、大きくマイナス、
そんなんだったら最初からなんにもないほうがいい、
ゼロがいい、と思ってやめちゃった。
やっぱり、当たり前だけど、
お互いに心からいいなぁって思って、触れ合って、
  また次があって、というのがいいよ。

  ・・・やっぱりオトコかなぁ、
元気になれる食べものって。
私、ヘン?みんなはほんとにちがうのかなぁ。

湯けむりを震わせて (2002.08.07)

湯けむりを震わせて

 ため息は落ちて行くものだとばかり思っていた。けれどこの町は、それを空へぐぐっと押し上げてはそっと消していってくれる。
 いつか一緒に行こうねと言った、湯けむりの町。
 橋から眺める川面のけむり。けむりの行方を一人見ている。もう十分ぐらい経っただろうか。
 やっぱりあなたと来たかった。
 目を細める丸い猫。山から転げ落ちる風。透き通る青に浮かぶ雲。ひたすら流れ続ける水の音。角の取れた石ころ。温泉まんじゅうの甘いにおい。どんなものが目に映っても、どんなものが耳に入っても、どんなものが鼻をくすぐっても、そのことを口にしたところでうなずいてくれる人がいない。たわいのないことにクスッと笑い合いたいのに。照れ屋で目は正面を向いたまま、でも湯気があがるほど熱っぽく語るあなた。振り向けばそこに立っているような気がする。遅くなってごめん、待たせたね、今着いたばかりなんだ、って。
 今度来るときは、一緒に、ね、ね、絶対。あなたの太い腕にしっかりつかまって歩きたい。そんな風に思うのは、きっと、もうあなたと旅をしているから、心の中で、ずっと昔から。
 ううん、大丈夫、私は元気。でもやっぱりあなたの声が聞きたい。けどきっと泣いてしまうだろうな。メールにしておこう。
 「奥様の風邪はいかがですか?」

 しかしさ、結婚してまる五年、これまで一度だってまともに熱出したことなかったお前がさ、よりにもよって今日にってのは、やっぱり女の勘なのかい。 千秋、怒ってるだろうな。
 「39度?もう子供じゃないんだから、おとなしく寝てなさい、ってわけにもいかないよね、そんな熱じゃ。まあこればっかりは仕方ないね、あたし一人で行くことにする。たまにはいいダンナさんしてなさいよ。」まああっさり言われちゃって少しほっとしたのも事実だけどさ、今回のこと、言い出したのは俺のほうなんだし、本当に悪いことしちゃったな。
 ブルブル。あれ、なんだろう、まさか。ああこりゃまいった、かみさんの風邪治ったら遅れてでもいいから来いってさ。そんな半日やそこらで治るわけないだろうに。全くどこまで人使いが荒いんだ、この会社は。どうせ会議だ合宿だっていってもさ、温泉つかってゆったりのんびり飲めや騒げの宴会がお目当てってのにさ。そうだ、なあ、何か食べたいものあるか。プリンとかゼリーとか買ってきてやろうか。じゃちょっとコンビニ行ってくるよ。
 乾いた空気。冴えない空。灰色のアスファルト。コンビニの看板がやけに明るい。本当なら今ごろ、二人でのんびり湯けむりの町を歩いているはずだったんだけど。ちぇっ、ケータイつながらないじゃないか。仕方ない、メール入れるとするか。
 「千秋、ごめん。まだ熱下がらないんだ。次は必ず、ね。」
 「行きたかった、行きたかったよぉ~。」

 金曜日の午後まだ早いとあって、泊まり客は年配の女性グループ4人だけ。今なら大浴場は貸し切りだろうか。まっさらの浴場へ足を踏み入れるのもなかなかいい。立ち込める湯気が全身を包み込む。心の中までぐっしょりしみ込んでくる。何者にも邪魔されない一人きりの空間。このままこの中に溶けてしまえたら。
 脱衣カゴの中でケータイが震えだす。ねえ、気づいてよ。さんざん震えてもう尽きたかと思うとまた震えだす。湯けむりの向こうとこちら側、せつない恋のむせび泣き。波動があたりにこだましながら、天井にぐんぐん押し上げられて行く。