OfficeKOBA連載小説
京の花びら
  written by 小林 千早都

1.川べり

 航空写真を撮って定規を当てたら、寸分狂わずピッタリ等間隔なのではないか。
流れの絶えぬ鴨川の橋と橋の間に、均等な間隔で腰を下ろす二人連れ。土砂降りに
でもならない限り、暑かろうが寒かろうが何組かは必ずそこに居る。三人連れでは
間が抜けるし一人じゃ悲しすぎる。最近では男同士、女同士というのも珍しくなく
なってきたが、やはり基本は男と女のカップルだ。

 かつて私もその中に居た。実際腰を落ち着けてみるとわかるのだが、すぐ隣に
カップルが居ても後ろを通る人が居ても、その気配すら川の流れが消してくれる。
対岸にも当然人の目はあるはずなのだが、広い川幅が見られているという不安を
十分に薄めてくれる。だから、昼間であろうが夜であろうが、唯一気になるのは
隣に居る人、ということになる。その人の一挙一動にホッとしたり緊張したり。
 
 新京極で一緒に映画を見た後、ぶらぶらっと川べりに下りて行く二人。三月に
なったとはいえ、風はまだ冷たく手はポケットに突っ込んだままだ。
「ちょっと寒いけど座らへんか?」
 特に拒否する理由もなく、川べりに並んで腰掛ける。
「俺、ずっと思ってたんやけど・・・。」
「ん?」
「聞いてくれるかな?」
「うん、聞いてるよ。」
「俺と付きおうてくれへん?」
「もうこうやって付きおうてるやないの?」
「そういう意味やなくて・・・。」
「ほなどういう意味やねんな?」
 挑戦的な目が私を覗きこむ。
「あんたのこと好きや、って言うたらあかんやろか?」
「ええもあかんもあらへんやろうに。」
「ほならええねんな?」
「えらい強引やなぁ。」
「でもええんやろ?」
 彼の腕が私の背中を包み込む。
「いややないんやろ?」
「まだようわからへんけど。」
 彼のゆくもりが徐々に伝わってくる。気が付くと彼の唇が私の唇を塞いでいた。

 木屋町のうっそうとした柳が私の心をますます憂鬱にする。彼の心はいったい
どこに置いてきてしまったのだろうか。何を話しかけてもちっともまともな答えが
返ってこない。何となく橋を下りてはみたものの、そこはすでにカップルだらけで
入り込む余地がない。桜が終わり青い芽吹きの季節になるといつもこれだ。しかた
なく、上流へ上流へと足を引きずるように歩く。
「この辺でええかな?」
 三条の橋をくぐると、だいぶカップルがまばらになった。
「うん、ええよ。」
「俺な、悪いとは思うんやけど・・・。」
「何がや?」
「こないに振り回してしもた俺が悪いんやけど・・・。」
「そんな振り回されたとは思てへんよ。」
「ならええんやけど。」
「ほんで、話て何や?」
「ほんま言いづらいんやけどな・・・。」
 ふと近くにあった小石を拾ってサイドスローで川に投げる。チョポッ、チョポッと
二回川面をかすって石は沈んだ。
「俺、好きな人できてしもたんや。」
「そう。まあそんなことやろうと思てたわ。」
 水はなにごともなかったように淡々と流れている。一瞬の震えは瞬く間に淘汰され、
なにごともなかったように流れていく。
「すまんなぁ。」
「謝ってもろたかてしかたあらへん。元に戻るわけやあるまいし。もうええよ。」
 怒りとも落胆とも違う。ただ心の欠片がはがれ落ち、水にさらさらと流れだし、
さらわれていく。
(2005.05.12)
Copyright(C) 2005 小林 千早都 

▲次へ 

▲OfficeKOBAのtopに戻る