OfficeKOBA連載小説
痛み(1)
 by 小林 千早都

 痛みには、横に走る痛みと縦に突き抜ける痛みがある。
じわじわときてなかなかひかない痛み。がつんときて
スッと消える痛み。痛いことをいくつも経験してきた
はずなのに、いつまでたっても痛みに慣れることができない。
さすがに三十代も後半になると、痛みを感じないフリだけは
一人前にできるようになったが、痛いという事実には変わりが
ない。それどころか、年経るごとに心にも身体にも弾力性が
なくなってきているせいか、痛みを跳ね返すことができずに
いることのほうが多くなってきた。

 人を簡単に傷つけるヤツは人の痛みを知らないヤツだ、と
巷の評論家は決めつける。けれど、逆の場合もあるんじゃないか。
人一倍痛みを知っているからこそ痛めつけてしまう。
自分と同じ痛みを相手にも感じてほしいから傷つける。
痛みの共感。こっちのほうが素直だし、私にはすんなり呑み込める。
(2004.01.31)
Copyright(C) 2004 小林 千早都 

▲次号(2)へ  

▲OfficeKOBAのtopに戻る