OfficeKOBA連載小説
形状記憶(1)
 by 小林 千早都

 地下の店から上がると、突然カズが建物の影に私を引き込み唇を重ねてきた。
(それどういうこと?)
 呆然とする間もなくカズの舌が突き刺さる。後頭部をつかまれているだけに、
唇を開けなければ突き破られてしまいそうだ。あぁ、と力を抜いたその瞬間、
突入してきた舌が、今までずっと動くことを禁止されていた別の生き物のように
口の中を暴れ回る。錆びついて止まっていた歯車をぐりぐりと動かすように、
私の舌を攻めたてる。
(どうすればいいの?)
 呼応せざるを得ない舌が、カズの舌と追いかけっこをはじめる。口の中という
狭いスペースをかけめぐる二匹の子ねずみたちは、ときどき逃げ場を失いながらも、
なかなか動くことをやめない。体を支えていたカズの右手がそっと耳たぶをはさみ
頬を撫であげる。
(ダメ!リョウが上がってくる。見つかっちゃうよ。)
 巻きついた腕を振り払い、ありったけの力でカズを突き放す。それでもカズには
柔道の心得があるだけに、体勢をさっと持ち直し、彼が出てきたときには平然と
タバコを咥えていた。
(2004.09.06)
Copyright(C) 2004 小林 千早都 

▲次へ

▲OfficeKOBAのtopに戻る