Tamatebako of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > Tamatebako

Copyright(C) 小林 千早都

・・・冬の恋・・・ (2008.01.25)

・・・冬の恋・・・

・手をつなぎ歩きたいなと言えもせず
・湯を浴びる二人の心冷めぬように
・一人では不完全ゆえ求む君
・目を細めのぼりつめてく夢のごと
・行き着けばすとんと落ちる冬の恋

・・・うつむく猫・・・ (2008.01.15)

・・・うつむく猫・・・

・耳にする二人の行く手にとおりゃんせ
・ふりだしでもいいさ命があるのなら
・生きながら極楽浄土へ行き帰り
・手を離せばうつむく猫に帰るのみ

・・・敗北・・・ (2007.09.07)

・・・敗北・・・

・埋火を掘り起こしてる君の箸
・それは多分探し求めていたカタチ
・逃げ場のないノックを受けて一人負け
・喪失感と戦いながらじゃあまたね

・・・九月の空・・・ (2007.09.03)

・・・九月の空・・・

・逢ふたびに悩み重ねし秋の恋
・君に向ける言葉選びの長夜かな
・渡れない川などないさ九月来ぬ
・人に告ぐことはなくとも恋は恋

・・・正体・・・ (2006.05.05)

・・・正体・・・

・野良犬となりて見つけし君の匂い
・愛に限りプライド捨てる女あり
・その手が好きその声が好き全部好き

・・・たぐり寄せて・・・ (2006.04.08)

・・・たぐり寄せて・・・

・背のホック外しにくくてごめんなさい
・舐めるように牡蠣を啜りて貝熱し
・のぼりつめ窮屈な道迷い込む

・・・冬立ちぬ・・・ (2005.11.09)

・・・冬立ちぬ・・・

・口づけも君に触れるも夢の中
・夢なれど思うに任せぬ君が居り
・取り返しつくかつかぬか冬立ちぬ

・・・waiting・・・ (2005.07.20)

・・・waiting・・・

・来ないなら帰ればいいのにもう一杯
・次々にグラス空けても酔えない日
・待つことと待たされることは大違い
・抱かれぬまま閉じるまぶたが熱くなる
・好きという言葉に飢えてひとり泣き

・・・春氷・・・ (2005.03.27)

・・・春氷・・・

・春氷静かに踏める恋一夜
・ほぐされし乳房ほんのり赤らめる
・火を抱く体に吹き込む情と念
・カギ括弧深く沈める君の指
・君の香を洗い流せる無念かな

・・・ほつれ髪・・・ (2005.03.15)

・・・ほつれ髪・・・

・耳たぶをくいと噛まれし夜のはじめ
・埋み火に息吹きかけし君のせい
・黒髪の蛇の狂ひて巻きつきぬ
・くちびるをうなじに残し熱を吸ふ
・柔肌のひんやり我を静めけり

・・・青い眠り・・・ (2005.02.12)

・・・青い眠り・・・

・くちびるに黒子潜みて君誘う
・仰向けになりなだらかな山二つ
・手に受けし命のきらめき啜る夜
・心地良き惚れた人の汗におうのも
・ありったけの笑顔作りてサヨウナラ

・・・残り香・・・ (2005.01.15)

・・・残り香・・・

・後れ毛をかき上げる指匂ひ立つ
・奪われし我隅々まで温きかな
・口紅を差してひとりとひとりになり
・火を抱くカラダが街を闊歩する
・我の身に残るあなたの触れた痕

・・・行き止まり・・・ (2004.10.28)

・・・行き止まり・・・

・君の指尖ったつぼを揉みほぐし
・つながりを背後に求む交尾かな
・覆われて我抗えぬ雌となり
・イクというバリエーションをまた一つ
・心にもぎゅっと結びて赤い糸

・・・からだのきもち・・・ (2004.09.17)

・・・からだのきもち・・・

・見つめられつんつん立てる乳首かな
・何が欲しい?あなたの指が問いかける
・唇のしわをなぞってOnce or Twice
・次に来る波は大波ぐっとがまん
・少しの死少しの眠りそして別れ

・・・うねり・・・ (2004.08.31)

・・・うねり・・・

・幸せを閉じ込めたくて鍵カチャリ
・にじみ出る君の言葉に導かれ
・無防備な姿をよじり好きと言ふ
・生き物のぬくもりここに触れる舌
・やさしさは最後の最後のお楽しみ

・・・さんずい・・・ (2004.07.19)

・・・さんずい・・・

・指先から足の先まで君を待つ
・密やかに濡れてばれぬは罪深し
・熱情の奥へ奥へと導けり
・抱き合えた後は必ず風邪をひき
・愛されていたかもしれない昨日まで

・・・once or twice・・・ (2004.06.16)

・・・once or twice・・・

・極楽を二十平米に閉じ込めん
・ほろほろと膝のほどけてあられもなし
・頃を知り君がぐぐぐと侵入し
・囁き合い果てて心も交われり
・月明かり喘ぎの後の熱冷まし

・・・君ゆえに・・・ (2004.05.07)

・・・君ゆえに・・・

・我に向く水鉄砲に降参し
・水浴びて腑抜けになりし身体かな
・好きなのと伝え切れずに舌使い
・我の中君が君が張りつめる
・雑踏に君失ひて歩の弱く

・・・如月・・・ (2004.02.08)

・・・如月・・・

・鍋つつく君と如月わかち合ひ
・従ひて涙と露に濡れそぼる
・失った水を求めて夜の舞ひ
・一夜明けじんわり痛む乳房かな
・抱かれしこの身他には触らせぬ

・・・冬の洪水・・・ (2004.01.07)

・・・冬の洪水・・・

・決壊し心も身体もやわらかく
・やわらかき我かたき君を受くるなり
・君受くる器うねりてからめとり
・からめとる露一滴もこぼさずに
・こぼさぬよう涙の貯水池堰き止める

・・・異なるカタチ・・・ (2003.11.16)

・・・異なるカタチ・・・

・導かれ身体の奥からするするり
・感じてる証拠つつーっと伝う足
・異なりてすっぽり埋まるカタチかな
・壁揺らしゆらりぐらりと波描く
・たどり着く先は遠くてはかなくて
・身にしみた君の香りを抱いて眠る

・・・傾く秋・・・ (2003.10.13)

・・・傾く秋・・・

・溢れ出る想いと潤みは制御不能
・突っ立った芯をはじけばコロリ落ち
・倒錯の森に迷ひて性目覚む
・突き上げて落ちる子宮を受け止めぬ
・肌ぬくし千の言葉より接吻を

・・・次元落ち・・・ (2003.09.18)

・・・次元落ち・・・

・ダメもとで逢えればうれしさ倍増し
・くちびるの触れて女の芯ゆるむ
・きみの指するするたどるツボとツボ
・じらされて今夜は終始きみのペース
・逢瀬よりオフィスに戻る仕事人

・・・行き先・・・ (2003.07.14)

・・・行き先・・・

・唇の指の触れる場所次々に
       咲き乱れてく快感の花
・天国への道は険しく窮屈だ
       心定めて共に進まん
・その角度そのひっかかりがたまらない
       我の叫びは破調に向かう

・・・熱さめぬ・・・ (2003.05.08)

・・・熱さめぬ・・・

・気遣ひて雲間に隠れる薄い月
・やめておけクールな私振り払う
・雌という器となりて君受くる
・冷めやらぬ身体にムチ打つ帰り道

・・・雨のち雨・・・ (2003.04.21)

・・・雨のち雨・・・

・風ぬるく熱き乳房を持て余し
・頬なでる雨に感じる舌づかい
・その指を導きし壺するりと呑み
・雨の日は決まって熱いキス受くる

・・・powder・・・ (2003.03.31)

・・・powder・・・

・かたくなな耳に少しずつ少しずつ
       わたしの声を注ぐよ今夜も
・やわらかき熊手のごとく髪梳いて
       肌に流るる淡いざわめき
・くり返し名前を呼びてのぼり坂
       何も見えない明日は見ない

・・・心音・・・ (2003.03.13)

・・・心音・・・

・路地裏にて杭を打ち込みどどんどどーん
・水源を掘り当てし指ひくひくりん
・花蕾こぼれて咲いてほろほろりん

・・・春の芽・・・ (2003.03.10)

・・・春の芽・・・

・背中押すきみの腕を待つ午後十時
       わたしの中のたまごが揺れる
・春の芽をゆるゆる舐めてまだだよと
       じらす唇ひきとめる指
・すてきれれば幸せになれるかもしれない
       かすめて消える風のいたずら
・波音に身体かさねていざ行かん
       残像はいつもまあるいカタチ
・重心を少しずらして抱きしめる
       春の日差しを思い出すまで

・・・正体・・・ (2003.02.24)

・・・正体・・・

・ひとつずつ種火を点けてスタートライン
       今日は短距離ランナーだろうか
・いとしいもの手にし口にし胸にして
       伝え続けるあなたが好きと
・その腕に抱きとめた人の数知れず
       けれど今だけ私ただひとり
・パラレルに張り巡らされた導火線
       予感が予感を呼んで答えて
・どこまでがわたしどこまでがあなたなの?
       とろとろとけて「わたし」なくなる

・・・残り火・・・ (2003.01.23)

・・・残り火・・・

・先尖る乳房は涙落ちるカタチ
・だし巻きのとうろりきみに重なりて
・この手に抱きこの世の命確かめる
・戦いに挑みて果ててわれの中
・残り火の光のそばで眠るきみ
・夜のなごりひと足ごとに消えて行く

・・・眠り火・・・ (2002.12.17)

・・・眠り火・・・

・あの人のフリした両手が胸包み
・柔らかな記憶をなぞるその唇
・指絡め芯の疼きをなだめほぐし
・息殺し小さく果てて火を落とす

・・・秋のぬくもり・・・ (2002.11.13)

・・・秋のぬくもり・・・

・君の指に梳いてほしくてほどく髪
・ツボ押してむくんだ体の水を抜き
・じわじわと時間をかけて燃える秋
・のぼりつめるのもったいなくて気を逸らす
・やさしさに涙の腺もゆるむらし

・・・きぬぎぬのふみ(後朝の文)・・・ (2002.10.11)

・・・きぬぎぬのふみ(後朝の文)・・・

・試食期間終えてぴったりはまり込む
・こすりつけ君の匂いを肌で吸い
・白飛沫落ちて波打つ乱れ髪
・我慢することを忘れて果てる夢
・陽の香り君の余韻を引っ剥がす

・・・呂の字・・・ (2002.09.29)

・・・呂の字・・・

・人ごみをさけてすべりこむエアポケット
・フロントは事務的なのがちょうどいい
・明るすぎるエレベーターは定員2
・鍵置いてやっとぎこちない顔が消え
・見つめ合い今日も呂の字で始めましょ

・・・八合目・・・ (2002.09.16)

・・・八合目・・・

・好き合いて髪のすき間まで濡れ合いて
・足の指ぎゅと折れ曲がるとき近し
・もう少しぐっとこらえて君を待ち
・めいっぱい縮んで弾けるバネとなり
・終わりたくなくて余韻を抱きしめる

・・・赤い瞳・・・ (2002.09.15)

・・・赤い瞳・・・

・居ると居ないでは大違いの朝と朝
・平静を保ちコーヒーこぼれてる
・確証なき揺らぎの中でふるえてる
・ねむれない秋の夜長にシミュレーション
・アイシテルと決して言わない憎らしさ

・・・秋匂う・・・ (2002.09.14)

・・・秋匂う・・・

・「必ず」と言いて返りてまた言いて
・嘘おっしゃい返す目つきが甘ったるい
・もうできない何度決めても恋してる
・いっそのこと濡れてしまえば楽なのか
・声色を低く抑えておちもせず

・・・留守・・・ (2002.09.04)

・・・留守・・・

・寂しさに強がるふりして落ち込んで
・しばらくはあなたの見えない曇天日
・ドメインを重ねて外してまた重ね
・帰り来る日まで指折りまだ一本
・きゅうきゅうと鳴いてカモメは空を切る

・・・微熱・・・ (2002.08.26)

・・・微熱・・・

・視野角に捉えし君と秘める恋
・その腕も胸も唇もみんな好き
・ゆるゆるとからだの芯がぬけてゆく
・離したくないよと君を締めあげる
・息合えば二人の鼓動もシンクロナイズ
・限りある時間を惜しみ二度三度
・温めて頭の中まで触れ合って

・・・ぽとり・・・ (2002.08.19)

・・・ぽとり・・・

・水鉄砲明日を狙いて空に打つ
・逢えぬ日も瞳閉じれば君が居り
・アイスクリーム溶けて流れて二人の夜
・満面にやさしさあふれる君に酔い
・おしゃべりなくちびるキスでふさがれて
・通じたと思える瞬間(とき)をつみかさね
・吐き出せぬ思いがぽとり句に落ちる

・・・ドライ・ジン・・・ (2002.08.15)

・・・ドライ・ジン・・・

・主導権相手に握らせ観察中
・裸の目に吸い寄せられて掬われて
・あとはただ落ちてくるを待つ蟻地獄
・一枚ずつ埋もれた扉をめくりあげ
・上唇下唇でキス・キス・キス
・愛の言葉熱い吐息で流し込み
・ぶつけ合いむさぼり合って満たされて

・・・種火・・・ (2002.08.14)

・・・種火・・・

・きっかけをつかみ損ねて尖る口
・手に触れてぎゅっと握って伝え合う
・好きになっていいと言われてと・け・る
・永遠を信じてしまいそうになり
・果ててなお君を求めし身と心
・ロスタイム身支度整えノーサイド
・温い風きみの温度が届く夜

・・・かがり火・・・ (2002.08.09)

・・・かがり火・・・

・ひとつずつふれてさわってなめてはぐ
・紐解けば山羊は野生の猫になり
・抑制のきいた言葉に火照る耳
・布一枚の隔たりもなく君に添う
・包み込み包み込まれてとろけゆく

・・・飛び火・・・ (2002.07.28)

・・・飛び火・・・

・両腕で自分を抱く偉そうなポーズ
・踏み出してはいけないなのに一歩二歩
・切なさに押し潰されて猫が鳴く
・堕とし合う明日の来るのも知らないで
・指でなぞる君のカタチを忘れぬよう

・・・再燃・・・ (2001.10.29)

・・・再燃・・・

・行かないでと言うスキさえもくれぬ君
・拒絶されることで炎の密度増す
・あきらめの言葉葬る恋ごころ
・背向け人見返すネタの仕込み中
・反芻する君と並んで歩く夢

・・・ほとぼり・・・

・・・ほとぼり・・・

・急降下一人芝居に気づくとき
・ぎこちない言葉選びに見る本音
・燃え尽きた花火の後の水バケツ
・深読みだと信じたいのに反駁なし
・思い当たること多すぎて救えない

・・・くすぶり・・・

・・・くすぶり・・・

・暖かくとっても冷たい人に酔う
・不覚にも口説かれモードON状態
・見え隠れ言葉の向こうにある欲望
・答えないことで心に走る波
・強がりを隠して墓穴を掘るばかり
・決め技を中途半端にかける君
・待つことで恋の耐久テスト中

・・・こういうのもあっていいかと・・・PART3

・・・こういうのもあっていいかと・・・PART3

・頃合いを知り尽くしてる君の腕
・ああこれは串に刺さった団子の気持ち
・行き止まりこじあけそうなプレッシャー
・重力がストンと消えて浮く肢体
・強がりが涙の中に溶け出して
・憎らしいデジタルちらり盗み見る
・無理矢理にチャネル切り替え髪を梳く

・・・こういうのもあっていいかと・・・PART2

・・・こういうのもあっていいかと・・・PART2

・快楽に理屈は要らぬ体くれ
・2時間分サービスクーポン付の男(ひと)
・欲しいもの手に入れるほど欲しくなる
・一番に潤みを探す人差し指
・背負うもの重たき同士沈め合う
・目を閉じて感じるすべてが道しるべ
・一晩のやさしい嘘が溶けてゆく
・目が覚めてパンツがどこにも見つからない
・少しだけガニマタになる朝帰り
・マイホーム帰りそびれたマイハート

・・・こういうのもあっていいかと・・・PART1

・・・こういうのもあっていいかと・・・PART1

・攻められて正体不明という名の快感
・あっという間に脱ぎ捨てる男と二人
・そんなつもりなくて潤うそこ・ここ・あそこ
・ひねりのきいた髪が一本浮いてるシーツ
・爪を切ることを忘れて気が気じゃない