hutariuta 2000 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > hutariuta 2000

2000年

月をクリックすると開きます。

12月

2000.12.31 18:24 2001あなたに逢いたいわたしに逢いたい  ちさと
2000.12.31 15:18 窓に雪火照りを鎮め桃を割る  ひろ
2000.12.31 00:09 するするといたずらな指滑りくる  ちさと
2000.12.30 23:18 湯上がりの濡れたからだそっと抱く  ひろ
2000.12.29 23:52 湯煙がふたりをそっとカムフラージュ  ちさと
2000.12.29 09:08 鬼怒川の流れにうつる二人旅  ひろ
2000.12.28 15:21 湯に浸かり髭のブラシを懐かしむ  ちさと
2000.12.28 13:39 君恋し手のひらに残る乳房のぬくもり  ひろ
2000.12.27 17:32 もてなしのたぬきにあなたのお腹見る  ちさと
2000.12.27 10:04 小雪舞う嵯峨野巡りの同行二人  ひろ
2000.12.26 21:48 人力にあなたと二人乗り込む夢  ちさと
2000.12.26 13:13 愛紡ぐ世紀の継ぎ目Neon Genesis  ひろ
2000.12.25 21:02 人間は時を刻みて興奮する  ちさと
2000.12.25 15:04 ノスタルジー街に流れるタツロウの唄  ひろ
2000.12.24 21:46 クリスマス遠くの視線感じてる  ちさと
2000.12.24 09:55 ひとり寝の夜心と体風邪をひく  ひろ
2000.12.23 07:55 我慢できず君の曲線にしがみつく  ちさと
2000.12.22 23:55 言葉にはできない高ぶり そそぎこむ  ひろ
2000.12.22 09:23 騒ぎ立つ夜のうねりを抱きとめて  ちさと
2000.12.22 02:07 ひざまくら師走の夜にしばしまどろむ  ひろ
2000.12.21 23:33 遥か彼方の記憶がふんわり浮き上がる  ちさと
2000.12.21 14:02 高層ホテルの窓から見る港町  ひろ
2000.12.20 23:54 焦げぬようとろ火でそっと煮込む愛  ちさと
2000.12.20 19:34 夕闇の人込みに紛れきみを待つ  ひろ
2000.12.20 08:32 寒空を飛び交う熱いメッセージ  ちさと
2000.12.20 01:01 明け暮れの無事をメールで i-mode  ひろ
2000.12.19 22:57 さみしさの前と後ろを包む腕  ちさと
2000.12.19 13:26 べたつかぬ ふたりの距離が吟醸酒  ひろ
2000.12.19 00:52 ただ言葉重ねるだけでも暖かい  ちさと
2000.12.18 12:02 並木路 つかずはなれずランデブー  ひろ
2000.12.18 00:34 前置きの要らない人と過ごす夜  ちさと
2000.12.18 00:26 結末を書かずに綴る二人のシナリオ  ひろ
2000.12.17 08:04 プロセスも結果も欲しくて道半ば  ちさと
2000.12.16 14:33 せつなげな君の吐息にのみこまれ  ひろ
2000.12.15 14:02 何もかも許してしまう心地よさ  ちさと
2000.12.15 08:32 マッサージのふりをする愛撫かな  ひろ
2000.12.14 13:38 触れるものすべてが芯に響いてくる  ちさと
2000.12.14 03:27 鏡つき!畳の上で戯れる  ひろ
2000.12.13 10:33 四畳半あなたの庭で遊ばせる  ちさと
2000.12.13 02:36 けだるい午後 潤みに分け入るあやかしの指  ひろ
2000.12.12 23:52 そっと胸合わせて体温交換する  ちさと
2000.12.12 22:36 「愛してる」言葉の代わり耳たぶをかむ  ひろ
2000.12.12 00:12 さみしさを言葉にできずミャウと鳴く  ちさと
2000.12.11 23:06 縁の下で北風しのげ宿のないねこ  ひろ
2000.12.11 00:16 風吹きて今日のねぐらをさがす猫  ちさと
2000.12.10 22:18 じゃれ猫の重み感じる我が腕(かひな) ひろ
2000.12.10 09:12 寝違えた首をあなたに傾ける ちさと
2000.12.09 08:00 心地よいまどろみから醒める 冬の朝  ひろ
2000.12.08 20:41 あなたの居た場所を流れる月の夜  ちさと
2000.12.08 18:18 みだれ髪 しろい乳房に 愛きざむ  ひろ
2000.12.08 00:03 愛してると言葉にするたび薄れゆく  ちさと