印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2017

2017.07.21


カルピスを薄めて飲めば淡き恋

千早都

2017年

月をクリックすると開きます。

12月

11月

10月

9月

8月

7月

2017.07.20 ポキリポキリ空洞を折る木賊かな
2017.07.19 不意討ちに息の止まるような稲光
2017.07.18 欄干に見ゆる人影夏の宵
2017.07.17 ゆうるりとアゲハ行き交うビルの間に
2017.07.16 ポケットにセミを入れればジーと鳴き
2017.07.15 ゆうゆうと空を旅する夏の雲
2017.07.14 梅雨日照り露の記憶は今いずこ
2017.07.13 天然はお得か損か鰻食う
2017.07.12 空の赤みすっかり消えてとぼとぼと
2017.07.11 倉庫口開けば切り込む燕かな
2017.07.10 35度ざわめく水をたずさえて
2017.07.09 炎天下ぐつぐつ煮立つ地を這って
2017.07.08 ジャブを打つ姿勢で睨む子蟷螂
2017.07.07 口開けりゃ唸り声する冷蔵庫
2017.07.06 口紅をもうひと塗りし夏始む
2017.07.05 叩きつけるように落ちてく雨太し
2017.07.04 ゆっくりと目を開け牙をむく太陽
2017.07.03 薄き葉に流れる命半夏生
2017.07.02 朝暗し起きる起きない起きる起きる
2017.07.01 夕暮れの赤帯ずらり明日思う

6月

2017.06.30 米ひと粒残さぬように丼メシ
2017.06.29 ザクザクと切りつけるようにキャベツ切る
2017.06.28 うれしいことかなしいことも草ぼうぼう
2017.06.27 キミのこと思ったとたん足がつる
2017.06.26 歩いても歩ききれない恋の道
2017.06.25 管理管理管理の網をにゅるにゅるにゅる
2017.06.24 夜道行くスマホの灯りポツポツと
2017.06.23 堂々と蝕まれてく老い桜
2017.06.22 君待てど露の記憶も薄らいで
2017.06.21 梅雨カラリ露ひと粒も残さずに
2017.06.20 ふわと出るあくび堪えりゃ涙出る
2017.06.19 くしゃみするにもリズムあり梅雨の宵
2017.06.18 身体という乗り物に乗る重き脳
2017.06.17 ゆらゆらと生きるもありと柳ゆれ 
2017.06.16 命って終わりがあるから美しい
2017.06.15 言いたげな背中にそっと声かける
2017.06.14 真っ青な顔のずらりと梅雨の花
2017.06.13 理屈など後からでいい愛結び
2017.06.12 切り取り線ざくっと切ればすいと逃げ
2017.06.11 乗せられた嵌められたとて負けは負け
2017.06.10 うねる髪一本残し消えた夢
2017.06.09 別れのない国なんてないだから欲しい
2017.06.08 あるようでないような道キミと行く
2017.06.07 熱燗の手酌もさまになる夕べ
2017.06.06 窓硝子メッタ斬りにするにわか雨
2017.06.05 限りなく黒に近いは黒じゃない
2017.06.04 間違った言葉そのまま傾聴中
2017.06.03 天気よし鳥の声よし二度寝しよ
2017.06.02 何でもない道でつまずく足上げよ
2017.06.01 なつかしき人にばったり街歩き

5月

2017.05.31 逃げるのも避けるのもたぶん生きるため
2017.05.30 晴れに強し雨にも強し君の傘
2017.05.29 「美味しい」は言葉じゃなくて表情で
2017.05.28 次の世は君をチューッとモスキート
2017.05.27 不愉快なことはさらりと流す雨
2017.05.26 涙酒この世の空を揺らしけり
2017.05.25 その沈黙その残り香は反則や
2017.05.24 扇風機くちびる震わす子供かな
2017.05.23 のび切ったゴムその切れる時を待つ
2017.05.22 ミツバチのあっちもこっちも吸い吸い吸い
2017.05.21 隙あらば光となりて君に入る
2017.05.20 夕焼けをざざざざと消す墨の色
2017.05.19 スマホ覗く人を覗けるラッシュアワー
2017.05.18 くすぶりてこぬか雨にも八つ当たり
2017.05.17 アイス投入煮えくり返る胸の内
2017.05.16 結論を言わぬやさしさ残酷さ
2017.05.15 時計屋の針は微妙に角度変え
2017.05.14 水溜まりよけて歩けばよろよろと
2017.05.13 くるりんとカーテン巻いて風を呼ぶ
2017.05.12 返事のない返事もありか汗ヒンヤリ
2017.05.11 「気に食わねぇ!」それじゃ戦は終わらない
2017.05.10 カラフルなハンガー咥え飛ぶカラス
2017.05.09 偶然とはもしももしもの組み合わせ
2017.05.08 まだまだと思えどふっと命の火
2017.05.07 楽しいことだけをつなげてマイメモリー
2017.05.06 芽吹く木々命の流れ脈々と
2017.05.05 幸せの記憶すなわち傷のあと
2017.05.04 日の匂い胸に吸い込む五月かな
2017.05.03 調わずモグラ叩きの五十代
2017.05.02 湯気のようにふわりタンポポの綿毛かな
2017.05.01 NEWSとは東西南北順不同

4月

2017.04.30 止める人おらぬか朝のアラーム音
2017.04.29 落ちたての花くず集めピンク富士
2017.04.28 「夢なんてないわ」とひとすじ紅をひく
2017.04.27 ひとりでに春は進むよ我置いて
2017.04.26 必要なモノを手に入れ眠るネコ
2017.04.25 ふたつぶの薬を含む春微熱
2017.04.24 君の熱吸い取るように抱く夜
2017.04.23 おさな子を見れば戻れりママの顔
2017.04.22 真っ昼間迷える猫のよがり声
2017.04.21 満ちてなお寂しさひとつ君にキス
2017.04.20 揺さぶれば葉音の厚み胸叩く
2017.04.19 嫌いなもの「嫌い」の前にひと呼吸
2017.04.18 桜散る淀み濁りも人生か
2017.04.17 人恋ひて一喜一憂花の降る
2017.04.16 ふくよかな風が吹いてる恋つなぎ
2017.04.15 尖るなら髪の先までピンピンに
2017.04.14 鳥たちのしわざよ丸ごと花落ちる
2017.04.13 じわっじわっすとんと落ちる夕陽かな
2017.04.12 春風の起伏にやられっぱなしの夜
2017.04.11 銀のスプーンきれいに舐める君の舌
2017.04.10 残り香を指に集めて眠る朝
2017.04.09 風強し木肌にしみる桜雨
2017.04.08 舞い上がる黄色い声と花びらと
2017.04.07 まっすぐな髪まっすぐに梳かす朝
2017.04.06 おんなじは楽チン安心つまんない
2017.04.05 呼吸するように花咲く四月かな
2017.04.04 この野郎!思いを込めてゴマをする
2017.04.03 ただ眠るつぶれたような顔をして
2017.04.02 冷たくてもララララランドと歌う雨
2017.04.01 寒暖に右往左往する桜かな

3月

2017.03.31 てのひらに思い出だけが残ってる
2017.03.30 三十分激しい夢に揺さぶられ
2017.03.29 やわらかく柳の揺れる君といて
2017.03.28 クシュンクシュンみぞれに花のくしゃみかな
2017.03.27 引ける波寄せる波あり春の乱
2017.03.26 口開く花に吸われしわが心
2017.03.25 トゲさえもやさしく思ふ花曇り
2017.03.24 ぷっくりとなりて色づくつぼみかな
2017.03.23 「大丈夫、私は元気」と泣きながら
2017.03.22 とどまらず後ずさりせず時は行く
2017.03.21 春風をつかみそこねて心冷え
2017.03.20 心行き帰る道なし春の海
2017.03.19 風ぬくし手招きしてる色の神
2017.03.18 卒業ってなんて甘くて残酷で
2017.03.17 ぬくもりをそっとため込む桜の木
2017.03.16 待っていろ言われなくても待っている
2017.03.15 この気持ち代弁してる小糠雨
2017.03.14 手をつなぐその手を隠すポッケかな
2017.03.13 ふとあなたの歌口ずさむ春の宵
2017.03.12 あの頃はなんて言わないで春霞
2017.03.11 春明けてくっきり残る打撲痕
2017.03.10 風情なきコンクリートに苔びっしり
2017.03.09 「いただきます」始めるひとりご飯かな
2017.03.08 参道に並ぶ女のラプソディー
2017.03.07 オレオレじゃなくてボクボク五十代
2017.03.06 締め上げるネクタイ君の選択か
2017.03.05 連絡を待てど暮らせど春がゆく
2017.03.04 スキになるのは簡単でもキスはまだ
2017.03.03 いつも打つ君の名前がパスワード
2017.03.02 ふとあなたの歌口ずさむ夜の雨
2017.03.01 悲しくて悲しすぎて涙が出ない

2月

2017.02.28 ふたりでいることうれしくてかなしくて
2017.02.27 食えるなら鴨でも葱でもかまわない
2017.02.26 恋すること忘れなければ老けぬらし
2017.02.25 パクついてはふはふ肉まんプレミアム
2017.02.24 とげとげの心呑み込む涙かな
2017.02.23 惰性とは対角にある緊張感
2017.02.22 ふとよぎる雑念すいと指を切る
2017.02.21 幼子に戻りてガブリつく西瓜
2017.02.20 寂しくない言えば言うほど嘘になる
2017.02.19 慣れてゆくホコリとヒカリと強い声
2017.02.18 言葉ひとつ入れば弾ける女性群
2017.02.17 ランドセル色もいろいろ春近し
2017.02.16 水仙の区切りを成して並ぶ春
2017.02.15 落とす葉のない木が揺れる午後三時
2017.02.14 ぶらんぶらんブランコ揺らす冬日差し
2017.02.13 たくましき手に手を重ね掴む春
2017.02.12 しなしなになれど牡丹の花赤し
2017.02.11 自分のしっぽ追いかけるようにくるくると
2017.02.10 咲き渋るより咲き誇れ紅白梅
2017.02.09 空のシミ大きくなりて鳥が行く
2017.02.08 海の色その目に残す秋刀魚かな
2017.02.07 二人ならぎったんばったんシーソーゲーム
2017.02.06 散歩する目元やさしき老夫婦
2017.02.05 ぎしぎしぎし起きるロボット冬の朝
2017.02.04 ストップダッシュ繰り返してる信号機
2017.02.03 大好きな人の大好きな人でいたい
2017.02.02 丸まりて眠れぬ夜のヒトリゴト
2017.02.01 とれそうでとれぬカサブタがまんがまん

1月

2017.01.31 幾重にも重ね着をして冬キャベツ
2017.01.30 守るのか傷つけるのか薔薇のトゲ
2017.01.29 お大事にまあるい猫がにゃあと鳴く
2017.01.28 日を浴びて充電してる我が背中
2017.01.27 コロコロとはじける豆の福笑い
2017.01.26 寝ぼけ顔冷たい水がうれしくて
2017.01.25 スキありと紙に切られる指の先
2017.01.24 段々に缶を並べて誰遊ぶ
2017.01.23 つまずけば身体も心も痛くなり
2017.01.22 尽きることなき涙あり君といて
2017.01.21 あばら骨バラバラになる流木所
2017.01.20 どの人も自衛か他衛かマスクつけ
2017.01.19 南天の赤掘り起こす豪雪地
2017.01.18 東京の空も冷え冷え星まつり
2017.01.17 ぷぅぅんとにおいこもったエレベーター
2017.01.16 白線の上は滑るよ凍てた朝
2017.01.15 泡沫になるその日まで恋女
2017.01.14 この水は昨日の水の生まれ変わり
2017.01.13 つけまつげみっちり付けて風起こす
2017.01.12 つぶやきで世を動かすも今のうち
2017.01.11 古暦メモの嵐で捨てられず
2017.01.10 なみなみと涙湛えし我が心
2017.01.09 不器用なぐらいがきっとちょうどいい
2017.01.08 足元に落ちて見上げる花一輪
2017.01.07 帰り着く宛先不明の年賀状
2017.01.06 掃きためてまた散らかって掃きためて
2017.01.05 山茶花のぽたりぽたりと落ちにけり
2017.01.04 揺らしつつ芯を求むる三が日
2017.01.03 黒豆の楕円積み上げピラミッド
2017.01.02 初春の夢はすり足忍び足
2017.01.01 とりどりの朝高らかにコケコッコー