ikku 2014 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2014

2014年

月をクリックすると開きます。

12月

2014.12.31 くちびるは冬の戯れ紅つけて
2014.12.30 冬寒し口を開けば幸逃げる
2014.12.29 微熱ありうぬぼれ薬のせいかしら
2014.12.28 カンカンと拍子木の音も凍る夜
2014.12.27 グサグサと刺されてもなお酔えるヒト
2014.12.26 薄月や君の瞳に映る人
2014.12.25 言の葉の募りて重き荷を背負ふ
2014.12.24 何事も無き幸せにひとり泣き
2014.12.23 放たれて自由と言う名の刑につく
2014.12.22 陽の当たるところ探してウィンターウォーク
2014.12.21 水滴のつつーっと滑る冬鏡
2014.12.20 やさしさが残酷になる夜を往く
2014.12.19 ぬくもりの足りない夜は妄想を
2014.12.18 散ることを知りてなお咲く冬の花
2014.12.17 遠回りではなかったか雨ざんざ
2014.12.16 容赦なく寒風の鞭ピシピシと
2014.12.15 葉を落とし空の開ける早朝ラン
2014.12.14 ホコリさえキラキラ光る冬日の出
2014.12.13 剥がれ落ちた夕陽のかけら葉を拾う
2014.12.12 冬の陽を奥へ奥へと招き入れる
2014.12.11 その蜜は水に溶けてく夜の花
2014.12.10 「ら・り・る・れ・ろ」くるんくるんと舌を巻く
2014.12.09 我の名が呼び捨てになる夜の淵
2014.12.08 尾てい骨そわそわむずむず尻尾がぴょん
2014.12.07 きみのこと想う毎日がいとおしい
2014.12.06 とられない柿は熟してぽとり落つ
2014.12.05 おでんだねおでんでんでんはふはふはふ
2014.12.04 患ひて一杯の茶がうまいうまい
2014.12.03 面倒だと思った時点ですでに恋
2014.12.02 口開けて冬の訪れ告げる花
2014.12.01 戯れ合うも命あるうち秋終わる

11月

2014.11.30 瞬間の連続に宿る命かな
2014.11.29 ドル高や円は眠って待つばかり
2014.11.28 落ちたなら愛の加速度増すばかり
2014.11.27 足元の落ち葉がさごそ雨ざんざ
2014.11.26 窓際の爪切る音の耳障り
2014.11.25 伝えたい言葉はいつも後回し
2014.11.24 葉を剥ぎていよいよ裸の勝負なり
2014.11.23 廃線の途切れ途切れて夢半ば
2014.11.22 秋刀魚一尾一尾にこもるあたたかさ
2014.11.21 びいどろに灯すランプやぴいひゃらら
2014.11.20 言葉積むほど嘘っぽい夜長かな
2014.11.19 生命線冷たき水に浮き上がる
2014.11.18 透き通る夜は心も透き通る
2014.11.17 つんのめる緊急停止怪我はなし
2014.11.16 走り抜けることやめて待つ信号機
2014.11.15 笑うほどシワ深くなるシアワセか
2014.11.14 ぽわんぽわん乳房浮かべてひとり風呂
2014.11.13 枯れ葉舞う笑顔の裏で潰す虫
2014.11.12 お日さまのきゅきゅきゅと吸われ暮れる秋
2014.11.11 お日さまを浴びなきゃなきゃと外歩き
2014.11.10 コスモスのやさしくごっつんごっつんこ
2014.11.09 しがみつく姿恥ずかし枯れもみじ
2014.11.08 スプレー缶最期はひんやり穴開けて
2014.11.07 停止位置合わせ列車の深呼吸
2014.11.06 かまってちゃん膝に手を置きいい子して
2014.11.05 ベランダに真っ赤な葉っぱのお客様
2014.11.04 秋月や雲の間に間に身を隠す
2014.11.03 剥いて剥いて剥いて栗の実たどり着く
2014.11.02 秋深し紅ゆるゆる山降りる
2014.11.01 一番の贅沢冬は布団の中

10月

2014.10.31 濡れて行くには多すぎる雨の粒
2014.10.30 その声で風の言葉を聴かせてよ
2014.10.29 裸婦像のただ一点に光あり
2014.10.28 バーコード一個に我の凝縮す
2014.10.27 声になるようでならない雨ぼそぼそ
2014.10.26 石鹸の淡き泡立ち秋の暮れ
2014.10.25 自らの鼓動に揺れる夜明け前
2014.10.24 細道の奥にひっそり眠る幸
2014.10.23 一番鶏今日の良き日を占えり
2014.10.22 呼び止めて二人で歩く銀杏並木
2014.10.21 帰り道雨に降られてクシュンクシュン
2014.10.20 絞り出すホットミルクはぬる燗で
2014.10.19 スカートのすそをキュキュッと花しぼむ
2014.10.18 せわしない秋の夕暮れ焦らしたい
2014.10.17 熟れ柿の堕ちてしまった悲劇かな
2014.10.16 ヘッドホンのキミのその曲当てようか
2014.10.15 深夜バス女性五人のみトトトトトン
2014.10.14 傾いた電柱ぐるぐる蔦絡む
2014.10.13 寂しくてかまってちゃんの風が吹く
2014.10.12 できぬこと非難するなら君がやれ
2014.10.11 隠れてる私の影に黒い猫
2014.10.10 ぷっくりと膨らみし月飾る星
2014.10.09 絵をえがく人が絵になる秋の午後
2014.10.08 一歩一歩山から秋が降りてくる
2014.10.07 折れぬよう秋桜いつもゆうらゆら
2014.10.06 オクターブ上げてふるふる雨ふるふる
2014.10.05 生臭いものに蓋する平和主義
2014.10.04 女ゆえ女を殺し働けり
2014.10.03 降って湧いた欲の行き場に惑う秋
2014.10.02 水上バスうねる川面をチョキチョキと
2014.10.01 触れ合ひてさややさややとすすきの穂

9月

2014.09.30 面あらば心も鬼となりにけり
2014.09.29 とんぼとんぼとんでとまってまたとんで
2014.09.28 エリンギのお育ちの良さするり立つ
2014.09.27 裏道を行けば表の眩しさよ
2014.09.26 眠れずに眉間に筋をつけて朝
2014.09.25 諍いのねじれねじれて元通り
2014.09.24 箸置いて今日も命をごちそうさん
2014.09.23 いきおくれたひぐらしひとりなきにけり
2014.09.22 つぶあんよりこしあん選ぶ彼岸かな
2014.09.21 種蒔いて実る日を待つ地球かな
2014.09.20 うじょうじょと鰯も鯖も秋の空
2014.09.19 人ひとりひとりに灯る命かな
2014.09.18 忘れっぽいのは秋のせい人生の
2014.09.17 蹴散らした布団を抱く夜明け前
2014.09.16 切って切って黄金比率をカステラで
2014.09.15 青蔦のがぶっと呑み込む廃墟かな
2014.09.14 つかまるものなくて抱き合う秋朝顔
2014.09.13 朝ヒヤリぬるいミルクを飲み干せり
2014.09.12 風を抱き雨粒抱いて君に降る
2014.09.11 眠れずに鏡のぞけばウサギの眼
2014.09.10 雨音の裏に入りて蝉の声
2014.09.09 霧雨のベールの中で歌うキミ
2014.09.08 じーっと鳴く我の身体もじーっと泣く
2014.09.07 扇風機首振るたびにがくんがくん
2014.09.06 飛び跳ねる足の抜けがら玄関に
2014.09.05 ふわりふわり行ったり来たりアゲハ舞う
2014.09.04 浮ついた心は秋にさらわれて
2014.09.03 B型がD型になる妊婦かな
2014.09.02 イターイと叫べど消えぬ痛みかな
2014.09.01 洗濯物サラッと乾く秋の風

8月

2014.08.31 めいめいがリハーサル入り虫の声
2014.08.30 待つだけの冷たい仕打ち風邪をひく
2014.08.29 浅い眠りあなたのぬくもり思い出し
2014.08.28 目覚めること信じて眠る夜のあり
2014.08.27 夏の果て鳴くべきものは鳴いとくれ
2014.08.26 バッハ弾くきみは左手ぼく右手
2014.08.25 どうせなら等しく降れよ雨・雨・雨
2014.08.24 蝉転げ矢吹ジョーなら立ち上がれ
2014.08.23 恋一夜はらりと落とす浴衣かな
2014.08.22 キスの後キスの前には戻れない
2014.08.21 背泳ぎの手のぶち当たる時近し
2014.08.20 月明かり誰に告げよか招こうか
2014.08.19 あの夏という夏いくつありやなしや
2014.08.18 カレースプーン舐めてピカピカごちそうさん
2014.08.17 雨ゆるみ音だけ届く遠花火
2014.08.16 脱け殻に新しい愛ぎゅっと詰め
2014.08.15 夏惜しみ空も海もくすみがち
2014.08.14 長い長い赤へび作るりんご剥き
2014.08.13 我先に夜明け前より鳥の鳴く
2014.08.12 シュワシュワの足りない水をゴクゴクゴク
2014.08.11 ポンと置くカギは二人の二人だけの
2014.08.10 ごぉと泣く雨の谷間に蝉の鳴く
2014.08.09 ガラゴロと空は唸りぬ駆け巡る
2014.08.08 秋立ちぬ犬も歩けば恋をする
2014.08.07 鯉ひとり遊んであげたり遊んだり
2014.08.06 君といて乳房のとがるときを知る
2014.08.05 干し干して汗も涙もすっきりと
2014.08.04 青空に綿雲ひとつ我の上
2014.08.03 ねじばなのねじりねじりて空目指す
2014.08.02 夏ゆえに逢いたい気持ちの雪だるま
2014.08.01 てのひらをきっちり合わせ皺合わせ

7月

2014.07.31 請ふ人のもとに行けるは幸せか
2014.07.30 細切れの日常綴る今のうちに
2014.07.29 汗をかくグラス真夏の恋ひとつ
2014.07.28 ブラックで?今日は甘さを少しだけ
2014.07.27 ターゲット定めてタッチああ水母
2014.07.26 月隠れ今宵は大人の時間かな
2014.07.25 酔いざまし濃いめのミルク飲みほして
2014.07.24 昼飯が思い出せない夜寂し
2014.07.23 ほらここにそこにあそこに蓮の花
2014.07.22 我慢ならんぴしゃり吸われた血のべとり
2014.07.21 雷鳴は夏のお囃子ピカドンドン
2014.07.20 恋猫や人を殺める意図はなし
2014.07.19 初蝉や雨降る前に思い切り
2014.07.18 心地よき人を探して腕枕
2014.07.17 ほうぼうの空よりハシゴのするすると
2014.07.16 日一日あしたのあしたはまたあした
2014.07.15 頭を撫でるのは反則ぞ友達なら
2014.07.14 ひらがなのやさしくたわむここちして
2014.07.13 キミの香を夢のしっぽにしみこませ
2014.07.12 じょくじょくと夜の水音響き合う
2014.07.11 重すぎて支えきれない頭をポイ
2014.07.10 眠ってる間に溶けちゃった夢ら・ら・ら
2014.07.09 梅雨狭間となりもガシガシ洗濯機
2014.07.08 魂のふるふる雨のふるふるふる
2014.07.07 糸電話あの世につなぐホットライン
2014.07.06 欲すれば花の開ける匂ひあり
2014.07.05 この心殺めてほしい君の手で
2014.07.04 ひと口の水で潤う夜なべかな
2014.07.03 抱き枕抱きたいときに君はいない
2014.07.02 笹舟に思いをのせて月の夜
2014.07.01 つよがりのまぶたの裏の涙かな

6月

2014.06.30 梅雨半ば空に気性の激しい女
2014.06.29 一瞬で眠りを覚ます真空パック
2014.06.28 紅赤き真夏の夢の覚めにくし
2014.06.27 君の眼の中に私はいませんか
2014.06.26 儚くとも光受け継ぐほたるの灯
2014.06.25 スリルとは知られないこと知らせないこと
2014.06.24 地下鉄の窓に映る顔イケテナイ
2014.06.23 冷や奴ガラスの器でぷるんぷるん
2014.06.22 雨ざんざ狭き歩道の傘傾げ
2014.06.21 黄昏のヴェールの隠すしみ・しわ・たるみ
2014.06.20 鳥たちがおしゃべり止めるザッと来る
2014.06.19 偉大なる食いしん坊の腹苦し
2014.06.18 寂しさを埋めきれなくて歌を詠む
2014.06.17 ゴメンネがうまく言えずにチョコを置く
2014.06.16 夏痩せと縁なき女も恋をして
2014.06.15 赤くなるサンダルの先つまずいて
2014.06.14 雀には雀の空よ天気雨
2014.06.13 隣木と地下の根っこで通い合う
2014.06.12 ぐずぐずと忘れたころに疼く虫歯
2014.06.11 強く蹴る赤子のあんよ心地良し
2014.06.10 夏扇しばし緩めん身も心も
2014.06.09 冷や汗もホントの汗も夏舞台
2014.06.08 雨ざんざカワイイ長靴ちょうだいな
2014.06.07 氷柱を抱いて溶けて目覚める朝
2014.06.06 眠ってた一円玉の旅始まる
2014.06.05 カレンダーめくれば雨季の始まりぬ
2014.06.04 夕陽より明るい月の刃かな
2014.06.03 炎天下うちに籠りて爪を研ぐ
2014.06.02 孕みたる猫のしのしと昼下がり
2014.06.01 カッカッカーッ梅雨追い越して夏が来た

5月

2014.05.31 確実なものなき時の絆かな
2014.05.30 どくんどくん幹に耳当て夏を知る
2014.05.29 どっと出る涙に訳は必要か
2014.05.28 スカートのひだに隠してシャイ・ガール
2014.05.27 腕も足も絡め二人の脱水槽
2014.05.26 雨の音 光る雷 茶の香り
2014.05.25 君の持つ手帳の中のABC
2014.05.24 寂しくて皆惹きつけて花の意地
2014.05.23 動かないでんでんむしとにらめっこ
2014.05.22 「いってらっしゃい」声に押されて「いってきます」
2014.05.21 ゴングゴング倒れし者微動だにせず
2014.05.20 首根っこ掴んでちょいとお前さん
2014.05.19 後からじゃすんなり溶けぬ角砂糖
2014.05.18 みほとけのすがたにうつすわがこころ
2014.05.17 汗拭き拭き黒いドミノの就活生
2014.05.16 実をつける桜嫌がる清掃人
2014.05.15 快楽の点・点・点が面になる
2014.05.14 結末は忘れたフリして先送り
2014.05.13 葉っぱ一枚あれば満足青虫くん
2014.05.12 老ひ集ふ互いの命測りつつ
2014.05.11 水を張る田はよみがえる命植える
2014.05.10 休日の氷からころハイボール
2014.05.09 とりどりの嘘を並べてピクニック
2014.05.08 待ちぼうけにも慣れ春の妄想集
2014.05.07 終着駅が通過駅になる恋淡し
2014.05.06 あと五分布団の中でもう五時間
2014.05.05 白砂の流れるままに時は来る
2014.05.04 春波の我さらうほど力なく
2014.05.03 雨ととと濡れて踏まれて芝桜
2014.05.02 航海は後悔でなく彷徨う船
2014.05.01 拘束を解かれて咲ける花・花・花

4月

2014.04.30 皆の目を惹きつけて散る桜かな
2014.04.29 少し吸いすっと捨ててく君のタバコ
2014.04.28 鬼瓦傾いたまま朽ちるまま
2014.04.27 泣くほどに増える瞬き星の数
2014.04.26 吊革を二つも掴むおい!新人
2014.04.25 ビル壊し瓦礫の山は色褪せて
2014.04.24 棘のある薔薇を一輪置く鬼門
2014.04.23 燃えたのちもやっと煙る恋花火
2014.04.22 柳腰の男と知りて及び腰
2014.04.21 春雨に濡れて行こうか君となら
2014.04.20 花びらのととと積まれしボンネット
2014.04.19 まな板のトトンと返す今日のリズム
2014.04.18 もてないね弱虫泣き虫へそ曲がり
2014.04.17 角砂糖溶けてあなたに甘くなる
2014.04.16 血まなこの月はまんまる宵っ張り
2014.04.15 閉じること忘れた鍵の穴ひとつ
2014.04.14 記憶ひとつふたつ畳んで抽斗へ
2014.04.13 花の川ボートがすっと切れ目入れ
2014.04.12 ジェラシーよりイジラシイやつ恋ぽぽぽ
2014.04.11 残り火のふわと漂ふ並木道
2014.04.10 あつあつの絹ごし口に入れた悲劇
2014.04.09 ふきのとうパックでぽんと春を売る
2014.04.08 西の夜に睨みきかせた赤い月
2014.04.07 欲情の糸を絡める春の乱
2014.04.06 ためらいの傷赤く赤く浮き上がる
2014.04.05 湯煙りに雪のまみれる草津かな
2014.04.04 桜酔い好きも嫌いも濡れ鼠
2014.04.03 目をそらすのも変ですねボックス席
2014.04.02 花咲けば花に寄り添ひ眠りたし
2014.04.01 背後よりそっと包みし春の風

3月

2014.03.31 焦点を絞れぬまま引き絞る弓
2014.03.30 花の咲くゆえに愛でられ捨てられて
2014.03.29 さくらさくら今宵は誰を泣かせるの
2014.03.28 嘘つけば一本心に増える皺
2014.03.27 ボールペン好きなものからインク切れ
2014.03.26 街中に子供はじける春休み
2014.03.25 ジャンケンポンち・よ・こ・れ・い・との先にキミ
2014.03.24 その指に触れて舐めて感じさせて春
2014.03.23 ほほえみに包まれし山そして山
2014.03.22 甘いだけの恋などないわカラメルソース
2014.03.21 幸せをそっと持ち上げる冷ややっこ
2014.03.20 使い道なき言葉散る戦かな
2014.03.19 光りもの好きよ嫌いよ薬指
2014.03.18 カマかけりゃボコっとふくれし君を食ふ
2014.03.17 ほしいのは花マルひとつあなたから
2014.03.16 残り香は君の優しさ残酷さ
2014.03.15 幸せのはじけて消えた冬花火
2014.03.14 「好きでした」ああ過去形かそうですか
2014.03.13 どんよりがしっくりとくる春の空
2014.03.12 飛びきりの一本選ぶ釘箱より
2014.03.11 行きやすき厠何度も何度でも
2014.03.10 くしゃみして飛んだ言葉が見つからない
2014.03.09 あれいくつ?君と数える月の齢
2014.03.08 角立てて怒る冷蔵庫のお芋
2014.03.07 ぬくもりを身ぐるみ剥いで春嵐
2014.03.06 聞き分けの良さは嫉妬の裏返し
2014.03.05 届かない背中合わせのアイラブユー
2014.03.04 みながみなうつむきがちにいじるスマホ
2014.03.03 昼も夜も泣いてばかりのお空さん
2014.03.02 毒のある茸ばかりが並ぶ道
2014.03.01 サイレントテロリストたち空霞む

2月

2014.02.28 自販機の灯り少なめあの日から
2014.02.27 明日より足元注意空霞む
2014.02.26 触れ合っても知らぬふりして春一夜
2014.02.25 冬の日の光集めて芽のぷくり
2014.02.24 生きてきた歴史紐解く日向ぼこ
2014.02.23 ぷかぷかと湯船の中で胎児気分
2014.02.22 千切れ雲いつかふたたび合わせ雲
2014.02.21 終着駅起こしてくれる人のあり
2014.02.20 居残り雪だれに望まれることもなく
2014.02.19 パリパリリ薄氷の先落とし穴
2014.02.18 にわか雨走るあなたと赤い傘
2014.02.17 うねる風かまってくれと拗ねている
2014.02.16 起き抜けのホットミルクはぬる燗で
2014.02.15 剥がれかけた化粧を直す雪の夜
2014.02.14 初桜そっと咲かせて胸の内
2014.02.13 梅の香に誘われ君もホーホケキョ
2014.02.12 春の膳花咲く前の花浸し
2014.02.11 チンと鳴り放置プレーにピーピーピー
2014.02.10 雪解けて生きてる匂い戻り来る
2014.02.09 がぼっがぼっ雪を踏み踏みきゅっきゅっきゅっ
2014.02.08 想う人みな離れゆくそれが春
2014.02.07 ラストセールあきらめきれぬ試着室
2014.02.06 春じわり誰に届けん恋の歌
2014.02.05 ゴングゴング敗れし者口を開かず
2014.02.04 クチャクチャのペットボトルがポコといい
2014.02.03 節分に酒を並べて鬼ころし
2014.02.02 久しぶり酒と君とに酔い回る
2014.02.01 缶蹴ればカンカラカンのスッカラカン

1月

2014.01.31 訃報来て返らぬ賀状のわけを知る
2014.01.30 ブラ外し裾野広がるゆうべかな
2014.01.29 角立てて怒りあらわすさつま芋
2014.01.28 苦しみも悲しみもあり恋歌留多
2014.01.27 寒風や綻ぶ梅に封をする
2014.01.26 逢えずとも夢で抱かれりゃ憎めない
2014.01.25 沈黙を握り潰してポイと捨て
2014.01.24 ありのままのキミがいいねと富士讃歌
2014.01.23 脱ぎ捨てるか畳むか男もイロイロだ
2014.01.22 雪雲の冬の星座を隠しけり
2014.01.21 ぺらんぺらん豆にもれなく鬼の面
2014.01.20 切りつける刃のような風の鞭
2014.01.19 やきもちを破きゆるゆる恋ごっこ
2014.01.18 お日さまに背中を向けて日向ぼこ
2014.01.17 ユーティリティO型の血は必要か
2014.01.16 プレートよゆるりゆるりと動いてプリーズ
2014.01.15 あと五分布団の中で格闘中
2014.01.14 魂の宙にあそびて我を見る
2014.01.13 うたた寝が呼んでしまった冬の風邪
2014.01.12 夜間飛行冬の星座をひとめぐり
2014.01.11 初氷ぱりりぱりりとひび入れて
2014.01.10 滴りもカッチンコッチン冬の朝
2014.01.09 痛みひとつ優しさひとつ増えてゆく
2014.01.08 コメントひとつなくてさびしい年賀状
2014.01.07 足裏にさくさく返す冬の朝
2014.01.06 受け月や思いのたけを投げ入れて
2014.01.05 少しずつ余白の増える冬心
2014.01.04 落ち葉掃き根元の葉っぱはそのままに
2014.01.03 すすすいと逃げる陽なたを追いかけて
2014.01.02 墨の色薄め薄めし夜明け前
2014.01.01 新月や空に広がる星の華