ikku 2015 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2015

2015年

月をクリックすると開きます。

12月

2015.12.31 大晦日心の鐘を打ち鳴らす
2015.12.30 命通う手のぬくもりを忘れない
2015.12.29 引く波さえいとおしくなる年の暮れ
2015.12.28 かじかんだ手に吹きかける君の息
2015.12.27 その大根だれの大根白い足
2015.12.26 満月や瞬く星を圧倒し
2015.12.25 埋み火や掘り起こされる時を待つ
2015.12.24 たわむれに君の夢を見る二度三度
2015.12.23 若くして落ちてしまった葉の嗚咽
2015.12.22 手をつなぎ歩いてみたし冬の暮れ
2015.12.21 風吹けば枯葉舞い込む賽銭箱
2015.12.20 ヒト思い泣けば寄り添う冷えた風
2015.12.19 ずるるるんつながり切れぬ沢庵たち
2015.12.18 冬木立一歩手前で葉を揺らす
2015.12.17 ナンテコッタに見えてしまったパンナコッタ
2015.12.16 刺されても刺されても抱く赤い薔薇
2015.12.15 狛犬に負けぬめぢから冬日差し
2015.12.14 見守るべきものなくポツン冬案山子
2015.12.13 朝刊のどさりと落ちる午前五時
2015.12.12 掻きむしるごと海めくる冬嵐
2015.12.11 カラカラと乾いた葉っぱの踊る道
2015.12.10 恋なんてシャボン玉なのまた作ろう
2015.12.09 目覚ましの後のとろとろ魔の眠り
2015.12.08 あと一円足らずどっさり釣りの山
2015.12.07 新米の立ちて「食べて」と光りおり
2015.12.06 街へ向かう雲の流れは嘘つかない
2015.12.05 寝ぼけ顔パシャリパシャリと水叩く
2015.12.04 足早に終わりへ向かう未年
2015.12.03 来る?来ない?問うてるうちに尽きる命
2015.12.02 甲高い声強い口調慣れぬまま
2015.12.01 街の灯がまばたきしてるナイトフライト

11月

2015.11.30 流れても積み重ねてく歴史かな
2015.11.29 ほとばしる人の命の匂いかな
2015.11.28 十六夜の月にほだされぴーひゃらら
2015.11.27 ちぢかんで打ち間違えるパスワード
2015.11.26 ここからは春を待つ日々裸の木
2015.11.25 ゆく秋やゆく群れ雲にのれぬ我
2015.11.24 告げるべき言葉重くて爪を切る
2015.11.23 幼子の笑顔にゆるっと涙落つ
2015.11.22 さくりさくり五感にしみる落ち葉踏み
2015.11.21 大根の白にほんのり醤油色
2015.11.20 こんにちは代わりのニャーオ日向ぼこ
2015.11.19 銃弾は要らぬ椎の実パパンのパーン
2015.11.18 朝食にパワー注入カツサンド
2015.11.17 遠巻きに彼の書き込み眺める夜
2015.11.16 野良猫がじっと見つめる我も猫
2015.11.15 外れ球ほとんどなくてゴミ箱入り
2015.11.14 カロリーは見なかったことにシュークリーム
2015.11.13 裏表逆さパンツで大冷や汗
2015.11.12 足踏みする背中をちょんと冬の風
2015.11.11 谷底にぞくぞく集う渋谷かな
2015.11.10 老ひてなほほくろは君のあごの下
2015.11.09 ふらふらと文字も流れて休息日
2015.11.08 あいものはほんの一瞬冬立ちぬ
2015.11.07 淡々と幸せゆえにスパイスを
2015.11.06 ハラハラと言葉ハダカになっていく
2015.11.05 「君が好き」きっとあの娘も好きですね
2015.11.04 ピカピカの五感の刃に刺さる秋
2015.11.03 ツンと立つ穂もゆらめいて秋の風
2015.11.02 出まかせに紛れる本音冬近し
2015.11.01 炭酸の泡消えるようにいつか吾も

10月

2015.10.31 あなたじゃなきゃダメと言えない五十・秋
2015.10.30 いい人で終わりたくないリンゴ齧る
2015.10.29 睦み合うのも一瞬か秋の鳥
2015.10.28 役割という名のカサブタぽろり落ち
2015.10.27 色を変え波形を変えて暮れる海
2015.10.26 スマートな秋刀魚に箸の滑りけり
2015.10.25 叩きつけられて目覚める夜中かな
2015.10.24 この指が君の形を覚えてる
2015.10.23 誇張して面白がって春絵巻
2015.10.22 空いてしまったブルーボトルに夏残る
2015.10.21 夜毎綴る思いはすべて胸の中
2015.10.20 持ち時間あとどれくらい?秋の空
2015.10.19 傾けばどどと傾く世の摂理
2015.10.18 雨上がり夢の続きはまた明日
2015.10.17 熱量を伝えられずに石を抱く
2015.10.16 折り鶴を飛ばしてみたしあの世まで
2015.10.15 ぱしゃぱしゃと冷たき水に肌ぷるぷる
2015.10.14 海の青空から青の溶けだして
2015.10.13 鯛焼きをはんぶんこする腹を割る
2015.10.12 ガタガタと凸凹埋める秋の宵
2015.10.11 一人ぽつん孤島のごとく無人駅
2015.10.10 逢瀬あらば涙の川も乾くらし
2015.10.09 まんまるの声はまんまる笑顔から
2015.10.08 ひと月はあっという間で長くって
2015.10.07 隠しごと一つぐらいは花揺れる
2015.10.06 積み上げるか流れてゆくか思う秋
2015.10.05 恋せよと流るる川に赤い糸
2015.10.04 虫の音に合わせて歌う夜長かな
2015.10.03 好きと言えば後ずさりする夏の影
2015.10.02 息荒く叫べ吠えろと秋嵐
2015.10.01 信じるとは覚悟決めること息吐いて

9月

2015.09.30 良き返事のち沙汰はなし葉擦れ音
2015.09.29 誰よりも今宵の月は人気者
2015.09.28 虫の声思わずきゅるん腹の虫
2015.09.27 かぐわしきものあちらにもこちらにも
2015.09.26 偽物は秋の始まり風ひゅるるぅ
2015.09.25 その幸せ裏を返せば凶器かも
2015.09.24 折り返し壊れ始める秋ゆえに
2015.09.23 息継ぎを忘れぱくぱく胸ばくばく
2015.09.22 いくつものオクラの星を吸い物に
2015.09.21 死はいつもすぐそばにあるだから生きる
2015.09.20 青空ににっこり雲のえくぼかな
2015.09.19 自転車の籠にこそっと眠る猫
2015.09.18 心の中まで埋め尽くす雨の音
2015.09.17 次はいつ?訊いちゃいけない秋ぽろりん
2015.09.16 洗い物する水がああ冷たすぎる
2015.09.15 ぐずぐずと癒えぬ傷あとゆるい風
2015.09.14 曇りガラスって便利だと知る待合にて
2015.09.13 丁寧にリズムを刻む虫の声
2015.09.12 ぺろりんと生ハムを食う君の唇
2015.09.11 ベーコンのパチンとはぜてクシュとなり
2015.09.10 本を閉じまぶたを閉じて本の中
2015.09.09 夜の更けて眠りを穿つ雨嵐
2015.09.08 ボディーソープ手に取りすぎてこぼれ落ちる
2015.09.07 これでもか!これでもか!ってしごきの雨
2015.09.06 空の上にまた空のあり空のあり
2015.09.05 ほどほどの難しき世の汗ぽとぽと
2015.09.04 怒り表すことなく心であっかんべー
2015.09.03 俯いた向日葵シャワー熟す種
2015.09.02 さみしさはひとりでなんぼふたりでなんぼ
2015.09.01 本当の嘘はこれから秋の宵

8月

2015.08.31 恋しずく眠れぬ山の鳥居かな
2015.08.30 夜冷えて耳にやさしき虫の声
2015.08.29 かわしつつ一歩進める五十路かな
2015.08.28 泡の花消えてどろろん東京湾
2015.08.27 他人様の流れを縫って我の道
2015.08.26 向日葵の首もがっくり秋の風
2015.08.25 ちりちりん風にゆるゆる猫の鈴
2015.08.24 見開いた黒目でぎょろりアマガエル
2015.08.23 声聞きて胸に咲かせる恋花火
2015.08.22 菓子こぼせば蟻が来る来るそれでいい
2015.08.21 夏行けど店のうなぎは高止まり
2015.08.20 ああどうしよう?いつもそのとき目が覚める
2015.08.19 三秒でも会えれば私はアイスクリーム
2015.08.18 夏野菜漬けてしんなりパクパクパク
2015.08.17 洗い髪乾く間もなく汗の噴く
2015.08.16 通勤におっちゃんかぶる麦わら帽
2015.08.15 自らの思い無にしてカチャコチョコチョ
2015.08.14 日焼けした肌にしみこむにわか雨
2015.08.13 首もいで秋の装いマネキン嬢
2015.08.12 へこたれたミミズごろごろ夏の朝
2015.08.11 夏過ぎて蛇口の水のひんやりと
2015.08.10 狂いたきこともときどき夏の宵
2015.08.09 夏空にぽかんと咲いて誰を待つ
2015.08.08 涼風の舞い込む畳の上でごろん
2015.08.07 何あれど心まんまるコロコロコロ
2015.08.06 腕伸ばし腕絡ませて蔦を編む
2015.08.05 かぶりついた桃約半分赤い月
2015.08.04 待ち受けに虹を映して幸招き
2015.08.03 逃げ水や三途の川が近くなる
2015.08.02 歩く人みなゴクゴクとペットボトル
2015.08.01 緊張がゆるんでとける飛行機雲

7月

2015.07.31 仰向けで足をピリピリ死に真似か
2015.07.30 さよならの涙を隠す日傘かな
2015.07.29 水ひと口命をつなぐ熱帯夜
2015.07.28 冷房中ジリジリしてる自動ドア
2015.07.27 大事な箇所ゆえに小さな活字かな
2015.07.26 香ばしく空焼け焦げて葬れり
2015.07.25 素っ気なき言の数々脈ありや
2015.07.24 空晴れて手元に残る傘重し
2015.07.23 手に触れて始まる大人の恋のあり
2015.07.22 水香る緑と土の記憶から
2015.07.21 歩を止めた瞬間どばーっと汗の噴く
2015.07.20 あっついねーぴーちくぱーちくサルビアの赤
2015.07.19 夜毎開く君の写真は導眠剤
2015.07.18 這うように背後に迫る重い風
2015.07.17 訪れし雨の激情けたたまし
2015.07.16 朝顔を抱えヨタヨタ一年生
2015.07.15 漁火か野火か鬼火か空燃やす
2015.07.14 きいきいとブランコ揺れるもっともっと
2015.07.13 噴水に駆け込む子らの「気持ちいい!
2015.07.12 ガンという音に怯える昼下がり
2015.07.11 黒々と大地に宿る雲の影
2015.07.10 ぺたりぺたり障子に目を貼る耳を貼る
2015.07.09 重苦しい空気動かす扇風機
2015.07.08 受け止めて曲がりくねった寂しさを
2015.07.07 色あせた紫陽花にまた雨が降る
2015.07.06 夏草をぴくんと揺らす青蛙
2015.07.05 むき出しの肌に寄り添う雨しずく
2015.07.04 脆い腰くしゃみ一つが命取り
2015.07.03 夜深し滲む満月濡らす頬
2015.07.02 上に上に左に右に伸ばす枝
2015.07.01 ぺろりんと暦めくればラッキーセブン

6月

2015.06.30 お日さまの光求めて立葵
2015.06.29 どくだみの日陰に集う白十字
2015.06.28 もたれ合い眠る男女の夜電車
2015.06.27 扇子よりこぼれる香りいにしえの
2015.06.26 タッチする場所を外れてご愛嬌
2015.06.25 チリ~ンと風を起こして涼をとる
2015.06.24 キィキィと調律足らぬ弦が鳴く
2015.06.23 黒玉のずらり休符もほしくなり
2015.06.22 紫陽花を束ね束ねて雨受ける
2015.06.21 ケータイの青空よりも空の青
2015.06.20 わが手よりこぼれて割れた茶器の蓋
2015.06.19 手をつなぐ恋人同士今だけは
2015.06.18 賞味期限切れないように延長戦
2015.06.17 何事かわめき散らして去る雷雲
2015.06.16 満ち潮の川遡る飛沫かな
2015.06.15 淡く咲き濡れて濡らして七変化
2015.06.14 「騙す気はなかった…」それこそが罪
2015.06.13 軽すぎる恋重すぎる愛に酔う
2015.06.12 絡みつつ伸ばし伸ばして生きる蔦
2015.06.11 容赦なく夢がビリッと夏の朝
2015.06.10 雨受けてコロコロ喜ぶ君の青
2015.06.09 シャーシャーと縦横無尽に雨の筋
2015.06.08 空高しジェット機音の抜けてゆく
2015.06.07 ゴシゴシと洗って夢の水溜まり
2015.06.06 抱きしめる布団は君の身代わりの
2015.06.05 黒い実のぽろぽろぐちゅぐちゅ哀れかな
2015.06.04 着飾るも傘に隠れる美人かな
2015.06.03 じっくりと滝に打たせて心だけ
2015.06.02 くしゅくしゅと花縮ませて雨を待つ
2015.06.01 路地裏の最後の綿毛はじく指

5月

2015.05.31 根の深きことじわじわとせり上がる
2015.05.30 コロコロと階段落ちる心だけ
2015.05.29 「夏ですね」「そうですね」「まだ五月ですね」
2015.05.28 たんぽぽの綿毛なくなりスッポンポン
2015.05.27 ふんばってふんばりきれず真夏日に
2015.05.26 茶を淹れる君と僕とを結ぶ茶器
2015.05.25 茹でガエル気づかぬフリして茹でアガル
2015.05.24 朝刊の届きて眠る休みの朝
2015.05.23 かけてみるあなたに本音発見器
2015.05.22 雨上がり強い緑が目にしみる
2015.05.21 逢いたいと言えば逢いたくなるも罠
2015.05.20 張りつめた乳房に触れぬ放置プレイ
2015.05.19 運試しまだらな雨をかいくぐり
2015.05.18 大波はたとえば海の深呼吸
2015.05.17 泣かないと決めたしりから涙雨
2015.05.16 透き通る命もあるや夏日差し
2015.05.15 遠からず近からずある終わりの刻
2015.05.14 どくんどくん自分が揺れる地が揺れる
2015.05.13 力抜き人受け入れる満員電車
2015.05.12 数に入れてもらえずひとり夏女
2015.05.11 起伏ある心に強い風が吹く
2015.05.10 洗い物山積みにする男料理
2015.05.09 グーからチョキパーッと咲いたらグーに戻り
2015.05.08 ホントよりウソの誘惑キラキラと
2015.05.07 割れ雲の隙よりお日さまやぶ睨み
2015.05.06 冷凍庫見知らぬアイスがぽろりんこ
2015.05.05 バス停にずずいと並ぶ中古椅子
2015.05.04 境界線ぼやけてにじむ五月かな
2015.05.03 隣りに座るだけで感じるI LOVE YOU
2015.05.02 笑いすぎてあごの外れたチューリップ
2015.05.01 近すぎて見えない例えばあなたのこと

4月

2015.04.30 向かい風泳ぎ切るんだ鯉のぼり
2015.04.29 二度寝するアラーム音は消したまま
2015.04.28 少しだけあなたがほしい少しだけ
2015.04.27 想うだけで幸せなんてやっぱりウソ
2015.04.26 私の「好き」とあなたの「好き」は違うみたい
2015.04.25 休日の今日こそ家に風通す
2015.04.24 花散りて力みなぎる桜の木
2015.04.23 しがみつく忍耐それとも散る勇気
2015.04.22 命ある限り恋して仕事して
2015.04.21 花の川私も共に流れたし
2015.04.20 見たくないものにベールを春霞
2015.04.19 口開くときはパカパカ浅蜊汁
2015.04.18 春ゆるみそぼ降る雨の超小粒
2015.04.17 春嵐仏の顔も三度まで
2015.04.16 さらわれて天に昇るか地に散るか
2015.04.15 書き留める時に錘をぶら下げて
2015.04.14 花の雨飾り尽くせり花車
2015.04.13 ぷよぷよがびゅんびゅん流るる春の空
2015.04.12 近寄りしすずめ「春です、春です」と
2015.04.11 雨続き虹色小町で逢いましょう
2015.04.10 手を伸ばし足を伸ばしてバブルバス
2015.04.09 春寒し夢の懸け橋腕枕
2015.04.08 花落ちて眠れ眠れと雨が打つ
2015.04.07 花びらの落ちて残るは爺と婆
2015.04.06 交差する人のまにまに花の舞う
2015.04.05 アイスクリームそのひと口がうれしくて
2015.04.04 輪になって花びら旋風ぐるぐると
2015.04.03 美しや散りゆく花も愛でる人も
2015.04.02 妖艶な香りに酔ひて桜の世
2015.04.01 結びたし朧月夜とあなたの手

3月

2015.03.31 三面鏡わたしがわたしが氾濫中
2015.03.30 半月に花を注ぎて酔いめぐり
2015.03.29 水温みまるくまあるく動きけり
2015.03.28 恋と呼ぶにはもどかしい花見かな
2015.03.27 がっつりと根を張って咲くタンポポポ
2015.03.26 春来たり名札ピカピカ並びけり
2015.03.25 体温をそっくり奪う風・風・風
2015.03.24 ぶつからぬぶつからぬよう花咲きぬ
2015.03.23 スイスイと泳げぬ春の迷路かな
2015.03.22 事切れる裸電球春なのに
2015.03.21 噴水の水も温まる立ち上がる
2015.03.20 窓つたう雨よあなたを見送って
2015.03.19 雨の音に気付きて目覚む春の宵
2015.03.18 トコトントン杖つく人も花を愛で
2015.03.17 いくたびも君の旋律流れる夜
2015.03.16 焦るほど釘は曲がって役立たず
2015.03.15 ぴりぴりと土のひび割れタケノコノコ
2015.03.14 ここだけの話あちこち「ここだけよ」
2015.03.13 新しき暦もすでにアン・ドゥ・トロワ
2015.03.12 口内炎勝手にできて痛みけり
2015.03.11 ジェラシーは媚薬か麻薬か劇薬か
2015.03.10 終電のそろりそろりと動きけり
2015.03.09 つゆためてぽとりと落ちる花しずく
2015.03.08 先想い涙の壺に指当てる
2015.03.07 紅き花生まれはずっと南かな
2015.03.06 おびき寄せるペパーミントの口紅で
2015.03.05 日常をさくっと脱いで春の宵
2015.03.04 元気ない時ほど元気に「おはようございます!」
2015.03.03 出し入れする声と空気とそれから(それから)
2015.03.02 食べて寝てそこから始まる生きるとは
2015.03.01 けぶる夜の男と女宵い酔い好い

2月

2015.02.28 ふと見えた君の余白を埋めていい?
2015.02.27 憎しみはストッキングを破るほどに
2015.02.26 朝帰り抜き足差し足忍び足
2015.02.25 ふんばってふんばりきってラッシュアワー
2015.02.24 靴ひもを結び直せばヨレッテヘッペロッ
2015.02.23 前を行く足に流るる伝線つつーっ
2015.02.22 恋猫の春はこちらと手招きし
2015.02.21 枯れてなお岸壁に立つすすきかな
2015.02.20 赤貝の物言いたげに身をよじる
2015.02.19 髪伸びて命を延ばす女かな
2015.02.18 ちぢこまる我の余白を埋める声
2015.02.17 愛遠くあなたの開けた穴痛む
2015.02.16 ガオガオと吠えて叫んで冬嵐
2015.02.15 「嫌い」って嘘も媚薬の香りかな
2015.02.14 声も出ず失意の底より見ゆる月
2015.02.13 枯れたって花だったならそれでいい
2015.02.12 小さくともダルマは転びすぐ起きる
2015.02.11 ひゅーひゅるりー丸めた背中にぬくもりを
2015.02.10 逢えぬ日のピアノは今日も湿っぽい
2015.02.09 こんこんと湧き出る女の泉かな
2015.02.08 雄叫びは終わりのみえる頃ゆえの
2015.02.07 ぽつぽつとヌードな心にキスをして
2015.02.06 若さゆえ女の武器の見え隠れ
2015.02.05 脚長き人を目で追う二月かな
2015.02.04 生玉子滑って転んでああ無情
2015.02.03 わっしょいしょいあっちもこっちも霜柱
2015.02.02 月めくり今年早くもカウントダウン
2015.02.01 目に映る月のふくらみ君いずこ

1月

2015.01.31 どら猫と呼ばれてニヤリにゃーと鳴く
2015.01.30 夜冷えて雨か雪かとヤキモキし
2015.01.29 淡々と規格通りの愛哀し
2015.01.28 座る場所なければ歩き続けるのみ
2015.01.27 発情期過ぎても恋し人の肌
2015.01.26 ソロバンをぽいっと投げて紡ぐ愛
2015.01.25 幾百年経てど愛して愛されて
2015.01.24 葉は散れど幸多かれと願う夜
2015.01.23 舞い降りて当たって跳ねて消える雪
2015.01.22 人の手が落ちてる素手じゃ寒かろう
2015.01.21 無人駅ひとりふたりとこぼれ落つ
2015.01.20 蜂蜜のような蜜入り林檎パクッ
2015.01.19 目薬のその一滴で見える世界
2015.01.18 しびれ持つ足を12前へ34
2015.01.17 白葱の買い物カゴから脱走す
2015.01.16 地下鉄の吸ってぇ吐いてぇまた吸ってぇ
2015.01.15 灯を消せば我の鼓動のみ響きけり
2015.01.14 ひとり寝に君の形状しのびけり
2015.01.13 向かい合う君とちょっぴり体ずらし
2015.01.12 うつ伏せで潰れし乳房のどくんどくん
2015.01.11 ぬくもりを求め赤く赤く赤く
2015.01.10 おもちゃにはできぬ人だから人だから
2015.01.09 真っ白な吹き出しポポポッ冬の朝
2015.01.08 ドドンのドン真冬の夜の体当たり
2015.01.07 夢浅しこぼれた蜜を掬う指
2015.01.06 地下ありてこその地上ぞ生くる星
2015.01.05 ひとしずく蜜を垂らしてブラックティー
2015.01.04 夢一夜一夜限りと思うゆえ
2015.01.03 水鳥の進みて光の道となる
2015.01.02 雪かいて雪のお堀の出来上がり
2015.01.01 ゆで卵つるんと剥けて初日の出