ikku 2016 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2016

2016年

月をクリックすると開きます。

12月

2016.12.31 年の暮れ何度も見返すカレンダー
2016.12.30 何事も有り難きこと年の暮れ
2016.12.29 思い出とともに歩けど影はなし
2016.12.28 裸木の内にたっぷり恋涙
2016.12.27 耳隠しうなじ隠して冬の髪
2016.12.26 月は照るあなたが居ても居なくても
2016.12.25 カラカラと枯葉転がる師走かな
2016.12.24 さらさらと光流れるクリスマス
2016.12.23 傘の骨折れて折れても傘を成す
2016.12.22 猫の手も役に立つのか冬の暮れ
2016.12.21 定刻にピシピシホームに入る列車
2016.12.20 ケンカした夜はちびちび手をつなぐ
2016.12.19 日が変わる瞬間ぺろりとめくる音
2016.12.18 星ひとつ見えればにぃさんああたくさん
2016.12.17 「てにをは」を直して直して全部消し
2016.12.16 寒いねと言ってすり寄る二人かな
2016.12.15 風邪ひいてかすれる声のなまめかし
2016.12.14 思う人のまなざし揺らす冬の雨
2016.12.13 夕暮れは宇宙の底かてっぺんか
2016.12.12 新米の胸に飛び込むボケ始め
2016.12.11 水滴の一つ一つに潜む我
2016.12.10 エメラルドひとつぶパクリ秋苦し
2016.12.09 白菜の剥いでも剥いでも白い足
2016.12.08 落ち葉にも痛みはあるかふみふみふみ
2016.12.07 飯を炊くしゅっしゅぽっぽと炊飯器
2016.12.06 白障子一日一個穴を開け
2016.12.05 焦点の合わぬこと増え鰯雲
2016.12.04 埋み火を掘り起こしてる君の杭
2016.12.03 一途なる愛に包まれ冬の舞
2016.12.02 不確かな明日より今を楽しめり
2016.12.01 ビー玉の転がる床をただ見つめる

11月

2016.11.30 落ちてくる言の葉待ちて落ち葉焚き
2016.11.29 姫らしく三つ指ついてあっかんべー
2016.11.28 雨沁みて桜の幹の黒々し
2016.11.27 揺らいでも揺らいでもしがみつく葉っぱ
2016.11.26 お日さまが背を押す我はソーラーカー
2016.11.25 服を脱ぎ手足をもがれ眠るドール
2016.11.24 空き缶の行ったり来たり電車内
2016.11.23 ざわざわと水が空気が騒ぐ朝
2016.11.22 黒帯を解けばさらりと湯にそうめん
2016.11.21 美しきくぼみふくらみそれも好き
2016.11.20 秋色をはらりはらりと落とす風
2016.11.19 ひとつひとつくせを覚えて君を知る
2016.11.18 「好きだった」過去形なんだ君と僕
2016.11.17 ひとつひとつ覚悟を決めて年末へ
2016.11.16 窓揺すり叩く北風ここにあり
2016.11.15 「静かだねぇ」「うん」と返らぬあたしんち
2016.11.14 まっさらの紙さりげなく指を切る
2016.11.13 来るのかなぁ来ないのかなぁ誰を待つ
2016.11.12 とりどりの傘流れ出すターミナル
2016.11.11 パン焦がしコーヒーこぼしユルイ朝
2016.11.10 冬色の風が背中をピシパシと
2016.11.09 流れ去るもの追いかけて沈む秋
2016.11.08 読まれることなき本くくる秋苦し
2016.11.07 次の世は君の気をひく赤とんぼ
2016.11.06 薔薇一本チクリと刺して君のハート
2016.11.05 ぽつりぽつり我をめがけて落ちる雨
2016.11.04 赤や黄のダダダダダッと山下りる
2016.11.03 でっぱりくんへっこみくんとラブラブなう
2016.11.02 秋の日の鋭く鈍く輝けり
2016.11.01 チャージしたカード一枚秋の旅

10月

2016.10.31 ススキにはススキの流儀すぎる風
2016.10.30 花びらが欠けてくようにひとりひとり
2016.10.29 くりくりとリンゴ回してリンゴ剥き
2016.10.28 熟れ柿のずずずと吸って見る鏡
2016.10.27 ぷうぅんと匂う銀杏の後始末
2016.10.26 AIに許しを請ひて生きる人間
2016.10.25 爪切れば指軽やかに踊る午後
2016.10.24 あんなことこんなことあり君に逢う
2016.10.23 深煎りの豆をガリガリカリカリカリッ
2016.10.22 半分の月を手元に眠らんや
2016.10.21 荒々し日本酒のどになだれ込む
2016.10.20 ドア閉まる閉まってしまった降車駅
2016.10.19 愛紡ぐ揺れるススキに身を隠し
2016.10.18 幾重にも雲のベールを纏う月
2016.10.17 窓開けて一歩下がりて秋の風
2016.10.16 言葉ひとつ言えただろうか君の背に
2016.10.15 人生の旅も深紅に染まりけり
2016.10.14 落鮎をとらえて旨しありがたし
2016.10.13 新米の青みがかった白い粒
2016.10.12 交尾することなき老いの涙かな
2016.10.11 葉の上に飛び乗るようにひとしずく
2016.10.10 身にしみるあの日あの時秋の風
2016.10.09 水道の水もピリッと日の出前
2016.10.08 ありはなしなしはありよと本が言う
2016.10.07 生きては消し消しては生きるも人生か
2016.10.06 ごぉという音なく背後に車あり
2016.10.05 夢に見る仏ほんのり微笑めり
2016.10.04 わしゃわしゃと苔生えぬよう洗う墓
2016.10.03 捨て団扇拾い上げればぼろぼろと
2016.10.02 風するり小雨のぱらり秋簾
2016.10.01 命とは孤独と向き合う時間かな

9月

2016.09.30 仏なら痛みはあるか息あるか
2016.09.29 ぽつりぽつり雨よ止まれと急ぎ足
2016.09.28 君を待つただそれだけの秋の宵
2016.09.27 まぶしくてただまぶしくて泣ける朝
2016.09.26 秋茄子のきゅっとしまりて種はなし
2016.09.25 惚れるだけなら罪はなし秋ららら…
2016.09.24 曼珠沙華毒を盛るならてんこ盛り
2016.09.23 軋み痛み忘れるようにただ歌を
2016.09.22 洗い髪甘い匂いの人が行く
2016.09.21 チカチカと点いては消えて沈む秋
2016.09.20 順繰りに繋ぐ命と役目かな
2016.09.19 痩せたならきっと病と捨てゼリフ
2016.09.18 スーパーのコーナー毎に秋の味
2016.09.17 ほろほろと鳴けばほろほろ泣けてくる
2016.09.16 噛まずとも人を呑み込む駅パンパン
2016.09.15 もしかしたら…知らない駅でくじを買う
2016.09.14 絶えることなき露垂らす秋の宵
2016.09.13 ひと粒がさやを飛び出し青信号
2016.09.12 競うようにニョッキニョッキと泡立草
2016.09.11 黒いしみのようにぽつぽつ秋の雨
2016.09.10 待ちわびた月は心の眼で拝む
2016.09.09 めでる月立って座って横になって
2016.09.08 喉にだけお湿りほしい九月かな
2016.09.07 夏過ぎて花火の音も湿りがち
2016.09.06 共に生きる命の器くっつけ合い
2016.09.05 こおろぎは鳴くよ朝も昼も夜も
2016.09.04 恋心行き場なくして漂えり
2016.09.03 唇の端から端まで好きと言い
2016.09.02 焼けた肌なででなつかし真夏の日
2016.09.01 朝顔の咲いて萎んでモグラ叩き

8月

2016.08.31 夏の香を剥ぎ取るごとくタイフーン
2016.08.30 欠落部それは女の落とし穴
2016.08.29 駄々っ子のように雨が降る風が吹く
2016.08.28 濡れてくしゅんしぼんだ花と赤い傘
2016.08.27 金魚鉢どちらも見てる見られてる
2016.08.26 押し下げる闇のジッパー夏の暮れ
2016.08.25 当たるまで夢は夢のまま宝くじ
2016.08.24 呑み込んで吐き出し続けるターミナル
2016.08.23 ぽろり逝く夢のかけらよタイフーン
2016.08.22 そばに来てじっと見つめて猫ごろり
2016.08.21 コオロギのコロコロコロと鳴き始む
2016.08.20 脱いだものそのままにして飛び立つセミ
2016.08.19 二人なら行きたい場所が増える夏
2016.08.18 暑苦しい文字がぎゅぎゅっと残暑見舞い
2016.08.17 お互いの白髪が語る月日かな
2016.08.16 目を閉じてむさぼる心地よき夢を
2016.08.15 盆休みネオンサインの大あくび
2016.08.14 それとなく足踏み入れてカキ氷
2016.08.13 蝉の声よき塩梅の子守唄
2016.08.12 限りある命傾け蝉しぐれ
2016.08.11 天球の星をふんわりスモークベール
2016.08.10 星流れ涙流るる夏の果て
2016.08.09 しゅるるんと終わりたくない夏花火
2016.08.08 そそくさと秋は立てども腰砕け
2016.08.07 口紅の残る唇もう一度
2016.08.06 至るところステージとなり歌う夏
2016.08.05 忘却は自然に戻る第一歩
2016.08.04 タコの足よりなまめかしイカの足
2016.08.03 面白きほど転々と夏の空
2016.08.02 風鈴のちりりん空中散歩かな
2016.08.01 きゅうり揉み揉まれて泣くな美味しくなれ

7月

2016.07.31 幸せのカタチは丸でも四角でも
2016.07.30 暑さゆえホットコーヒー濃い目にて
2016.07.29 最初のキス高め合うキス終わりのキス
2016.07.28 以前とは違う見えるもの見えぬもの
2016.07.27 猫だけにアイラブユーもにゃんにゃんにゃん
2016.07.26 その雄の生きてる匂い胸いっぱい
2016.07.25 耳たぶに残る痛みは彼方から
2016.07.24 梅雨明けを待てずジリジリ蝉時雨
2016.07.23 突っ張って舞ってはたいて夏相撲
2016.07.22 アクセルを踏めばあの世へひとっ飛び
2016.07.21 身を縮めることもかなわず満員電車
2016.07.20 おにぎりの心に秘めた秘密かな
2016.07.19 身を折りて背中丸めて成るきゅうり
2016.07.18 日の丸の並びてうれし祝いの日
2016.07.17 もうダメと思えど歌うラブソング
2016.07.16 ぶきっちょでアホな我にも朝は来る
2016.07.15 思い出す努力が必要幸せには
2016.07.14 今日ひとつ昨日もひとつ乗り過ごし
2016.07.13 役割を終えて帰ろう私の海
2016.07.12 好きだけど…だけどの後は言わないで
2016.07.11 あなたとの思い出抱いて眠る夜
2016.07.10 影のできるうちが花よと空仰ぐ
2016.07.09 この先はイバラの道か?いやバラの
2016.07.08 生きていれば苦あり楽ありザブンザブン
2016.07.07 肩組んで踊る音符のさくらんぼ
2016.07.06 くちなしの朽ちていよいよ匂い立つ
2016.07.05 君在らばかの地のディナーも美味しかろう
2016.07.04 マグロなら食べるに限る寝てちゃダメ
2016.07.03 夏の朝カーッと日差しの贈り物
2016.07.02 鮎食えば鮎の匂い立つ女かな
2016.07.01 とらわれし花の命を刻む夜

6月

2016.06.30 まじめまじめまじめきわめて死ぬ阿呆
2016.06.29 水彩の色を重ねてゆく紫陽花
2016.06.28 命乞いはもういいもう十分生きた
2016.06.27 ハチミツのようにねっとり夏日差し
2016.06.26 鉄棒にぶら下げてみる全体重
2016.06.25 濡れ草の匂いにむせる梅雨の朝
2016.06.24 延命を請ひて断ち切る欲の行方
2016.06.23 濡れそぼるひと夜の際に潜むワナ
2016.06.22 水滴のひとつに閉じ込められた我
2016.06.21 真っ白な皿汚すように盛るカレー
2016.06.20 割り切れぬ想い例えば素数とか
2016.06.19 とろとろと思い出流るるうたた寝に
2016.06.18 妙の湯の命湧き出る生き返る
2016.06.17 愛ひとつくれし人みな老いてゆく
2016.06.16 薄っぺらい笑い渦巻くTVショー
2016.06.15 マラソン人重き心は置き去りに
2016.06.14 ああこれはくちなしだよと姿さがす
2016.06.13 日日日日日積み重ねれば天に届く
2016.06.12 テイクオフ直前ガクアジサイの蝶
2016.06.11 ガスの火のシャキッと立ちて夏の青
2016.06.10 カタチなきポテトサラダのねっとりと
2016.06.09 はめ込まれた街の輪郭なぞる風
2016.06.08 足の爪パチンと切れば大ジャンプ
2016.06.07 ひと針を大きく刺して梅雨に入り
2016.06.06 靴投げて明日の天気は晴れかなと
2016.06.05 浮いて愛沈んで恋の心位置
2016.06.04 青天の山滴りて集う人
2016.06.03 水分をカラッカラにして夏ピリリ
2016.06.02 夕暮れに沸き立つ雲の力こぶ
2016.06.01 一枚ずつ脱いで脱ぎ捨て夏の恋

5月

2016.05.31 ときほぐすのもかためるのもただ一言
2016.05.30 我の心たずさえホタル飛んで行け
2016.05.29 その揺れは神の怒りか戒めか
2016.05.28 日めくりの命がさりと削り取り
2016.05.27 楽しみの後に必ず涙あり
2016.05.26 ばっさりと空を切るように夏つばめ
2016.05.25 巻きつけてぶうらり藤の生きるさま
2016.05.24 待ち時間もったいなくて歩き出す
2016.05.23 手を放してしまった風船高く高く
2016.05.22 おそるおそる近づき止まる蚊が一匹
2016.05.21 日めくりを一枚生くる日の減りぬ
2016.05.20 雀とて集えば混声合唱団
2016.05.19 玉ねぎをひたすら刻む絵にうるる
2016.05.18 同じ月見ている人と三角関係
2016.05.17 コンビニの袋透けてる今日のメシ
2016.05.16 黒ずんだバナナひと剥きああ甘い
2016.05.15 飛行機雲引いた尻から消えて行く
2016.05.14 すると消えさっと現る浮遊人
2016.05.13 ミニトマトみたいにポツン若き日々
2016.05.12 恋みくじ心の中でガッツポーズ
2016.05.11 君の長いまつ毛が揺れる風起こる
2016.05.10 衣解き乱れる心にそっとキス
2016.05.09 うたた寝に恋しき人の二度三度
2016.05.08 ノイズ混じりラジオだったと気づくカフェ
2016.05.07 制服のようなスーツのこすれ合い
2016.05.06 夏日差し火照った頬に氷水
2016.05.05 唇から出る寂しさを歌にして
2016.05.04 ハナミズキ飛び立てぬまま地に落ちる
2016.05.03 スニーカー歩け歩けと誘ひけり
2016.05.02 色褪せし花のかけらを集める風
2016.05.01 くるくると日々を重ねてバームクーヘン

4月

2016.04.30 消しゴムで擦れば黒く滲む過去
2016.04.29 春風にピシパシ叩かれ乾くシャツ
2016.04.28 かたくなる乳房のてっぺん撫でる風
2016.04.27 包丁を夜中に研げば光る闇
2016.04.26 花散れどわたしは元気タンポ・ポ・ポ
2016.04.25 春眠や画面に並ぶRの文字
2016.04.24 泣かないと決めた約束木っ端微塵
2016.04.23 手をつなぐ理由はきっとアイ・ラブ・ユー
2016.04.22 十居れば十の幸せパンポロリン
2016.04.21 A.I.が一句ひねりてあゝ無常
2016.04.20 惚れたのか惚けたのかと窓拭う
2016.04.19 配り終えた春の背中に夏がぴょん
2016.04.18 山唸り海泣き喚く春嵐
2016.04.17 日曜のポストにぼそっと紙の束
2016.04.16 目を閉じれば幸せあふるる二度寝かな
2016.04.15 マネキンの踊り出しそうな春ららら
2016.04.14 太り過ぎと言われて悲し春大根
2016.04.13 子の声をうるさいと言う世の悲し
2016.04.12 自販機の「あたたかい」押す「つめたい」出る
2016.04.11 半乾きのかさぶた剥がす君の言葉
2016.04.10 生きて死に死んでは生きる春ゆえに
2016.04.09 遠近のなくなり君は我となり
2016.04.08 春の雨濃いも淡いも花散らす
2016.04.07 花散らす枝垂れ桜のみぎひだり
2016.04.06 ひとつひとつおさめて終わるある季節
2016.04.05 雨なのよ雨だから君抱き寄せる
2016.04.04 匂ひ立つ桜に惑ふ四月かな
2016.04.03 偏れば揺り戻しある世界かな
2016.04.02 明日という未来を齧って行く時計
2016.04.01 とろとろと闇がとろけてバレるウソ

3月

2016.03.31 数式のない世界にもXYZ
2016.03.30 シャボン玉ぽぽんと跳ねて空高く
2016.03.29 かけ流しの湯みたくあふるる愛の蜜
2016.03.28 ゆで卵つるりと剥けて春となり
2016.03.27 秒刻む音が嫌いと時計をポイ
2016.03.26 目を閉じれば夢の世界へひとっ跳び
2016.03.25 下に行けばミスターCがまるくなる
2016.03.24 恋という生き物ゆえの泣き笑い
2016.03.23 えびせんの味がしたんだファーストキス
2016.03.22 着ぐるみの頭のもげてああオッチャン
2016.03.21 くねらせたエイヒレちぎろうアチチッチ
2016.03.20 なつかしいけれど名前が出てこない
2016.03.19 近づけば産毛の光る君の肌
2016.03.18 告げる恋告げぬ恋ありホーホケキョ
2016.03.17 カラスにはカラスの言い分ゴミ漁り
2016.03.16 やわらかなひらがねねんねんころりんこ
2016.03.15 想定外冷たい雨が身を穿つ
2016.03.14 さみしくない言うほどさみしさ沁みてくる
2016.03.13 手のひらでつかむ君と僕との宇宙
2016.03.12 色のない唇ぎゅっと赤を塗る
2016.03.11 また来たか新年度というガラガラポン
2016.03.10 雨強しモノクロームな内と外
2016.03.09 鬼はおらぬ鬼の面つけたやつらだけ
2016.03.08 影のない日は存在感すらない日
2016.03.07 夢で逢うことさえはばかられて一夜
2016.03.06 生と生重ねてとくとくどくどくと
2016.03.05 ためらいの傷あと増えるひとり芝居
2016.03.04 あなたへと抜け道近道分かれ道
2016.03.03 キズ塞ぐ心のカサブタ剥いじゃダメ
2016.03.02 傷口を舐めて治せるのなら舐めて
2016.03.01 そのズレが致命傷かも春嵐

2月

2016.02.29 忘れそうになるあの人の匂う夜
2016.02.28 刺身にも名札を付けて差し出せり
2016.02.27 冬の空 星の瞬き 帰ろかな
2016.02.26 あみだくじ外すべきとき引く当たり
2016.02.25 溢れ出る涙熱くてやけどしそう
2016.02.24 君想ふだけでじんわり冬の宵
2016.02.23 乱れても乱れ切らない秘恋かな
2016.02.22 巻き癖のストンと抜けてああ直毛
2016.02.21 ぷつぷつと甘いためいきパンケーキ
2016.02.20 輪郭のぼやけてふくれるお月さま
2016.02.19 あふれ出す笑顔笑顔のおすそわけ
2016.02.18 ためらいの点滅信号もうすぐ赤
2016.02.17 コロッケがコロコロ三個のランチ食ふ
2016.02.16 冷え極み我の手を切る水刀
2016.02.15 にわか雨止めばあなたが来るような
2016.02.14 雨はじき雪をはじきて赤い花
2016.02.13 重力波あればワープも可能かな
2016.02.12 すってんころりんした姿みたい三日月夜
2016.02.11 ポンポンと手を叩く鯉を引き寄せて
2016.02.10 君と逢う日までチクタクチクタクタク
2016.02.09 湯を注ぐカラカラになった心にも
2016.02.08 なかなかに凍らぬ池の深き闇
2016.02.07 飛び石を渡れば亀の甲を踏み
2016.02.06 たゆたゆとして人心のゆれるまま
2016.02.05 つんとした空気の中に甘い恋
2016.02.04 唇を離すは寂しまた触れて
2016.02.03 待ちわびてのばした首のポキンとな
2016.02.02 太るほど喜ばれない白大根
2016.02.01 涙もろいその目を隠す黒メガネ

1月

2016.01.31 少しだけ夜風にさらす洗い髪
2016.01.30 申年の登って落ちてを繰り返し
2016.01.29 揺りかごのようにたぷたぷ昼の海
2016.01.28 受験生バカは困るが風邪ひくな
2016.01.27 振れ幅をもっと増やして冬の暮れ
2016.01.26 煮玉子の箸つき立てればはね返し
2016.01.25 冬さなか夕陽は川に流れゆく
2016.01.24 日の当たる土のぽっこり春を待つ
2016.01.23 君とともに花に埋もれる夢のとき
2016.01.22 いい人と言われて悲しい花いちもんめ
2016.01.21 ずずずーっとビルの吸い込む人・人・人
2016.01.20 冷静を装うほどに燃える魂
2016.01.19 あなたはどの顔を見せるのハーフムーン
2016.01.18 人に添い街を歩けば風留まる
2016.01.17 お日さまの引力強し日向ぼこ
2016.01.16 食べられてなんぼ回るよ回る寿司
2016.01.15 身体の芯に種火を点ける君の息
2016.01.14 わずかばかり喉に引っかかるブロッコリー
2016.01.13 君想う鳩の降り立つホームにて
2016.01.12 輝きをぽとり垂らして陽は沈む
2016.01.11 目を覚ます如く山茶花咲きにけり
2016.01.10 恋文の返事なきこと返事なり
2016.01.09 冬本番マスクの人は背を丸め
2016.01.08 ぼやけてる輪郭がいい裸眼ゆえ
2016.01.07 あっけらかんと花芯を見せて朽ちる花
2016.01.06 無駄な時などなかったと花の意地
2016.01.05 あなたの手にそっと触れるのはまた今度
2016.01.04 花畑動くリボンは紋白蝶
2016.01.03 そっと声を出し続けてみる湯船より
2016.01.02 半月を窓に映してフルムーン
2016.01.01 裸木の黒いげんこつエイエイオー