ikku 2005 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2005

2005年

月をクリックすると開きます。

12月

2005.12.31 ガラクタと格闘してる年の暮れ
2005.12.30 湿り気のない音ばかり暮れの夜
2005.12.29 黄昏の陽のあたためる背中かな
2005.12.28 道行く人絶えてシャッター撫でる風
2005.12.27 枝揃え刃先に見ゆる白い富士
2005.12.26 カゴいっぱい枯葉集めし古いチャリ
2005.12.25 楽しければいいとも思えぬ冬の暮れ
2005.12.24 風去りて数える一人となりにけり
2005.12.23 香に触れし鼻に心に花の咲く
2005.12.22 ごめんごめんごめんで許す弱さかな
2005.12.21 満たされて失うものがまた増えて
2005.12.20 偏差値で計れぬ恋の適性値
2005.12.19 空の奥深く沈みて星霞む
2005.12.18 師走より鉛の雲が落ちてくる
2005.12.17 藻の陰に隠れし君と遠い夏
2005.12.16 生臭き朝に目覚むる女かな
2005.12.15 ただひとり凍り固まる赤い薔薇
2005.12.14 死に人の空に溢れん星の数
2005.12.13 立ち話短く済ます師走かな
2005.12.12 泣き雲に胸を圧されてゴホンゴホン
2005.12.11 さよならの代わりにふぶく能登空港
2005.12.10 塩加減あっさり和倉の湯はやさし
2005.12.09 空高し傷みに耐える花一輪
2005.12.08 まず疑うことから始む世は哀し
2005.12.07 山しぐれ黒ずむ仏の数知れず
2005.12.06 ブランコの揺れ揃わぬまま冬が来る
2005.12.05 逃げてゆく日を追いかける十二月
2005.12.04 せわしなき落葉集めもひと休み
2005.12.03 起き抜けを冷気に浸す夜明けかな
2005.12.02 垂れ込める雲ずりずりと地を攻める
2005.12.01 長袖の腕に冷気を畳み込み

11月

2005.11.30 ひとり帰る街の灯りが目にしみる
2005.11.29 喉元に胡麻の香残る夜長かな
2005.11.28 草の匂い殺して開発急ピッチ
2005.11.27 寒空にきょとんと咲けり小向日葵
2005.11.26 君の香を纏ひてひとり今夜もひとり
2005.11.25 一発でピッタリ米の水加減
2005.11.24 口開かぬシャッターこする風痛し
2005.11.23 枯菊を焚きて昨日の虫封じ
2005.11.22 人の香の消えて冷え込む夜明け前
2005.11.21 憧れと名付けて一つ流れ星
2005.11.20 鉄骨を次々刺せる入日かな
2005.11.19 ことごとく軌道外れし霞み月
2005.11.18 大小の鏡集へる川面かな
2005.11.17 眠りとは時を失う恐怖なり
2005.11.16 口開けてつぶつぶみせる柘榴かな
2005.11.15 寄り添ひて語り尽くせぬ夜の果て
2005.11.14 時刻む音に目覚むる午前四時
2005.11.13 次降りますランプ灯りてひと眠り
2005.11.12 古本の枯れた匂いにうつら
2005.11.11 平和ゆえ刺激求むる目に耳に
2005.11.10 音もなく日付変わりてこんばんは
2005.11.09 魂を二つ並べて月見酒
2005.11.08 冬近しコスモス揺れる猫背かな
2005.11.07 世を見るか世の先見るか夜ふくろう
2005.11.06 少しずつ少しずつ山衣替え
2005.11.05 菊人形一息入れる夜半過ぎ
2005.11.04 身を包む冷気の衣破れ難し
2005.11.03 白い猫黒い猫にもかげのあり
2005.11.02 木の葉降るもっとゆっくりゆっくりと
2005.11.01 あらがうことなくすっぽりと抜けし葱

10月

2005.10.31 狂うほどの勇気もなくて夜長し
2005.10.30 てろてろと燃えて悔いなし曼珠沙華
2005.10.29 草踏めば草の命の匂い立つ
2005.10.28 乗り越してベンチに座る異邦人
2005.10.27 トタン屋根雨粒ぽろぽろタップ踏む
2005.10.26 衰えし日の少しずつ少しずつ
2005.10.25 日常をこぼれて湧きし夢見力
2005.10.24 顔色の冴えぬ朝には紅もみじ
2005.10.23 傘残る座席に美人が居たそうな
2005.10.22 触れぬまま別れし君の香り追ふ
2005.10.21 ゆらゆらがキラキラとなり秋の水
2005.10.20 君の肩とんぼがそっと着地する
2005.10.19 カシャカシャと漏れる音から曲当てクイズ
2005.10.18 胡麻すりてぷうんと香ればぐうと鳴り
2005.10.17 花びらのひとかたまりがテイクオフ
2005.10.16 新聞を畳みて一日終える父
2005.10.15 順番を乱して君は先に逝く
2005.10.14 脇にはさみ体温計をあたためる
2005.10.13 台風が日本列島じっと睨む
2005.10.12 ブランデー口に含みて夜縮む
2005.10.11 手に吸われ手からこぼれし手毬かな
2005.10.10 遠目にはトンボのようなヘリコプター
2005.10.09 霧の中ランプのような君が居る
2005.10.08 やや酔えば辛くない悲しくない寂しくない
2005.10.07 差し障りなき夢語り秋の夜
2005.10.06 間引菜の無念むしゃむしゃ口に入る
2005.10.05 水はただ低きに流れ罪はなし
2005.10.04 沼底にぽとりと落とす記憶かな
2005.10.03 ゆく夏が何度も何度も振り返る
2005.10.02 耳に入る音を数えし夜の秋
2005.10.01 遠くの灯つかみそこねてビルの底

9月

2005.09.30 何食えど心の穴は塞がらぬ
2005.09.29 そのときをその目にとどめ焼秋刀魚
2005.09.28 ずりずりと落ちてふくらむ夕陽かな
2005.09.27 野菜たちなかよしこよしのシチューかな
2005.09.26 つまづきて急接近の大地にキス
2005.09.25 恋一つ愛一つ夢に出ては消ゆ
2005.09.24 裏切らぬものは朝昼夜の順
2005.09.23 また恋がしたいと思う若さかな
2005.09.22 顔文字を駆使して互いの機嫌とり
2005.09.21 手の中に隠れしエンピツ捨てられず
2005.09.20 夕暮れの匂いを連れて乗る電車
2005.09.19 秋の陽の手招きしてる風揺れる
2005.09.18 愛されずして闇深く落ちにけり
2005.09.17 どこまでも草の茂りてかくれんぼ
2005.09.16 船過ぎて光ねじれし波の上
2005.09.15 枯れ枝をぽきりぽきりと手折る秋
2005.09.14 葡萄食ふ口元きみも吸血鬼
2005.09.13 半月や窓に映るを足して一
2005.09.12 蝉しぐれピタリと止みて秋の雨
2005.09.11 コスモスの風に流れてストレッチ
2005.09.10 裏切らずやってくるのは朝ばかり
2005.09.09 夕暮れの匂いに溶かす秘密かな
2005.09.08 きみ知るやからだにしみるひとことを
2005.09.07 ケータイがブルッて知らせるSOS
2005.09.06 ビニール傘ずらり並べて選挙戦
2005.09.05 大吟醸やさしい嘘を肴にして
2005.09.04 息を吸うだけでも苦し残りの暑
2005.09.03 雨降れば君との距離の縮むかな
2005.09.02 薄れゆく夏の香りと恋の匂い
2005.09.01 中吊りの衣替えする九月かな

8月

2005.08.31 木の肌のじわりと動く蝉しぐれ
2005.08.30 会えるかなと思ひて今日も二十四時
2005.08.29 夏の陽のぽとんと落ちて闇深し
2005.08.28 人里に下りて草食ふ鹿の群れ
2005.08.27 アスファルト熱にゆるみて足を取る
2005.08.26 窓ピシピシタテヨコナナメに切り裂く雨
2005.08.25 甘くない悲しいときのスウィーツは
2005.08.24 足太く地面に下ろせり夏の雨
2005.08.23 涼しげな顔して熱いメール打つ
2005.08.22 決められないときはどちらもハズレくじ
2005.08.21 虫歯のキミ忘れた頃にシクシクと
2005.08.20 好きな人の汗の匂いも媚薬かな
2005.08.19 待ってると鳴らないケータイ夜長し
2005.08.18 夕焼けて今日はまずまず七十点
2005.08.17 地の揺れに感じる人の無力かな
2005.08.16 花火より派手に踊るは雷神か
2005.08.15 ハイウェイをびっしり埋めし夏土産
2005.08.14 ドンドンと音のみ伝ふ遠花火
2005.08.13 イナビカリ背中まるめて帰途急ぐ
2005.08.12 行く夏の背中を押すや蝉しぐれ
2005.08.11 トマトくさいキュウリくさいと孫の言い
2005.08.10 げそ食ひてくるりと回す手と足と
2005.08.09 ぽつりとも涙こぼさぬ空ばかり
2005.08.08 炎天下くすむ空色こころの色
2005.08.07 次々と奥歯の痛むウィークエンド
2005.08.06 おせっかいな風がもたらす異な香り
2005.08.05 まっすぐに道行く寂しきお人かな
2005.08.04 群集の喘ぎ聞こゆる夏の宵
2005.08.03 咲くことのないつぼみ落つそれも命
2005.08.02 肩に止まるとんぼゆっくり歩こうか
2005.08.01 ひと降りに暑さやわらぎ頬ゆるむ

7月

2005.07.31 不機嫌な空をなだめる母いずこ
2005.07.30 突風が止んで青い空青い海
2005.07.29 コタキナバル山にましろなシャッポかな
2005.07.28 青空の中に飛び込むエアプレイン
2005.07.27 街歩き声かけられるも意味不明
2005.07.26 スコールってすっかり忘れる雨のこと
2005.07.25 日本語でもてなし受けてついTHANK YOU
2005.07.24 潮騒の音で目覚める朝早し
2005.07.23 木の上でおやすみなさいテングザル
2005.07.22 一時間戻して進むデイフライト
2005.07.21 風のない日は風思う夕まぐれ
2005.07.20 うわさとは風のもたらすおせっかい
2005.07.19 靴洗い喜んでする子供かな
2005.07.18 軒先を避けて進めりコンチキチン
2005.07.17 待つでなし待たぬでもなし月明かり
2005.07.16 熱入ると心緩めぬ真夏日なり
2005.07.15 冷蔵庫スイカ一個が占領す
2005.07.14 人を待つ鏡に映る恋心
2005.07.13 雨の朝激論交わす小鳥たち
2005.07.12 真夏日のぐっと押し黙るかざぐるま
2005.07.11 一人蚊に食われ痒がるのも一人
2005.07.10 雨だれの音はテノール→バリトン→バス
2005.07.09 涼風のやさしさほろり涙ぽろり
2005.07.08 何度見てもあなた冷たき夢の中
2005.07.07 小さなウソ人を伝ひてふくらめり
2005.07.06 ベランダの手すりトトトン雨跳ねる
2005.07.05 雨上がりぽたりぽたりと屋根が泣く
2005.07.04 空振りと凡打の続く御前試合
2005.07.03 のぼるのかころげ落ちるのか四十坂
2005.07.02 雨の匂い徐々に濃くなる重くなる
2005.07.01 君知るか宴の後のさみしさを

6月

2005.06.30 割り箸のいびつに割れてもう一膳
2005.06.29 ぽつぽつと当たりて地下へ急ぐかな
2005.06.28 生命線なぞりて我の手につなぐ
2005.06.27 ごつんごつん水の流れに力こぶ
2005.06.26 真夏日の風なく白く濁る街
2005.06.25 ぜいぜいと息を切らして扇風機
2005.06.24 ひまわりの頭トントンたたく雨
2005.06.23 甘いかな今年占う初スイカ
2005.06.22 クリームを泡立てもこもこ入道雲
2005.06.21 散歩道行きと帰りは違う月
2005.06.20 時の果て知らず流るる二人かな
2005.06.19 平和ボケ鳩は車道でのんびりと
2005.06.18 抜け道を探していたら迷い道
2005.06.17 雨煙る短き夜を分かち合ふ
2005.06.16 紫陽花や昨日と同じ色はなし
2005.06.15 悠長に泳ぐ蚊のあり夏むんむん
2005.06.14 てんとう虫葉裏に隠れ居ないフリ
2005.06.13 浅漬けのきゅうりぽりぽり夏入りぬ
2005.06.12 国力を論じる足はよろよろと
2005.06.11 梅雨本番傘の紫陽花咲きにけり
2005.06.10 薔薇の花触れてこぼるる真紅の血
2005.06.09 葉の裏の小さきかえる雨を待つ
2005.06.08 口裂けるほど大あくびの日本かな
2005.06.07 花よりもつぼみ数えて買う一鉢
2005.06.06 月幾度抱きて眠る女かな
2005.06.05 雷よ来るな来るなと草野球
2005.06.04 なつかしい声に振り向く交差点
2005.06.03 あんぱんのへそを残してまるく食う
2005.06.02 屋外にイスを持ち出しロダンする
2005.06.01 自惚れるために覗ける鏡かな

5月

2005.05.31 傷つかぬため着ぶくれる心かな
2005.05.30 スケジュールすっかりぶっ飛ぶ怪我の後
2005.05.29 いにしえより口閉じられぬ埴輪かな
2005.05.28 へそ曲げてへの字で止まる時計かな
2005.05.27 悲しみの肩寄せ合ひて咲く紫陽花
2005.05.26 ポワゾンは毒と言い張る君青し
2005.05.25 後出しで負けるジャンケンそんな恋
2005.05.24 朴の木の葉にぺったりと開く花
2005.05.23 見覚えのある人の背になびく視線
2005.05.22 花過ぎて次々抜かるる花壇かな
2005.05.21 夢は逃げぬ己が夢から逃げるだけ
2005.05.20 観客を集めて咲けり花の壁
2005.05.19 幼な月半身隠して地を覗く
2005.05.18 筋肉痛ひととき忘るる湯船かな
2005.05.17 薔薇に触れ心の裏にかすり傷
2005.05.16 進歩することのさみしさにわか雨
2005.05.15 昼顔のぼんやり咲きて夢うつつ
2005.05.14 我起こす夜明けの赤に濁りなし
2005.05.13 どこまでが我の熱かな火の抱擁
2005.05.12 枯れたバラ素手でつかめばトゲ痛し
2005.05.11 傷つくまい今日も鎧を着て歩く
2005.05.10 風薫る北の便りは桜色
2005.05.09 行くあてのなくて居座る風邪ひとつ
2005.05.08 雨香る人の嘘にも花一輪
2005.05.07 105円ビニール傘のはじく雨
2005.05.06 生きていること確かめん水の音
2005.05.05 泣く人も笑う人も見る星の海
2005.05.04 花ほぐれ空もほぐれし夜明けかな
2005.05.03 歳食ひて夢にも色のあるを知り
2005.05.02 指先に残りて甘しメロンパン
2005.05.01 風ゆるゆる回りきれないぺんぺん草

4月

2005.04.30 鯉のぼり腹にたっぷり風包む
2005.04.29 髪解けばどっと流るる疲れかな
2005.04.28 春の月ほんのり嘘をにじませて
2005.04.27 通ひ来る風のしぐさに頬を染め
2005.04.26 恋惑ふ今宵の月はグラマラス
2005.04.25 こくりこくり風にうなずく八重桜
2005.04.24 バージョンアップ言うは易しと紅を買ふ
2005.04.23 君の背のいとしきカーブ震えてる
2005.04.22 高架下落書き増える四月かな
2005.04.21 古本をめくりて落ちる領収書
2005.04.20 覚悟決め雨待つ最後の桜かな
2005.04.19 くちびるをぎゅっと結んで涙がまん
2005.04.18 瞬きて大地を臨む月半分
2005.04.17 こまごまと区切りて僕の私の土地
2005.04.16 靴の音右に左に分かれけり
2005.04.15 街灯り家の灯りも春の色
2005.04.14 砂利道にさくりさくりと足を置く
2005.04.13 君の名は、後の続かぬ句読点
2005.04.12 しがみつくものに優しき花の雨
2005.04.11 血を流すごと地にありし椿かな
2005.04.10 桜見の夜はベッドで夢桜
2005.04.09 花道を埋めし桜よ散るなかれ
2005.04.08 渡り鳥我の港で酔い覚まし
2005.04.07 木漏れ日の揺れてあなたを見失う
2005.04.06 前髪を静かに下ろす桜かな
2005.04.05 にごり水ひょっこり割れて鯉の口
2005.04.04 頬杖をつきて比べる昨日と今日
2005.04.03 青空に指きりげんまん嘘つかない
2005.04.02 人の世は絶えざる花の輪廻かな
2005.04.01 恋猫や昼は心を眠らせて

3月

2005.03.31 かざぐるま風もないのにくぅるくる
2005.03.30 春の雲N個集ひて影を成す
2005.03.29 目を伏せる人の多くて春の病む
2005.03.28 鯛焼きを両手に持ちて春霞
2005.03.27 降れば止み止めば降りを待つ雪の宿
2005.03.26 ラッセル車並びて吹雪見つめおり
2005.03.25 花つぼみ時折雨をついばめり
2005.03.24 春嵐次々に飛ぶ挨拶状
2005.03.23 おぼろなる月に未来の映るらし
2005.03.22 風止みて猫の集会おおあくび
2005.03.21 削れども眉に潜めり嘘の数
2005.03.20 空乱れ行くも帰るも向かい風
2005.03.19 脱ぎ捨てて下がる乳房の三センチ
2005.03.18 踏切音耳の底にて鳴り止まず
2005.03.17 抱き枕あふれる想いしのばせる
2005.03.16 甘い夢覚めちゃ嫌だと朝寝坊
2005.03.15 ゆるゆるとひざを崩して仰ぐ月
2005.03.14 まるい風とがった風のせめぎ合い
2005.03.13 青空の匂いぐぐぐと鼻を刺す
2005.03.12 対称に描くは難し眉頭
2005.03.11 口付けぬ客人の茶は濁りけり
2005.03.10 不器用な恋とお酒とルームキー
2005.03.09 親知らず嬉々として抜く歯医者かな
2005.03.08 歯ブラシを立てて今夜も背中合わせ
2005.03.07 悪口を空に吐き出し咎めなし
2005.03.06 蛍光灯ぶぶつっぶつっぷつぷっつん
2005.03.05 一円玉ひらりと落ちる音軽く
2005.03.04 赤信号だれかが背中を押している
2005.03.03 モビールの揺れて揺られて君の窓
2005.03.02 歳とりて悔し涙も濁るらし
2005.03.01 ピタリ合う針の長さは違えども

2月

2005.02.28 白菜の剥いでも剥いでも白い足
2005.02.27 梅香り桜匂いし君の庭
2005.02.26 くたびれた歯ブラシごしごし靴磨き
2005.02.25 流れ落つ滝壷深く愛深く
2005.02.24 杖並びトントン増えし昼のバス
2005.02.23 寒風に水の色さえ憎くなり
2005.02.22 一本の枝に集ひて寒雀
2005.02.21 眠り人こっくりうなずく講演会
2005.02.20 くちびるが冷たい空気にキスをする
2005.02.19 酔っ払い愛犬ポチもそっぽ向く
2005.02.18 雨に負け風にも負けて眠りたい
2005.02.17 負け戦知りて戦う人のあり
2005.02.16 春香るいけるとこまでいきなはれ
2005.02.15 かごめかごめ後ろの正面きみがいない
2005.02.14 葱食えば寝ても起きても葱の匂い
2005.02.13 猫なでてぴちぱちぴちぱち発電中
2005.02.12 グラム売り見本並べてやぁきぃもぉ
2005.02.11 冬の空泣いているのに笑ってる
2005.02.10 花衣結びほどきて春を待つ
2005.02.09 おむすびやぎゅっと固める憎しみを
2005.02.08 つり革にぶら下がっている眠りかな
2005.02.07 風鈴の舌を切られて押し黙る
2005.02.06 張り替えぬ障子ぽっかり口開ける
2005.02.05 足組みてねじれる白い大根か
2005.02.04 一粒ずつ豆を含みて福は内
2005.02.03 忘れたい過去を揺らして眠り椅子
2005.02.02 言えぬこと山ほどありて「変わりなし」
2005.02.01 おみくじの吉にほほ笑む受験生

1月

2005.01.31 人の世の隅っこ流れる命かな
2005.01.30 夜の川つんと冷たい匂いかな
2005.01.29 ひだまりに猫と仲良く入りにけり
2005.01.28 三方をビルに囲まれちぢむ畑
2005.01.27 椿かな山茶花かしら紅の花
2005.01.26 燃え残る紅葉ふるふる風ふるふる
2005.01.25 君に会いまた幾日か生き延びる
2005.01.24 雪に泣く月のおぼろに照らす道
2005.01.23 オリオンの下に命の散りばめり
2005.01.22 凍て土をさくりさくりと踏みしめる
2005.01.21 階段を空に描きて駆ける夢
2005.01.20 はりきって水の飛び出す蛇口かな
2005.01.19 引き潮のごと君からのサヨウナラ
2005.01.18 綿雲のイチゴ色して暮れなずむ
2005.01.17 地に貢ぐ雨そして雨そして雨
2005.01.16 雲厚く月の刃も歯が立たず
2005.01.15 変わりゆく君の香りを追い求む
2005.01.14 不眠の夜救う薬のビンは空
2005.01.13 目の見えぬ達磨の思う寒さかな
2005.01.12 耳の形違えば聞こえる音も違い
2005.01.11 寄せ鍋の湯気の向こうに揺れる君
2005.01.10 失える言葉書き留め冬の宵
2005.01.09 印鑑をぐっと捺すような別れのキス
2005.01.08 日の経ちてかすむ魚の眼(まなこ)かな
2005.01.07 弾丸の空を撃たんと木の芽吹き
2005.01.06 サイレンの鳴り響く朝襟立てる
2005.01.05 日の暮れてぐいぐいぐいと縮む空
2005.01.04 瓦屋根残れる雪のふいに落つ
2005.01.03 我の血の流れ聞こえる夜更けかな
2005.01.02 白富士の頭上きらめく星飾り
2005.01.01 火を囲み暖分け合ひし初詣