印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2020

2020.09.15

ゆっくりと息を吐くように白い花

千早都

2020年

月をクリックすると開きます。

12月

11月

10月

9月

2020.09.15 ゆっくりと息を吐くように白い花
2020.09.14 段取りは狂うものだよ秋の風
2020.09.13 飼い主を引きずり歩く犬の朝
2020.09.12 キミの声ステキに響くバスルーム
2020.09.11 青い舌見せ合う夏は遠くなり
2020.09.10 夏過ぎてゆるっととまる蚊をパチン
2020.09.09 ゾウさんもドラゴンもいる秋の空
2020.09.08 もうええわ~まあるく歌う藤井風
2020.09.07 風鈴やもうひと振りとひと振りと
2020.09.06 花開く前一瞬の闇を見る
2020.09.05 ぬいぐるみホコリかぶってゲフンゲフン
2020.09.04 ケチつけるのも生きがいか世も末か
2020.09.03 うなだれるひまわりさんへおつかれさん
2020.09.02 軽やかにこの世を歩く子供たち
2020.09.01 虫の声遅れ遅れに届く風

8月

2020.08.30 遠慮してせーので合わぬ虫の声
2020.08.29 圏外となりて孤独なスマホかな
2020.08.28 もういいかい?撫でて叩いてとるかぼちゃ
2020.08.27 ぽこぽこと顔の現わるウェブ会議
2020.08.26 噛み砕くのも面倒な某政治
2020.08.25 よく生きたそれでいいんだ天の声
2020.08.24 「とりあえず」の五文字は要らぬ生ビール
2020.08.23 風鈴のよく鳴る部屋でテレワーク
2020.08.22 輪唱のごとそれぞれの蝉が鳴く
2020.08.21 秒針のカチリカチリと削る時間
2020.08.20 ドライアイぽつぽつ水やり右左
2020.08.19 アパートメント各戸の窓にプチトマト
2020.08.18 にわか雨合間合間にセミのジー
2020.08.17 声立ててよく笑ふなり親に似て
2020.08.16 中止より延期というやさしい響き
2020.08.15 焼き付いた大地を叩く激雨かな
2020.08.14 かたまりのこぼれ許さん枯紫陽花
2020.08.13 人ごみ抜けマスクを外す爽快感
2020.08.12 離されて離れるほどに人恋し
2020.08.11 花氷とけるまでキミのそばにいる
2020.08.10 黒髪の時代を思う夜のシャンプー
2020.08.09 木を蹴ればカブト・クワガタばさばさと
2020.08.08 祭りという文字だけ残る商店街
2020.08.07 屈んだら見えたものあり虫を追う
2020.08.06 込み入った宇宙のようだ腹の中
2020.08.05 今という曖昧なとき過去へ過去へ
2020.08.04 明け方のコーヒー苦しI'mOK
2020.08.03 夏日差し命の影を強くする
2020.08.02 頭ごつんぶつけて痛し生きている
2020.08.01 花の咲く第二波三波大歓迎

7月

2020.07.31 この晴れ間逃すものかと布団干し
2020.07.30 走馬灯のごとく過ぎ行く夏祭り
2020.07.29 梅雨明け前セミの亡骸やたらあり
2020.07.28 きらめいて赤子のいのち親のいのち
2020.07.27 この親にしてこの子あり梅雨長し
2020.07.26 もうたくさん言えぬ山河にまた雨が
2020.07.25 ミンミンの力ゆるゆる夏を告げ
2020.07.24 ごうごうと車窓は雨の傷だらけ
2020.07.23 傾いた愛はくるりと背を向ける
2020.07.22 明るさのぽつんと残る午後七時
2020.07.21 「アホ・バカ・ボケ」マスクの下でこっそりと
2020.07.20 ガム一枚半分こにして噛む二人
2020.07.19 目の前をスパッと切り裂くツバメかな
2020.07.18 観客の少し入ってカキーンとな
2020.07.17 「あ」と打てば安心、安全、アイラブユー
2020.07.16 除菌する貯金するようにコツコツと
2020.07.15 「頑張ります」プロは使わぬ言葉なり
2020.07.14 切り込みの切り込めなくて歯の出番
2020.07.13 先どうぞゆずりゆずられにっこりと
2020.07.12 ともに食ひともに眠りし日のいくつ
2020.07.11 山々に抱えきれない雨が降る
2020.07.10 湯上りのタオル一枚揺らす風
2020.07.09 なすはストーンきゅうりはクルリ夏模様
2020.07.08 降りしきる雨の眺めるこの世かな
2020.07.07 短冊にアマビエの絵の右左
2020.07.06 雨が降る愛した人の数だけ降る
2020.07.05 心音に添ひて流るる涙かな
2020.07.04 ひらひらと透ける黒ありアゲハチョウ
2020.07.03 何もない日も飯を炊く飯を食う
2020.07.02 ガリガリ君ガリガリしたらガリガリに
2020.07.01 鳥が鳴く寝不足の夜も明け易し

6月

2020.06.30 うまくいかない理由はみんなコロナのせい
2020.06.29 あの夏とこの夏比べて何になる?
2020.06.28 入れ物は立派中身はちょろの豆
2020.06.27 笑うことひとつあればいい梅雨半ば
2020.06.26 予告編ばかりで終わる恋の泡
2020.06.25 ゼロよりもボチボチがいい2020
2020.06.24 入口の鏡で検温入ってよし
2020.06.23 気まぐれなリズムにも慣れ雨の音
2020.06.22 行かないで来ないでいじめのような日々
2020.06.21 目の前のアクリル板の安心感
2020.06.20 梅雨寒や心ぎゅぎゅっと抱きしめる
2020.06.19 SDって何?と訊かれりゃ手を広げ
2020.06.18 マスクして微笑みがえし精いっぱい
2020.06.17 青・赤・白重ね塗るごと咲く紫陽花
2020.06.16 惜しむとか昔を心で思うこと
2020.06.15 鉛筆で我もしてみるなぞり文字
2020.06.14 マスクなく入店できぬ人パラポラ
2020.06.13 常となるラジオの音とテレワーク
2020.06.12 押しピンに積もるホコリの白い朝
2020.06.11 リアルとは何かを語るZoom飲み
2020.06.10 一輪の花を咲かせてフレアスカート
2020.06.09 田植えした稲しゃんと立つ梅雨の前
2020.06.08 どの人もカレー大盛りつい我も
2020.06.07 今何時?君に問いたい腹時計
2020.06.06 葉桜を花に見立ててひとり酔い
2020.06.05 お時計さんときどき居眠りしてるらし
2020.06.04 マスクのまま拝んでも良し鐘ひとつ(→マスクして合掌すれば鐘ひとつ)
2020.06.03 逢いたい人にいつでも遭える日の遠し
2020.06.02 生き返るがんじがらめの遊具たち
2020.06.01 あんた誰?訊けず会釈を返すのみ

5月

2020.05.31 珈琲はホットのままで夏日差し
2020.05.30 目ヂカラの試されている新様式
2020.05.29 続かない「お元気ですか」その次が
2020.05.28 断捨離のはずが手に取るステイホーム
2020.05.27 生もののにおいぷうんと雨のあと
2020.05.26 ひと呼吸おいて食パンもう一枚
2020.05.25 日の力月の力で消毒だ
2020.05.24 漕ぐほどに引き戻されてもっと漕ぐ
2020.05.23 花びらの縁から朽ちる深紅の薔薇
2020.05.22 ポツポツがボツボツに見える疲れてる
2020.05.21 軋む音感じて目覚める二度三度
2020.05.20 段ボール日に日に増える自粛期間
2020.05.19 十年から二十年選手家電逝く
2020.05.18 花咲いて叩き売られた花を買う
2020.05.17 いつもよりだいぶ増えたね水道代
2020.05.16 春色の口紅もなく夏来たり
2020.05.15 日記よりかすれる記憶太字の君
2020.05.14 お墓にも造花の増えて夏は来ぬ
2020.05.13 これでもかこれでもかと漕ぐブランコ
2020.05.12 しゅくしゅくでくしゅくしゅになる令和二年
2020.05.11 指差しておたまじゃくしの水ゆれる
2020.05.10 しつけ糸しゅるっと抜いて夏陽射し
2020.05.09 窓開けて芽吹きの青の深呼吸
2020.05.08 掘り出した図録をめくる鑑賞会
2020.05.07 縄跳びの風切る音や夏の朝
2020.05.06 夏立ちぬ明るさゆえの翳りかな
2020.05.05 廃線にしゅるりしゅるりと花あざみ
2020.05.04 ワンプッシュ消毒液のスィと消え
2020.05.03 小分けしたマスクの並ぶ店チラリ
2020.05.02 ウソがウソで終わらぬ五月一日かな
2020.05.01 YOU何と闘ってるの?花笑ふ

4月

2020.04.30 レモンよりれもんがいいなれもんハイ
2020.04.29 髪につく花びら小枝黄砂かな
2020.04.28 茶柱の立った立ったと一人笑む
2020.04.27 声はずむ公園回帰の子供たち
2020.04.26 家に入るピンクのカケラ一つ二つ
2020.04.25 STAY HOME翼をもがれた鳥のように
2020.04.24 立ち話さえご法度かゴミ置き場
2020.04.23 着る必要なきスーツたち寂しそう
2020.04.22 西日差すシマシマ雲の隙間から
2020.04.21 よく咲くね墓地ですからと声のする
2020.04.20 気にしない気にしないぞと気にするキミ
2020.04.19 春憂い身は離れても心寄せ
2020.04.18 シェアは危険となるかアフターコロナ考
2020.04.17 ハンコ不要ササと立ち去る配達人
2020.04.16 結びつく我らの業を笑う鬼
2020.04.15 我らみな活動止めて空スッキリ
2020.04.14 紅よりも血の色が良し春散らし
2020.04.13 恐れるものなき鳩が行く鴨が行く
2020.04.12 春光や子のよだれさえ愛しくて
2020.04.11 君と見る桜ちらちらそわそわと
2020.04.10 指の跡だらけのスマホふきふきふき
2020.04.09 花咲かぬ日は根を深く茎太く
2020.04.08 バーチャルの手触り求む春の宵
2020.04.07 距離を置くのが思いやり春悲し
2020.04.06 マスクしても心開いてめいっぱい
2020.04.05 花散らすもの寂しげに振り返る
2020.04.04 集うこと許さぬ春の試練かな
2020.04.03 返信が「うん」で終わればそわそわと
2020.04.02 「一人一つ」言われりゃみんな一つ買い
2020.04.01 踏切の上がれば蝶に先越され

3月

2020.03.31 花降れど好きな気持ちは嘘つかない
2020.03.30 雀たちちょいちょい来たり離れたり
2020.03.29 ありのままの音を感じる一人の夜
2020.03.28 ありがとう穴の空いた靴下へ
2020.03.27 やさしい言葉裏が読めてもにんまりと
2020.03.26 うなずいてまたうなずいてラッパの花
2020.03.25 帰宅して髪をほどけばひらひらり
2020.03.24 なんとかなるなんとかにゃーにゃー春になく
2020.03.23 もういいかい?蕾をほどく春の風
2020.03.22 卒業とはかなしき響き春分かつ
2020.03.21 朽ちてゆく前にじろりと落椿
2020.03.20 ポイ捨てのマスク放てる殺意かな
2020.03.19 開いている目で会釈するマスクたち
2020.03.18 ゴミ箱に傘の亡骸ぐしゃりぐしゃり
2020.03.17 風吹いて前座のように散る桜
2020.03.16 誰かにパス血の温もりを献血で
2020.03.15 白シャツに鳥のウンチの緑かな
2020.03.14 表情の見えないマスク目をぱっちり
2020.03.13 ららるりら音符のようなスズメたち
2020.03.12 戸を閉める音の強すぎ家ごもり
2020.03.11 雨雲のササと幕開け光る月
2020.03.10 キミの言う言葉に期待ありやなしや
2020.03.09 ほんのりとピンク色したつぼみかな
2020.03.08 最善を尽くすと言うは蜘蛛の糸
2020.03.07 バッテンの増えて心の春遠し
2020.03.06 キャベツの芯しっかり茹でれば芋のよう
2020.03.05 道半ばバカな道とは言わせない
2020.03.04 一斉にカァと飛び立つ日の出かな
2020.03.03 お雛様やさしきお顔に力あり
2020.03.02 キミは右ボクは左に枝伸ばし
2020.03.01 飛行機雲にじんでビビデバビデブー

2月

2020.02.29 空間を引っ掴むよう新芽吹く
2020.02.28 燻る火一つ二つは当たり前
2020.02.27 春の雨うごめく命匂い立つ
2020.02.26 冷蔵庫長きにわたり眠るケチャップ
2020.02.25 吸って吐くこと意識する電車内
2020.02.24 あいづちがイビキに変わる春の宵
2020.02.23 次々と話咲く咲く春一番
2020.02.22 俺のプリン君のじゃないと念を押し
2020.02.21 まだ二月だったと気づく桜かな
2020.02.20 トントントン音弾ませて刻むネギ
2020.02.19 数えるほど手袋率の低い年
2020.02.18 ぽっかりと空いた時間よホホホのホ
2020.02.17 新聞のポトリと落ちる朝ですよ
2020.02.16 ぷよぷよと湯に漂えり胸二つ
2020.02.15 ボーッとして過ごしてみたい春の雨
2020.02.14 安全な場所から批判もう結構
2020.02.13 大事な歯一本一本磨く夜
2020.02.12 本命と自分に同じ高級チョコ
2020.02.11 お野菜がお安く並ぶ春の声
2020.02.10 「はい」「いいえ」答えた先の「問題なし」
2020.02.09 マッチング縁のなきこと恨むなかれ
2020.02.08 吸って吐く入れて出すのが人の生
2020.02.07 身体の線見せてどうするシートベルト
2020.02.06 花束に我の心も包み込む
2020.02.05 春日差し行きつ戻りつ揺れる胸
2020.02.04 「こちらです」黒いコートの案内人
2020.02.03 寒紅梅色も香りも際立ちぬ
2020.02.02 味噌入れて朝の一杯香り立つ
2020.02.01 血脈は奥深くあり献血針

1月

2020.01.31 生牡蠣をじゅるりじゅるりと啜る口
2020.01.30 ゆるゆると扉を閉めるいやチラリ
2020.01.29 ラッシュアワーまわりぐるりとマスク族
2020.01.28 頑張れる力なき日は美味いもん
2020.01.27 南天の赤い実きらり冬日差し
2020.01.26 かくれんぼすぐに見つかる白い息
2020.01.25 凍てついた街とろけだす冬の朝
2020.01.24 ほんのりとごくほんのりと梅一輪
2020.01.23 咳の音止まぬ列車を逃げ下りる
2020.01.22 横たわるトドに見えたり日本列島
2020.01.21 都合良く温暖化のせいあれもこれも
2020.01.20 人の世の隣り合わせの愛と哀
2020.01.19 あと何年生きるつもりだ?金勘定
2020.01.18 車椅子トトトと乗ったエスカレーター
2020.01.17 シンという音はあるらし耳の中
2020.01.16 プイと顔背けて猫のマイウェイ
2020.01.15 漬け込んだ大根のよう我が人生
2020.01.14 身にしみる余生の長さ夜の長さ
2020.01.13 くたびれて眠れば明日が来るのかも
2020.01.12 イヤリング片方ずつが二個三個
2020.01.11 黄身ぐちゃり潰して冬の日は入りぬ
2020.01.10 五分毎延長してる朝寝かな
2020.01.09 何あれど笑う人のそばあたたかし
2020.01.08 くしゃみしてまたくしゃみして床に入り
2020.01.07 赤ゆえの暖かさなり赤信号
2020.01.06 サイコロを振れば振るほどアンバランス
2020.01.05 夕映えにひらりひらりと冬もみじ
2020.01.04 賽銭に紛れて入る落ち葉かな
2020.01.03 背に受けてぽかぽかしてる冬陽かな
2020.01.02 側溝の鼠飛び出す日の出前
2020.01.01 年明けて遠くの鐘がゴーンと鳴る