ikku 2000 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2000

2000年

月をクリックすると開きます。

12月

2000.12.31 通過点手前に聞こえる大歓声
2000.12.30 三日月と星の会話を愉しむ夜
2000.12.29 子とママとママのママとの三重奏
2000.12.28 鞍馬行きオレンジきららで山登り
2000.12.27 墨の絵に紅葉残りし嵐山
2000.12.26 キリキリ舞う雪をはらんだプレッシャー
2000.12.25 風船の吸い込まれ行く青い空
2000.12.24 念入りに恋のレンズを磨く朝
2000.12.23 古い傷なぞる視線を拒めない
2000.12.22 飛び乗った電車にゆだねる今日の行方
2000.12.21 風すべり海に並んだ白ウサギ
2000.12.20 我一人色褪せてゆく黄昏時
2000.12.19 さかあがり空と地面の大逆転
2000.12.18 すぐ隣の危機に生命線確かめる
2000.12.17 頭の中バトル重ねる楽屋裏
2000.12.16 燃え上がれ冬のひまわり空高く
2000.12.15 ゆっくりとただゆっくりと歩く恋
2000.12.14 からだじゅうピタリ布団をはりつける
2000.12.13 強がりの上着一枚羽織る朝
2000.12.12 秒針の流れ見つめる待ち合わせ
2000.12.11 煮詰まった関係ほぐすレモネード
2000.12.10 ぴょんぴょんぴょん心はいつもトランポリン
2000.12.09 耳元で恋のイ・ロ・ハを並べてる
2000.12.08 一夜ごとふくらむ月を見る二人
2000.12.07 寒い朝布団にかなう人はなし
2000.12.06 なつかしいあなたの汗は今も媚薬
2000.12.05 満ちてくる温度をつづる恋の唄
2000.12.04 三日月の舟に寝そべり夢の旅
2000.12.03 透明な空気に潜む冷たい刃
2000.12.02 落葉は気ままに群れたり離れたり
2000.12.01 黄をまとい紅をまといて冬化粧

11月

2000.11.30 甘えたり叫んでみたり猫の声
2000.11.29 目を閉じて時の流れに身を浮かべる
2000.11.28 耐えうるかストッキングに似てる恋
2000.11.27 恋愛は逃避もしくは戦の場
2000.11.26 とろけだす肉の旨みは四十から
2000.11.25 見えすいた最後のページはめくれない
2000.11.24 君を守ると言い切れなくてただ抱く
2000.11.23 街路樹が秋を返せと叫んでる
2000.11.22 こじ開けた鍵穴はもう塞げない
2000.11.21 見えない手が震える魂わしづかみ
2000.11.20 さよならと見送る視線溶けて落ちる
2000.11.19 哀しみは玉ねぎサクサクみじん切り
2000.11.18 淋しさをするりと愛にギアチェンジ
2000.11.17 おちる心そっとすくってくれる人
2000.11.16 あの人よりやさしい雨が背をなでる
2000.11.15 立ち止まれば倒れる自転車だから走る
2000.11.14 風邪気味で気分も少し過熱気味
2000.11.13 椅子に乗り背伸びして肩並べる子
2000.11.12 手を重ね生命線を重ね合う
2000.11.11 ひとときでも満たされたくてビーフシチュー
2000.11.10 ここにはもう風がないよと鳴くかもめ
2000.11.09 お久しぶり月にあいさつしてる君
2000.11.08 乗り切れない日には炭酸はじく喉
2000.11.07 目を伏せたスキを狙ってレーザービーム
2000.11.06 口紅の色薄くして次の恋
2000.11.05 逢えない日は恋の呼吸が止まってる
2000.11.04 三日月に見つめられて首すくめる猫
2000.11.03 饒舌な雨のあやつる人の群れ
2000.11.02 熱い思いふぅふぅ冷ませば火傷せず
2000.11.01 地の奥ではつまずく人が増えたらしい

10月

2000.10.31 滑り込む君のおだやかな時間にそっと
2000.10.30 雨降れば遊び足りない子が跳ねる
2000.10.29 渋柿を避けてつついた鳥のあと
2000.10.28 ゴメンなんてあなたに一番似合わない
2000.10.27 どたんばたん寝相は元気と同期する
2000.10.26 風吹いてぶるっときたら風邪警報
2000.10.25 白物を無差別に染めるブルージーンズ
2000.10.24 あと一個で崩れるかしら積み木の塔
2000.10.23 パレットに夢の絵の具を絞る君
2000.10.22 ほろにがいチョコをひと口かじる夜
2000.10.21 焚き付けても火は根付かないジャージャー雨
2000.10.20 自転車のカゴに木枯らしのおくりもの
2000.10.19 恋惚け道なき道を千鳥足
2000.10.18 覚めないであなたの中で猫になる夢
2000.10.17 トンネルの終わり信じてばく進中
2000.10.16 人生は刹那紡いで織る歴史
2000.10.15 てっぺんに白髪ちらほら富士の山
2000.10.14 半熟を保つあなたはずるい人
2000.10.13 もういいかい?答えを待って日が暮れて
2000.10.12 キャッチする心の揺れか地の揺れか
2000.10.11 片方だけさみしく眠るイヤリング
2000.10.10 キスよりもくちづけがほしい風の街
2000.10.09 男には月の魔力がわからない
2000.10.08 ただひたすら逃げれば勝ちの鬼ごっこ
2000.10.07 空の奥に消え入りそうな三日月よ
2000.10.06 夏過ぎてオレンジ色の空恋し
2000.10.05 ゆったりと海の向こうに浮かぶ街
2000.10.04 思いつきだけじゃ行かない臨界点
2000.10.03 On and Off 指一本の怖さかな
2000.10.02 咲きすぎた花は散るのみ潔く
2000.10.01 逃がしたい記憶の箱に穴開けて

9月

2000.09.30 親指で占う明日を消去する
2000.09.29 するすると夜のカーブを滑る風
2000.09.28 厚い雲ぺろりめくれば青強し
2000.09.27 潤むこと忘れた瞳に砂嵐
2000.09.26 ひまわりの季節を過ぎても君は咲く
2000.09.25 夏痩せと無縁の我に無常の秋
2000.09.24 嫌われてると思いたくないキャンセルコール
2000.09.23 引きずらない大人のルールを守る人
2000.09.22 さみしいと言うのが精一杯の恋
2000.09.21 ぶるるんと遠慮がちに呻くケータイ
2000.09.20 新幹線走れど走れど富士のすそ
2000.09.19 そういえばジントニックはYOUR FAVORITE
2000.09.18 雷鳴に良い子良い子の子守唄
2000.09.17 夢見草すべての時計に目隠しを
2000.09.16 君の声きいて明日まで生き延びる
2000.09.15 見上げれば涙をいっぱい溜めた雲
2000.09.14 3年で身の丈2倍の子と歩く
2000.09.13 口内炎しみてうらめしこの食欲
2000.09.12 似ていると言われ互いを見る親子
2000.09.11 もう一つ卵を割って運だめし
2000.09.10 まとわりつく風は今日もなまぬるい
2000.09.09 恋の火を消すは罪なり消防車
2000.09.08 居るはずのない人探す雨の朝
2000.09.07 マスタードたっぷり塗ってツツンのツン
2000.09.06 不可侵の距離を縮めてはじかれる
2000.09.05 閉じた目にずしっと感じる光の重さ
2000.09.04 行かないで夏振り払う秋の風
2000.09.03 ギザギザの雲と光がもつれ合う
2000.09.02 懐かしい背中が私を呼んでいる
2000.09.01 隠れてた嫉妬の地雷を踏んだ君

8月

2000.08.31 桃を剥きするりと落とす長襦袢
2000.08.30 喉痛み遠くの噴火を感じてる
2000.08.29 完璧な幸せマイナスひとかけら
2000.08.28 密やかにあなたとつながる電脳界
2000.08.27 雨煙り命生まれる匂いする
2000.08.26 ヤドカリのように棲み処を変える君
2000.08.25 ヘリウムのふうせん泳ぐ京葉線
2000.08.24 雷がストレス発散する季節
2000.08.23 昼寝して悪くないのに後ろめたい
2000.08.22 口移し嘘と優しさのカプチーノ
2000.08.21 気の抜けたコーラみたいな夜が来る
2000.08.20 綱渡りきのうときょうとあしたをつなぐ
2000.08.19 妻と母すっぽり脱いで3時間
2000.08.18 次々と弾けてなんぼのポップコーン
2000.08.17 照れ隠し月は雲間にかくれんぼ
2000.08.16 お砂糖をこぼして呼び込む蟻の群れ
2000.08.15 夏土産掟破りの恋一つ
2000.08.14 われ先に秋へ向かわん蝉しぐれ
2000.08.13 泣けてきちゃう挨拶代わりのキスだけじゃ
2000.08.12 走ってる時代の速度にあおられて
2000.08.11 柔肌の月は夜空のナビゲーター
2000.08.10 遠雷に怯えながらも一歩二歩
2000.08.09 芋洗い熱暑加えて芋煮なり
2000.08.08 肉腹をぎゅぎゅっと掴んで捨てる夢
2000.08.07 ひとり寝の物足りなさと涼しさと
2000.08.06 雷がどどーん花火とコンチェルト
2000.08.05 夏が夏らしくあればこそ秋の価値
2000.08.04 暴力とネーミングするこの日差し
2000.08.03 風船を運び去るほど風はなし
2000.08.02 波風にさらわれもせず深海魚
2000.08.01 街中を煮詰める太陽これでもか!

7月

2000.07.31 せつなさがかなしみに変わる夕涼み
2000.07.30 追い込まれ行く手塞がれ昇る華
2000.07.29 むっつりと口を閉じてる熱帯夜
2000.07.28 太陽も3日もらえた夏休み
2000.07.27 人里に馴れない猫が夜を這う
2000.07.26 夕闇が茜の雲を食べている
2000.07.25 命あるなら脈を打てどくどくと
2000.07.24 下半身重たき朝に赤い服
2000.07.23 赤くなる月は大気の塵を吸う
2000.07.22 かわいてる涙をぜんぶ出し切って
2000.07.21 象・鼠・蟻・・・それぞれの持ち時間
2000.07.20 ハイテンション未来の私が飛び跳ねる
2000.07.19 クーラーに頼る季節と光る汗
2000.07.18 みずみずしく生きてなんぼの命かな
2000.07.17 午前四時暗闇溶かす鳥の声
2000.07.16 神降りん雲の切れ間のカーテンコール
2000.07.15 蜂多し今年は雨が少なそう
2000.07.14 雨に濡れた街の匂いがしみてくる
2000.07.13 やっと一人心細くてホッとして
2000.07.12 使うほど貯まるレシート減るお金
2000.07.11 子供ゆえ乳房にそっとあごのせる
2000.07.10 「月はやっぱりまるいのがいい」とせがむ子
2000.07.09 山肌の傷は癒えることなく消える
2000.07.08 バクバクと点滅信号この胸に
2000.07.07 知り合える人は星の数に及ばず
2000.07.06 雨細く言葉途絶えて一つ傘
2000.07.05 ごろごろと鳴るはお腹か雷か
2000.07.04 沈黙をさらりと流す通り雨
2000.07.03 夕焼けに火照る頬・胸・体の芯
2000.07.02 かたつむり歩み眺めて日が暮れる
2000.07.01 親指がすべてを語るiモード

6月

2000.06.30 昔の人勤務先のみ思い出す
2000.06.29 傘さしてくくっと笑う雨女
2000.06.28 眠りたいやわらかな時間だけ抱きしめて
2000.06.27 幹うねり枝は踊るよダンス・ダンス・ダンス
2000.06.26 雨煙りにわかに青し紫陽花たち
2000.06.25 気がつけば息をするのも忘れてる
2000.06.24 ラッシュアワー自分を殺してまぎれ込む
2000.06.23 空を飛ぶ5頭の象と背中の蟻
2000.06.22 満たされた体はどこへも流れない
2000.06.21 あと一言ききたくてにぎりしめてる電話
2000.06.20 スケスケの強がり浮かぶシャボン玉
2000.06.19 ぺらぺらの言葉あふれる屑物入れ
2000.06.18 落ちてゆく夜明けの匂いに抱かれて
2000.06.17 当然の顔して居座る低気圧
2000.06.16 ここだけの話が増える夜明け前
2000.06.15 雨あがり雲の流れは早送り
2000.06.14 切り札を千切って流す雨また雨
2000.06.13 嘘っぽい優しさの繭並べてる
2000.06.12 土の中根っこであなたと絡み合う
2000.06.11 愛と別れ紡いで羽織る風来坊
2000.06.10 「ただいま」が部屋のすみずみ染み渡る
2000.06.09 けがれなき小指の脇を撫で下ろす
2000.06.08 やりなおそうレンジでチンのご飯のように
2000.06.07 淋しさの積み木を一個持ってって
2000.06.06 吐き出そう心に毒がたまるから
2000.06.05 いつの間にか元気装うお年頃
2000.06.04 その声を聞いて一日やっと終わる
2000.06.03 居て当然と思う人から居なくなる
2000.06.02 親しんだ味はそうそう変えられない
2000.06.01 隙あらば畝に種蒔け水を撒け

5月

2000.05.31 背を掴み太ったほくろ探る指
2000.05.30 ひと塗りで決まるときほどいい化粧
2000.05.29 あの人のにおいさがして乗る電車
2000.05.28 上まぶた仲良ししてる下まぶた
2000.05.27 寝返りて電気毛布の君を得る
2000.05.26 バランスってミックスジュースの味がする
2000.05.25 ひっそりと咲く花に潜むエネルギー
2000.05.24 ふつふつとお湯が沸いたらひとやすみ
2000.05.23 目を閉じて命のリズムきいてみる
2000.05.22 誰のものでもないあなたをシェアしてる
2000.05.21 さみしさのサンドイッチで喉詰まる
2000.05.20 雷が大地に恋して猛突進
2000.05.19 形状を記憶している窪みたち
2000.05.18 雨雲がお手手つないで歩いてる
2000.05.17 わたしからピリオド1個のEメール
2000.05.16 遠距離コールどこでもドアがあればなぁ
2000.05.15 なぜなぜなぜ・・・先へ突き進むバロメーター
2000.05.14 そばに居る大切な人忘れがち
2000.05.13 胸にチクッそれが私の生存証明
2000.05.12 うろちょろとビルの谷間につむじ風
2000.05.11 とどめさす一歩手前でひく勇気
2000.05.10 越えられないならばくぐって出て行こう
2000.05.09 相対的幸せはきっと哀しくて
2000.05.08 つっこめばボケて返せる2歳かな
2000.05.07 眠るのがもったいなくて拗ねてみる
2000.05.06 キュキュキュキュキュッしまってしまう脳の血管
2000.05.05 タレの中どっぷり浸った平コンニャク
2000.05.04 おしゃべりな指はどうにも止まらない
2000.05.03 誰にもらうでもない風邪をひいた朝
2000.05.02 棲み分けたはずの友達・恋人達
2000.05.01 幾重にも輪切りの体見えない心

4月

2000.04.30 重ねれば歳は体力の反比例
2000.04.29 見送った後のやすらぎと淋しさと
2000.04.28 舞う花のきらめく命浴びる夜
2000.04.27 呑みこんだ言葉はき出す勇気持て
2000.04.26 じりじりと燃える命の導火線
2000.04.25 欠けている1ピースさがして生きている
2000.04.24 ふたつごころひとつからだに宿らせて
2000.04.23 引力に逆らい続ける乳房たち
2000.04.22 節々が風の変化を知っている
2000.04.21 憂鬱な空は心の代弁者
2000.04.20 突っ走るあなたの夢が許せない
2000.04.19 あいまいなぬくもりだけじゃ終われない
2000.04.18 ため息で哀しい予感をベールして
2000.04.17 リンリンリン夢のしっぽを握り締め
2000.04.16 じっくりと時間をかけて消す記憶
2000.04.15 とどまらぬ雲を射止める手立てなし
2000.04.14 迷い道迷うばかりの選択肢
2000.04.13 流行りモノ光りモノにはトゲがある
2000.04.12 仲良しよし喧嘩もまたよしコミュニティ
2000.04.11 ふりはらうにはもったいない春の睡
2000.04.10 春雨に打たれてもなお桜かな
2000.04.09 豪快にひらいて散らす花の夢
2000.04.08 春夏秋冬巡りて今年も花まつり