ikku 2010 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2010

2010年

月をクリックすると開きます。

12月

2010.12.31 天上も静まり返る大晦日
2010.12.30 割れるのは新品ばかり食器棚
2010.12.29 冬の空澄みて星々近寄れり
2010.12.28 地下鉄をねずみのごとく乗る我ら
2010.12.27 芋類の重さも値段も安定す
2010.12.26 冬眠中それもいいねと陽が笑ふ
2010.12.25 一輪のその明るさよ冬の薔薇
2010.12.24 陽の落ちて背後の闇に食われそう
2010.12.23 毛づくろいニャンコにヨガを習ふかな
2010.12.22 白菜の芯シャキシャキッと盛り上がり
2010.12.21 命食ひ命育む命かな
2010.12.20 うろつかぬ日には眠れぬ午前四時
2010.12.19 霧の絵の流れて見ゆるiPad
2010.12.18 都会にも振りまく天使の涙かな
2010.12.17 手術室自分を忘れひと眠り
2010.12.16 けなげとかすなおといわれ冬の月
2010.12.15 てんてこ舞い埴輪のごとく口開けて
2010.12.14 まな板のキズを忘れし十二月
2010.12.13 目覚めても目覚めてもなお夢の中
2010.12.12 蜘蛛の糸打ち破らんと冬の雨
2010.12.11 地下鉄のホームにびゅんと風ぬくし
2010.12.10 闇を見るか光を見るか冬の空
2010.12.09 パラパラと我のかけらよダイヤリー
2010.12.08 運よ来い願いを込めて宝くじ
2010.12.07 くすぶりて煙の匂う冬の暮れ
2010.12.06 割って割って白菜の白増えにけり
2010.12.05 熟れ柿のぼとりぴちゃりと落ちにけり
2010.12.04 スキというキズをかかえてキスキスキス
2010.12.03 ケンケンパーパーは嫌いだグーにしよう
2010.12.02 チェックチェック輪切りの腹にあるこぶし
2010.12.01 一つ二つ買ひて一人のおでんかな

11月

2010.11.30 アイシテル歌よ伝えてあの人へ
2010.11.29 東京の空をブスリとスカイツリー
2010.11.28 魚煮れば食べて食べてと目が叫ぶ
2010.11.27 自らを鏡に映す五七五
2010.11.26 海行かばカモメ鳴く鳴く餌を待つ
2010.11.25 匂いあり拾う人ありイチョウの木
2010.11.24 使い方忘れし言葉また一つ
2010.11.23 自販機を頼りに歩く夜道かな
2010.11.22 指先の割れてキー打つ痛みかな
2010.11.21 リンゴにはリンゴの理屈匂ふ秋
2010.11.20 街の木の季節を纏ひ脱ぎ捨てる
2010.11.19 雨上がり光率ひて集ふ午後
2010.11.18 がりりっと砕く梅干し小宇宙
2010.11.17 あ・うんとは何かあんこのパン食ひて
2010.11.16 カチャカチャと剣の舞のような朝
2010.11.15 目出し帽被りて黙る自販機たち
2010.11.14 風吹けど僧は揺るがぬ托鉢中
2010.11.13 身をよじり舞う葉の多し秋の暮れ
2010.11.12 腹減りて冬眠できぬ熊哀し
2010.11.11 お月さま雲におぼれてあっぷあっぷ
2010.11.10 湯呑茶碗とくとく我に話し込む
2010.11.09 我の心開けるように冷蔵庫
2010.11.08 我が地球ぎゅっと縮めりゃこの梅干し
2010.11.07 秋かぜのいたずら過ぎて燃える喉
2010.11.06 捨てられない麦わら帽子と夏の恋
2010.11.05 温めしミルクの甘み乳の甘み
2010.11.04 噛み切れぬフランスパンと政治ネタ
2010.11.03 おひさまがスタコラサッサ待て待て待て
2010.11.02 しずまれば心に届く虫の声
2010.11.01 だるまさんころんでしんじゃだめだよう

10月

2010.10.31 秋の皿頭と尻尾はみ出して
2010.10.30 苦しくとも灯のある方へ頬染めて
2010.10.29 光りあるところに集う我も虫
2010.10.28 木枯らしの去るのを待てりコタツ猫
2010.10.27 ママと呼ぶ声に振り向くママ一人
2010.10.26 息絶えし木に赤い実のひとつあり
2010.10.25 傘ひとつ繭を作れり雨の中
2010.10.24 しましまの雲に挟まるフルムーン
2010.10.23 牙をむく相手間違え我を噛む
2010.10.22 出没する熊も恐らく命がけ
2010.10.21 拭うほど溢れる涙秋の友
2010.10.20 現代の眠り薬か虫の声
2010.10.19 鵜飼の鵜ネクタイ首に巻きつけて
2010.10.18 君眠るのを見て我も眠りけり
2010.10.17 目をつむり案山子傾く星月夜
2010.10.16 かくかくかくぽとりと落ちて秋の宵
2010.10.15 おろされてカチリ風鈴息止める
2010.10.14 泣いて泣いてそれでも恋を恋を恋を
2010.10.13 雲割りて月の星のと輝けり
2010.10.12 弓月にサカナひっかけサケあおる
2010.10.11 小学校あと埋め尽くす大人かな
2010.10.10 松茸だ梨栗柿だ秋の幸
2010.10.09 あと五分針をずらして君を待つ
2010.10.08 向日葵の顔うつむきてこっくりこっくり
2010.10.07 ツイートの中にあなたの息遣い
2010.10.06 クラウドでこの世の景色あの世まで
2010.10.05 降りるべき駅を見送る秋寂し
2010.10.04 秋や秋チラシ丸めてぽぽんのぽん
2010.10.03 ひと粒の露を拾ひて秋の空
2010.10.02 鯖鰯こぼれる鱗秋の空
2010.10.01 読書より姉ちゃんの愚痴耳立ちぬ

9月

2010.09.30 焼けた肌めくれるように葉の落ちる
2010.09.29 箸を置きごちそうさまで息絶えたし
2010.09.28 へろへろも束ねて赤く曼珠沙華
2010.09.27 夕暮れの光奪ひて秋の雨
2010.09.26 言の葉を紡ぐ指先カタカタと
2010.09.25 切れかけのネオンそのまま街の秋
2010.09.24 ガタガタと舌を切らして鳴る風鈴
2010.09.23 貝割れのふわっと飛べる双葉かな
2010.09.22 濃紺のインクこぼして秋の暮れ
2010.09.21 冷房に頼りて夏の電気代
2010.09.20 姿見せぬハーフムーンに恋してる
2010.09.19 身をねじり空こじあけるスカイツリー
2010.09.18 縦横にとんぼ飛び交うグラウンド
2010.09.17 ぱらぱらと涙こぼして潤む月
2010.09.16 淹れ立てのホットコーヒー秋曇り
2010.09.15 街路樹に枯れ木カラカラ秋の風
2010.09.14 体内に異物育ちて栗最中
2010.09.13 偲ぶとは語り合ふこと夕涼み
2010.09.12 虫の声耳を傾け夕ご飯
2010.09.11 そそくさと秋刀魚を食って逃げる猫
2010.09.10 メガネなき子の珍しや通学路
2010.09.09 熱一掃くくと喜ぶ虫の声
2010.09.08 声枯れて雨がほしいと虫が鳴く
2010.09.07 麦わら帽かぶりてくてくオフィスまで
2010.09.06 扇風機外に向けてる焼鳥屋
2010.09.05 譲り合ふ木陰に子供老いも居て
2010.09.04 外回り日陰にて待つ青信号
2010.09.03 おさまらぬ心のうねり秋の風
2010.09.02 迷い断ちエイッと引き寄せ当たりくじ
2010.09.01 夏残り途切れ途切れに虫の声

8月

2010.08.31 次々と腕突き上げて入道雲
2010.08.30 生くるものみな美しや金魚鉢
2010.08.29 ガツンガツンまるでバンパー私仕様
2010.08.28 氷より寒天を食ふ晩夏かな
2010.08.27 目が合ってニコッと笑う監視カメラ
2010.08.26 幼子の転び転びて道を知る
2010.08.25 機関銃言葉は何も伝えない
2010.08.24 女箸なぜ短いの問ふ娘
2010.08.23 おいリモコン隠れてないで返事して
2010.08.22 出してみれば紙の絆はあっけなし
2010.08.21 ポケットに蝉しのばせてジジと鳴く
2010.08.20 腹見せて亡骸浮かぶ月夜かな
2010.08.19 腹見せてぽつぽつぽつり蝉の息
2010.08.18 夕焼けを見届けるまで灯は要らぬ
2010.08.17 みぎひだり酔いどれ飛び出し注意報
2010.08.16 恋花火ぽぽぽぽどどどん舞い上がれ
2010.08.15 扇風機ためらいがちに右左
2010.08.14 ストレスを燃やして前に突き進む
2010.08.13 空っぽの虫かご一つ秋の風
2010.08.12 アップダウン一日の中に埋もれり
2010.08.11 広げるも畳むも恋の日傘かな
2010.08.10 眠りから覚めて空っぽの記憶かな
2010.08.09 きざみのり前歯に残りああ無情
2010.08.08 目覚めればとけてなくなる恋の魔法
2010.08.07 逆順のメールひもとく夏の朝
2010.08.06 病負ふ背中にそっと「がんばろう」
2010.08.05 我に添ふホタルと歩む夜道かな
2010.08.04 冷蔵庫開けて忘れる欲しいもの
2010.08.03 絡み合うありんこ黒々渦を巻く
2010.08.02 雨降りて息吹き返す蝉しぐれ
2010.08.01 火照る地をじゅわーっと冷やすにわか雨

7月

2010.07.31 再会を笑ひで祝ふ夏の暮れ
2010.07.30 隣人の扇子の風のおすそ分け
2010.07.29 煙りなき公園大きく深呼吸
2010.07.28 かすり傷次々増えて窓の雨
2010.07.27 褒めあげて気持ち良くなる君も我も
2010.07.26 朝顔のキリッと咲きて俯けり
2010.07.25 どうせならやるやるやって悔いはなし
2010.07.24 痛みさえいとしく思ふ命かな
2010.07.23 今日明日に死ねば保険の皮算用
2010.07.22 雨風よ頭を冷やせ地を冷やせ
2010.07.21 合唱は三部構成蝉三昧
2010.07.20 点差見てチャンネル変えるオヤジかな
2010.07.19 匂いなき新書一冊おまえもか
2010.07.18 生きている深夜に回る洗濯機
2010.07.17 スゴイねと言われ背伸びするスカイツリー
2010.07.16 絶えるまで我は女と胸を張る
2010.07.15 チャックみたく開けて走るジェットスキー
2010.07.14 ダダドドドびちょびちょぼちょぼちょ雨三昧
2010.07.13 梅雨半ば御簾より重き外界かな
2010.07.12 止まるバス傾きて開く扉かな
2010.07.11 あの世でもこの世でもなし蓮の池
2010.07.10 湯けむりの霧にまぎれる別府かな
2010.07.09 雨乞いを殻の中からカタツムリ
2010.07.08 我の血を吸ひて悦に入る蚊を叩く
2010.07.07 あの人とこの人の香の混じる夜
2010.07.06 要らぬもの捨てる勇気と残る未練
2010.07.05 百円バスえっちらおっちら坂のぼる
2010.07.04 汗ぶるぶる頭ぷるぷるアガパンサス
2010.07.03 空めざし重力に負け落つ噴水
2010.07.02 路地裏のひなた見つけて眠る猫
2010.07.01 雨のサイン尖った雲を見逃せり

6月

2010.06.30 雨煙りキセキの文字の消えにけり
2010.06.29 くちなしの白くにほひて闇に咲く
2010.06.28 あったかい色を身につけ冷房車
2010.06.27 水玉を窓に貼りつけ雨の歌
2010.06.26 主婦業に定年はなし飯作る
2010.06.25 我ら倍の存在なるか長き影
2010.06.24 繰り返す満ち欠け金属疲労あり
2010.06.23 ねじれなど許されぬらしブランコよ
2010.06.22 万が一並べて君も生保レディ
2010.06.21 凛と立ちキリッと咲けるタチアオイ
2010.06.20 振り下ろす猫のしっぽのむにゃむにゃむにゃ
2010.06.19 暁に胸を焦がして幾千夜
2010.06.18 左右見て最後の一個いただきます
2010.06.17 生きるためカラダ全部で泣く赤子
2010.06.16 いさかいのあるは仲良し末長く
2010.06.15 空一枚めくってみたし梅雨の朝
2010.06.14 燃え尽きてもきみはみんなの胸の中
2010.06.13 梅雨前の光吸い込む布団かな
2010.06.12 確かめる我らの姿宇宙から
2010.06.11 歳かさね背中に刻む歴史かな
2010.06.10 痛し痒し楽し苦しや歌の世界
2010.06.09 感服す惹きつけ巻き込み成す力
2010.06.08 身をよじり風受け流す青葉かな
2010.06.07 あんぱんのお肌つやつや一個買ふ
2010.06.06 泣き声でわかる赤子のオムツ換え
2010.06.05 おたまじゃくし並んで跳ねて初夏の音
2010.06.04 豆を煎る香りなつかし元茶店
2010.06.03 光あれ夢織り人の明日には
2010.06.02 向き合ふは君を通して我の心
2010.06.01 救うべきものは命か心根か

5月

2010.05.31 ムール貝一個二個三個大サービス
2010.05.30 乱高下さくっと済まぬ衣替え
2010.05.29 夜明け前これが最後の眠りかな
2010.05.28 アラフォーを過ぎてもドキドキ初対面
2010.05.27 真夜中の紙飛行機の宙返り
2010.05.26 雨止みて熱立ち上がるアスファルト
2010.05.25 腹にもつ塊ポコペンほらタヌキ
2010.05.24 地を冷やせ頭を冷やせ雨雨雨
2010.05.23 月はまだ我を照らすか朝帰り
2010.05.22 ハーフムーンあと半分が埋まらない
2010.05.21 水こぼし足りぬか空のご機嫌斜め
2010.05.20 花屑の中に埋まる我の亡骸
2010.05.19 ふりむけばキリッと刃見せる月
2010.05.18 うなづくもコミュニケーションねえペコちゃん
2010.05.17 明日も会える保障などなし酒を汲む
2010.05.16 ストーブと扇風機並ぶ五月かな
2010.05.15 かげりゆく部屋かげりある本並ぶ
2010.05.14 まっすぐに差し込む光心射る
2010.05.13 クレーンの伸びろよ伸びろ空を突け
2010.05.12 五月雨や鼻より頬を濡らしけり
2010.05.11 バラの道イバラの道と聞こえけり
2010.05.10 湯に乳房浮かべて遠き春思ふ
2010.05.09 ビックリ箱逆さに開けてああ無情
2010.05.08 濡れていこうカッコつけてる濡れねずみ
2010.05.07 スリムよりふっくらがいいチューリップ
2010.05.06 腕枕パズルのようにはまる夜
2010.05.05 一つ覚え二つ覚えし君の指
2010.05.04 くちびるのかわきて夏を思ひけり
2010.05.03 よちよちの脳みそちゃぷちゃぷ遊んでる
2010.05.02 太陽へ光を返す凪の海
2010.05.01 一滴の水も漏らさぬ星月夜

4月

2010.04.30 春灯り途切れた夢をくっつけて
2010.04.29 満たされし腹満たされぬ心かな
2010.04.28 また雨か止まない雨はないでしょう
2010.04.27 信ずれば兎に見える月夜かな
2010.04.26 葉桜の一本一本声かける
2010.04.25 ふっくらと月を育てし暦かな
2010.04.24 ほころびのあくびのように伝わりぬ
2010.04.23 はじめ甘く徐々に酸っぱき命かな
2010.04.22 風ぬくみ薄目を開けし春の月
2010.04.21 はち切れそうなお腹をがぶりししゃも食ふ
2010.04.20 ハンドクリームささくれだった心にも
2010.04.19 花びらをつけて戻りぬハイヒール
2010.04.18 雪去りぬ寒さも共に連れてって
2010.04.17 春雨というより氷雨のちに雪
2010.04.16 歩く人無口になれり摂氏五度
2010.04.15 客拾い客こぼしてくバスストップ
2010.04.14 ゆで玉子の肌がいいねとコマーシャル
2010.04.13 午後五時半そんな時間か我が人生
2010.04.12 白猫の我を睨みてどうするどうする
2010.04.11 パチンパチン人の間にも静電気
2010.04.10 春眠る妬む心に蓋をして
2010.04.09 散りぎわに光集めし桜かな
2010.04.08 この指に残る香りや桜餅
2010.04.07 花咲かせ桜の幹の黒光り
2010.04.06 人にあふことも苦しき花見かな
2010.04.05 ここそこもさくらさくらよさくら酔ひ
2010.04.04 眠る猫この世はたぶん平和なり
2010.04.03 春明けて確認してる息災と
2010.04.02 ぎっしりと巻くのを選ぶ春キャベツ
2010.04.01 ぎゅうぎゅうに植わりて杉の花粉団

3月

2010.03.31 月満ちて光冷え冷え世も冷え冷え
2010.03.30 弱きは捨て花瓶の花の生き残り
2010.03.29 振り上げた拳をほどく子の笑顔
2010.03.28 薄氷踏み込む先の落とし穴
2010.03.27 付いてます君の指跡一升瓶
2010.03.26 改札のご機嫌とりて開く扉
2010.03.25 我残し水は低きに流れおり
2010.03.24 春雪に足跡つけてぐぐっとな
2010.03.23 日光を巡りてケッコーコケコッコー
2010.03.22 ぴぃと泣きごぉと呻きて春壊す
2010.03.21 火を灯すごとくぽぽぽと花木蓮
2010.03.20 愚痴であれこぼれる春のありがたし
2010.03.19 春の夢地球一周まわりけり
2010.03.18 老いデカく若きはミニのカメラかな
2010.03.17 人間に卒業はなし日々勉強
2010.03.16 囀りもなくて隣家は不在らし
2010.03.15 ぺちゃくちゃとラッパスイセン口揃え
2010.03.14 鎮座する猫に見習う日の出かな
2010.03.13 春っぽい風のまにまに酔っ払い
2010.03.12 表情を殺しマネキン春の服
2010.03.11 饒舌となるは心の暗さかな
2010.03.10 ブリっ子にタラれば姉ちゃん鍋つみれ
2010.03.09 寒風のひゅるりひゅるひゅる永田町
2010.03.08 舞い落ちる雪の代わりに梅の花
2010.03.07 弾けそう蕾しずめる戻り寒
2010.03.06 水たまり囲みて子らの鬼ごっこ
2010.03.05 濡れていこうカッコつけてる濡れ鼠
2010.03.04 喧嘩じゃない耳遠いだけ老夫婦
2010.03.03 夢の中引き込まれても仕事かな
2010.03.02 内臓をえぐるように食ふトマトかな
2010.03.01 みぎひだり空を斬るような雨が降る

2月

2010.02.28 梅の香に誘われよそのお庭まで
2010.02.27 歩きながらケータイメールの落とし穴
2010.02.26 午後四時半夕焼けチャイムで日が暮れて
2010.02.25 出番なき大中華鍋棚でゴロン
2010.02.24 母子手帳開きて腹の子懐かしむ
2010.02.23 一枚ずつ小銭出すのを待つレジ係
2010.02.22 丈伸ばしここそこ見ゆるスカイツリー
2010.02.21 くしゃみするたびに飛び散る記憶かな
2010.02.20 宇宙人頭でっかち尻すぼみ
2010.02.19 地面より我を見上げる椿かな
2010.02.18 歩きながらケータイメールの落とし穴
2010.02.17 焼きたての文字もかすめり閉店前
2010.02.16 雨の音やんだらしんしん雪を待つ
2010.02.15 ピースサイン眩し合格掲示板
2010.02.14 誰に声かけるでもなしカラス鳴く
2010.02.13 新幹線ほほふくらましたやつばかり
2010.02.12 手をしっかり温めて臨む髪結いさん
2010.02.11 筍のごと日に日に伸びるスカイツリー
2010.02.10 流れゆく時空の中で我は塵
2010.02.09 冬の朝用意してみるラストレター
2010.02.08 立ち上がる煙の重く重く軽く
2010.02.07 いらっしゃいませおばちゃんの声しっくりと
2010.02.06 信じてる売れ残りにも福ありと
2010.02.05 あばら家の夜を焦がして暖をとる
2010.02.04 ぽとぽとと雪どけ水の石を打つ
2010.02.03 明日を語ることなきカラスごみ漁る
2010.02.02 カタコトの日本語並ぶ飲食店
2010.02.01 長靴の雲ああ呼んでるイタリアが

1月

2010.01.31 揚げたてのコロッケほくほく二人して
2010.01.30 花の芽のぷわっと吐き出す春の香り
2010.01.29 辛抱は心棒とせよ今年の想
2010.01.28 花の芽の談合許す日向かな
2010.01.27 優しくも二人を隔つ雪しんしん
2010.01.26 マフラーが不意に流れて君をピシャッ
2010.01.25 見つめられ見つめ返して熱帯魚
2010.01.24 オリオンが見守っている帰り道
2010.01.23 ワンと言えばにゃあと答えるぬるい仲
2010.01.22 ありがとう一日十回言えたかな
2010.01.21 南天のぽろぽろぽろりん猫走る
2010.01.20 切り花にも生きる権利あり蕾あり
2010.01.19 遠方の列車音する朝曇り
2010.01.18 爪切れば血が滲み出す心の血
2010.01.17 ポチポチと天に埋め込む冬の星
2010.01.16 顔いっぱい目をも隠さんマスクマン
2010.01.15 世間はと言うとき我は含まれず
2010.01.14 感情を蹴飛ばし起きる冬の朝
2010.01.13 にぎやかな果物売り場で胸いっぱい
2010.01.12 卓上の暦くるりと一年後
2010.01.11 三掃きでポキッと逝った百均ぼうき
2010.01.10 恋蛍あの世で待つと君は言ひ
2010.01.09 ポーズ決めこれで最後と言えぬ雲
2010.01.08 七草でちょっぴり虫の気持ちかな
2010.01.07 外回り肩を叩きし霰かな
2010.01.06 ぽつぽつと芽のふくらみてオーイ春
2010.01.05 口開くのも寒い夜君が好き
2010.01.04 身支度の鏡に映る鬼の顔
2010.01.03 風弱し冬のすすきは月目指す
2010.01.02 抱きしめてみればどの子も人の子よ
2010.01.01 切り口にそっと触れたし包みたし