ikku 2007 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2007

2007年

月をクリックすると開きます。

12月

2007.12.31 傾ける日傾ける心日本
2007.12.30 見送れば熱き想ひの雨降りぬ
2007.12.29 落ちるのは行き場をなくした涙かな
2007.12.28 曇天の中に光を見つける朝
2007.12.27 大売出しの裏に隠れし値上げ品
2007.12.26 冬日差す余白の多いラブレター
2007.12.25 空澄みて極みの月の輝けリ
2007.12.24 くれないの残りし山の点々と
2007.12.23 伊豆山の空に吸わるる雨煙
2007.12.22 君と居るといつもいつも時間切れ
2007.12.21 冬の海あなたと見れば寒くない
2007.12.20 片割れのもしやと思ふイヤリング
2007.12.19 半月より太りし月の輝けり
2007.12.18 暖分かつ大切な人と年惜しみ
2007.12.17 世の灯り消して真冬のサングラス
2007.12.16 激流に呑まれて歩く冬の街
2007.12.15 街を行く二人は夜の金魚かな
2007.12.14 相触れてそれぞれ帰りぬ夜の寒し
2007.12.13 その電話は取れない冷たい音がする
2007.12.12 後ろ手に薔薇一輪の赤々と
2007.12.11 丸まりて瞼を閉じる冬の猫
2007.12.10 鼻歌のさびでじゅるるん涙歌
2007.12.09 冬の陽のつれなく落ちぬ空の底
2007.12.08 熱々のお湯割り啜る師走かな
2007.12.07 落ち葉踏み空を見上げる冬の暮れ
2007.12.06 橋の下公園の隅人の息
2007.12.05 冬の川ひかりの底に命あり
2007.12.04 密集す海岸通りの風ゆるし
2007.12.03 じんわりと腹を温めし柚子胡椒
2007.12.02 ひょうひょうと最後の一枚カレンダー
2007.12.01 我を抱く力に恋する十二月

11月

2007.11.30 乾きたる土くれ一つ冬の朝
2007.11.29 冷蔵庫整理を兼ねて鍋一丁
2007.11.28 生ぬるき風生ぬるき夜に浸る
2007.11.27 寂しさは水底に落つ小石かな
2007.11.26 悲しみの器ただよふ暮れの街
2007.11.25 身の透けて心あらわに夕紅葉
2007.11.24 四つに割れた柿の尻あり種はなし
2007.11.23 キャンパスに斜光を纏ふ人の群れ
2007.11.22 だらだらと流す血潮か蔦燃ゆる
2007.11.21 鯛焼きの頭は君に尾は我に
2007.11.20 急襲の冬を吸い込み咳一つ
2007.11.19 木枯らしや我を支える我の足
2007.11.18 蓑虫になりて一人の夜長し
2007.11.17 陽を分かち合ひて道行く老夫婦
2007.11.16 風止みて池の鏡に映る秋
2007.11.15 人違い気付きてくるり逃げ急ぐ
2007.11.14 喉痛む朝一粒の飴含む
2007.11.13 サイレンの日に日に高し神無月
2007.11.12 かたくなる乳房いよいよ冬来たり
2007.11.11 魂ゆれてあふるる涙のあたたかさ
2007.11.10 カールした花びら並ぶ菊花展
2007.11.09 向日葵の小さく咲きぬ十一月
2007.11.08 灯を消して我の鼓動に聞き入りぬ
2007.11.07 雲切れし空に光の粒戻る
2007.11.06 エレベーターの中でクスクス倍々ゲーム
2007.11.05 さくりさくり重み受け止める枯葉かな
2007.11.04 落ち込める人にも澄んだ空の青
2007.11.03 秋の山いろいろ減りし絵の具かな
2007.11.02 ぴぃぷぅぱぁすきまだらけの心かな
2007.11.01 ラ・フランスお尻ぽっこりなでなでし

10月

2007.10.31 晴れ女秋の空には勝ち目なし
2007.10.30 写し絵の間違い探す二人かな
2007.10.29 秋晴れの命絡めし蔦かづら
2007.10.28 足跡を追ひて分け入る獣道
2007.10.27 生土のなめらかになる秋の雨
2007.10.26 甘くなる空気明日は雨ですね
2007.10.25 こも巻きて虫おびき出す支度かな
2007.10.24 十三夜ふと見上げては目を細む
2007.10.23 身に添ひし君を想へば乳房張る
2007.10.22 ようやっと半袖しまふ日曜日
2007.10.21 たたみこむ心の襞に思い出を
2007.10.20 長い夜ぎゅっと縮めし夢の後
2007.10.19 秋響く体の軸を震わせて
2007.10.18 吹きさらし街の案山子も冬支度
2007.10.17 やせ細るカレンダーにも秋の風
2007.10.16 重たげに空は涙を蓄積中
2007.10.15 ストーブを入れて仕事と北の友
2007.10.14 ぬくみなき風に抱かれし洗ひ髪
2007.10.13 袖擦る風の冷たし山椒の実
2007.10.12 身に染むや一人の夜と一人の朝
2007.10.11 霧の中タワーの灯る秋の暮れ
2007.10.10 しゃきしゃきと空かき混ぜる秋の風
2007.10.09 ぽつりぽつり雨の落ちては土に滲む
2007.10.08 立ち止まるキンモクセイの香る道
2007.10.07 願ふこと祈ることあり星月夜
2007.10.06 胎内に残響抱く夜長かな
2007.10.05 露多き恋路を照らす陽の赤し
2007.10.04 蛇口より湯のような水夏遠し
2007.10.03 赤信号次々灯る四十代
2007.10.02 君に会ふ朝の重たき乳房かな
2007.10.01 朝顔の紫滲む雨冷たし

9月

2007.09.30 素麺の残る木箱や秋始む
2007.09.29 ぽつりぽつり肌を滑りぬ涙雨
2007.09.28 見え隠れ月を肴に団子食ふ
2007.09.27 一日の組み立て始む朝涼し
2007.09.26 銀杏をよけて歩けばバスが行く
2007.09.25 クレーンが空をツンツン背伸びして
2007.09.24 重なりて横たふ雲の重みかな
2007.09.23 虫の鳴く夜にただよふ余り熱
2007.09.22 喉鳴らす猫となりけり秋月夜
2007.09.21 こみあげるものたえきれず秋時雨
2007.09.20 絡みつき残りし蔓の茶色かな
2007.09.19 虫の声すぅっと消えて雨そろり
2007.09.18 幻や情の揺れ幅大き秋
2007.09.17 風通る隙間を埋めし九月かな
2007.09.16 目を閉じて夜をやり過ごすニューヨーク
2007.09.15 ゴミ置き場人の手見えたいや見てない
2007.09.14 人妻と呼ばれて久し雨の音
2007.09.13 無人駅カネを払うは君の自由
2007.09.12 壊したし冷静装ふ君の面
2007.09.11 岩牡蠣のするりと喉を通過せり
2007.09.10 身の危険感じることなし秋の蚊は
2007.09.09 ちびちびとそうめん啜る夜なべかな
2007.09.08 見送る手見送る視線後ろ髪
2007.09.07 遠慮がちに咲くは最後の朝顔なり
2007.09.06 玉の汗乳房の谷を駆け下りる
2007.09.05 うなだれし向日葵イヤヨと首を振る
2007.09.04 ぷりぷりの黄身かき混ぜる手の休む
2007.09.03 土を這う蝉を生け捕る雀かな
2007.09.02 患へる身体温めし鍋二人
2007.09.01 抱き合ひて君と迎えし九月かな

8月

2007.08.31 夏の葉のひらりはらりと落ちにけり
2007.08.30 涙ぐむことの多くてサングラス
2007.08.29 ゆっくりと見えない月を仰ぎ見る
2007.08.28 炎天下ひまわり揃ってそっぽ向く
2007.08.27 黒髪や風に流るる竹の庭
2007.08.26 君笑ふ顔を曇らす湯の煙
2007.08.25 音のない世界に入りぬ手話講座
2007.08.24 半月を君と分け合ふ夜は短し
2007.08.23 停留所じっくり停まる最終バス
2007.08.22 風鈴の静かに揺れて秋ちりりん
2007.08.21 ひとしきり蝉鳴き終えし夜半かな
2007.08.20 夏過ぎて弱虫泣き虫ぞろぞろり
2007.08.19 右に左に曲がりて育つ我がきゅうり
2007.08.18 急降下熱気払いの風来たり
2007.08.17 恋一夜隠し切れない夏終わる
2007.08.16 太陽のシャワーを浴びて生きている
2007.08.15 窓という窓に光や熱帯夜
2007.08.14 うるさいと思えど蝉も命がけ
2007.08.13 かげひなた厭わず汗を流す庭師
2007.08.12 カラカラと氷鳴る鳴るアールグレイ
2007.08.11 ちゃりんちゃりん続いて社に蝉しぐれ
2007.08.10 顔面が口だらけになる大あくび
2007.08.09 つり革より手すり冷たし夏電車
2007.08.08 シーサー付きペットボトルのお茶まろし
2007.08.07 風向きで明日を計る海人ら
2007.08.06 湯になりて珊瑚の白き墓場なり
2007.08.05 南国の自然に合わせ生きる知恵
2007.08.04 花の声葉っぱの吐息水を吸う
2007.08.03 杖をつく老婆歩きて生を知ると
2007.08.02 回転ドアくるりと回し梅雨明けリ
2007.08.01 陽の落ちてビーチパラソル口つぐむ

7月

2007.07.31 刃かな昼寝の後の頬にぐさり
2007.07.30 クラウディサンダーストームの五日間
2007.07.29 遠雷や逃げ出すのなら今のうち
2007.07.28 スコールに打たれ落ちる花開く花
2007.07.27 何もかも洗ってしまおう夏の朝
2007.07.26 パスポート出番の多いビンタン行き
2007.07.25 梅雨明くるのを待たずして蝉しぐれ
2007.07.24 薄着してせり立つ若き乳房かな
2007.07.23 我が胸に体当たりする若き蝉
2007.07.22 青ばかり減らす絵の具や夏恋し
2007.07.21 にわか雨行き場をなくす人の群れ
2007.07.20 吊るされて風を先取りチリチリリン
2007.07.19 みどり児の母求め泣くベビーカー
2007.07.18 はやる身をそっとしずめる小糠雨
2007.07.17 ホームにてきみは東にわれ西に
2007.07.16 水を得た魚一匹梅雨晴れに
2007.07.15 山一つまた一つ煙る雨に消ゆ
2007.07.14 煙る街重い空気に浸るカラダ
2007.07.13 聞き役に徹する立場雨えんえん
2007.07.12 雨宿り兼ねて本屋で待ち合わせ
2007.07.11 生き物のにおいふくらむ雨の夜
2007.07.10 旗振りて子たち見守る目の優し
2007.07.09 小さきもの大きく描く子供の絵
2007.07.08 太陽を丸ごと呑みて暮れる海
2007.07.07 目の前を特急のきみ通過する
2007.07.06 蛍の灯大きな闇を照らすかな
2007.07.05 紫陽花の緑残して花枯れる
2007.07.04 シャキシャキと時間を刻む信号機
2007.07.03 水たまりぎらりと睨む油かな
2007.07.02 月明かり遠ざける雲そして雲
2007.07.01 本当も嘘もまじれリ風ふるる

6月

2007.06.30 痛み止め何度打っても恋が好き
2007.06.29 燃え尽きるまで戦うぞシクラメン
2007.06.28 余り稲じっとベンチで出番待ち
2007.06.27 吠えたてる犬にオレオレ通用せず
2007.06.26 詫び状に誤字脱字有り救えない
2007.06.25 乾く間もなき瞳なり夏の夢
2007.06.24 骨組みの崩れる音や梅雨遠し
2007.06.23 入浴剤ずらり揃えて我が風呂へ
2007.06.22 めいっぱい昼ひきのばす日の到来
2007.06.21 耳たぶに赤み残して君帰る
2007.06.20 揺れ止まぬは生きてる証し我が地球
2007.06.19 届かないものにこそ燃え恋花火
2007.06.18 三方より視線を浴びる三面鏡
2007.06.17 かなしみの灯を照らすなり蛍狩り
2007.06.16 落つる日のゆっくりゆっくり行かないで
2007.06.15 梅雨入りてにんまり葉っぱと蛙かな
2007.06.14 コップ酒少し乱れし君の笑み
2007.06.13 朝曇り君に与ふる乳房かな
2007.06.12 いっぴきの女となりて雨を待つ
2007.06.11 さくらんぼ口にくわえてニッと笑ふ
2007.06.10 冷風を落としてけろけろ試運転
2007.06.09 親指を咥えて眠る子に団扇
2007.06.08 夕まぐれあの日の肌は帰らない
2007.06.07 ぷちんぷちん足の爪切る女の夜
2007.06.06 水の音鈍く響きて梅雨近し
2007.06.05 与えられた逃げ道を行く人人人
2007.06.04 花びらを濡らして待てど便りなし
2007.06.03 恋蛍もつれもつれし灯の絆
2007.06.02 花びらに風の宿りてゆるゆるり
2007.06.01 惚れ直す機が見つからぬ雨ざんざん

5月

2007.05.31 我知らぬ世界をいくつ持つやキミ
2007.05.30 言葉とは時にもどかしいネット越し
2007.05.29 明日も来ると信じて眠る重病棟
2007.05.28 なでられていけふくろうはまるくなる
2007.05.27 翳りなき空がぎゅうぎゅう地を潰す
2007.05.26 好きだった人の背中が小さくなる
2007.05.25 ケータイに愚痴を集めてポイと捨て
2007.05.24 舞台裏見せぬがプロと君言へり
2007.05.23 紫陽花の見え隠れする雨のふち
2007.05.22 インド綿さらりさらりと揺れる午後
2007.05.21 銀輪の並びて眩しキャンパス前
2007.05.20 水は行く低き低きへ一目散
2007.05.19 水たまり足踏み入れる雨上がり
2007.05.18 高層ビルに踏まれる気がして急ぎ足
2007.05.17 抜けるような青空の裏に落とし穴
2007.05.16 ばりめりり癇癪もちの空わめく
2007.05.15 深呼吸肺に緑を植えつける
2007.05.14 帰り道忘れて君に向かふ道
2007.05.13 れんこんの穴から見える心の穴
2007.05.12 睡眠はがんばるカラダへのごほうび
2007.05.11 下り坂地をつかまえる膝笑う
2007.05.10 風青し男波女波と畳みおり
2007.05.09 喫茶店ビールを頼むキミいくつ
2007.05.08 胸叩くあなたのぬくもりこんこんと
2007.05.07 十字路に立ちて選びぬ次の道
2007.05.06 叱られて大あくびする春の猫
2007.05.05 信号は青か緑か子供の日
2007.05.04 連休に連発ボケの花盛り
2007.05.03 めくられし葉っぱのスカートいやんいやん
2007.05.02 言い訳は言えない言わない言わせない
2007.05.01 我は居るはちきれそうな空の下

4月

2007.04.30 高層ビル大地に根を張る雲掴む
2007.04.29 氷砂糖なかなか溶けぬ心かな
2007.04.28 背に受くる鋭き日差しのナイフかな
2007.04.27 生ゴミの日を狙い打つカラスたち
2007.04.26 雨ですね傘を傾け立ち話
2007.04.25 春の川情けの海へ注ぎ込む
2007.04.24 底知れぬ黒となりけり腹の色
2007.04.23 春疾風背中をどつく胸どつく
2007.04.22 色物を集めてニタリ旅がらす
2007.04.21 春眠が身体を覆いつくすかな
2007.04.20 窮屈になりて時計を外す春
2007.04.19 高層ビル踏ん張る足元これでもか
2007.04.18 夜の更けてチンで始まるひとりごはん
2007.04.17 にぎやかに鳴りて集へり猫の鈴
2007.04.16 ひと休みまたひと休み春笑ふ
2007.04.15 葉桜のところどころに淡き青
2007.04.14 ありきたり並べて見舞う友の部屋
2007.04.13 奪うのか奪われるのか恋心
2007.04.12 鏡よ鏡なぜに映すか母の顔
2007.04.11 ケータイの枠をはみ出る恋便り
2007.04.10 八重桜少し遅れて宵灯す
2007.04.09 日の暮れを導く鳥の群れ速し
2007.04.08 レジ袋つるっと開かぬ歳ですか
2007.04.07 耳遠くなりてウンウンまたウンウン
2007.04.06 始まりも終わりも難し花の舞
2007.04.05 あの人の名を繰り返す心の音
2007.04.04 賽銭の代わりに入るは花びらか
2007.04.03 思い出をみんな連れ去る君の嘘
2007.04.02 君の声聞きたき夜のメールかな
2007.04.01 再利用可能な臓器数える夜

3月

2007.03.31 春雨や二人の傘がキスしてる
2007.03.30 冬過ぎて眠りの国からテイクオフ
2007.03.29 啄ばみて水面にこぼす桜かな
2007.03.28 単衣すら重くて落とす夜更けかな
2007.03.27 よじれるほど笑ひて泣きて沈みおり
2007.03.26 山里の雪に隠れし熱き情
2007.03.25 身につきし定時に目覚む土日かな
2007.03.24 こわばりし身体をほぐす春の海
2007.03.23 縁ありて交わる人の夢かがり
2007.03.22 きいきいと風の揺らすや白いシャツ
2007.03.21 春かしら眠れる心ふわふわり
2007.03.20 逃げる春スパッと切りて絞るレモン
2007.03.19 地球儀をくるり回して一昼夜
2007.03.18 目一杯咲きてこぼるる花の首
2007.03.17 難しい言葉は要らぬ春の夢
2007.03.16 跳ね返す力抑えし枕かな
2007.03.15 恋でなし友情でなし人でなし
2007.03.14 冬ぬくし眠れる命狂わせり
2007.03.13 鏡には今の我居りほーほけきょ
2007.03.12 鉛雲びりびり破く陽と風と
2007.03.11 ぴしゃぴしゃと園児のはしゃぐサンビーチ
2007.03.10 句読点ぽつりと打てり熱海の夜
2007.03.09 君の耳に届けと唄ふ夢一夜
2007.03.08 浮き沈みクラゲのような恋心
2007.03.07 首垂れて値札のつかぬ花一輪
2007.03.06 人生の昼下がりにはキスをして
2007.03.05 ひらがなのように生きたい春うらら
2007.03.04 冬イコール雪の絵描けぬ子供たち
2007.03.03 一枚の鱗を剥いで詠む夕べ
2007.03.02 その嘘を見抜いてしまう不幸せ
2007.03.01 北風びゅう会えぬ乳房がそっぽ向く

2月

2007.02.28 おだやかな言葉はぬくし春よ来い
2007.02.27 花一輪いきいき生きて生き抜いて
2007.02.26 厚切りの大根ぐつぐつ君を待つ
2007.02.25 空抜けて背伸びしてみるふきのとう
2007.02.24 その唇拾い上げたしぷるぷるる
2007.02.23 小羊を数えし冬の夜更けかな
2007.02.22 低音の笑いは本物風温し
2007.02.21 時を経て正が悪になる逆もある
2007.02.20 一笑に付されて笑ふ春の夢
2007.02.19 亨過ぎて絡みそびれし午前五時
2007.02.18 人波に揉まれ梅見の大あくび
2007.02.17 君住む町までひとっ飛びグーグルで
2007.02.16 恋人の涙を拭う嘘八百
2007.02.15 人ごみに紛れ落ち着く一人かな
2007.02.14 雪といふ待ち人見えぬバレンタイン
2007.02.13 クラクションビルの谷間に挟まりぬ
2007.02.12 睦み合ひ背き合ふこと増えて春
2007.02.11 休日も建売住宅トトンカチ
2007.02.10 飛ぶ鳥を見てはため息さらう風
2007.02.09 聞き耳を立てて眠れば朝遠し
2007.02.08 寝苦しや枕持ち替え二度三度
2007.02.07 この野郎!今日も黙々握力アップ
2007.02.06 土踏まずそっくり娘と足並べ
2007.02.05 激痛の治まるを待つ遅い朝
2007.02.04 惚れるってなんて愚かで可愛くて
2007.02.03 雪浴びし女人隠せし湯の煙
2007.02.02 やわらかな心をぐいと鷲づかみ
2007.02.01 一歩出て二歩踏み外す恋のあり

1月

2007.01.31 蟹食ひて指にしみ込む生の匂い
2007.01.30 おだやかな夕陽に眠る薔薇一輪
2007.01.29 人ごみを抜けて大きな空つかむ
2007.01.28 ガラス窓そろりと舐める朝陽かな
2007.01.27 始発にて帰り着く人行き着く人
2007.01.26 胸を射る冷たき光の乱反射
2007.01.25 好きという深さの違いしんしんと
2007.01.24 大根を背中に担ぐ子の楽し
2007.01.23 暗闇を切り裂く月の刃かな
2007.01.22 我の影ぐんぐんのびて君を抱く
2007.01.21 たまたまがまだまだ続く二人かな
2007.01.20 情深く恨みも多し我も女
2007.01.19 馬走り猿騒ぎ出すこれも恋
2007.01.18 磨かざる鏡のせいか寝ぐせ髪
2007.01.17 ぽつりぽつりしかめっ面の空ゆるむ
2007.01.16 川細りぴしぱし割れし泥の板
2007.01.15 春を待つ芽吹きは小さな炎なり
2007.01.14 春の夢仕事に明け暮れ色もなし
2007.01.13 オイと呼ぶ前にハイと出す茶の一杯
2007.01.12 唇の乾きて痛し埴輪かな
2007.01.11 今も好きとは言えなくて冬本番
2007.01.10 ポインセチア店頭外れ風の中
2007.01.09 裏白きチラシないねと嘆く母
2007.01.08 動かざる比叡拝みし冬の朝
2007.01.07 ふるさとに叡智集めしお正月
2007.01.06 忘れ物売り場で探す今日の傘
2007.01.05 九回裏どんでん返しの人事かな
2007.01.04 靴跡のつきて別れし恋の浜
2007.01.03 割箸のいびつに割れる昼定食
2007.01.02 ちぢかみてぎざぎざ震ふ冬紅葉
2007.01.01 新年の挨拶終えてひと眠り