ikku 2002 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2002

2002年

月をクリックすると開きます。

12月

2002.12.31 日一日声張り上げる飾り売り
2002.12.30 商店街次々閉まる永久(とわ)に眠る
2002.12.29 星光る距離も時間も遙か遠く
2002.12.28 生草を焼くにも燃えぬ胸の中
2002.12.27 風ならば君を包みて去るも易し
2002.12.26 引力を打ち消す力足らぬ空
2002.12.25 年の暮れ未着手の山に埋もれてみゃ~
2002.12.24 水枯れてこいは何処行く冬の池
2002.12.23 悲しみの数だけ光る夜空かな
2002.12.22 夢に見て君探す腕の淋しい朝
2002.12.21 思い切り繕って書く壊れた恋
2002.12.20 困らせれば足の遠のく逢瀬かな
2002.12.19 化粧後の虚像見せつける電車内
2002.12.18 陽の落ちて燃える山の端浮かぶ富士
2002.12.17 窓開ければガラスの空気が熱奪い
2002.12.16 鳥つつく最後の柿も落ちにけり
2002.12.15 特別な人を思ひて暖をとり
2002.12.14 あらましを見尽くしてなお命あり
2002.12.13 透き通る心を映す冬の海
2002.12.12 三日月に背中つつかれ急ぎ足
2002.12.11 目を閉じて木枯らしの声引き立ちぬ
2002.12.10 駆け回る子の声高し雪の朝
2002.12.09 紅葉の色を沈めて冬の池
2002.12.08 立ち話短く済ます師走かな
2002.12.07 にぎやかな視線がふたりの邪魔をする
2002.12.06 時にシルク時にナイフとなる言葉
2002.12.05 息の続く限り水底でたわむれる
2002.12.04 総立ちの米がうれしい夕餉かな
2002.12.03 雨落ちる空の匂いを引き連れて
2002.12.02 逢えぬ日の続きてしぐれる瞳かな
2002.12.01 寒風に干し柿ぶうらり甘み増す

11月

2002.11.30 君想いほてった顔をぬぐう風
2002.11.29 障りなきメールで保つ細い糸
2002.11.28 人間として好きな人と動物になる
2002.11.27 雨しずく枝に葉っぱにぶらさがり
2002.11.26 せきたてる雨はしくしく身にしくしく
2002.11.25 遠い過去のぞき見してる望遠鏡
2002.11.24 こすれ合う葉音しずめる細い雨
2002.11.23 オフィス抜け頬をぴしゃぴしゃ冷気打つ
2002.11.22 雲まとい艶めく月のチラリズム
2002.11.21 横風にあおられ踏ん張る橋の上
2002.11.20 木を離れ風に戯れながら逝く
2002.11.19 七人掛けみなそれぞれにメール打ち
2002.11.18 相反する心が保つ平和かな
2002.11.17 根元からしなる秋桜たおやかに
2002.11.16 君と居たいけれどかぼちゃの馬車が来る
2002.11.15 古傷をぺろりと舐めて消える風
2002.11.14 カラ風が人を狂わせる神無月
2002.11.13 右向け右風にたなびくススキかな
2002.11.12 灯のともる窓の少なき午前様
2002.11.11 ベタベタと油絵タッチの山並ぶ
2002.11.10 分厚い雲と大地の間を神渡り
2002.11.09 つつがなき日の暮れ浮かぶ富士の山
2002.11.08 鉛色の空の裂け目から噴く血潮
2002.11.07 お役ご免若き葉の散る夕べかな
2002.11.06 行方知らず恋の波間に漂ひて
2002.11.05 ぽかぽかの座席でうとうと冬のバス
2002.11.04 囚われの身となりそうで後ずさり
2002.11.03 ダウンライトきらりと光るメガネの奥
2002.11.02 身をそぎて冬を迎える落葉樹
2002.11.01 とろとろと夜にとけてく帰り道

10月

2002.10.31 鬱な気持ち凍らせるほど冷える夜
2002.10.30 街のカラスごみ出しにらんで目星つけ
2002.10.29 人差し指きゅっとつかんで赤とんぼ
2002.10.28 惜しみなく灯すネオンの色寒し
2002.10.27 赤い炎一気に山肌駆け上がる
2002.10.26 うたた寝の森にしのびの遣いやり
2002.10.25 濡れ衣を借りて火消しの任務負い
2002.10.24 人知れず宵待草にかかる露
2002.10.23 一言でかたまるほどけるとろけだす
2002.10.22 秋桜の揺れて俯く瞳かな
2002.10.21 見えぬ月ベッドを揺らす我の鼓動
2002.10.20 雨のち雨こころに居座る低気圧
2002.10.19 逆流する気持ちくい止める堰もなし
2002.10.18 瞬きもせず見つめ合う危険行為
2002.10.17 心ゆるめ眠れる五感を呼び覚ます
2002.10.16 豹変する空にまっ青おんなごころ
2002.10.15 風ぴりり人の気持ちも尖るらし
2002.10.14 空高く秋の鼓動はフォルテシモ(ff)
2002.10.13 薄い葉の光に透けて金ピカリン
2002.10.12 二人きりになれない時の大あくび
2002.10.11 解体はまず中抜きて外崩し
2002.10.10 寄りて離れ離れては寄り交わらず
2002.10.09 笑おうとして涙の出る夜更けかな
2002.10.08 風止みてためらいがちに雨の音
2002.10.07 風ゆらぎ光の粒子が踊る海
2002.10.06 闇深くなりて星屑あふれだす
2002.10.05 夕暮れに背中押されて急ぎ足
2002.10.04 秋の蚊の痒さは数に反比例
2002.10.03 雨後の川ぽっちゃりこってり別の顔
2002.10.02 荒れ狂う嵐のダンスを浴びる夜
2002.10.01 街を行く色はいよいよ深まりぬ

9月

2002.09.30 日の差して息も絶え絶え泣ける蝉
2002.09.29 むき出しのねじれた根っこに這わす指
2002.09.28 ふいにぽつりうなじに受ける雨の粒
2002.09.27 ちるるりん風鈴の音も秋の色
2002.09.26 陽傾き闇の大群押し寄せる
2002.09.25 冷ややかな人の視線と秋の風
2002.09.24 やわらかく心のくぼみに触れる風
2002.09.23 人馴れた鳥はおこぼれ待ち受け組
2002.09.22 酔いめぐり十五夜お月さんかすんでる
2002.09.21 十四の月にあこがれて一歩引く
2002.09.20 笑い声消えて苦しい息づかい
2002.09.19 ラッシュアワー扉の開きて型に鋳る
2002.09.18 北の使者日本の川を査察中
2002.09.17 君の居た場所にすぅっと風しみる
2002.09.16 秋祭りそこのけそこのけ神輿が通る
2002.09.15 つかまれた秋刀魚の口は袋破り
2002.09.14 熱冷まし流れる雨はひと晩じゅう
2002.09.13 寝付けない夜にぶぅぅん冷蔵庫
2002.09.12 窓開けて寝ればくしゅしゅん秋の朝
2002.09.11 口に出して幸せ数える不幸せ
2002.09.10 水食ひて咲く朝顔は白ばかり
2002.09.09 寝付かれぬ夜は目を閉じ君を乞う
2002.09.08 奔放に雲を散らかす秋の風
2002.09.07 小突かれた頬をかためて風の朝
2002.09.06 アイシテル窓から木の葉のメッセージ
2002.09.05 夜の雲ぎっしり集めて闇となり
2002.09.04 水枯れてもつぼみのままじゃ終われない
2002.09.03 制服の苦しさを解く日暮れかな
2002.09.02 寄る辺なき恋に捧げる歌つづり
2002.09.01 海面から昇る朝日を手に入れる

9月

2002.09.30 日の差して息も絶え絶え泣ける蝉
2002.09.29 むき出しのねじれた根っこに這わす指
2002.09.28 ふいにぽつりうなじに受ける雨の粒
2002.09.27 ちるるりん風鈴の音も秋の色
2002.09.26 陽傾き闇の大群押し寄せる
2002.09.25 冷ややかな人の視線と秋の風
2002.09.24 やわらかく心のくぼみに触れる風
2002.09.23 人馴れた鳥はおこぼれ待ち受け組
2002.09.22 酔いめぐり十五夜お月さんかすんでる
2002.09.21 十四の月にあこがれて一歩引く
2002.09.20 笑い声消えて苦しい息づかい
2002.09.19 ラッシュアワー扉の開きて型に鋳る
2002.09.18 北の使者日本の川を査察中
2002.09.17 君の居た場所にすぅっと風しみる
2002.09.16 秋祭りそこのけそこのけ神輿が通る
2002.09.15 つかまれた秋刀魚の口は袋破り
2002.09.14 熱冷まし流れる雨はひと晩じゅう
2002.09.13 寝付けない夜にぶぅぅん冷蔵庫
2002.09.12 窓開けて寝ればくしゅしゅん秋の朝
2002.09.11 口に出して幸せ数える不幸せ
2002.09.10 水食ひて咲く朝顔は白ばかり
2002.09.09 寝付かれぬ夜は目を閉じ君を乞う
2002.09.08 奔放に雲を散らかす秋の風
2002.09.07 小突かれた頬をかためて風の朝
2002.09.06 アイシテル窓から木の葉のメッセージ
2002.09.05 夜の雲ぎっしり集めて闇となり
2002.09.04 水枯れてもつぼみのままじゃ終われない
2002.09.03 制服の苦しさを解く日暮れかな
2002.09.02 寄る辺なき恋に捧げる歌つづり
2002.09.01 海面から昇る朝日を手に入れる

8月

2002.08.31 地の怒りそっと沈めて富士の山
2002.08.30 欄外の気持ちも君のゆりかごへ
2002.08.29 眠れない一重まぶたを繕う朝
2002.08.28 湯に浸かり君のぬくもり再現する
2002.08.27 さるすべりただかたくなに咲き続ける
2002.08.26 扇風機の向こうに店の主おり
2002.08.25 風涼しつくつくぼうしの独り言
2002.08.24 メモリーが隠れ家探して一人旅
2002.08.23 時を伏せ時を愉しむ君となら
2002.08.22 石投げておそるおそる見る波紋かな
2002.08.21 窓開けて風を招けば夢心地
2002.08.20 お休みのお知らせ剥がす焼けた腕
2002.08.19 えんえんと輪唱続ける蝉の群れ
2002.08.18 宵覚めに飲む一杯の麦茶かな
2002.08.17 手を離せば砂漠に取り残される我
2002.08.16 階下よりつまずくピアノの音が漏れ
2002.08.15 風涼し行きて惜しむや夏盛り
2002.08.14 潮満ちて遡る川ウロコ水
2002.08.13 むしゃくしゃを千切りにしてむしゃむしゃ食う
2002.08.12 風止みてあなたは夜をかきまぜる
2002.08.11 木に枝にひしめくせみのいのちかな
2002.08.10 渡り鳥この地に降りて羽休め
2002.08.09 からだじゅう散らばる痛みの再集結
2002.08.08 ひまわりの首持ち上げる光の糸
2002.08.07 転がりて心の傾斜は止まらない
2002.08.06 首垂れて命ゆらめく朝の花
2002.08.05 雲重く落ち着かぬ空をメッタ切り
2002.08.04 はかなさを誰と競ひて恋花火
2002.08.03 天井へ逃がす視線に知らぬふり
2002.08.02 耳元の目覚ましうるさき夏の朝
2002.08.01 蟻一匹危ないよと言い家を出る

7月

2002.07.31 日常の気配を流す水の音
2002.07.30 そうめんの吸われ喉元滑りおり
2002.07.29 抱きしめた君の温度は一度高い
2002.07.28 流れない水は淀みて腐敗する
2002.07.27 目を閉じれば君が消えそう熱帯夜
2002.07.26 雨上がり誰を映すや水鏡
2002.07.25 波寄せて荒れる二人の息づかい
2002.07.24 桃がぶり熟れた果肉にしゃぶりつく
2002.07.23 煙突を作りし都会の一軒家
2002.07.22 夕煙り寄せ木細工の湾岸線
2002.07.21 足元に恋の豆粒ころころりん
2002.07.20 陽を避けてうつむく向日葵きみを呼ぶ
2002.07.19 大根をゴシゴシ洗う湯船にて
2002.07.18 朝顔の地を這う姿に棒一本
2002.07.17 胸底の隠れ家に居る君と居る
2002.07.16 ほおばって歯にしみとおるアイスかな
2002.07.15 草木蒸す夏の匂いに我も入る
2002.07.14 身体洗い割れぬしゃぼんのひとつふたつ
2002.07.13 少しでも涼をとりたしまとめ髪
2002.07.12 雨止んでひっぺ返した空一枚
2002.07.11 大空を縦横無尽に結ぶ風
2002.07.10 切り口の傷むキャベツを使い切り
2002.07.09 偽りなき「好き」を千回噛み砕く
2002.07.08 空焼きてじりじり我の胸焦がす
2002.07.07 逢えぬ日はせっせせっせとカキコする
2002.07.06 背を伸ばしにっこり笑うひまわりさん
2002.07.05 扉開きヒンヤリうれしい夏電車
2002.07.04 イヤリングはぐれて一人また一人
2002.07.03 すりつけ合う皮膚と皮膚の間に嘘はなし
2002.07.02 するすると素肌を滑る時の粒
2002.07.01 君思えばひょっこり心臓飛び出しそう

6月

2002.06.30 靴洗い外はピカピカ中はボロ
2002.06.29 諍いを避けてパソコン前に居り
2002.06.28 身にしみる泣けない弱さと泣く強さ
2002.06.27 主なき畳ぷぅんと香る朝
2002.06.26 決定打欲しくて怖くて目を伏せる
2002.06.25 曇り空短き袖に風寒し
2002.06.24 君探す心の匂い嗅ぎ取って
2002.06.23 手紙書くインクも滲む雨の夜
2002.06.22 君思えば恋のプリズム七変化
2002.06.21 鯖一切れ煮ても焼いても母の味
2002.06.20 その夢のもっと奥まで眠りたい
2002.06.19 薄皮を一枚一枚剥がしてNONE
2002.06.18 もうもうと口尖らすほど牛はおらぬ
2002.06.17 もう泣けない涙の溜め池スッカラカン
2002.06.16 霧雨や乾いた心潤して
2002.06.15 雷鳴の低く唸りて地を揺さぶる
2002.06.14 潔く咲いて萎れて枯れる花
2002.06.13 花に酔い花に溺れて花惑い
2002.06.12 流すのでなく滲む涙に熱くなる
2002.06.11 曇ってもみがいてみがいてマイレンズ
2002.06.10 歯車のギシギシするを覆う風
2002.06.09 血のめぐり気まぐれついでに滞る
2002.06.08 見つめ合う瞳の中の白を追う
2002.06.07 つついたりつまんでみたりひざまくら
2002.06.06 とどろきに心引きつる顔笑う
2002.06.05 月吊し空はゆっくりムービング・ウォーク
2002.06.04 夏めきて木陰を歩く君と居る
2002.06.03 ふいに吹く風に心をすくわれる
2002.06.02 夏雲雀巣に落ち着くや君も僕も
2002.06.01 あやめてはならぬ迷子の蠅逃がす

5月

2002.05.31 火だるまになれど心は火傷せず
2002.05.30 恋花火ポッと燃やしてサッと隠す
2002.05.29 枝分かれ迷い疲れて眠れない
2002.05.28 駅前にドミノのごとくチャリ並び
2002.05.27 草笛を覚えし娘の肺活量
2002.05.26 笑みこぼし太陽ますます頬ゆるむ
2002.05.25 カリビアンナイト一口甘い罠
2002.05.24 噛み合わない君にグラスもにじむ夜
2002.05.23 じらしつつ夕焼け空のフェイドアウト
2002.05.22 デザートを桜に求むカラス群
2002.05.21 浅くとも人の溺れる海はあり
2002.05.20 月曜の朝はたっぷり息を吸い
2002.05.19 肉太の雲に挟まる茜空
2002.05.18 湯けむりの後ろに眠る乱れ籠
2002.05.17 風吹けばうなる高層ビルの笛
2002.05.16 いし投げて心わさわさ揺れる水
2002.05.15 影薄く流れる初夏のもみじ道
2002.05.14 終わりみて学習効果の生きぬ恋
2002.05.13 目覚ましの前に目覚めてベルを待つ
2002.05.12 手を取れば君はいつでも共犯者
2002.05.11 川鳥の追いて追われて逃げられて
2002.05.10 しだれ柳ルールは後からついてくる
2002.05.09 ブルときて梅雨のはしりか風邪ひきか
2002.05.08 もつれ糸切らずにほぐし仲直り
2002.05.07 つぼみのまま摘み取られし君並ぶ御膳
2002.05.06 新芽吹き青い匂いに心揺れ
2002.05.05 雨煙り比叡の山の白装束
2002.05.04 明日の行方占う月は雲隠れ
2002.05.03 部屋の底二人手をとり沈め合う
2002.05.02 月眺む内なる海に漂ひて
2002.05.01 雨打ちて心に冷たい炎燃ゆ

4月

2002.04.30 宵闇に肩を抱かれて落ちる街
2002.04.29 タンポポの綿は意志持ち宙を行く
2002.04.28 蚊にくわれ阿呆呼ばわりされる四月
2002.04.27 商売気なき店員のぺちゃくちゃくちゃ
2002.04.26 閉じた貝あなたの鍵でカチャと開く
2002.04.25 枕元君忍ばせて夢結び
2002.04.24 ためらいつつも一歩踏み出す大人かな
2002.04.23 君進む君立ち止まる影踏み踏み
2002.04.22 君と泣き君と笑ひて日は落ちる
2002.04.21 いつ開くともない扉見て今日も行く
2002.04.20 後ろ手に涙の壺と夢の扉
2002.04.19 受け月に飛び込まんとする星ひとつ
2002.04.18 やさしさに甘え一夜の夢語り
2002.04.17 泣くなよと言われ熱きもの込み上げる
2002.04.16 キャラメルを一粒含みカラコロカラ
2002.04.15 飛行機は空の線路をたどりおり
2002.04.14 眠れぬと言う君抱いて眠る夜
2002.04.13 奔放な恋はいつでも蜘蛛の糸
2002.04.12 真実は淀みにひそみ息ひそめ
2002.04.11 まき散らす心の破片で殺傷罪
2002.04.10 ふわりふわり慣らし運転の虫が飛ぶ
2002.04.09 とぼとぼと暮れ行く春の夕べかな
2002.04.08 花去りて周回遅れの祭りかな
2002.04.07 肩を打つ温みの雨に咳一つ
2002.04.06 色とりどり混ぜておじゃんの打ち合わせ
2002.04.05 春あらしひとつ残らず花落とす
2002.04.04 赤い糸もつれ絡んで波の上
2002.04.03 結束し風と戦う洗濯物
2002.04.02 青い匂いぷんぷん満載ラッシュアワー
2002.04.01 春雷に雨はソワソワ風ピタリ

3月

2002.03.31 もう出番どぎまぎしてる桜の葉
2002.03.30 待ち合わせ女傘にて君は来る
2002.03.29 Tシャツの蝶はパタパタ窮屈そう
2002.03.28 まばたきの風を受けとる頬と頬
2002.03.27 放り込む恋わずらいはゴミ箱へ
2002.03.26 せかせかしてもぼんやりしても同じ一日
2002.03.25 震えながら弁当広げる花見かな
2002.03.24 水浴びのツバメはプールにタッチ&ゴー
2002.03.23 潮引きて残る貝殻拾う朝
2002.03.22 こぼれそうな星を抱けりセブの夜
2002.03.21 砂文字に波の消しゴム何度でも
2002.03.20 抵抗するすべなく肌は射抜かれる
2002.03.19 ハネムーナーあなたとわたし重ねてる
2002.03.18 ケータイもネットも解きて生の我
2002.03.17 つぅとくる胸のつぼみのふくらみて
2002.03.16 今日の日はさようならと舞う花吹雪
2002.03.15 手に足にあなたの記憶ピリピリピリ
2002.03.14 信頼が溶けて流れて水の泡
2002.03.13 あたたかな光にとける喜怒哀楽
2002.03.12 凹凸の愛しきカタチなぞる指
2002.03.11 甘酒の匂いに酔ひてゆるゆるる
2002.03.10 梅の花盛んに散りて第二章
2002.03.09 身勝手でなければ恋と呼べなくて
2002.03.08 かなしみの数を競ってアメアラレ
2002.03.07 希望という帆が並んでる春の海
2002.03.06 じっくりと待てば満員通過バス
2002.03.05 冷水でバシャバシャ涙の跡を消す
2002.03.04 好きな人住む街みんな好きになる
2002.03.03 弥生月ふくらむつぼみ競う花
2002.03.02 かなしみを秘めてほほ笑むお雛さま
2002.03.01 そこまでと言えず炎の燃えるまま

2月

2002.02.28 黒雲に阻まれぐっすん月は泣く
2002.02.27 どっかーんと居座る憂鬱掃き捨てる
2002.02.26 ひとり寝の調べを乱す胸騒ぎ
2002.02.25 むしゃむしゃと君の時間を食べる虫
2002.02.24 体内に鉛うちこむ春の風邪
2002.02.23 瞬間を切り取る写真は真正直
2002.02.22 言わなくとも通じるはずと思う罠
2002.02.21 ババ抜きて一人外れの心地する
2002.02.20 木の上の猫はズルズル伝い下り
2002.02.19 一線をこえない君の丁寧語
2002.02.18 現実の波はさらうよ砂の文字
2002.02.17 湯船の栓ぐいと引き抜く力なく
2002.02.16 懐の深さはかる君のジャブ
2002.02.15 人指せど自分は指せぬ人指し指
2002.02.14 好きな人の声のみ耳に入りおり
2002.02.13 聴診器こすってぬくめて肌に当て
2002.02.12 ぐぅぐぅと正しいリズムに我も入る
2002.02.11 突風を受けてひるまず裸の木
2002.02.10 たったいま枝を離れた葉の寝息
2002.02.09 打ち込まれた楔が心に再接近
2002.02.08 手織り人せっせせっせと時を編む
2002.02.07 ぬっくりと虫の顔出す雨あがり
2002.02.06 ぼそぼそと落ちる雨粒匂う春
2002.02.05 行く道の道標なき昼の空
2002.02.04 鬼は外鬼は心の内に居り
2002.02.03 緑萌える小人の森のブロッコリー
2002.02.02 ケータイを風呂入口に置きて入る
2002.02.01 雲の向こう月が出たいともがいてる

1月

2002.01.31 ブレーキをかけたくなくて落とすギア
2002.01.30 はいからな野菜並びて進むカゴ
2002.01.29 せめぎ合う雲の隙間に青眩し
2002.01.28 十三の月をびゅびゅうと乱す風
2002.01.27 死に金はいらぬと撒けば長生きし
2002.01.26 水凍り川はますますやせ細る
2002.01.25 サイレンの冴える真夜中ふさぐ耳
2002.01.24 100円屋モノよりワクワク感を買い
2002.01.23 風吹かばなお透き通る空気かな
2002.01.22 立ったまま裸の木々は眠りけり
2002.01.21 ベランダに日向ぼっこの布団たち
2002.01.20 苦心してひねってひねればもとどおり
2002.01.19 幸せの仮面はいらないすっぴんで
2002.01.18 白菜のとろとろ煮込む甘さかな
2002.01.17 足音が近づいてくる君じゃない
2002.01.16 ビル群につまづく風の叫び痛し
2002.01.15 休ませてくれと言えないママ稼業
2002.01.14 年玉と値札のゼロの数比べ
2002.01.13 しめ飾り解きて門戸のくしゃみする
2002.01.12 まかないのメシは一番うまいメシ
2002.01.11 弓絞る背中に緊張走る月
2002.01.10 夕凪にどこにも行けない船ぽつり
2002.01.09 梅の芽の冬を吸い吸い春を待つ
2002.01.08 一つ恋積んで一本白髪増え
2002.01.07 逢うごとに見つかるあなたのひとつひとつ
2002.01.06 お鏡に座る蜜柑の頬染まる
2002.01.05 体温を奪い取るなと身を丸め
2002.01.04 バスは行くあらがう枝をたゆませて
2002.01.03 言葉詰まりコーヒー注ぐ菓子を盛る
2002.01.02 羽根を突く親は真顔で汗握る
2002.01.01 甘辛のにおう家々それぞれに