ikku 2008 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2008

2008年

月をクリックすすと開きます。

12月

2008.12.31 もう二度と開けぬシャッター年の暮れ
2008.12.30 余り熱とっとと消えるトースター
2008.12.29 細心の注意払ひてかさぶた取り
2008.12.28 冷えてゆく山に向かひて日が暮れて
2008.12.27 ほかほかの席に座りて夢旅行
2008.12.26 空き腹のずらり並びて弁当買い
2008.12.25 シングルベル一人一人のクリスマス
2008.12.24 豪勢な銀杏ふぶきなり風の道
2008.12.23 巨人の手赤ん坊の手熊手売り
2008.12.22 鋭角に構えて落ちる西日かな
2008.12.21 木枯らしに肩を抱かれてぐすんぐしゅん
2008.12.20 降り止まぬ落ち葉掃き寄せまた一服
2008.12.19 石仏のぽつりぽつりと山の道
2008.12.18 赤椀の湯気もいただくすまし汁
2008.12.17 花あれば咲き散り枯れる刹那かな
2008.12.16 カラカラの空気に漂ふコーヒー香
2008.12.15 晴れるとき待ちて静かに濡れ落ち葉
2008.12.14 さくさくと落ち葉ふみふみ親子連れ
2008.12.13 山肌のまあるい背中に冬陽差す
2008.12.12 ポインセチアスクラム組んでメリークリスマス
2008.12.11 恋すれば恋しさつのる夜明け前
2008.12.10 突き進む偏西風を切り裂いて
2008.12.09 せっしょうな陽のあるうちに帰りゃんせ
2008.12.08 ころげだす毛糸の先に猫の足
2008.12.07 ひとりごとのようにつぶやく君が好き
2008.12.06 夜はしっとり雪のにおいを運びおり
2008.12.05 好きというは一方通行北風びゅ~
2008.12.04 雪吊りのごと電球を灯しけり
2008.12.03 指先よりゆっくり燃える冬もみじ
2008.12.02 節電の暗き廊下に風すうすう
2008.12.01 冬ひなた風のねじれてひと葉落つ

11月

2008.11.30 働くもの睦み合うもの眠るもの
2008.11.29 怒るもの戦い合うもの悔やむもの
2008.11.28 滲んでる無念の二文字冷たい夜
2008.11.27 喉元にぐっと溜めおく唸り声
2008.11.26 夜更け過ぎまで待てなかった雨のち雪
2008.11.25 「ありがとう」言ひて終われば悔いはなし
2008.11.24 ツンツンとつついてみたし東京ドーム
2008.11.23 照れてみたり燃え上がったり秋深し
2008.11.22 夕暮れにささと現る冬の星
2008.11.21 対岸のくっきりはっきり冬本番
2008.11.20 みかん剥く君にも夢があったよね
2008.11.19 蟻地獄のまれるもよしもがくもよし
2008.11.18 つつき合うからこそ楽し鍋の夜
2008.11.17 しみ一つ気になってまた袖通す
2008.11.16 わたしわたしわたしがいるよ三面鏡
2008.11.15 はやばやと一番星の光受く
2008.11.14 咲いている花の変わりて知らぬ道
2008.11.13 手足もぎ衣替えするマネキンたち
2008.11.12 火だるまになりて秋刀魚の輝けり
2008.11.11 つんのめりながら秋雨ぽたっぽたっ
2008.11.10 木枯らしをいなして進む老夫婦
2008.11.09 山吹に冬日集めし社かな
2008.11.08 譲り合ひ心触れ合ふ路地の秋
2008.11.07 青い飴舐めてやっぱり青い舌
2008.11.06 冷ややかに嘘も映せり水鏡
2008.11.05 空高し一人っきりの薔薇匂ふ
2008.11.04 叱っても怒りはしない秋の暮れ
2008.11.03 枝切られ片意地張って冬を待つ
2008.11.02 木枯らしの集めし枯葉かさりこそり
2008.11.01 したごころもしくはまごころ恋と愛

10月

2008.10.31 どすんどすん待てと言っても陽は落ちる
2008.10.30 サイレンに追われる私悪くない
2008.10.29 小さな山大きな山と失笑す
2008.10.28 違う未来開けるきっとたぶんまさか
2008.10.27 首手足冷たき風にくすぐられ
2008.10.26 ぜんまいをぐりっと巻きてひとりごち
2008.10.25 最後には溶けて流るる命かな
2008.10.24 おくられるよりはいいさとおくりびと
2008.10.23 緑から黄や赤色へ衣替え
2008.10.22 ゆっくりと真っ赤な命目覚む朝
2008.10.21 破けてるいや破いてる膝小僧
2008.10.20 永遠を一瞬に留む神無月
2008.10.19 寄りかかる肩にぐぐっと子の頭
2008.10.18 吠える犬今日は不在か風寒し
2008.10.17 誰か待つ空の落書きなぞりつつ
2008.10.16 震えつつ青く開けり秋朝顔
2008.10.15 夏枯れの草刈り詰める袋の山
2008.10.14 ピストルに剣の舞や運動会
2008.10.13 さつまいも・りんご・えだまめ食ひて秋
2008.10.12 冷蔵庫忘れた頃に氷生む
2008.10.11 田舎道二人ぼっちのバスが行く
2008.10.10 乱反射時計の針のかくれんぼ
2008.10.09 秋ブーツ生足突っ込む女たち
2008.10.08 ぎゅうぎゅうと人を乗せてはうめくバス
2008.10.07 君長くとどめんとするドライフラワー
2008.10.06 コスモスのぴしと立つもの揺れるもの
2008.10.05 戒めの言葉も消ゆる秋の暮れ
2008.10.04 瞬ける星を指折り数えけり
2008.10.03 住み着きて臭い染み付く地下の道
2008.10.02 愛でる人ありやなしと星月夜
2008.10.01 つるりんと滑ってイタタッ濡れた床

9月

2008.09.30 近道の行く手を阻む蜘蛛の糸
2008.09.29 もみ殻に残りし命の欠片かな
2008.09.28 目を閉じて時空さまよふ魂に会ふ
2008.09.27 君ゆえにこの肌赤く染むる秋
2008.09.26 コツコツとヒールの姉さん秋の夜
2008.09.25 夜更けまで酔ふて昔を綴りけり
2008.09.24 蝉の腹残りて聞こゆ虫の声
2008.09.23 ひりとするこすった肌に塩味の湯
2008.09.22 空に浮き空に沈めリ涙壷
2008.09.21 酌み交わす酒は甘いかしょっぱいか
2008.09.20 無理にでも口を開きて歌ふ夜
2008.09.19 日本ににらみをきかすタイフーン
2008.09.18 水際をそっと離れて秋の空
2008.09.17 順調とは勝ち続けてるジャイアンツ
2008.09.16 しとど雨虫の音一つまた一つ
2008.09.15 編み上げる日々の苦しさ切なさを
2008.09.14 身も心も大きくなりて成田着
2008.09.13 人消ゆる日没イコール風の闇
2008.09.12 出遅れるクロスロードでまたダッシュ
2008.09.11 しっくりと会席料理に赤ワイン
2008.09.10 スタートアップ熱い想いと欲望と
2008.09.09 ちまちまとするは見苦し空高し
2008.09.08 三日月にじっと睨まれナイトフライト
2008.09.07 我の顔うかがいながら雲の立つ
2008.09.06 コンビニのおでん片手に虫の声
2008.09.05 木を登る一糸乱れぬ蟻の列
2008.09.04 ふにゃとなる視界の揺れて我も揺れて
2008.09.03 星一つ見えて今夜は雨降らず
2008.09.02 譲り合ふ歩道に残るミミズの死
2008.09.01 一匹なら吸うだけ吸えよ蚊の命

8月

2008.08.31 短パンを雨よけに穿く晩夏かな
2008.08.30 こぼれ落つその日その日のラブソング
2008.08.29 雨ダダダ息を切らして整えて
2008.08.28 重き穂の垂れて緑の薄まれり
2008.08.27 あふれ出すネタ次々と夢の中
2008.08.26 句読点とってはならぬ山の杭
2008.08.25 腹向けてヨヨイノヨイで絶える蝉
2008.08.24 ぷりぷりの桃甘々の香に酔ふ
2008.08.23 ぎゅぎゅぎゅっとスタンプラリーの子供の手
2008.08.22 逃げ落ちるぷるんぷるぷる葛餅やい
2008.08.21 饒舌になりて失う決め台詞
2008.08.20 濡れた跡うっすら残る夜道かな
2008.08.19 涼風や心の隙間をひんやりと
2008.08.18 空うねり雲と光のコンチェルト
2008.08.17 森のなか琥珀のボトル輝けり
2008.08.16 突っ立ってないでおいでよ入道雲
2008.08.15 雨匂ふマシュマロのごと浮かぶ月
2008.08.14 出演者次々降りぬあの世から
2008.08.13 来週の日付で安心する牛乳
2008.08.12 陽の下を氷の文字のゆらめけリ
2008.08.11 涼しいと悲しいらしい雨ダダダ
2008.08.10 音程を上げて競へる蝉の声
2008.08.09 空しさと切なさを呼ぶ花火かな
2008.08.08 耳元で蝉の煩きああ日本
2008.08.07 椰子の実をささと落としてキープセーフ
2008.08.06 にらめっこトンボものんびり羽休め
2008.08.05 折り込める波そして波、波三乗
2008.08.04 思ひ出し笑ふ真昼のソーダ水
2008.08.03 スイッチオフ惰眠貪る空の上
2008.08.02 夕まぐれ蝉のじじじと鳴き細り
2008.08.01 とろとろのアイスクリーム急ぐ匙

7月

2008.07.31 飛び込めば水に打たれて木っ端微塵
2008.07.30 寂しさから逃れるように眠る夜
2008.07.29 風吹かばいい子いい子の子守唄
2008.07.28 雲絡み思わせぶりの涙落つ
2008.07.27 二重唱三重唱の蝉しぐれ
2008.07.26 何十年律儀に来たる月の客
2008.07.25 腹出して転がる蝉の声弱し
2008.07.24 空掃きて残り絵の具の使い道
2008.07.23 非常ボタン押したい衝動押せぬ理性
2008.07.22 ゲーコゲコ遅れて鳴くは夏ガエル
2008.07.21 ひとしずく受けて振り向く炎天下
2008.07.20 空席にささと座るは男なり
2008.07.19 雨上がりほわんほわんと湯気立ちぬ
2008.07.18 ど真ん中めがけて投げる球の夏
2008.07.17 見えぬもの見えて眼鏡の奥に涙
2008.07.16 不具合をだましだまして老夫婦
2008.07.15 漕ぎ出せばぴたと寄り添ふ水母かな
2008.07.14 しわくちゃの月半分に雲パック
2008.07.13 売り場にてキリと光れり夏茄子
2008.07.12 雨しずしず小さくうそとつぶやいて
2008.07.11 人生は線香花火ぴちぴちぽとん
2008.07.10 連れ歩くビニール傘に夏日差し
2008.07.09 泣き出すかこらえてくれるか読めぬ空
2008.07.08 終わりなき寂しさを抱く水中花
2008.07.07 夏帽子人を見ぬよう見られぬよう
2008.07.06 べったりと落ちてくちなしコトバなし
2008.07.05 街中で配る団扇の風暑し
2008.07.04 逢えぬ夜風鈴外してしまおうか
2008.07.03 朝一番蛇口ひねれば水温し
2008.07.02 隣席のじじいの臭し正露丸
2008.07.01 白足袋の猫の横切る薄き闇

6月

2008.06.30 ぬるとした空気を溜めて梅雨のなか
2008.06.29 半眼の夢は境を行き帰り
2008.06.28 刻まれし命の上にどっこらしょっ
2008.06.27 疑うこと妬むことなき真昼かな
2008.06.26 恋人の見つめる先に薔薇一輪
2008.06.25 もぞもぞと虫の這い出す南風
2008.06.24 雨受けて力みなぎる若葉かな
2008.06.23 蜘蛛の巣に宿る水滴キラッコロッ
2008.06.22 ばちばちと雨の弾けり夏至の夕
2008.06.21 生っぽく匂ふ花あり夕涼み
2008.06.20 闇薄く昼ぼんやりの梅雨半ば
2008.06.19 すり減らす命歩けり逆風を
2008.06.18 じわじわと君抱きしめん蔦みたく
2008.06.17 前線のぶれて予報士顔ゆがめ
2008.06.16 原色の夢にうなされ白い朝
2008.06.15 すうどんをすすりて京の夏来たり
2008.06.14 青いまま落ちてコロコロ梅の道
2008.06.13 お仕置きか地を叩きつける雨痛し
2008.06.12 澱深きワインの赤か我の血か
2008.06.11 来客のありてはかどる掃除かな
2008.06.10 名を呼ばれどどどと立てり小林さん
2008.06.09 シャボン玉ぱちんぱちんと夢破れ
2008.06.08 蛇の道は後ろにあらず前へ前へ
2008.06.07 ひきがえる狭き歩道をとおせんぼ
2008.06.06 どくだみの表舞台に鎮座する
2008.06.05 恋しがる女でありぬ呆けても
2008.06.04 梅雨入りて泣いたカラスよまだ泣くの
2008.06.03 靴底に残りし花の悲鳴かな
2008.06.02 花つつじまるごと落ちて深呼吸
2008.06.01 好きな人に嫌味言わせる憎き雨

5月

2008.05.31 雨を吸ふ緑ますます潤へり
2008.05.30 日々描く書に表れしカラ元気
2008.05.29 老ひ同士席譲り合ふ昼のバス
2008.05.28 積み上げし書類かき分け風の道
2008.05.27 次々と体当たりする虫や虫
2008.05.26 炭酸の泡ぴんぴんに立てる朝
2008.05.25 雨の唄今宵は誰を想ふのか
2008.05.24 伸びただけ風に当たりし竹の波
2008.05.23 ほんのりと色づく紫陽花雨を呼ぶ
2008.05.22 ありんこのぞろりぞろぞろ午前九時
2008.05.21 風どどど枝のぼきぼき折れて飛ぶ
2008.05.20 這ひ出してコロリ腹出す虫の性
2008.05.19 子の消えしブランコ揺るる日暮れかな
2008.05.18 天空より緩急つけて投げる雨
2008.05.17 葱茗荷紫蘇に埋もれし鰹かな
2008.05.16 ありがとうの裏に百言胸に秘め
2008.05.15 謝罪にもマニュアルできて絵にならず
2008.05.14 ぽつぽつと時を刻めり雨雫
2008.05.13 時期尚早だれが呼んだかタイフーン
2008.05.12 一輪ずつ家に向かひしカーネーション
2008.05.11 半歩先夢は未来を歩いてる
2008.05.10 苦難多々経て美しき薔薇の咲く
2008.05.09 薫風のまるごと温し花匂ふ
2008.05.08 通勤路心を家に置き忘れ
2008.05.07 季をまたぎ咲く花の風空の色
2008.05.06 花も葉も濡れてしんなり初夏の雨
2008.05.05 ひるがえれ風はなくとも鯉のぼり
2008.05.04 ケータイの不意に暴れし夜半かな
2008.05.03 雨ざんざ緑ますます濃く映ゆる
2008.05.02 注ぐ茶の色見比べし子の眼(まなこ)
2008.05.01 冗談の通じぬ君に初夏の風

4月

2008.04.30 晴れに晴れいよいよ緑燃えあがる
2008.04.29 鳥鳴きて春の一日広げおり
2008.04.28 春日暮れほのかな望み漂へり
2008.04.27 空ゆるみぷぷぷぷははは山笑ふ
2008.04.26 たんぽぽのけなげと言われ泣き笑い
2008.04.25 黙り込む街はぼんやり煙る雨
2008.04.24 てんとう虫飛べとつつけば後ずさり
2008.04.23 かくれんぼ見つけてほしいあなたには
2008.04.22 痛いよう転び上手といわれても
2008.04.21 岩を越え越えては消ゆる波の精
2008.04.20 千羽鶴身動きできぬ鶴の群れ
2008.04.19 イビキにも音程ありてドドミソド
2008.04.18 ふんぎゃあと言ったか言わぬか蛙の死
2008.04.17 昼と夜ほどほどにあり初燕
2008.04.16 遅咲きに振り向く人のまばらなり
2008.04.15 夜の更けてほのかにゆれる春灯り
2008.04.14 春の宵鈴を外して通ふ猫
2008.04.13 おむすびに愛情いっぱい具もいっぱい
2008.04.12 風重し我立ち向かう橋の上
2008.04.11 濁り水流るるままに花筏
2008.04.10 春の水ぶつかり合ひて温むらし
2008.04.09 春雷のどどーんと響く腹の底
2008.04.08 花に雨ダダダと降りてダと止んで
2008.04.07 花降りて鴨の横切る桜川
2008.04.06 しゃぼん玉きみのゆくえを追いかけて
2008.04.05 土日までぐっと我慢の桜花
2008.04.04 風の吹くだけ散り急ぐ桜かな
2008.04.03 待て待て待て君が消え行く朝の夢
2008.04.02 春の陽のまあるくまあるく落ちてゆく
2008.04.01 胸を刺す言葉の嵐かきわける

3月

2008.03.31 催眠術解きて流るる桜かな
2008.03.30 菜の花や風の吹くだけなびきけり
2008.03.29 いっせいにおめめぱっちりはるのはな
2008.03.28 花見する衆にまぎれて触れる君
2008.03.27 立ち話長引く夜の風温し
2008.03.26 いろいろと言ひて答えぬ昔のこと
2008.03.25 慌てるな君の行く手に転坂(ころびざか)
2008.03.24 道ゆずる桜見の人みなやさし
2008.03.23 中に居るは兎か猫か月満ちる
2008.03.22 ほころびを見つけてうれし春の宵
2008.03.21 目覚むれば君に寄り添ふ膝がしら
2008.03.20 恋猫の辞書に引退の文字はなし
2008.03.19 赤鼻のトナカイ増える春ゆえに
2008.03.18 外歩き黄砂を受くる春日傘
2008.03.17 嬉しいは悲しいことの裏返し
2008.03.16 転がりし粒を探せば失せ物あり
2008.03.15 散り渋る花を揺らせリ春嵐
2008.03.14 呼びかけし相手は誰とも知らぬ春
2008.03.13 墨匂ふ春の小雨や花の影
2008.03.12 春風の気ままであれと鈴の舞ふ
2008.03.11 ひとつぶの雨ひとつぶの涙かな
2008.03.10 ため息のぽぽぽと浮かぶ春の空
2008.03.09 駅近し寝ても覚めてもカタンコトン
2008.03.08 朝焼けを共に眺めし泣き笑顔
2008.03.07 夕暮れの隅っこに君想う春
2008.03.06 ひく波のあとに残りし欠片かな
2008.03.05 おしめりの右に左に春にほふ
2008.03.04 亡き人の家の庭にも紅の梅
2008.03.03 止めようと思えど止まらぬ季のめぐり
2008.03.02 これでもかぶつける勇気ひく勇気
2008.03.01 スイーツについ手がのびるレジのそば

2月

2008.02.29 生贄になりて地にあり落椿
2008.02.28 繕うほどボロの見えたり聞こえたり
2008.02.27 鎧脱ぐようにスーツを落とす夜
2008.02.26 チューリップ咲き揃ひたる花屋かな
2008.02.25 風荒れしひと日めくるめく夢嵐
2008.02.24 春一番夜のぶらんこダンス・ダンス・ダンス
2008.02.23 抜け殻の布団ぷっくりあたたかし
2008.02.22 冬眠より手出す足出す頭出す
2008.02.21 分かち合い奪い合ってこそラブアフェア
2008.02.20 煙あり火は探さねどにほひ嗅ぐ
2008.02.19 奪い合う空にょきにょきとビル建てて
2008.02.18 首落ちてをんな未練の椿かな
2008.02.17 燃焼のあと静かなり冬花火
2008.02.16 使い切る命生き切る命かな
2008.02.15 ものの芽の赤く吹き出す風の中
2008.02.14 空抜けて無数の星の見守り隊
2008.02.13 手袋の落ちて踏まれしラッシュアワー
2008.02.12 あたためしミルクの皮膜ぺろり食ふ
2008.02.11 手をつなぐ人を探して目覚む朝
2008.02.10 雨音のいつしか消えて白い夜
2008.02.09 赤い実をついばむ二人あといくつ?
2008.02.08 健康は何よりぜいたく長い冬
2008.02.07 吹きつける黒のコートに雪のつぶ
2008.02.06 凍てつく朝ヨチヨチ歩きの大人かな
2008.02.05 歩道橋おっととっとと凍る朝
2008.02.04 雨になり雪のカタマリぱんぽろりん
2008.02.03 生くるもの残る命を生きるのみ
2008.02.02 君となら歩いて行ける冬の街
2008.02.01 ハッとするにおいの記憶は消せなくて

1月

2008.01.31 寒風に残り紅葉のひらと舞ふ
2008.01.30 恋心時のすき間にかくれんぼ
2008.01.29 やっかいなやつと言われて逃げる春
2008.01.28 とりどりの着物の渡るあじさい橋
2008.01.27 吐く息のますます白し夜半の湯
2008.01.26 保証書などなくてもいいの恋だもの
2008.01.25 手を広げ胸に抱ける命かな
2008.01.24 降りしきる雨そして雨そして雪
2008.01.23 くぐもった空にぶつけるやるせなさ
2008.01.22 ほどけない心の帯は腕力じゃ
2008.01.21 雪雲や部屋の空気も張り詰める
2008.01.20 枝離れくるくる下降のスパイラル
2008.01.19 薬指痛いの痛いの飛んで行け
2008.01.18 なぜ泣くのカラスに訊いてもわからない
2008.01.17 好き放題枝を伸ばせり無人の庭
2008.01.16 悲しみのりんごひと口かじる夜
2008.01.15 枯菊のぎゅっと縛ればはね返し
2008.01.14 あっけなく落ちる夕陽と暗幕と
2008.01.13 窓曇る外の暗くて冬篭り
2008.01.12 落ちるには風が足りぬと銀杏の葉
2008.01.11 プチプチと頭の余白潰すかな
2008.01.10 平成の二十の数字かさばりぬ
2008.01.09 ぷくぷくとつぼみふくらむ春霞
2008.01.08 やわらかな空気ただよふ雨上がり
2008.01.07 恋してる日の短さよ狂ひ花
2008.01.06 自惚れが裏切りになる冬鏡
2008.01.05 初春の心に潜むねずみたち
2008.01.04 凧揚げに風なき空の仕打ちかな
2008.01.03 翻りし紅葉燃え立つ三が日
2008.01.02 初春やぎゅっと五円を握りしめ
2008.01.01 風に見ゆあの日いつの日遠い雲