ikku 2003 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2003

2003年

月をクリックすると開きます。

12月

2003.12.31 もう一度開く日を待つブラインド
2003.12.30 雨の匂い連れ込む都のぬるい風
2003.12.29 かたくなな雪を蹴り蹴り里帰り
2003.12.28 気まぐれボーイ心のボタンはどこにある
2003.12.27 あわあわと生まれてしぼむ片思い
2003.12.26 力無き日暮れのような午後二時半
2003.12.25 あの世から戻りて君にメリークリスマス
2003.12.24 満天の星どの一つも知らぬまま
2003.12.23 ふと見れば残り二日のスケジュール
2003.12.22 好きな色にそめて真夏のプーケット
2003.12.21 陽がこぼれ笑顔がこぼれ水しぶき
2003.12.20 船荒れて英語は言葉の生命線
2003.12.19 バナナの葉触れて思い出す孫悟空
2003.12.18 客のせて道草しおる象二頭
2003.12.17 コーラルの海に抱かれてひと眠り
2003.12.16 夏の人混じりて冬のエアポート
2003.12.15 浅き夢切り裂く目覚まし時計かな
2003.12.14 餅並ぶサンタの赤い靴の上
2003.12.13 朝しぐれ曇天ののち星月夜
2003.12.12 夜の更けてみしみし雨の凍るかな
2003.12.11 瓦屋根冷たく濡らし月の行く
2003.12.10 「さみしい」と「こわい」がうごめく人の渦
2003.12.09 鏡という鏡くもりて顔叩く
2003.12.08 風ゆるみ心は遠く君を見る
2003.12.07 くもり空おんなの午後を映し出す
2003.12.06 ビル風にポイと吐き出される背中
2003.12.05 君思う気持ちで風邪を追い払う
2003.12.04 どやどやと土足で踏み込む冬将軍
2003.12.03 アラーム鳴る夢とお別れ名残惜し
2003.12.02 雨硝子タテヨコナナメにキリトリセン
2003.12.01 ねばねばの糸にかかりて雨あがり

11月

2003.11.30 大小の菊は直立不動なり
2003.11.29 ブランコのきいと揺らして足曲げて
2003.11.28 地を掴み地を蹴り飛ばし君は行く
2003.11.27 思ふ人車両にありて背を向ける
2003.11.26 笑顔ゆえゆるむ頬あり財布あり
2003.11.25 北風のえぐりて逃げる11月
2003.11.24 秋の風ブランコ揺らし葉を散らし
2003.11.23 葉の散れば木々のやつれし顔並ぶ
2003.11.22 満たされぬ思いを夢にプロットする
2003.11.21 それぞれに信じるものあり戦あり
2003.11.20 ちりぢりになりて仰げるかすみ月
2003.11.19 宙づりの心降ろして抱きしめる
2003.11.18 身に香り残りし昼のカレーかな
2003.11.17 木漏れ日を一筋受くる七五三
2003.11.16 乾燥剤役目を終えて不燃物
2003.11.15 掃きためて風の散らして掃きためて
2003.11.14 太陽を胸に吸い込み冬支度
2003.11.13 めらめらと燃える花屋のポインセチア
2003.11.12 雨しきり落ち葉叩くも返りなし
2003.11.11 我ひとり軌道外れてひとつ星
2003.11.10 しゅるしゅると秋の花火が燃え尽きる
2003.11.09 鰯雲汗ばむ陽気に型くずれ
2003.11.08 十四の月に食い込む木の小槍
2003.11.07 むっつりの菊一斉に笑いだす
2003.11.06 ぬけがらを残し飛び出す秋の朝
2003.11.05 居残りし月のぼんやり陽を眺む
2003.11.04 気持ちまで凍ってしまいそうな夜
2003.11.03 化粧室混みて東京近づけり
2003.11.02 目覚めぬは光なき朝ぐずり雨
2003.11.01 変われるもの変われぬものあり秋の空

10月

2003.10.31 起き抜けの頬にシーツのしわ写し
2003.10.30 直すほどでもない時計の遅れかな
2003.10.29 枝一本葉っぱ一枚ずつの色
2003.10.28 撃つ気のない銃口向ける君悲し
2003.10.27 カーテンを開け出来立ての朝陽入る
2003.10.26 光る星まぶしいほどに闇深し
2003.10.25 割れ目よりタンポポにんまり秋日和
2003.10.24 七人掛けそろってケータイメール打つ
2003.10.23 画用紙の隅に小さく「好き」と書く
2003.10.22 モンシロチョウどんぐり拾いにたわむれる
2003.10.21 予防薬恋に効くならノーベル賞
2003.10.20 緑から黄色茶色のオセロかな
2003.10.19 皮膚一枚剥げばひりひり泣くうさぎ
2003.10.18 胸に落ちる熱い雫が止まらない
2003.10.17 色褪せた夕焼け雲と土けむり
2003.10.16 サイレンの音くぐもりて雲低し
2003.10.15 不揃いの剣山みたいな街東京
2003.10.14 南風暴走爆走逃避行
2003.10.13 ドア開けば無断で入る雨の匂い
2003.10.12 まどろみの中で心のひとり歩き
2003.10.11 見上げれば雲の割れ目に月滲む
2003.10.10 風のせいと思えど君を待つ背中
2003.10.09 曇り空にらみをきかせるてるてるぼうず
2003.10.08 そそり立つ黄髪ゆうらり泡立草
2003.10.07 抱擁を解けばひとり寝の朝があり
2003.10.06 風波の先頭切りて夕薄(すすき)
2003.10.05 着古しのTシャツ活きる床磨き
2003.10.04 見え隠れはずかしがりやのお月様
2003.10.03 こおろぎの輪唱続く帰り道
2003.10.02 橋くぐる水の流れに狂いなし
2003.10.01 知り合えた星の瞬き見つめおり

9月

2003.09.30 眠りから覚めぬ素肌に秋の水
2003.09.29 モノクロの記憶に潜む君の影
2003.09.28 昼寝するフリして時を数えおり
2003.09.27 揺れの朝目覚めて遠くの揺れ案じ
2003.09.26 こらえつつこぼしてしまうそらのなみだ
2003.09.25 圏外をくぐりてメール往来す
2003.09.24 半袖の腕を嘲る風ひゅるり
2003.09.23 説く人の瞳のにごり見逃さず
2003.09.22 雨脚の白さに消ゆる君との日
2003.09.21 老坂を登る背中に雨の打つ
2003.09.20 定位置に猫寝そべりて暮れる秋
2003.09.19 二尾並び腹の大きなししゃも食う
2003.09.18 幻を植えて夢にも色添えて
2003.09.17 あやふやな涙きみへと流れ行け
2003.09.16 噴水の中にときおり虹かかる
2003.09.15 ソフトクリーム溶け出す前にしゃぶりつく
2003.09.14 夏の日の名残惜しくて引き返し
2003.09.13 アラームを解除して寝る金曜日
2003.09.12 目を閉じて夢の続きを検索中
2003.09.11 風鈴のちりとも鳴らず夏停滞
2003.09.10 脱ぎ捨てた雲の散らばる空高し
2003.09.09 逢えない日ゆび折り数えてゆび足らず
2003.09.08 水ゆらし淀みに生きるあめんぼう
2003.09.07 日焼けした背中ちくちく虫の声
2003.09.06 迫り来る音に触りて目を閉じる
2003.09.05 バス停の雨よけに一人また一人
2003.09.04 絡め合う君と時間のスパゲティ
2003.09.03 待合ひの列車くつろぐ山の駅
2003.09.02 知恵の輪がぽろりと外れ恋終わる
2003.09.01 我を見てくくくと笑う白い鳩

8月

2003.08.31 行く夏を追ひて倒れる花の茎
2003.08.30 ピンボールただ跳ね返されるだけの存在
2003.08.29 餌付けされた猫は忘れる餌探し
2003.08.28 朝の雨熱気根こそぎ奪い取る
2003.08.27 朝顔の濡れてほんのり艶やかに
2003.08.26 ブツブツと言ひて振り向く真夏かな
2003.08.25 大小の文字にて眠る親子かな
2003.08.24 空蝉や心流して地に還る
2003.08.23 今しばし命とどめる花氷
2003.08.22 暑い日は各駅停車で身を冷やし
2003.08.21 むくむくと起きて暴れる嫉妬心
2003.08.20 スポットライトひとり浴びるような寂しさ
2003.08.19 買い置きが眠り続けるかもめ~る
2003.08.18 踏み込めば町家の奥の町家かな
2003.08.17 古傷のしくしく痛むまた雨か
2003.08.16 日差しなく冷たい雨の終戦日
2003.08.15 雨続きふすま開け閉めずっしりと
2003.08.14 病葉を取りて葬る朝仕事
2003.08.13 触れたなら閉じて俯くおじぎ草
2003.08.12 切り取られた空き地を埋める草の息
2003.08.11 誘惑に負けて舌出す浅蜊かな
2003.08.10 青梅の酒に浸かりてどんぶらこ
2003.08.09 峰立ちて入道雲のエクササイズ
2003.08.08 月歪む心の闇にシャッターを
2003.08.07 見えている結果に向かって流す鬱
2003.08.06 いなびかり今宵は誰に落ちようか
2003.08.05 洋服の下に詰め込む肉弾頭
2003.08.04 鰻という字もとろとろと汗をかく
2003.08.03 梅雨明けて火の花次々咲き誇り
2003.08.02 はりがねの月ぶら下げてひとひねり
2003.08.01 たとえば…と言ひてめぐらすクモの糸

7月

2003.07.31 意に反し蛇口を絞って流す愛
2003.07.30 eメール送ればふわり心抜ける
2003.07.29 差そうかな濡れてもいいかなこぬか雨
2003.07.28 奥さんと呼ぶ声のして振り向かず
2003.07.27 起きようと思えど体は石になり
2003.07.26 ゲームセット言い出す勇気聞く勇気
2003.07.25 開けたてのラムネ飲み干しからころりん
2003.07.24 濡れた棒拭けば次々逆上がり
2003.07.23 ひょっこりと来る人ありやオンザロック
2003.07.22 夏服をバッグに詰めて軽い旅
2003.07.21 いちにのさん線香花火そっと競う
2003.07.20 夜明け前ゆらしたぶらんこきぃと鳴く
2003.07.19 お日さまのお顔恋しや白い腕
2003.07.18 朝顔の色当て今朝は我の負け
2003.07.17 葉の陰にひとりしぼみし花ひとつ
2003.07.16 今週も週間予報は冴えぬ顔
2003.07.15 切りすぎた爪拾いあげる指と指
2003.07.14 開きすぎた薔薇の花びらはらり落つ
2003.07.13 自分から好きて言うたらほんまもん
2003.07.12 雨上がり雲の割れ間に月滲む
2003.07.11 君の熱我に移せよ肌寄せて
2003.07.10 眠りから覚めてクワガタの夜始まる
2003.07.09 タタントタンリズム刻みて雨踊る
2003.07.08 ひとことずつ交わしただけでしぐれ合い
2003.07.07 明け易し恋物語一冊分
2003.07.06 はかなげな光ゆるゆるほぉほたる
2003.07.05 心電図生きてる証と針が振れ
2003.07.04 逢えぬまま薄れる記憶抱きとめる
2003.07.03 押し殺す獣の声が胸にズキン
2003.07.02 もつれ髪今夜は直さず帰ろうか
2003.07.01 黄昏は七難隠して余りあり

6月

2003.06.30 あっかんべー潮に舌出す浅蜊かな
2003.06.29 里帰り見慣れた部屋は他人顔
2003.06.28 ウィークデイ真夏の青が目にしみる
2003.06.27 バリバリと大地を破る雨痛し
2003.06.26 葉に重き蝸牛おり雨深し
2003.06.25 距離保つこと難しき男女かな
2003.06.24 ひっかきキズ並べてにっこり病む心
2003.06.23 爪切ればお骨のようなにおいする
2003.06.22 南風もつれた糸を吹き飛ばす
2003.06.21 袋売り金魚見るだけで息苦し
2003.06.20 夏カラリ陰を選びて行く女
2003.06.19 てのひらの秘かな言葉読み解きぬ
2003.06.18 雲そして雲重なりて遠い星
2003.06.17 一律に剪定されし木はさみし
2003.06.16 盛り合わせ一人前の庭作り
2003.06.15 夢に逢い汗にまみれし霧の朝
2003.06.14 用済みと言われて動けぬ赤い傘
2003.06.13 梅干しを一つ食らひて店じまい
2003.06.12 初夏の青まさかと思う赤とんぼ
2003.06.11 死に体を抱いて温め直す夜
2003.06.10 食われるまでぎょろりと睨む魚かな
2003.06.09 草むしり石陰の芽はそのままに
2003.06.08 えんどうを貰ひて今日も豆ごはん
2003.06.07 帰らなきゃ時計の針が背をつつく
2003.06.06 我の血を吸ひて幸せな蚊を叩く
2003.06.05 大なわとび入るも出るも君次第
2003.06.04 薔薇を見た瞳に残るピンク色
2003.06.03 片思いほくろふっくら君を待つ
2003.06.02 泣かないで心につるすてるてるぼうず
2003.06.01 雨を行く遅い足取り重い傘

5月

2003.05.31 運命の音符並べてひとりごち
2003.05.30 打ちつける夏の日差しに水跳ねる
2003.05.29 君去りて宴の後の片付けもの
2003.05.28 体内までじっとり湿る走り梅雨
2003.05.27 グラリ来て左も右も手にケータイ
2003.05.26 都合良く変わる記憶の有り難さ
2003.05.25 おぼろなる視界切り裂く夏ツバメ
2003.05.24 君とふたり夢に遊びて朝近し
2003.05.23 大丈夫と言うほど流れる涙かな
2003.05.22 一人だけそっぽを向いて咲く水仙
2003.05.21 押し黙る背中抱きてせがむ我
2003.05.20 時を染める青々としたブロッコリー
2003.05.19 かみ殺すあくびの先にふたつの目
2003.05.18 バラ咲きて風にこっくりこっくりこ
2003.05.17 信号を越えても越えても君が居ない
2003.05.16 熱病は月をも歪め星散らし
2003.05.15 変えてみる枕のデコボコ夢探し
2003.05.14 背を見れば君の一日滲む夜
2003.05.13 地下鉄の駅の呼吸に人泳ぐ
2003.05.12 新品をおろせばごろろん古い鍋
2003.05.11 形良く洗ひて干して山二つ
2003.05.10 所在なき想いつづりて丸めてポイ
2003.05.09 落ち着かぬ髪なぐり付け雨の朝
2003.05.08 隣人の新聞つぎ足し読む電車
2003.05.07 器から余韻こぼれる月夜かな
2003.05.06 湯に浸す手足首筋ヒリリのリ
2003.05.05 やわらかな光集めて溜まり水
2003.05.04 陽を浴びて息吹き返す布団かな
2003.05.03 目に当たる風を嫌ひてだてめがね
2003.05.02 冷蔵庫ぶぅぅん広げる夜の底
2003.05.01 もがくほど落ちてく堕ちてく恋地獄

4月

2003.04.30 てのひらに落ちた涙をぎゅとにぎる
2003.04.29 口をつく南無阿弥陀仏グチに似て
2003.04.28 ひきだしの底からお札の五百円
2003.04.27 腹満たし居酒屋帰り風さらり
2003.04.26 眠れない枕元にも朝は来る
2003.04.25 引っ越しを見送る扉きいと泣く
2003.04.24 銀輪の骨崩れゆく春嵐
2003.04.23 せかせかと働く蟻の天下かな
2003.04.22 朝が来たことを知らせぬ深い雨
2003.04.21 たぐり寄せるコード心の整理して
2003.04.20 これもあれもつい手がのびる春の午後
2003.04.19 風を摘むあなたと夢の奥深く
2003.04.18 ガーガーガー電車の空調リハもなく
2003.04.17 チューリップ「う」「お」「あ」の口して裂けて落ち
2003.04.16 雨音のリズムしみ込む傷口から
2003.04.15 雨吸いてふくれし土に足とられ
2003.04.14 選ぶ人選ばれる人に花吹雪
2003.04.13 葉桜の濡れてひっそりかがやけり
2003.04.12 噛み砕き火照りを冷ますシトラスミント
2003.04.11 ピカピカの靴が鞄が闊歩する
2003.04.10 万人の眠りを覚まし桜散る
2003.04.09 花風のつむじを巻きて逃げ隠れ
2003.04.08 目を閉じて君を待ってる胸の音
2003.04.07 春の日のほのぼの暮れて花透かし
2003.04.06 叩いたりやさしく撫でたり春の雨
2003.04.05 並木行く我はサクラのサンドイッチ
2003.04.04 大枝をゆらせど花は耐え忍び
2003.04.03 亡き人を思ひて花を置く現場
2003.04.02 万華鏡一周すれば元通り
2003.04.01 水温みゆうるりはためく翼かな

3月

2003.03.31 ぎこちなくテーブル支える足・あし・アシ
2003.03.30 不安げな心隠して桜色
2003.03.29 永遠の宿りて夜桜かがやけり
2003.03.28 残り香を洗い流して情残り
2003.03.27 重たげなつぼみの割れていざ本番
2003.03.26 五線譜に花びらこぼしプレリュード
2003.03.25 春雨や手加減知らず肌を打つ
2003.03.24 空ゆるくひこうき雲の太き帯
2003.03.23 あと一歩冬の出口でもじもじし
2003.03.22 バラ一輪ミモザのベッドに抱かれてる
2003.03.21 うずくまるテレビの中に戦争が
2003.03.20 あたたかな光はじける進級式
2003.03.19 一軒家壊して三軒基礎工事
2003.03.18 霧雨を纏ひて匂ふ沈丁花
2003.03.17 春雨に濡れていよいよ肌恋し
2003.03.16 目の前をよぎる雀のつがいかな
2003.03.15 味のしないコーヒー飲んで君を待つ
2003.03.14 ファミレスの椅子の軋みて一人御飯
2003.03.13 内股のひきつりし朝ふふと笑ふ
2003.03.12 耳当てて流れる血潮の音を読む
2003.03.11 風去りて春の三日月ポッと灯る
2003.03.10 はらりはらり葉の舞うスピードゆるやかに
2003.03.09 春めきてすり寄る心のなせる業
2003.03.08 カラス鳴く夜明けに足を忍ばせる
2003.03.07 夕しぐれぶつかり合ひて傘の行く
2003.03.06 傍らになき人想う湯のけむり
2003.03.05 ポケットに絡める手と手のグーチョキパー
2003.03.04 1ピース君に預けし恋パズル
2003.03.03 人の間を使い走りの風がゆく
2003.03.02 我一人動かぬつもりされど地球
2003.03.01 キスまでの距離を縮める春の風

2月

2003.02.28 伸び上がる朝の光に目を細め
2003.02.27 次逢える日を数えてる君と居て
2003.02.26 山積みのほうれん草にのびる腕
2003.02.25 舞い降りては地面に吸われる雪しきり
2003.02.24 岩上に放り出される水しぶき
2003.02.23 目の下のクマさん憎し退治する
2003.02.22 みぎひだり足並み揃えて芽吹くかな
2003.02.21 満ち満ちた月は眩しや通い猫
2003.02.20 手繰り寄せる君と過ごした時を胸に
2003.02.19 君思い胸の先から緊張し
2003.02.18 日の暮れの遅れて春の兆しかな
2003.02.17 天の盃寒さ余りて雨零し
2003.02.16 一杯でくらくら酔える月夜かな
2003.02.15 見上げればきみの唇ありてクスッ
2003.02.14 夢一夜そっとささやくバレンタイン
2003.02.13 続かない会話を埋めるテレビかな
2003.02.12 雨に濡れさらに黒くなる梅の枝
2003.02.11 だぶだぶの気持ち畳んで引き出しに
2003.02.10 むき出しの木々にしみ込む冬の雨
2003.02.09 抱きしめし君と大地を傾ける
2003.02.08 道掘りて渋滞延びる二月かな
2003.02.07 三日月を頭に載せて君帰る
2003.02.06 名も知らぬ小路をたどる君と居て
2003.02.05 居残りを命じられて泣く椿かな
2003.02.04 草茂り行く手を消し去る山の道
2003.02.03 秒針なき時計の凍る待ち合わせ
2003.02.02 書き損じばかり便せん底をつく
2003.02.01 冬蝶の空に遊びて帰り来ず

1月

2003.01.31 紺の幕一気に下ろし星を貼り
2003.01.30 穴あけた障子より漏る月明かり
2003.01.29 薄氷君割る我割る誰ぞ割る
2003.01.28 日々命削りて風の塵となり
2003.01.27 勧誘員逆さ箒に近づかず
2003.01.26 夜はうら朝はおもての月を見る
2003.01.25 風巻きて君住む町がひらひらり
2003.01.24 いのち一つ守り守られ深呼吸
2003.01.23 橋のした水の行き交うひと日かな
2003.01.22 枯れ木立黒くはりつけ陽の沈む
2003.01.21 音なきを音と思ふる冬しんしん
2003.01.20 活字から逸らせば目の合う人のあり
2003.01.19 とりかえしのつかぬこと一度子はすくすく
2003.01.18 ビル壁に行く手阻まれ怒る風
2003.01.17 年変わり良い記憶のみ残るらし
2003.01.16 バス停に日なた選びて人の待つ
2003.01.15 手をつないで歩いてみたくなる日和
2003.01.14 クレーンの細腕まっすぐ空を突く
2003.01.13 月冴ゆる光の先にいる我ら
2003.01.12 せめぎ合い闇に敗れて茜消ゆ
2003.01.11 色あれど無声映画の夢ばかり
2003.01.10 つんとくる冷気うらめし春遠し
2003.01.09 落ち牡丹風にびくともせずに居り
2003.01.08 酔い任せ心盗めるきみの腕
2003.01.07 わだかまりの雲を払いて空高し
2003.01.06 木々の芽のつくやつかぬや春探し
2003.01.05 凍土をみしりみしりと壊す朝
2003.01.04 年初め風邪ひきさんの快癒願い
2003.01.03 目の覚めぬは雪のせいだと口揃え
2003.01.02 冬の川広き岸辺に遊ぶかな
2003.01.01 初春や天から降りる文字つづり