ikku 2011 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2011

2011年

月をクリックすると開きます。

12月

2011.12.31 地に胸に2011刻み込む
2011.12.30 小さくとも火山の跡に在る力
2011.12.29 スイスイと引かれて目減りするSuica(スイカ)
2011.12.28 狂い咲きにもワケがある年の暮れ
2011.12.27 悲しみもみんな燃やして暖を取ろう
2011.12.26 サイレンのこだまこだまを誘ひけり
2011.12.25 星の数ひぃふぅみぃよぅねむねむねむ
2011.12.24 震えつつ空を見上げる冬桜
2011.12.23 喉元を過ぎてはくれぬことばかり
2011.12.22 冬の恋涙をためて鼻かんで
2011.12.21 かき集めた落ち葉の山に風が吹く
2011.12.20 ねじ巻けば巻いた分だけ頑張る子
2011.12.19 手を握る寒いよ怖いよ離さないで
2011.12.18 赤い糸針に通して誰を刺す
2011.12.17 星流れ涙流れて恋拾い
2011.12.16 へいくしょん風邪か噂か月半分
2011.12.15 足どりに重み加えし冬の雨
2011.12.14 熱燗のあちちあちちと酌み交わし
2011.12.13 水槽の魚に語る冬の恋
2011.12.12 にこごりにとどめし君の美しさ
2011.12.11 満月を丸ごと飲みて吐き出せり
2011.12.10 遠慮がちに道を抜け出す救急車
2011.12.09 紅破り銀杏砕きし氷雨かな
2011.12.08 つわぶきの黄色に注ぐ日差しかな
2011.12.07 とってくれ柿がなくなく十二月
2011.12.06 失言を集めて寂しまつりごと
2011.12.05 段数えることなく登るエスカレーター
2011.12.04 葉を集め葉を集めまた葉を集め
2011.12.03 サクサクと落ち葉ふみふみ一往復
2011.12.02 足裏からついーとのぼる冷たさが
2011.12.01 からす来てちゅちゅっと逃げるすずめかな

11月

2011.11.30 月けぶり寒さゆるみて想ふ秋
2011.11.29 栗齧る虫まで齧る苦い夜
2011.11.28 ほかほかの紙を吐き出すコピーマシン
2011.11.27 ラ・フランスくびれを少しもう少し
2011.11.26 広いねえ君の瞳の守備範囲
2011.11.25 違う人待っていたのか君の眼は
2011.11.24 今年もまた涙を流すクリスマスツリー
2011.11.23 君のいない冬って歯のない口みたい
2011.11.22 「ごめんなさい」あやまる声もごっつんこ
2011.11.21 ふうわりと息吹き返すねじれ紙
2011.11.20 雨上がり赤い朝待つ欠伸かな
2011.11.19 蓑虫になりてあの世へひとっ飛び
2011.11.18 どんぐりを数える右から左から
2011.11.17 吸って吐いて同時にできない乗車口
2011.11.16 柿熟れて落ちてびっしょりアスファルト
2011.11.15 ぱくぱくと気ままに開く雨の口
2011.11.14 暑いみたい汗をたらたらクリスマスツリー
2011.11.13 ししとうを噛めば当たりさ秋の宵
2011.11.12 高きより我を見下ろす高層ビル
2011.11.11 物干し竿子供の数だけシャツパンツ
2011.11.10 眼鏡かけ夢までくっきり午前二時
2011.11.09 輪郭の怪しき月夜と抱き枕
2011.11.08 水たまりぺしゃりと潰すクルマかな
2011.11.07 読みかけの本積み上がる枕元
2011.11.06 次はもうクリスマスおせち年賀状
2011.11.05 息止めて遠ざけてしまうゴンギツネ
2011.11.04 銀杏は豊作だったか茶碗蒸し
2011.11.03 一日の時流れ落つ過去の川
2011.11.02 夢の中へそっと送りだす子守唄
2011.11.01 帰り道なぜかつまづく月笑ふ

10月

2011.10.31 分け合ひて一センチずつ芋ようかん
2011.10.30 泡立草君は大物ゆうらりと
2011.10.29 身は売れど心は売らぬ犬の秋
2011.10.28 秋晴れや手すり冷たき朝のバス
2011.10.27 空が海に見えてこの世はどんでん返し
2011.10.26 診察券ポイントカードなんまいだぁ
2011.10.25 寒暖を繰り返しつつ冬支度
2011.10.24 蹴飛ばした布団を探す夜明け前
2011.10.23 店頭よりごろんと落ちたキャベツ買い
2011.10.22 譲り合うクルマとクルマ秋の夜
2011.10.21 飯炊ける匂いで起きる秋の朝
2011.10.20 オクターブ上げて電話の人となり
2011.10.19 あんぱんのへそほじくりてあんすくふ
2011.10.18 白旗は後になるほどあげにくし
2011.10.17 遠慮がち月と虫の音ぬるき夜
2011.10.16 おつかれさん声かけしまうせんぷうき
2011.10.15 風唸る外し忘れた鈴が鳴る
2011.10.14 満ちる前の月がいいねとうそぶいて
2011.10.13 夢乱れ首に巻きつく黒い髪
2011.10.12 能面のごと月半分君半分
2011.10.11 早朝の澄んだ空気と朝刊と
2011.10.10 雨止みてもやもや残る猫眠る
2011.10.09 眼のキラリ案山子は今が正念場
2011.10.08 鐘の音の我に集まりごごごごーん
2011.10.07 虫の声だれかが歌をつないでる
2011.10.06 水滴の連合軍がぽとっぼとっ
2011.10.05 錆びつきし非常階段枯れ葉舞ふ
2011.10.04 長袖に生足の行く街の秋
2011.10.03 腕にぽつん赤く残るは蚊の執念
2011.10.02 スタスタと逃げる夕陽や虫の声
2011.10.01 若いねと言いつつゴクリ新走り

9月

2011.09.30 一枚のうねる布地か渡り鳥
2011.09.29 ひとつぶごとカタチの違ふコメ洗ふ
2011.09.28 足元のひんやりベッドが呼んでいる
2011.09.27 道迷ひあの世へ誘ふ彼岸花
2011.09.26 ニッコリと笑ってサッと陽の消える
2011.09.25 夢乱れ水をゴクリと飲む雌猫
2011.09.24 余り風ひゅるっと受けし余り者
2011.09.23 台風に引きちぎられし青葉かな
2011.09.22 なにごともなかったように虫の声
2011.09.21 雨音はベートーヴェンのうねりかな
2011.09.20 にごる窓なみだななめにはりつきぬ
2011.09.19 草むらの中まで照らす星月夜
2011.09.18 ギンギラギンでもさりげなく秋の風
2011.09.17 アスファルト受け止められぬ雨の川
2011.09.16 立ち止まること許されぬ踊りの輪
2011.09.15 これ最後と思えば開く道ありや
2011.09.14 「想定外」言った時点で君の負け
2011.09.13 はらはらとばらばらになる古い本
2011.09.12 日焼けしてかの地に戻る子供たち
2011.09.11 めざむればつくつくほうしわれさみし
2011.09.10 ひとつ脱ぎひとつ羽織りて秋の月
2011.09.09 うなだれしひまわり宿すタネ・タネ・タネ
2011.09.08 百日紅四方八方紅こぼし
2011.09.07 熱病の鐘が鳴る鳴るぎんごんがーん
2011.09.06 びっしりと書くよりひとこと「好きです」と
2011.09.05 すくわれぬ金魚は今日もきょろきょろと
2011.09.04 風鈴を外し迎えるタイフーン
2011.09.03 風の音の下にうっすら虫の声
2011.09.02 みがくともみがききれないわが心
2011.09.01 ベッドにはもう誰もいない夏の果て

8月

2011.08.31 つると呑みぺっと吐き出す改札機
2011.08.30 あくびする口の中まで秋の風
2011.08.29 花道はにしきかへびか君の行く
2011.08.28 まばたきのなかにあなたはいたらしい
2011.08.27 鳴くほかにすべを持たぬとミンミンゼミ
2011.08.26 始めれば終わりの足音恋立ちぬ
2011.08.25 パンのみに生きるかいいやパンもなり
2011.08.24 規則性なく顔並ぶ七人掛け
2011.08.23 見失いしモノにっこりと足元に
2011.08.22 ビル壊し空広くなり丸くなり
2011.08.21 ケタケタとないてわらって蝉の声
2011.08.20 夏花の香りも消えて風涼し
2011.08.19 襲いかかる蛇のようだね水撒きホース
2011.08.18 重いのは土や空気や人の息
2011.08.17 近づけばひと呼吸おき動く歩道
2011.08.16 いくつもの弾を抱えし日本列島
2011.08.15 稚魚ばかり泳いでいます言の葉池
2011.08.14 熱溜まり全身で我を抱くなり
2011.08.13 湿り気を帯びてふくらむ夏の宵
2011.08.12 うつらうつら昼寝する老ひそして犬
2011.08.11 からころろんオンザロックの岩崩れ
2011.08.10 「もういいかい?」答えを待ちて日が暮れて
2011.08.09 薄衣に包みしカラダそのココロ
2011.08.08 読まねばと思う本ほど遠くなり
2011.08.07 コンコンとスイカの腹をさぐりおり
2011.08.06 薄眉のひとつ真青な空に貼り
2011.08.05 数えることあきらめました星の数
2011.08.04 ゆるゆると水に触れたる風の指
2011.08.03 通り雨のごと蝉の鳴く声細く
2011.08.02 知りたいと思うは恋の第一歩
2011.08.01 ひとり笑ひふたり笑ひてみな笑ふ

7月

2011.07.31 まどろみぬ蝉鳴く声を耳に入れ
2011.07.30 蒸し蒸して仏も汗をかくらしい
2011.07.29 悲しみは後回し楽しみは前回し
2011.07.28 妨げになる記憶こそ消えにくし
2011.07.27 蝉の声きこえて胸をなでおろし
2011.07.26 夏だからいや夏なのに寂しき夜
2011.07.25 シャキと咲きクシャと朽ち果つ夏の花
2011.07.24 朝採りやいつの朝かは知らんけど
2011.07.23 百均の愛想良すぎて恐縮し
2011.07.22 会えばまたサヨナラまでのカウントダウン
2011.07.21 エレベーターボタン押す人押さぬ人
2011.07.20 誰の人生狂わせるのか宝くじ
2011.07.19 異常値も数が増えれば正常値
2011.07.18 避難場所木陰を譲る子ら老いら
2011.07.17 二度三度乗り直してる体重計
2011.07.16 つまずいた記憶いっぱい膝小僧
2011.07.15 地の色も白くはじけし炎天下
2011.07.14 寂しさに負けそうな夜めでる月
2011.07.13 てかてかの月をなぞりて夜涼み
2011.07.12 追いかけてすがる背中に別れの文字
2011.07.11 ぽつぽつと汗の跡あり君の後
2011.07.10 ギンゴンガーン響く頭に鈍い音
2011.07.09 情とどめとどめて夜の更けにけり
2011.07.08 星屑の煌めきながら消える命
2011.07.07 夕焼けの残りて灯りまだ要らぬ
2011.07.06 先んじてビールえだまめ冷ややっこ
2011.07.05 寝て待てば雨は止んだかまだ降るか
2011.07.04 せんぷうき首振りエリア分け合ひて
2011.07.03 髪梳きて頭を冷やす夏の女
2011.07.02 四半世紀そうかあのころ若かった
2011.07.01 今日は何の記念日かしら酒を酌む

6月

2011.06.30 試し書き「好き」と書いては塗りつぶし
2011.06.29 天国も地獄も知らぬ寝落ちかな
2011.06.28 ガッカリも慣れればカリッで済むような
2011.06.27 水匂ふ街はどんより梅雨浸り
2011.06.26 右に振れ左に振れし夏の床
2011.06.25 立ち止まること許されぬ渋谷かな
2011.06.24 見つめられ見つめ返せり赤子の目
2011.06.23 地のゆがみ心のゆがみ続くゆれ
2011.06.22 釣銭の音軽やかに梅雨の朝
2011.06.21 ぷるぷるん白くふるえる冷奴
2011.06.20 紫陽花は雨に色づく乙女なり
2011.06.19 梅雨寒や布団抱えてカタツムリ
2011.06.18 群れはぐれ悲しき夢の帰り道
2011.06.17 橋げたのぶっとくなりて波を待つ
2011.06.16 影薄き梅雨のひととき咳ひとつ
2011.06.15 「節電」を使って歩く階段を
2011.06.14 ペットボトルペコっと鳴るまで飲み干して
2011.06.13 繰り返し芯の折れる日シャーペンの
2011.06.12 あがいてもあがき足りぬと笑ふ波
2011.06.11 膨らみてぽとりと落ちる水の粒
2011.06.10 ヒリとする肌に海風ヒュルリララ
2011.06.09 広い空探してぐっと深呼吸
2011.06.08 電波にも乗換駅ありガタンゴトン
2011.06.07 すべり込む人の尻あり体あり
2011.06.06 傘の群れ紫陽花に見ゆ踏切待ち
2011.06.05 夕まぐれ火照り残して声落とす
2011.06.04 太陽の光歪めるぽっぽ雲
2011.06.03 控えめの灯りやさしきものの影
2011.06.02 世界から岩をも穿つ涙かな
2011.06.01 花ぽろりぽろり転がるアスファルト

5月

2011.05.31 君に触ることなき夜の涼しけり
2011.05.30 風消えて取り残されし花のあと
2011.05.29 雨だれのごと降り続く悲涙かな
2011.05.28 呼吸するようにアゲハの紋揺れる
2011.05.27 ばらまかれた雨の戻れる地球かな
2011.05.26 ひとつ覚えひとつ忘れておもちゃ箱
2011.05.25 アスファルト流れる雨に洗われて
2011.05.24 さみだれて家路を急ぐ傘の群れ
2011.05.23 雨を呼ぶ紫陽花うるるん出番待ち
2011.05.22 人の名を呼びてカン蹴りカンカラカーン
2011.05.21 まとわりつくラップのような鬱に喝
2011.05.20 止まらぬよう転ばぬように一歩ずつ
2011.05.19 炭酸の泡のふつふつ怒り抜き
2011.05.18 満月に間に合いたくて逃げる雲
2011.05.17 ハトすずめカラスそれぞれ狙ふ餌
2011.05.16 シュワシュワの恋しい朝と昼と夜
2011.05.15 立て立て立て立つんだ炊けてくるご飯
2011.05.14 暗き予想重し乳房にのしかかる
2011.05.13 つつじ落つ三角帽子の花並べ
2011.05.12 風邪ひきて地球もたまにくしゃみする
2011.05.11 空曇り老若男女急ぎ足
2011.05.10 言葉にして生きる力を確かめり
2011.05.09 陽炎の向こうに見ゆるわが街が
2011.05.08 心から笑ふ幸せ泣く喜び
2011.05.07 雨を呼ぶ雲をふぅふぅ白湯ふぅふぅ
2011.05.06 盛り過ぎ右へ左へ花の散る
2011.05.05 におふ風砂も不安も織り交ぜて
2011.05.04 紅色の朝陽に燃ゆる我の部屋
2011.05.03 山笑ふ笑ふしかない皐月かな
2011.05.02 にんまりがワハハに変わるチューリップ
2011.05.01 あの星の瞬きほどの愛を乞ふ

4月

2011.04.30 ぐずぐずの国ぐずぐずの空の下
2011.04.29 色あせし花びらの川細くなり
2011.04.28 袖なしのマネキン笑ふ春の窓
2011.04.27 外側からずずいと奥へつつじ咲く
2011.04.26 濡れて行こうそれは危険な春の雨
2011.04.25 ぽぽぽぽーん風に転がすしゃぼん玉
2011.04.24 雨の日は掃除機日和ぶいんぶいん
2011.04.23 ころんころん美味しそうに咲く山桜
2011.04.22 遅き日を一つ二つ夏が来る
2011.04.21 戻れないあの日の岸辺今はなし
2011.04.20 降り注ぐ氷雨のナイフ春なのに
2011.04.19 目が合えば頬ゆるむらし春の花
2011.04.18 すり抜ける人のあいだを桜風
2011.04.17 大粒の涙大あくびとともに
2011.04.16 対面する私の影はくっきりと
2011.04.15 交わればきっと怪我するハリネズミ
2011.04.14 愛でられて飽きられてゆく水中花
2011.04.13 葉桜の匂ひて思ふ桜餅
2011.04.12 荒波に揉まるる船の名は地球
2011.04.11 笑ふほど顔の大きくなりにけり
2011.04.10 世に乱のありて転べぬ我らあり
2011.04.09 とげとげしい音なくなりて春の雨
2011.04.08 憎しみも悲しみも受け止めて春
2011.04.07 満ちるほど愛されたくて春の月
2011.04.06 春野菜産地表示の目立ちたがり
2011.04.05 頬染めし人はまぼろし花の下
2011.04.04 ふるさとの歌さえ重し桜の夜
2011.04.03 大枝にも小枝にも咲く桜かな
2011.04.02 半眼にあふるる涙春ららら
2011.04.01 虫潜む花の中にも春来たり

3月

2011.03.31 しわしわをゆっくり刻むお堀端
2011.03.30 あれとこれそれ思い出す桜かな
2011.03.29 春の宵小さな嘘も風の中
2011.03.28 風吹かば蒲公英ぽぽぽ種ぽぽぽ
2011.03.27 耕した土のぷうんと匂ひけり
2011.03.26 風寒し足踏みさせる春の舞
2011.03.25 満開の桜を描く冬の画家
2011.03.24 雀鳴くなら大丈夫大揺れなし
2011.03.23 世の果てはまだまだ遠し春近し
2011.03.22 春の雨洗い流せよ悲しみを
2011.03.21 揺れること慣れて慣れない身の震え
2011.03.20 水仙の一人はいるね天の邪鬼
2011.03.19 ひとりひとりぬくもりさがすケータイに
2011.03.18 我らみな船上の人波の上
2011.03.17 白い朝白い夕暮れ白い記憶
2011.03.16 午前五時眠りを壊す水の音
2011.03.15 真っ暗になれば街にも星の空
2011.03.14 のしかかる仏の背に重く重く
2011.03.13 空の青仰ぐ幸せ噛みしめる
2011.03.12 紅白の梅も涙を流しけり
2011.03.11 振り回す暴言胸にもらいキズ
2011.03.10 充電中花は薄目を開けている
2011.03.09 紅重ね思い重ねし午後六時
2011.03.08 みぞれ雪頬切りつけし無礼者
2011.03.07 狸でも狐でもいい我を化かせ
2011.03.06 水底の石もゆるりと春の川
2011.03.05 立ち止まれば凍てつきそうで歩く歩く
2011.03.04 夢うつつ波打ち際を歩きつつ
2011.03.03 ひとつひとつ春の扉を開ける風
2011.03.02 立ち止まる人のにおいにうずもれて
2011.03.01 うつろひは常と知りつつふるふるる

2月

2011.02.28 お着替えを終えてはつらつショーウィンドウ
2011.02.27 次はいつ目覚めるのだろう春の睡
2011.02.26 おいでおいで瞬く星のある方へ
2011.02.25 寄り道やヒールに残る土のあと
2011.02.24 冬の星ごしごし風に磨かれる
2011.02.23 嘘に嘘重ねて掘って春灯り
2011.02.22 ぼんやりと溶けて流れて春灯り
2011.02.21 もう少し寝させてほしい冬の朝
2011.02.20 肌を切る風のピシピシ鞭のよう
2011.02.19 眠れない人形の目に涙あり
2011.02.18 ダダダダダ打ちつける雨打たれる雨
2011.02.17 なだらかになり天気図は春を告ぐ
2011.02.16 どぼんという音も冷たしお堀端
2011.02.15 足裏を受け止める雪ふんわりと
2011.02.14 生き写し子がピアノ弾く我が弾く
2011.02.13 名を呼ばれ距離の縮まる冬の暮れ
2011.02.12 落ちてくる言葉拾いに雪の中
2011.02.11 ゆくもりを抱いて眠ろう丸まって
2011.02.10 小松菜の鮮やかなりしからし和え
2011.02.09 尖る月しずく落として顔伏せて
2011.02.08 産直の健康そうな野菜たち
2011.02.07 残り餅煮ても焼いても食えるらし
2011.02.06 地上より我ら見上げる椿かな
2011.02.05 街中に笑みのこぼれり春立ちぬ
2011.02.04 恵方巻残りて無念コンビニ棚
2011.02.03 や~きいも~そばを通りて嗅ぐにおい
2011.02.02 ぱぁぴぃぷぅ春の兆しのかくれん坊
2011.02.01 喜びと悲しみ今日も抱き合わせ

1月

2011.01.31 日本語は言葉の尻尾でぺちっぺちっ
2011.01.30 永田町風のこぼるる寒月夜
2011.01.29 手を拭くも千手観音千回か
2011.01.28 花ぽつぽつ増える喜び春待ちぬ
2011.01.27 ゴミ出して心スッキリさあ出勤
2011.01.26 冬菊のぱちぱちぱちと目を開ける
2011.01.25 吊革のにやりと笑う急停車
2011.01.24 信号の変わり目に立ち深呼吸
2011.01.23 好きな人に通ひてなんぼの命かな
2011.01.22 アイシテル音楽愛する人みんな
2011.01.21 千切りしものつなぎ合わせて恋灯り
2011.01.20 泣けてくるあまりに月がまぶしくて
2011.01.19 北風よ我の体温返したまえ
2011.01.18 「ゆりかもめ」行きつ戻りつ空飛べず
2011.01.17 人間をあきらめてみる寒さかな
2011.01.16 おもてうら見せて居残る銀杏の葉
2011.01.15 ふくよかになりてほころぶつぼみかな
2011.01.14 皮むきて匂ふお蜜柑ひとりの部屋
2011.01.13 看板を下ろして女暮れにけり
2011.01.12 息吸えば胸の奥までパリパリリ
2011.01.11 息絶えしもの踏みしめて冬の道
2011.01.10 手袋を外して触れるリンゴかな
2011.01.09 魂のすっかり抜けしドライフラワー
2011.01.08 ベンチより石に座りて日向ぼこ
2011.01.07 凍星や鼻にツンツン目にキラリ
2011.01.06 あっかんべーこの自販機にも嫌われて
2011.01.05 傾いた日の赤々とすごすごと
2011.01.04 本流も支流もなくて世の流れ
2011.01.03 湧き水のあふれだしたる春の朝
2011.01.02 天と地の間の我らクスクスクス
2011.01.01 もう泣くまひ泣くまひと思ふ初日の出