ikku 2001 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2001

2001年

月をクリックすると開きます。

12月

2001.12.31 街明かり無数の幸せ並んでる
2001.12.30 一歩外に出るため一筋紅を差す
2001.12.29 二缶のビールで流す今年の澱
2001.12.28 よろめいたふたり肩寄せ立て直す
2001.12.27 湯気立つと息を吐き吐き見せる君
2001.12.26 あっかんべー逃げて背後に回り込む
2001.12.25 たちこめる冷気に心しのばせる
2001.12.24 分厚い手ふと思い出し胸詰まる
2001.12.23 整理するつもりが本に吸い込まれ
2001.12.22 ぼつぼつと広げた傘に硬い雨
2001.12.21 赤信号にじんで見える年の暮れ
2001.12.20 にらめっこどちらが先に好きと言うか
2001.12.19 嘘ついた自分が嘘になりすます
2001.12.18 凍てた土サクサク踏んで朝ダッシュ
2001.12.17 香りたつ湯にほだされた麦焼酎
2001.12.16 赤と黄のニシキヘビ居る首都高速
2001.12.15 I'm waiting ハザードランプがしみる夜
2001.12.14 雨あがり街の灯りは目にやさしい
2001.12.13 布団直しそっと目を閉じあと5分
2001.12.12 音乱れラジオだったと気付く朝
2001.12.11 通り過ぎて気付く場所には帰れない
2001.12.10 紙に載るおせちの海老は勇ましや
2001.12.09 空へジャンプ星が降る降る地に落ちる
2001.12.08 誰の目に触れるでもなし花は咲く
2001.12.07 にゃーと鳴く君はいつもの茂みの中
2001.12.06 さびしいと言えぬ電話の向こう側
2001.12.05 そこここの夕餉を当てる帰り道
2001.12.04 しがみつく最後の一葉を笑う風
2001.12.03 落ち葉焚き芯までほくほく芋焼ける
2001.12.02 めいっぱい膨らむ月に立てる針
2001.12.01 逢えるまでじりじり時間のカウントダウン

11月

2001.11.30 ぽかぽかのひなた選んで歩く道
2001.11.29 押し殺す本音ぎゅぎゅっと押し出して
2001.11.28 差し出した手のひらにのる葉っぱのきみ
2001.11.27 雪の香を包みて地上に降りる雨
2001.11.26 残り茶をぐいと飲み干しひと仕事
2001.11.25 時きざむ音にも飽きて夜は白む
2001.11.24 おおらかな空に恥じ入る小心者
2001.11.23 街の空ひとりぼっちの月は泣く
2001.11.22 よいしょっと立ちて互いを見る二人
2001.11.21 ネットかぶる宝の山を見るカラス
2001.11.20 紅引けば生気戻りし朝仕度
2001.11.19 休日の街の夜空に戻る星
2001.11.18 そのゆびにそっとふれたい恋ひとつ
2001.11.17 ひとときの幸せ気分ありがとう
2001.11.16 次々と人質運ぶラッシュアワー
2001.11.15 言い訳の行方をひとつひとつ消す
2001.11.14 標識の「止まれ」ばかりが目立ってる
2001.11.13 恋抜けてまるめ返したカレンダー
2001.11.12 熱入りて議論に暖房いらぬ夜
2001.11.11 昨日と明日きちんと繋ぐ今日があり
2001.11.10 目を凝らし夜の雨粒追いかける
2001.11.09 鼻は犬 瞳はふくろう 耳は猫
2001.11.08 通販のカタログ切り抜きお店やさん
2001.11.07 黒雲の帽子かぶった東京湾
2001.11.06 冬近しそぼ降る雨を拾う夜
2001.11.05 何でもない日常積み重ねるホコリ
2001.11.04 見上げれば水と光のシャンデリア
2001.11.03 用心して傘を持つから雨が降る
2001.11.02 姿見を割ってしまいたい朝もあり
2001.11.01 眼差しを伏せて木陰の風に酔う

10月

2001.10.31 黒雲のメッシュの向こう月満ちる
2001.10.30 月曜の朝背を曲げる影並ぶ
2001.10.29 青空にヨコ・ヨコ・タテのトンボ舞う
2001.10.28 着やすくて脱ぎやすい恋はおる君
2001.10.27 夕暮れは空と大地のマリアージュ
2001.10.26 秋深し心艶やかに色づいて
2001.10.25 実をつかみ夢にはぐれて君揺れる
2001.10.24 冷風に添いて流るるコスモス路
2001.10.23 人肌の温み恋しやもう一本
2001.10.22 待ったなし街にサンタと馬の顔
2001.10.21 トンカツのキャベツむしゃむしゃ青虫くん
2001.10.20 10℃切り消え入る秋の虫の声
2001.10.19 水撒きの手間が省ける雨続き
2001.10.18 猫の目にライトが灯る我睨む
2001.10.17 虫の音に誘われ夜を徘徊す
2001.10.16 恋文に貼る切手の絵が決まらない
2001.10.15 はずれるよう願ひて食すとうがらし
2001.10.14 起き上がる私の跡を残すシーツ
2001.10.13 指滑る鍵の調べのなつかしさ
2001.10.12 ため池にハートの雲さんお昼寝中
2001.10.11 帰り道ピカ・ゴロ・ピュー・ザー遠い家
2001.10.10 秋風に洗われし手のカサカサカサ
2001.10.09 ひと眠りひと眠りして朝が来る
2001.10.08 夢きららノンビリズムの真ん中で
2001.10.07 夢辿る飛行機雲の根っこまで
2001.10.06 閉店前ひとりたたずむブロッコリ
2001.10.05 封印を解いて君と交わる夕べ
2001.10.04 水たまり月をぽちょんとはめてみる
2001.10.03 唸る風落ち葉引き連れ逃走中
2001.10.02 Who Are You? 双葉のきみに今日も問ふ
2001.10.01 強がりをイガにくるめて君落ちる

9月

2001.09.30 ゴシゴシゴシまぶたこすれど月かすむ
2001.09.29 空晴れて艶やかな夜の素肌あり
2001.09.28 ふくらんだ光るふうせん空を飛ぶ
2001.09.27 いいひとがやさしくやさしくしめるくび
2001.09.26 強がりはよせよと言う君の強がり
2001.09.25 ひと櫛ずつ入れては眺む鏡の娘
2001.09.24 夕暮れて月はますますシャープなり
2001.09.23 ネットには恋とケンカがてんこもり
2001.09.22 ブックカバー読み終えるまでの命かな
2001.09.21 体から心はなれて3センチ
2001.09.20 からっぽのカバンにしまう夕刊紙
2001.09.19 裏蓋を開けて命を満たす時計
2001.09.18 大木の一枚の葉の我を知る
2001.09.17 湯の香り尖った心を丸くする
2001.09.16 世界中焦げた空気が立ち込める
2001.09.15 芽を出してふた葉咲くまでハラハラハラ
2001.09.14 底打ったはずの谷底抜け落ちる
2001.09.13 悲しみを吸い取れぬまま陽は沈む
2001.09.12 熱風を残して去りぬ暴れん坊
2001.09.11 敷布団はみだす君に掛け布団
2001.09.10 ゆで卵するりと剥けて笑み浮かぶ
2001.09.09 君待ちてグラスはしっぽり汗をかく
2001.09.08 もう少し夢見てたくて朝寝坊
2001.09.07 醸しだす気だるい光のネオン管
2001.09.06 冷やしすぎたワインがしみる胸の奥
2001.09.05 空高しささやく声は聞こえない
2001.09.04 帰り道君をくすぐる猫じゃらし
2001.09.03 ぬかるんだ心の堰を食い止める
2001.09.02 時の迷路君と一緒なら抜け出せる
2001.09.01 重力のような睡魔に吸われゆく

8月

2001.08.31 夕月や半身隠して誰に見せる
2001.08.30 夏休み終われど笑顔の数増えず
2001.08.29 いい男5人並べて酔い覚まし
2001.08.28 いざないのことばあやしていなされて
2001.08.27 流したてコンクリートに猫走る
2001.08.26 ひねれども君の蛇口から水は出ず
2001.08.25 ラッシュアワー立ってマスカラつける勇気
2001.08.24 秋の風空の天井押し上げる
2001.08.23 風往けど帰らぬ蝉は避難所か
2001.08.22 台風はひるまず本州体当たり
2001.08.21 ウソでもいい明日は天気と言っとくれ
2001.08.20 やがて風と土に還るこの身と心
2001.08.19 往く夏に鉛の雲がぶら下がる
2001.08.18 思い出の溢れ流れる帰り道
2001.08.17 初盆や生きるも死ぬも大忙し
2001.08.16 めいっぱい疲れた夜の高いびき
2001.08.15 石を焼き風燃え上がる念仏寺
2001.08.14 なつかしい風に吹かれて京おんな
2001.08.13 同窓会気になるあの子はいいおっちゃん
2001.08.12 亡骸あり命短き蝉の道
2001.08.11 舞い降りた天の恵みに煙る村
2001.08.10 どくどくと太陽の血が注ぐ海
2001.08.09 恋の坂ブレーキ壊れたチャリが行く
2001.08.08 つり革の高さマチマチ人それぞれ
2001.08.07 罵倒され真夏の太陽雲隠れ
2001.08.06 競い鳴く蝉はゴスペル特訓中
2001.08.05 やばくなればぎゅっと抱きしめ命拾い
2001.08.04 人生の卒業写真はまだいらない
2001.08.03 レジのカゴその日暮らしが透けて見え
2001.08.02 君になんか好かれたくないモスキート
2001.08.01 夕暮れの引っ掻き傷に明日をみる

7月

2001.07.31 こぼさぬよう山を崩してかき氷
2001.07.30 レジを待つネギを忘れてそろりするり
2001.07.29 絶好球見逃す余裕に負けた夜
2001.07.28 雨降って土の匂いが生き返る
2001.07.27 美味しさに上品下品の区別なし
2001.07.26 引っ込みのつかない風がへそ曲げる
2001.07.25 時々は自分を捨てたり拾ったり
2001.07.24 目の前に落ちるといいな綿菓子雲
2001.07.23 太陽を一途に思う向日葵たち
2001.07.22 チクチクチク夏の光は針となる
2001.07.21 朝一番ついうっかり逃げ遅れた月
2001.07.20 カミナリが黒い夜空にメス入れる
2001.07.19 号泣す誰恋しくて夏の空
2001.07.18 巻き上がる風と共に去れこの痛み
2001.07.17 夕暮れの涙を汗と偽れリ
2001.07.16 トンカツのキャベツの気持ちムシャムシャムシャ
2001.07.15 暑中見舞い紙ヒコーキに姿変え
2001.07.14 愛されることの重さを捨てたい日
2001.07.13 炭酸の泡一つ一つ君思う
2001.07.12 あじさいは息も絶え絶え色褪せる
2001.07.11 われは行くわれの風待つ人のもと
2001.07.10 鍵穴を爪でいじくりあなた待つ
2001.07.09 風探し耳をすませばチロチロリン
2001.07.08 月任せ君の心に帰る道
2001.07.07 燃え上がれ丸く大きく赤い月
2001.07.06 引っ掻くな恋のカサブタそっとそっと
2001.07.05 夢に続く道少しずつ書き足して
2001.07.04 睨みつける視線に火がつく熱帯夜
2001.07.03 流れ星願い忘れてもう一つ
2001.07.02 願いごとずっしり下げて笹曲がる
2001.07.01 我慢できず薄目で覗く梅雨の月

6月

2001.06.30 雷が足踏みしてる隣の空
2001.06.29 しゃぼん玉はじける前に夢見せて
2001.06.28 街ゆけば道路がビルがとろけ出す
2001.06.27 喧嘩して妥協の卵またひとつ
2001.06.26 嘘の色なぜ赤なのか問へる君
2001.06.25 雨煙り鎮守の森に緑咲く
2001.06.24 雲重く我を地面に押し潰す
2001.06.23 一人より二人で感じる孤独感
2001.06.22 おびただしい色の溢れたテレビ切る
2001.06.21 洗濯物干して夜空の機嫌みる
2001.06.20 軒下へ迷い知らずの雨しずく
2001.06.19 目の前で言えないことの綴れ織り
2001.06.18 生傷の絶えぬ子供の膝小僧
2001.06.17 ワイパーは行きつ戻りつ交わらず
2001.06.16 馴染めないそりゃ不器用だと東京人
2001.06.15 雨降れど心のうるおい欠乏症
2001.06.14 下向いて咲けない花が胸を張る
2001.06.13 せつなくてふたつの胸がちぎれそう
2001.06.12 耳のうら鈍い痛みは君の癖
2001.06.11 巣を発てば手ぶらで帰れぬ働きアリ
2001.06.10 濃い味で嫉妬深める烏龍茶
2001.06.09 eの海漂う欠片きらめいて
2001.06.08 雨の日はゆううつひとつ置き忘れ
2001.06.07 地面から湧き出るリズムゆらりぐらり
2001.06.06 老いて行く歩みを止めたその日から
2001.06.05 君の撒く水がみるみる乾く朝
2001.06.04 太陽の匂いいっぱい布団抱く
2001.06.03 旧姓の想い出捨てて歩き出す
2001.06.02 うすい月ちょこんと頭に乗せてみる
2001.06.01 ぼんやりと道を歩けば水たまり

5月

2001.05.31 後ろ手に君の香りを閉じ込める
2001.05.30 たわいない君のメールに泣けてくる
2001.05.29 ついていけない変わりすぎる君の体温
2001.05.28 叱られてふくれっ面に豆ごはん
2001.05.27 人を呑み吐き出す電車の休肝日
2001.05.26 休日の魔法信じて手綱引く
2001.05.25 固唾飲む誰が落とすかキャッチボール
2001.05.24 降り続く雨に紫陽花出番待ち
2001.05.23 知らないひと鏡の向こうにいるあなた
2001.05.22 会えぬ日の切り替えできず涙ぐむ
2001.05.21 カラフルな人民服が闊歩する
2001.05.20 風起こし雨を降らせて息吹呼ぶ
2001.05.19 ぬるま湯の栓を抜く手が震えてる
2001.05.18 暗闇に石ころぶつけてできる星
2001.05.17 夕焼けはタメグチ吸って闇となる
2001.05.16 蛙跳び水の震える田んぼかな
2001.05.15 地に吸われぬ雨は流れるしゃあしゃあと
2001.05.14 窓ガラス切り取る空は夏混じり
2001.05.13 君だけに見せたい私のプリミティブ
2001.05.12 雷鳴がズドンとくれば消える君
2001.05.11 かさねあうからだのすきまにたらり~ん
2001.05.10 ×(バッテン)をやや傾けてプラス(+)とする
2001.05.09 腰いっぱいひろがる甘さとけだるさと
2001.05.08 君に見せる素顔という名のよそ行き顔
2001.05.07 花落ちて燃え立つ緑の心意気
2001.05.06 四階の花と親しきアゲハチョウ
2001.05.05 よるすべなく昔の言葉にすがりつく
2001.05.04 眼鏡かけ視界歪めて生きている
2001.05.03 ぎくしゃくにメール一通出す勇気
2001.05.02 何となく不安という名の風が吹く
2001.05.01 朝刊のインクの匂いで雨を知る

4月

2001.04.30 燃え尽きて燃料補給のタイミング
2001.04.29 心しばる帯をほどいて舞い踊り
2001.04.28 一刻を競う人・人・人の海
2001.04.27 感情のネジがゆるんでぽろぽろり
2001.04.26 しんなりと握り返した手になじむ
2001.04.25 一言で赤くも青くもなるリンゴ
2001.04.24 待ちぼうけ時計は今日も知らんぷり
2001.04.23 都合よく時間とともに変わる記憶
2001.04.22 うずくまる地球の鎖に繋がれて
2001.04.21 やわらかいあなたにそっとランディング
2001.04.20 平行線時空を曲げて交差する
2001.04.19 針金のごとくそそり立つ花の芯
2001.04.18 残りゆく哀しみ抱え人は生く
2001.04.17 時間軸異なる世界のあちらこちら
2001.04.16 春光の陽に逝く人よやすらかに
2001.04.15 口ごたえする子の今日は二歩前進
2001.04.14 皮膚に残るあなたを繋ぎ合わせる夜
2001.04.13 煎れたてのコーヒーきっちり二人分
2001.04.12 暖めたフランスパンのような君
2001.04.11 頂点に落ちたしずくが肌をつたう
2001.04.10 太陽がカーテンゆらゆら遊んでる
2001.04.09 砂時計何度返せば君は来る
2001.04.08 熱病の身体を包む癒しの海
2001.04.07 ぱっくりと夜の割れ目に光る花
2001.04.06 嘘っぽい幸せよりも切なさを
2001.04.05 花めぐり追いかけられて追いかけて
2001.04.04 さみしくて死にそうだから走ってる
2001.04.03 冬眠から覚めた虫たちのっそのそ
2001.04.02 血の色に染めぬく空と煙る私
2001.04.01 その指が触れるのを心で感じる

3月

2001.03.31 走り出す哀しい予感振り切って
2001.03.30 吹き荒れる風雨に負けるな桜たち
2001.03.29 空にぽちゃっ月の盃かたむける
2001.03.28 覗く目を睨み返して宣戦布告
2001.03.27 くるくるり雨と桜の舞踏会
2001.03.26 胸のドア激しく叩き耳当てる
2001.03.25 関係図描ききれない男と女
2001.03.24 濡れている瞳のワケを風は訊く
2001.03.23 青いシャツ顔をきりりと引き締める
2001.03.22 髪型が決まらず鏡が笑い出す
2001.03.21 迷うなら恋の企画書差し上げます
2001.03.20 ゴミの山カラスお先に分別中
2001.03.19 朧なる恋を浮かべて夢に酔う
2001.03.18 花宿る雨の雫のひとつふたつ
2001.03.17 心地よい口説き文句に右・左
2001.03.16 何気なく注ぐワインが溢れてる
2001.03.15 誰のため着飾り髪を梳かす君
2001.03.14 君の胸に僕の本音を注ぎ込む
2001.03.13 実りなく花粉にまぎれて鼻すする
2001.03.12 この命どんな未来に繋ごうか
2001.03.11 ありがとうの夜をあなたと重ねたい
2001.03.10 決めたくてクラッシュアイス噛み砕く
2001.03.09 今はもうないかもしれない星キラリ
2001.03.08 蛍光灯ハエのうるさき季節かな
2001.03.07 春の宵本能くすぐる鈴が鳴る
2001.03.06 うつろいを怖いと思ったときからが愛
2001.03.05 電卓を叩いて切り捨てられぬ君
2001.03.04 グスグスグス今日も恋の副作用
2001.03.03 見上げれば月を挟んで星二つ
2001.03.02 教えないうなじに咲いた花の色
2001.03.01 やすらぎとトキメキはいつも背中合わせ

2月

2001.02.28 懐の深みに沈める嫉妬心
2001.02.27 逃げ道を塞がないから長続き
2001.02.26 「寒いね」の一言に負けてしまう夜
2001.02.25 罪深し春の足音消す霧雨
2001.02.24 帰り道そぼ降る雨のいいにおい
2001.02.23 春うらら真冬の相場に宝くじ
2001.02.22 地に落ちて朽ちる日を待つ花一輪
2001.02.21 小刻みにテーブルを這う君の鼓動
2001.02.20 弱りめをそっと包んだ君の勝ち
2001.02.19 オリオンの中を駆け抜く夜間飛行
2001.02.18 火付け役と火消し役とが同居する
2001.02.17 メール&メール私の時間を奪い合い
2001.02.16 選び抜く身をちぎられる思いして
2001.02.15 いつかみた夢が一人で歩きだす
2001.02.14 贈り物心をいっぱい詰め込んで
2001.02.13 感じるのは大地の揺れか身の揺れか
2001.02.12 もぐもぐとストレス食べてぶくぶくぶく
2001.02.11 気がつけばあなたの海に溺れてる
2001.02.10 愛するとは人をとことん信じること
2001.02.09 寒がりのふりして君の腕の中
2001.02.08 宵闇に光凍りて粒となる
2001.02.07 欲望に名札をつけてゆく人生
2001.02.06 春近し恋愛指数底を打つ
2001.02.05 心躍る光と風の戯れに
2001.02.04 定まらぬ視点の下に川流れる
2001.02.03 急カーブ曲がり損ねた鬼は逝く
2001.02.02 ため息を氷の部屋に閉じ込める
2001.02.01 光差す一分たりともムダにせず

1月

2001.01.31 ふんわりと見えて心は鋼入り
2001.01.30 我映す地下鉄の窓は嘘つかない
2001.01.29 雪道に雷鳴刺さる夕べかな
2001.01.28 天空で雪のお祭り大騒ぎ
2001.01.27 土の中じっと耐えてるチューリップ
2001.01.26 ひとつまみふりかけてみる惚れ薬
2001.01.25 あなたの鍵でなければ私は開かない
2001.01.24 コーヒーにクリームどぼん潜める間
2001.01.23 切符吸い改札しばし考える
2001.01.22 はさまれしハンバーガーに鮭一切れ
2001.01.21 休日に早起きさせる銀ピカ雪
2001.01.20 ひとごみにまぎれ表に戻す顔
2001.01.19 傾けるグラスの向こうにある真実
2001.01.18 君思えば涙あふれてあくびする
2001.01.17 幼子に引かれゆく手のあたたかさ
2001.01.16 君と飲むコーヒーゆっくりゆっくり飲む
2001.01.15 文字盤のおもての時間うらの時間
2001.01.14 誤魔化せど身体は心に真正直
2001.01.13 冬空は夢極まりて凍るらし
2001.01.12 あなたの目に映る私を覗き込む
2001.01.11 枕元恋のイロハでカルタ取り
2001.01.10 傍らに一致団結残り雪
2001.01.09 地下鉄の階段今朝は息切れず
2001.01.08 今日明日のある人のため道あける
2001.01.07 ぬくもりを求めて時計巻き戻す
2001.01.06 風速ゼロ走り回って凧揚げる
2001.01.05 手のひらにからんで落ちた葉を拾う
2001.01.04 子と歩く昔の自分を見るように
2001.01.03 日は落ちても月が明るく照らす道
2001.01.02 故郷の星を敷き詰め帰り道
2001.01.01 初春の山に風あり波はなし