ikku 2012 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2012

2012年

月をクリックすると開きます。

12月

2012.12.31 冬なのに春を探して三千里
2012.12.30 感じてる前に後ろに君の気配
2012.12.29 さぶいさぶいさぶいの次はないみたい
2012.12.28 交差点一歩遅れてごつんごつん
2012.12.27 すいと立つ足にするする伝線マン
2012.12.26 層厚き布団に潜る夜寒かな
2012.12.25 息白しあなたの息と重なりて
2012.12.24 食べるのはたぶんもう少し生きるため
2012.12.23 分別ゴミわたしはきっと燃えるゴミ
2012.12.22 動けない目地にヒールを挟まれて
2012.12.21 どうしても君に触れたし背中をポン
2012.12.20 飲み干した水の冷たさ君の冷たさ
2012.12.19 手はお膝だれかのいとしいひとだから
2012.12.18 雪女抱けば溶けゆく涙かな
2012.12.17 道端に飛び交う花かレジ袋
2012.12.16 カチンコチンゆっくりほぐす冬の朝
2012.12.15 手の甲に齢感じる十二月
2012.12.14 川岸に皺寄せながら来る白鳥
2012.12.13 地は軋み建物軋み人軋み
2012.12.12 みかんの皮はがせばびっしり下着姿
2012.12.11 そこここで道路工事の十二月
2012.12.10 裸婦像の寒くないわと微笑んで
2012.12.09 北風よ落ち葉かき集めておくれ
2012.12.08 濁り酒語るまにまにごくりごくり
2012.12.07 朝顔の蔓を束ねて冬本番
2012.12.06 名で呼ばぬほどに親しき夫婦かな
2012.12.05 まんまるの心ぷよぷよ浮き上がれ
2012.12.04 赤い傘君の居場所を教えけり
2012.12.03 光差す夢に吊るした一張羅
2012.12.02 濡れ落ち葉飾りて帰る靴のあり
2012.12.01 胸ぐらをつかむことなく心責め

11月

2012.11.30 落ち葉踏み粉々にして子の歩む
2012.11.29 水底にぺたり悲しみ張りつけり
2012.11.28 行間をするっとなでる君の声
2012.11.27 くるくると巻いて巻かれて夜の更けぬ
2012.11.26 減らずとも年々縮む年齢差
2012.11.25 不器用に揺れてコスモス花散らす
2012.11.24 漆黒の夜に穴あけて冬花火
2012.11.23 天高し笑顔いつしか涙顔
2012.11.22 ひと粒の飯にむせいる見合いの膳
2012.11.21 拍子木の音の広がる夜寒かな
2012.11.20 自販機の産み落としたり缶コーヒー
2012.11.19 風強し枯葉ふぶきて掠る頬
2012.11.18 雨上がり心の中に流れ星
2012.11.17 水匂ふ空をぎゅぎゅっと絞りたし
2012.11.16 解禁日したたる赤よ我の血よ
2012.11.15 日だまりに集って笑顔分け合って
2012.11.14 風吹かばなびけど折れぬすすきかな
2012.11.13 我が耳に残らぬ音の流しそうめん
2012.11.12 かごめかごめ恋しい人はかごの外
2012.11.11 女たるもの命太らせ子に分けん
2012.11.10 いやな空いやな気分といやな揺れ
2012.11.09 「こましたろ」「ころしたろ」たしかににてる
2012.11.08 自らの光照らして行く夜道
2012.11.07 これ以上進めることを拒む時計
2012.11.06 胸薄き少女のような老女行く
2012.11.05 腸伸ばすようにホースで水をやる
2012.11.04 ひとふさのぶどうのようなチーミング
2012.11.03 衣替えずしっと並ぶ冬服たち
2012.11.02 首一つ取ればこの身は軽き春
2012.11.01 座っては冬を感じる便座かな

10月

2012.10.31 木枯らしから春の気持ちを守る腕
2012.10.30 秋深しきっと美味しい蒸かし芋
2012.10.29 曼珠沙華雨に打たれし残り首
2012.10.28 生きてゆく勇気与える歌がある
2012.10.27 紛れても紛れきれずに一人舞ふ
2012.10.26 抱き枕だれを思ひて抱きしめん
2012.10.25 一滴の光背負ひて飛ぶ雀
2012.10.24 陳列棚はるばる来たぜマンゴー群
2012.10.23 風過ぎて朝な夕なに枯葉散る
2012.10.22 一つ二つ三つ以上はもうたくさん
2012.10.21 三日月のこの世をちら見して帰る
2012.10.20 睦み合ひくちゃくちゃにして掛け布団
2012.10.19 いろいろな時刻並べる時計屋さん
2012.10.18 つるっつるっ吸いこむように食ふワンタン
2012.10.17 押しては引き引いては押して秋が来た
2012.10.16 石仏の縁失ひし秋の暮れ
2012.10.15 秋の風ひとのすき間を縫いながら
2012.10.14 塗りたくるより満面の笑みの勝ち(価値)
2012.10.13 新幹線めいっぱい頬ふくらませ
2012.10.12 蝉の穴残し被さる枯葉かな
2012.10.11 饒舌と言われ噛み切る雀の舌
2012.10.10 恋猫のやたらぶたれてぶうたれて
2012.10.09 みぎひだり転がるように鳴くこおろぎ
2012.10.08 逝きそびれたやつが私の生き血吸ふ
2012.10.07 どんぶらこどんぶらこっこ雲の舟
2012.10.06 くしゃみひとつ星の戻れる都会の夜
2012.10.05 空にヒビが入ったみたいゲリラ雨
2012.10.04 太陽の光届かぬ雲の壁
2012.10.03 めそめそと泣くは似合わぬ大どら猫
2012.10.02 私小説恋の栞をもう一枚
2012.10.01 葉をちぎり枝をへし折り過ぎる風

9月

2012.09.30 空分かつぴしりぴしりと雲の筋
2012.09.29 風吹けばとっとこ秋が走り出す
2012.09.28 秋の葉の重ね重ねし思ひかな
2012.09.27 四つ切りの重さ比べているカボチャ
2012.09.26 濡れた土乾く間もなくまた濡れて
2012.09.25 雨だらだら時間の束をときほぐす
2012.09.24 背けても栞動かぬ本の山
2012.09.23 湯のなかに乳房ぽんわり秋の宵
2012.09.22 弛ませて中折れ防ぐススキかな
2012.09.21 天地の息整えし秋の雨
2012.09.20 伸びをすればみしみしと言う古木かな
2012.09.19 散るを愛で散らぬを蔑むことなかれ
2012.09.18 君のいない神輿は少し重たくて
2012.09.17 むんむむぅん思わせぶりな雨のあと
2012.09.16 九月半ば執念深き夏がいる
2012.09.15 0%のビールで乾杯酔っ払い
2012.09.14 泣きたいだけ泣いたらきっと朝が来る
2012.09.13 前へならえ先頭に立つ者おらず
2012.09.12 お守りのごと読みかけの文庫本
2012.09.11 夕暮れに行き交うとんぼのようなヘリ
2012.09.10 泣き笑い泣き笑いして日が暮れる
2012.09.09 この親にしてこの子あり健診会場
2012.09.08 そのひと口のためにせっせと朝ごはん
2012.09.07 秋の風ひと皮むけた肌に添ふ
2012.09.06 ぽつりぽつり涙こらえてこぼす空
2012.09.05 痛いという頭をなでるなでるしかなくて
2012.09.04 あみだくじのごと割れ急ぐレンガかな
2012.09.03 雨降って今宵休めよ室外機
2012.09.02 雨音の隙間にひゅるひゅる虫の声
2012.09.01 手を合わせる二人の願いは同じだろうか

8月

2012.08.31 日常の中に溶け込む夢語り
2012.08.30 じんせいのさいごはきっと「ありがとう」
2012.08.29 横並びして歩きたし道狭し
2012.08.28 残骸は角のみカラスがカブト食ふ
2012.08.27 掃除機ブン逃げてふわっと綿ぼこり
2012.08.26 風吹けばなかったことになる命
2012.08.25 コトコトと煮込むかたまり憎しみの
2012.08.24 ケタケタと笑ひて消ゆる夕陽かな
2012.08.23 毎日を君と生きてる記念日に
2012.08.22 おこぼれの雨をほしがるアスファルト
2012.08.21 ぐずぐずは後に回して夏の宵
2012.08.20 金の穂の風に揺られし猫じゃらし
2012.08.19 そろそろと浸かれどざぶんと溢れる湯
2012.08.18 飴曲げて切って伸ばして猫一匹
2012.08.17 大花火割れて夜空を鷲掴み
2012.08.16 蝉しぐれ生身のココロ君を抱く
2012.08.15 蒸す夜の蝉に混じりて虫の声
2012.08.14 どうせなら熱気を流してくれよ雨
2012.08.13 生きるのも死ぬのもたぶん全身で
2012.08.12 ひとすじの風すべり込む残暑の日
2012.08.11 数えればキリがないよとやまいだれ
2012.08.10 途切れゆく君との夜を抱きしめる
2012.08.09 四六時中眠りの国の使者が来る
2012.08.08 切った爪遠くへ飛ぶよ歳とって
2012.08.07 たわむともゆるまずいこう夏本番
2012.08.06 ころんと生きころんと逝きたし夏の宵
2012.08.05 もうひと雨ほしいとみんみん大合唱
2012.08.04 閉店ですしまい忘れた札ひとつ
2012.08.03 進化とは誰の果てなき野望かな
2012.08.02 虫除けの顔をそむけてしゅっしゅしゅーっ
2012.08.01 スキャンして残る命を確かめる

7月

2012.07.31 倒される前に自らドミノ倒し
2012.07.30 ぺこぺこと歩けば笑ふ膝小僧
2012.07.29 産み月は重く漂う海の中
2012.07.28 爪を噛む癖はやめたと爪を噛み
2012.07.27 動かない風まとわりつく男のよう
2012.07.26 この恋は進むか退くか豆を剥く
2012.07.25 握る傘今日はあるのか君の出番
2012.07.24 一斉に口開けユリの合唱団
2012.07.23 絆創膏巻けば他人の指となり
2012.07.22 全身で泣いて笑って子は強し
2012.07.21 塔めざし螺旋を登るネジの気持ち
2012.07.20 花の香の近づきて過ぐ夏の女
2012.07.19 風鈴の千切れて風に鳴らされず
2012.07.18 泣き虫も水に戯れぷるっぷるっ
2012.07.17 夏草の刈られた後の血の匂い
2012.07.16 水滴のまさに落ちんとする乳房
2012.07.15 つるむこと知らず歩めりかたつむり
2012.07.14 雨ぬひて恋の蛍よ飛んで行け
2012.07.13 じゃんけんで決まる順番あの世行き
2012.07.12 早朝の電車は運ぶスリーピングタイム
2012.07.11 くしゅくしゅと枯れ葉まるまりぶら下がり
2012.07.10 恐るるはデモよりクラゲの夏本番
2012.07.09 大口を開けて笑ひし夏の空
2012.07.08 張り付いた湿り気はらふ団扇かな
2012.07.07 湿舌の日本列島舐めつくす
2012.07.06 なつかしき手紙あの日の愛の消印
2012.07.05 でこぼこのありて魅かれし異性かな
2012.07.04 「ありがとう」言われて怒る人はなし
2012.07.03 現実で避ければ夢で衝突し
2012.07.02 四十とも五十とも言う肩痛む
2012.07.01 人の命測るな心慮れ

6月

2012.06.30 前に立つより風を切る君の後
2012.06.29 よいよいよい酔わなきゃいけない夜もある
2012.06.28 色付ければ虹のかけらよバームクーヘン
2012.06.27 面倒の粒ひとつずつ剥がす夜
2012.06.26 スプレーをまとひ男も梅雨の朝
2012.06.25 掃除機のごくりと呑んだまた呑んだ
2012.06.24 泣くんじゃない言われ泣き止む子はおらず
2012.06.23 べろんべろんけだるくゆれる濡れ柳
2012.06.22 夏至過ぎてこれより夏と笑ふ空
2012.06.21 長き日を感じさせぬよう喜怒哀楽
2012.06.20 店頭の産地表示は目立たぬよう
2012.06.19 おしゃべりな口をパカッと開く百合
2012.06.18 酒に向く尻を競へり青梅の
2012.06.17 生きてきて無傷な心などないさ
2012.06.16 息合わせつつ行く先はさらに闇
2012.06.15 生きたいと願う短冊小児棟
2012.06.14 タッチアンドゴー逃げ足速い男あり
2012.06.13 にほひ袋はじけるごとく百合開く
2012.06.12 たんぽぽのそばをぽっぽと歩くハト
2012.06.11 ぼんやりと咲いた昼顔ゆする風
2012.06.10 薄き灯を点滅させて恋蛍
2012.06.09 気まぐれに時を行き交う風るるる
2012.06.08 魂をふるい落とすような直下型
2012.06.07 この指のささくれひとつ意志ひとつ
2012.06.06 ぱらっぱら~鼻歌交じりの雨が降る
2012.06.05 赤信号一つかかればまた一つ
2012.06.04 生っぽい匂ひ漂ふ梅雨の花
2012.06.03 真っ白な蝶々飛び交うハナミズキ
2012.06.02 やかましいな薄目を開けてあくび猫
2012.06.01 口ごもる言葉の真実みかん食ふ

5月

2012.05.31 ごぉごぉと唸り残して最終バス
2012.05.30 紫陽花の押し合いへし合い咲き競う
2012.05.29 十回のコール数えて切れる恋
2012.05.28 ええ人はいついつまでもおまわりさん
2012.05.27 川ゆるくワルツのように渡し舟
2012.05.26 夢に泣き耳に流るる涙かな
2012.05.25 好きなのは匂い手触り温かさ
2012.05.24 イヤリングひとりぼっちでさみしがり
2012.05.23 切り離せこの世界からじょきじょきと
2012.05.22 コールされ慌てて飛び出す雨蛙
2012.05.21 見せてくれ雲の隙間をこじ開けて
2012.05.20 見つめ合い沈黙ののち立ち去る猫
2012.05.19 ところどころ眠り交えて夜更けのニャ~
2012.05.18 ビルにビル映し合いっこ虚無の街
2012.05.17 白バイの獲物探して潜伏中
2012.05.16 無駄ではないわかっていてもせんないね
2012.05.15 厚き辞書焼けた表紙と綿埃
2012.05.14 春の日に溺れてしまふ日曜日
2012.05.13 大切にしまったものは出てこない
2012.05.12 東京の果てに落ちんと行き帰り
2012.05.11 残りたい記憶の淵にぶら下がり
2012.05.10 よろめいた足元に咲く花の凛
2012.05.09 黒雲に押しつぶされた夕陽のジュース
2012.05.08 深夜ゆえ乗るか乗らぬかエレベーター
2012.05.07 公園の水たまりにも宿る月
2012.05.06 ええことのひとつも言うて酔っ払い
2012.05.05 いつ切れてもいいのと紡ぐ今日の歌
2012.05.04 マッチ売りの少女のような恋してる
2012.05.03 潜り込む布団の中まで雨の音
2012.05.02 ずっしりと頭に重き夢桜
2012.05.01 みどりごのないてもわろても時の人

4月

2012.04.30 ぬかりなき人の油断が美しい
2012.04.29 ホーホケキョッ共に目覚める午前四時
2012.04.28 かたつむり渦を背負ひてずりずりり
2012.04.27 蕾とも花とも言えぬお年頃
2012.04.26 はりつけに遭ひてあぶりの鰻かな
2012.04.25 ぽぽんのぽん金はないよと腹鼓
2012.04.24 肩凝りてかたき枕を憎む朝
2012.04.23 春愁や弾け切れない雨が降る
2012.04.22 春の雲たっぷりこってり空を塗る
2012.04.21 春の空剥き剥き剥いて夏が来る
2012.04.20 ぼんぼりの灯りてぼよ~ん八重桜
2012.04.19 ゆでたまご剥いた落した花咲いた
2012.04.18 春雨に濡れて行くのか君も君も
2012.04.17 雲間より春の日差しのやぶにらみ
2012.04.16 首揃え水なき溝に落椿
2012.04.15 飛ぶための羽をちぎりて人は地に
2012.04.14 花濡れてぷうんと匂ふ桜餅
2012.04.13 たむろする入り口付近フレッシュマン
2012.04.12 カランカランかわいた氷とバーボンと
2012.04.11 やわらかき土の匂ひて雨予報
2012.04.10 日に一枚落とす花びら身のかけら
2012.04.09 春日差し障子の穴をほじくって
2012.04.08 ぺたぺたと雲貼りつけて泣かす月
2012.04.07 耳遠くあの世も遠くなりにけり
2012.04.06 ためらいのキズは浅くて長くって
2012.04.05 誰の葉も浮ついている春の宵
2012.04.04 雨に負け風にも負ける日もあるさ
2012.04.03 あの鬼も涙流せり花粉症
2012.04.02 一斉に五感奪ひし桜かな
2012.04.01 春一番呼ばれぬ恨み傘壊す

3月

2012.03.31 バス停に走る乳房の重みかな
2012.03.30 こっちだよ手招きしてる青信号
2012.03.29 春コートめくりて笑ふ風ひゅるる
2012.03.28 期待する声もふくらむ桜かな
2012.03.27 一瞥しゆうるり過ぎる錦鯉
2012.03.26 花便り雪に混じりて凍えけり
2012.03.25 雨という音を感じる里の春
2012.03.24 浮ついた世界沈める雨が降る
2012.03.23 カンガルーのぽっけがあれば君さらう
2012.03.22 梅の香のぐいと惹き込む魔力かな
2012.03.21 風を吸い息吐き出して春一歩
2012.03.20 冷たきは体に敷かれし左手か
2012.03.19 雨の朝電話の主は墓を売り
2012.03.18 ようやくにぽぽぽぽぽぽぽ梅の花
2012.03.17 二三枚脱げばか弱き人間よ
2012.03.16 腹減りて啜る深夜のホットミルク
2012.03.15 一生に一度ぐらいはちんちろりん
2012.03.14 薄き色選ぶべきかな春スーツ
2012.03.13 首落ちてなお赤々と椿あり
2012.03.12 束ね髪おろし重たき日の終わり
2012.03.11 なにごともなき幸せよ311
2012.03.10 かけうどん卵一個で豪華なり
2012.03.09 猫に告ぐ金魚は食うな愛でるべし
2012.03.08 一羽折れば一羽飛び立つ鶴の春
2012.03.07 生米を噛んでしまったような春
2012.03.06 雨のあと足音ゆるく近づけり
2012.03.05 変だなぁああ先月のカレンダー
2012.03.04 担がれてぴーちくぱーちく籠の鳥
2012.03.03 杭腐り鉄錆びやがて地に還る
2012.03.02 お雛さま闇にまぎれて大あくび
2012.03.01 爪切りて縁切るなかれ春の雪

2月

2012.02.29 抱いてくれ母に届かぬベビーカー
2012.02.28 そのマスク外せばきっとやさしい顔
2012.02.27 大空をがっしり掴む厚き雲
2012.02.26 肌しっとり洗濯物は乾かない
2012.02.25 冷たさも中くらいなり春の雨
2012.02.24 クスックスッこらえきれずに山笑ふ
2012.02.23 香水の人領域を広げけり
2012.02.22 一粒ごと温み纏ひて花開く
2012.02.21 切り株に座りバス待つ根が生える
2012.02.20 朝の陽の木の芽濡らして春始む
2012.02.19 夢に夢重ねて首にずっしりと
2012.02.18 あの人の賀状今年も切手シート
2012.02.17 真っ白な大根足に黒タイツ
2012.02.16 凍てついた山もちらりと笑み浮かべ
2012.02.15 満ち引きの際のぷうんと生のにおい
2012.02.14 おっぱいのかたちまちまち大浴場
2012.02.13 土中よりぷくりぷくりと春の音
2012.02.12 割って割って見かけ安くして売る白菜
2012.02.11 暖気する音延々と冬の朝
2012.02.10 寒風が梅に待ったをかけている
2012.02.09 声帯を切られた犬のうぅと鳴く
2012.02.08 焼き芋のパックに入りて半額シール
2012.02.07 逝きし人「友」に残りて誕生日
2012.02.06 店頭に高値の葉っぱ堂々と
2012.02.05 水仙の咲いた咲いたの大合唱
2012.02.04 落とし蓋広げぐつぐつ我ぐずぐず
2012.02.03 口中に飴転がして春の声
2012.02.02 尽きることなき酒明くることなき闇
2012.02.01 オムレツにくるむぬくもり春を待つ

1月

2012.01.31 水撒きて人寄せつけぬ冬の家
2012.01.30 脱ぎ捨てることさえできぬ夜寒かな
2012.01.29 人の後よたよた鴨の餌拾い
2012.01.28 「さよなら」の代わりに「またね」を何度でも
2012.01.27 もみくちゃの中で私はマシュマロ化
2012.01.26 さくらだもんもみじじゃないもんはるだもん
2012.01.25 海鳥に混じり飛び立つエアプレーン
2012.01.24 雪しんしん音を奪ひて降り積もる
2012.01.23 てのひらに幸せのせてひとくちずつ
2012.01.22 眠りから覚めた獣のにほふ朝
2012.01.21 忘れ傘次から次へ終着駅
2012.01.20 エチケットマスク目と目で通じ合い
2012.01.19 慣らし慣らし騙し騙しで冬しのぎ
2012.01.18 カッとなりプチっと切れる電気ケトル
2012.01.17 屋敷あと更地の主は枯れすすき
2012.01.16 手伝いあり賑やかしありお餅つき
2012.01.15 寒い日はぽかぽか下着でいざ勝負
2012.01.14 残り葉の螺旋階段おりてゆく
2012.01.13 なつかしきものつぎつぎとぽとぽとと
2012.01.12 満月を過ぎてもギラリ月怪し
2012.01.11 冬の陽はむむむの朝にどどどの夕
2012.01.10 知恵の輪の一度解ければ二度三度
2012.01.09 本を顔にぺちゃっと落とし目が覚める
2012.01.08 しんしんとひとり寝の夜しんしんと
2012.01.07 手を切られ電柱のごと冬木立つ
2012.01.06 頭上より覆い被さる星の群れ
2012.01.05 散財を防げ売り場を急ぎ足
2012.01.04 きゅきゅと鳴く鏡に今年の我が居り
2012.01.03 燃え盛る愚痴よ妬みよ灰になれ
2012.01.02 静けさが静けさを呼ぶ初日暮れ
2012.01.01 初便り生きているよとささやいて