ikku 2009 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2009

2009年

月をクリックすると開きます。

12月

2009.12.31 新しきシマウマ渡るアスファルト
2009.12.30 吊るされしワイシャツがさこそ内緒話
2009.12.29 こぼれ落つ夢拾ふべく手と手と手
2009.12.28 お札ならいいなと思ふカルタ取り
2009.12.27 ふっくらとした半月や風温し
2009.12.26 暗幕の中の暗幕秘密の香
2009.12.25 珈琲の一滴落ちて滲む文字
2009.12.24 魂が死んで生き返る夜と朝
2009.12.23 冬籠り花枯れるとも死にはせず
2009.12.22 分かれゆく枝葉はあれど根は一つ
2009.12.21 穂を垂れて賀状も書けるすすきかな
2009.12.20 冬寒の門引き締める警備員
2009.12.19 ほしくなる青空のした塩むすび
2009.12.18 リズムとる人に挟まれ我もビート
2009.12.17 閉じられぬ瞳キラキラ人形展
2009.12.16 きいと鳴るブランコきいと泣く私
2009.12.15 丁寧に膜取り除き飲む牛乳
2009.12.14 墨色の葉書積りぬ十二月
2009.12.13 冬の日の空気ゆるみて顔ゆるむ
2009.12.12 シャットダウン瞳に映る嘘一発
2009.12.11 ひと切れのレモンを絞る白い指
2009.12.10 気遣いが気違いに見え大間違い
2009.12.09 水汲んで準備万端落ち葉焚き
2009.12.08 半月やおい片割れは息災か
2009.12.07 クラフトがクラウドに見える2009
2009.12.06 我が指はプラタナスだと誇る老い
2009.12.05 老い集い今日の葬儀を値踏みする
2009.12.04 冬の海鉛の溶けて沈むなり
2009.12.03 夕焼けに一瞬燃ゆる芒原
2009.12.02 雲つなぐひこうき雲の串団子
2009.12.01 一発目かわしてハエに油断あり

11月

2009.11.30 沈黙もエコというのか冬の精
2009.11.29 人に逢ひもみじに逢ひて秋思ふ
2009.11.28 リンゴ剥く長さで決まるABC
2009.11.27 抱いてくれ赤子泣く泣くベビーカー
2009.11.26 落葉蹴り一人ガサゴソ夜の道
2009.11.25 花すぼめぐっと一輪とどまれり
2009.11.24 木星の月に視線を送るなり
2009.11.23 読み返す間もなく秋は過ぎにけり
2009.11.22 特売の刺身次々カゴの中
2009.11.21 初顔にこの身もきゅっと締まるらし
2009.11.20 柿熟れて地に落ちる前に食い尽くせ
2009.11.19 赤道を渡れどビビッと鳴りもせず
2009.11.18 かぶと煮の我の頭もぐつぐつと
2009.11.17 秋波の尖りて空をチクチクし
2009.11.16 ゆっくりと止まる機関車夢ぽっぽ
2009.11.15 日の向きで顔色変えるもみじかな
2009.11.14 バルーンバルーン田舎の空にぽっかりと
2009.11.13 鍵の束きみにピッタリの鍵はなし
2009.11.12 かりかりとあられをかみて茶を一杯
2009.11.11 ひとりがいいふたりはきっともっといい
2009.11.10 揉み合ひて触れ合ふ人と人の熱
2009.11.09 ゆっくりと音立てぬよう女の屁
2009.11.08 ゆっくりと歩幅を縮め君をキャッチ
2009.11.07 昼月の呆けて我の頭かな
2009.11.06 友一人二人連れ去る月夜かな
2009.11.05 雑音が泣き声に聞こゆラジオかな
2009.11.04 木枯らしや風の踊り子ああ忙し
2009.11.03 石投げて当たればラッキーアンラッキー
2009.11.02 巡り来る生の一瞬死の一瞬
2009.11.01 秋月のこっちへ来いと爺が呼ぶ

10月

2009.10.31 バタンカチャッ冷たく響く扉かな
2009.10.30 忘れ物何を忘れたか秋の空
2009.10.29 くり抜かれやさしく見えるかぼちゃの目
2009.10.28 ひとつぶの星受け止めるわが瞳
2009.10.27 悲しみも洗い流せり秋台風
2009.10.26 雨音に振り返る人急ぐ人
2009.10.25 一枚二枚めくってナメクジ見いつけた
2009.10.24 こぼれかけた記憶を掬う秋の暮れ
2009.10.23 半分に切るは難し先どうぞ
2009.10.22 大木のつくる木陰で長休み
2009.10.21 絡みつくものを探して蔓の舞
2009.10.20 盗人には盗人の願い秋の暮れ
2009.10.19 水の匂い消えてさくさく落ち葉踏む
2009.10.18 ほつれ髪ほほをくすぐりこぼす笑み
2009.10.17 秋の夕行きつ戻りつブランコの恋
2009.10.16 欲落とし仏に近づく一歩二歩
2009.10.15 滅びゆく一歩手前の息遣い
2009.10.14 差し違え地に落つ二人栗の毬(いが)
2009.10.13 ひと握りの風を起こせり赤とんぼ
2009.10.12 ススキにはススキの意地あり折れもせず
2009.10.11 蟻一匹残らず消えて空高し
2009.10.10 飛び立てりいちにのさんで赤とんぼ
2009.10.09 風はらり隠し黒子のうなじかな
2009.10.08 誰の墓か知らぬがそっと手を合わす
2009.10.07 雲いくつ剥がせば見ゆる秋の月
2009.10.06 地に出ずることなく死する蝉の秋
2009.10.05 十六夜に帰り行く背潤む月
2009.10.04 居るはずの無き人に似る背中追ふ
2009.10.03 本閉じる間もなく落ちる夜長かな
2009.10.02 サヨナラの四音かき消す秋の風
2009.10.01 「しばらくです」「あなたはだれ?」と訊けもせず

9月

2009.09.30 耳のふちぐるりと縫えるピアス群
2009.09.29 もう一人の自分を作ろう張り倒そう
2009.09.28 指の先より枯れ始む秋日和
2009.09.27 指で剥くアボガド一つずるっずぶっ
2009.09.26 口開けてカラリと揚がる魚かな
2009.09.25 コンビニに入ればなくなる我の影
2009.09.24 黄昏の根こそぎ人をさらう海
2009.09.23 頭下げティッシュいただく老女かな
2009.09.22 秋の虫消え入るように鳴くな泣くな
2009.09.21 目に見ゆる刃のような日差しかな
2009.09.20 ポケットに重たき財布の小銭かな
2009.09.19 珈琲の香り残りし提案書
2009.09.18 手を汚すこと知らずして野良仕事
2009.09.17 我に向かう星の光のひとつふたつ
2009.09.16 雨宿りきゅっと集まる子供たち
2009.09.15 すぱすぱと地に投げ入れし曼珠沙華
2009.09.14 こおろぎの部屋に住み着くごとく鳴く
2009.09.13 潮まかせ満ちては溺れ涸れて干からびる
2009.09.12 梳き髪にたっぷり含ませ秋の風
2009.09.11 茶柱を立てても一人秋の夜
2009.09.10 ラストスパートどどどと咲けり朝顔たち
2009.09.09 猫じゃらし我もじゃれたし秋の暮れ
2009.09.08 お団子のするっと抜けて月欠けて
2009.09.07 木漏れ日の右に左にレッツダンス
2009.09.06 金魚鉢ぶら下げて回る観覧車
2009.09.05 赤い糸だれにつなごう虫の声
2009.09.04 ゆっくりとねじをゆるめてひらく花
2009.09.03 バタバタと羽音重たきカラスかな
2009.09.02 大粒に小粒混じりて煙る雨
2009.09.01 ちんとんしゃん雨受けバケツの演奏会

8月

2009.08.31 窓開けて匂える朝陽招き入れ
2009.08.30 帰り道心の風鈴鳴らしつつ
2009.08.29 老人と犬ばかりなり田舎道
2009.08.28 赤燃える鬼か悪魔か熱情か
2009.08.27 駆け込み乗車するはバカ親子を連れて
2009.08.26 待ちわびて来るものでなし僥倖は
2009.08.25 我トマト触られ置かれ売れ残り
2009.08.24 どろりからとろりに変わる日差しかな
2009.08.23 酔っぱらい夜風に吹かれて帰りゃんせ
2009.08.22 つぶやきはみなにむけられたひとりごと
2009.08.21 パラッパラッ街灯ともるみぎひだり
2009.08.20 みみみんみん一番蝉を競ふ朝
2009.08.19 したためる一句よ今日も生かされて
2009.08.18 とりどりの薬並べし老女かな
2009.08.17 百万本のバラより君よそばにいて
2009.08.16 蝉の声シャワーのごとく降り注ぐ
2009.08.15 風評のかすかに混じる痛みかな
2009.08.14 風鈴のコロコロ笑ふ闇の中
2009.08.13 怒ってはいないという目が怒ってる
2009.08.12 地上への階段選ぶあみだくじ
2009.08.11 戦いを挑む相手は我の中
2009.08.10 揺れているベッドカーテン蛍光灯
2009.08.09 寄り合ひて小さき木陰はキノコなり
2009.08.08 ジッパーを開けるごとく波を切る
2009.08.07 暑中見舞い出すこともなく残暑見舞い
2009.08.06 雨ざざざライフガードにSay Good-Bye
2009.08.05 守りたしぽっかり口開け眠る君
2009.08.04 ピタッポタッ余韻残してシャワー置く
2009.08.03 ヒリとする肌太陽の匂いする
2009.08.02 風が鳴るコトバが踊る南国にて
2009.08.01 黒アゲハ手招きしてる森の中

7月

2009.07.31 欺かれでっかい傘に青い空
2009.07.30 家出猫こっそり帰る夜明け前
2009.07.29 水色のプール弾ける声と声
2009.07.28 一枚の絵葉書選びに十五分
2009.07.27 夏空に一矢報いるかき氷
2009.07.26 リベンジも自然から来りゃ声も出ず
2009.07.25 大ぶりの傘につかまる戻り梅雨
2009.07.24 あいづちを打てぬ会話にほほえみて
2009.07.23 空ほめて大地をほめて我生きる
2009.07.22 紫陽花の映すアラフォーの恋心
2009.07.21 夕暮れてじわじわじわーっと蝉の声
2009.07.20 ひび割れた空からぽつぽつ温きもの
2009.07.19 砂落ちて落ちて落ちて見る残り時間
2009.07.18 次に見える百合を曲がれと道案内
2009.07.17 暑中見舞ポストへ運ぶ風吹きぬ
2009.07.16 もう半分まだ半分の月夜かな
2009.07.15 鰻食ふ女は強し夏本番
2009.07.14 カーテンをずりずり開けてふわぁおはよ
2009.07.13 ぽろぽろと歯が抜けるごとピアノ弾く
2009.07.12 ベビーカー押してすぅぱぁちょいとママ!
2009.07.11 湯煙に触れてあじさい落とす青
2009.07.10 雲の中見えぬが仏うんうんうん
2009.07.09 カビ生えし心ハサミでチョキンチョキン
2009.07.08 あなたとなら見れる気がする流れ星
2009.07.07 スキスキスキ入ってうれしいキス二つ
2009.07.06 夏を急ぐスカートのすそ踏んづけて
2009.07.05 記憶力ぽろぽろこぼれ老いを知る
2009.07.04 ぜんまいをぐぐっと巻きてひと演奏
2009.07.03 濃い空気ゆっくり回る天麩羅屋
2009.07.02 儲け話聞いた後では儲からず
2009.07.01 街に住む太ったカラス景気良し

6月

2009.06.30 鶴折りて君に投げてみる二羽三羽
2009.06.29 ふと見れば移動しているかたつむり
2009.06.28 水の上叩いて滑ってあめんぼう
2009.06.27 室外機コロコロ鳴りて夏本番
2009.06.26 目をつむりロダンのポーズでこっくりこ
2009.06.25 口開けたお頭いただく我の口
2009.06.24 無題という絵と音楽と君の顔
2009.06.23 かなしみの音の混じれり聴診器
2009.06.22 雨上がり蛇の横切る田んぼ道
2009.06.21 歩き出そう風のしっぽをつかまえて
2009.06.20 二度と目覚めぬ気がして布団を整える
2009.06.19 我の部品誰の身体で生きたいか
2009.06.18 指折りて開くこの手にできること
2009.06.17 ぬかるみて君の足とるわが心
2009.06.16 三分の遅れを詫びる我が電車
2009.06.15 手も足もなくして横になる丸太
2009.06.14 ギザギザのハート丸めてポイと捨て
2009.06.13 自販機のやけに明るい「いらっしゃいませ」
2009.06.12 信号を消し去る夕陽のバックライト
2009.06.11 尻尾までバリバリ食へり海老フライ
2009.06.10 財(たから)にも材にもならず人の罪
2009.06.09 ほらビールごろんと落とす販売機
2009.06.08 手を振りて笑顔分け合ふ遊園地
2009.06.07 待機するヘリコプターの下の我
2009.06.06 リサイクル互いに相手を指差して
2009.06.05 紫陽花の日に日に色を加えけり
2009.06.04 指を吸ふ愛しき人よ愛しき指よ
2009.06.03 寂しくないと寂しい嘘をまた一つ
2009.06.02 風向きで我に届く音届かぬ音
2009.06.01 ガラス棒次々刺さる夏の雨

5月

2009.05.31 同じこと右に左にだって雨
2009.05.30 雨に濡れ石やわらかく黒くなり
2009.05.29 角砂糖角崩れれば一息に
2009.05.28 花占いスキ・キライじゃなくスキ・スキ・大スキ
2009.05.27 むしむしむし毛虫に好かれる桜かな
2009.05.26 店頭にて蝶の止まりし鉢を買ふ
2009.05.25 逃げるもずく追いかける箸酢が揺れる
2009.05.24 明けぬ夜僅かな酒に身を沈め
2009.05.23 歳食えば嘘の匂いも嗅ぎ分けて
2009.05.22 値切るのは男か女か春終わり
2009.05.21 窓開けて気まずい空気吐き出せり
2009.05.20 サラダ菜の私を食べてと誘ひけり
2009.05.19 色褪せて写真も嘘をつくらしい
2009.05.18 君想う夜のブランコきいと鳴る
2009.05.17 恋の虫ルールブックを書き変えて
2009.05.16 上塗りをすればするほどばれる嘘
2009.05.15 紫陽花やあなたの雨で咲いてみる
2009.05.14 待ちわびて小さくなったゴム風船
2009.05.13 赤信号クルマは来ないが子が見てる
2009.05.12 軸ぶれて夏の転がる皐月かな
2009.05.11 アイスピックもう血も涙も出ませんよ
2009.05.10 窓開けて鼻をくすぐる新芽の香
2009.05.09 打ち叩き千切って流れる夏の雨
2009.05.08 絡まりて柳の君に風の我
2009.05.07 雨しみてやわらかくなる春の土
2009.05.06 葱坊主俺が俺がと背比べ
2009.05.05 春逝きてみなそれぞれの汗をかき
2009.05.04 骨になる人はだれしもいつの日か
2009.05.03 ふかふかと元気取り戻す布団干し
2009.05.02 北風より太陽が好きコート脱ぐ
2009.05.01 愛のうた一人流して深夜便

4月

2009.04.30 口に運ぶはずがぽとりと茶に梅干
2009.04.29 健やかな赤子が赤字に見える春
2009.04.28 あの人もこの人も好き春爛漫
2009.04.27 大あくびすれば涙のひとつふたつ
2009.04.26 紅ぬぐいただの人となる女かな
2009.04.25 そっぽ向く芋と人参なべの中
2009.04.24 愛したというカタチなしコトのあり
2009.04.23 更地ゆえまんべんなく射す西日かな
2009.04.22 カラスにはカラスの生き方雨に舞ふ
2009.04.21 噛みぬきて味なきガムをまた噛んで
2009.04.20 少しでも空の近くへガラス拭き
2009.04.19 忘れたいことは忘れない不器用者
2009.04.18 水立ちて泣き水戻りて涙かな
2009.04.17 カーテンのひとり遊びよ我も入れて
2009.04.16 ひとつだけ時間の止まるペアウォッチ
2009.04.15 点なのか線となるのか我の涙
2009.04.14 おたまじゃくしぐちゃっと並びて名演奏
2009.04.13 のののののねこはみんなでまるくなり
2009.04.12 新築のマンション光はぽつっぽつっ
2009.04.11 一人一人並んで歩けど一人かな
2009.04.10 だれからもきらわれないようなわれがきらい
2009.04.09 青ススメ赤はトマレ、いやトマト
2009.04.08 桜色の空の下我生まれたり
2009.04.07 クレーンの啄ばむ夢の藻屑かな
2009.04.06 それぞれの朝をつぶやく鳥の群れ
2009.04.05 屋根裏を鼠の走る春来たり
2009.04.04 Tシャツとコートとダウンのある花見
2009.04.03 春の風スカートめくる常習犯
2009.04.02 春雷や空もお腹もひと下し
2009.04.01 散り際の難しきこと花の夜

3月

2009.03.31 花びらの舞い込む朝はシャンパンを
2009.03.30 ふくらんでちぢんで春のいぶきかな
2009.03.29 ぽたぽたと黒い涙を落とす珈琲
2009.03.28 人の熱集めて開く桜かな
2009.03.27 おひさまのようなメールきみからの
2009.03.26 ちんちらちん囲炉裏恋しや戻り冬
2009.03.25 バス停の列の冷え込み黙り込み
2009.03.24 春の宵一人で見たしキスシーン
2009.03.23 強そうに見えし肉付き脆き骨
2009.03.22 やわらかき土踏みしめて春を行く
2009.03.21 春の陽に溶けてあくびのひとつふたつ
2009.03.20 雪解けの水に流そう腐れ縁
2009.03.19 西日射すビルの隙間をこじあけて
2009.03.18 舟を捨て海を眺むる漁師かな
2009.03.17 次に咲くときは彼の地を満開に
2009.03.16 風の後スイと開ける空と海
2009.03.15 風の後花びら踏み踏み花を撮る
2009.03.14 傍らに残れる失意春遠し
2009.03.13 よるべなき思いのゆくえ春の月
2009.03.12 温き席みな詰め合ひてさらに温し
2009.03.11 早咲きの桜の写真くれるひと
2009.03.10 うらみごとならべてぽんと腹に入れ
2009.03.09 偶然を望みて待てり春の駅
2009.03.08 ふくよかな猫居座りし店の前
2009.03.07 流れ出す悲しき歌に耳閉じる
2009.03.06 幸せの赤く実りてミニトマト
2009.03.05 蝋梅のうつむきて咲く春の陰
2009.03.04 頬を打つ風よお前も冷たい奴
2009.03.03 雛揃えその日を待てり子の寝顔
2009.03.02 飛び跳ねる子達を避けて群れる鳩
2009.03.01 白肌をさらして競ふ葱の束

2月

2009.02.28 春の雪ワイングラスに涙落つ
2009.02.27 蜜柑のみぽつんと光る一人の部屋
2009.02.26 信じたい冬のとなりに春ありと
2009.02.25 ぴしぱしと椿の葉っぱ雨はじく
2009.02.24 春寒やもいちど逢いたい人の数
2009.02.23 つまらぬこと一つ一つに針立ちぬ
2009.02.22 息災に眠れる夜のありがたさ
2009.02.21 エコバッグ一人飛び出す白い葱
2009.02.20 帰り着く泣きそうで泣かない空の下
2009.02.19 鮟鱇も業も煮えればとろとろに
2009.02.18 また一日人生を欠くまた一日
2009.02.17 おたふくもふしめふしめは鬼となり
2009.02.16 春の花咲く頃散れり寒椿
2009.02.15 もぞもぞと虫も這い出すバレンタインデー
2009.02.14 閉ざされし腕の中からほーほけきょ
2009.02.13 火を放てば一気に燃える枯れ野原
2009.02.12 首落とししばし地に咲く赤椿
2009.02.11 鷲掴みにしたき衝動冬の陽を
2009.02.10 商談は笑談でいこう福は内
2009.02.09 向かい風追い風にして歩き出す
2009.02.08 よく笑ひ笑ひて絶えたし冬の暮れ
2009.02.07 グーからチョキパーになったら春だねぇ
2009.02.06 ほかほかのアスファルト踏むねたねたと
2009.02.05 炙られし烏賊寝返りを打ちて逝く
2009.02.04 鬼になり追い払いたし悪い風
2009.02.03 ぐいぐいと日を飲み込める西の雲
2009.02.02 日の当たる道を求めて散歩かな
2009.02.01 たそがれどきあなたはだれと夢に問ふ

1月

2009.01.31 ひとつふたつみっついっぱい雨の数
2009.01.30 来世などいらぬ今を生きたいの
2009.01.29 泣くほどに身の重くなる涙の怪
2009.01.28 事実のみきちんと伝えよアナウンサー
2009.01.27 寂しさは流れて行かない夜寒かな
2009.01.26 雨だぁだぁこの世を一歩はみ出さん
2009.01.25 夢を見るケモノ心を眠らせて
2009.01.24 いつの日か息絶えるらし恋心
2009.01.23 体内の冷たく湿る冬の雨
2009.01.22 腕枕寝返り打つも許可を得て
2009.01.21 記憶とは違う記録の中の君
2009.01.20 雨上がり寒さ一服霧立ちぬ
2009.01.19 君沈めぐらぐら煮立つ火鍋かな
2009.01.18 胸の内からっぽにして空を吸う
2009.01.17 泣き止まぬ子をあやしてる道化かな
2009.01.16 冷たさや前後左右よりぴぃぷぅぱぁ
2009.01.15 地下鉄に吸い込まれてく肩・肩・肩
2009.01.14 キャッチして身震いしてる我がケータイ
2009.01.13 寒がりや日向を選び歩く猫
2009.01.12 振り上げしもの下ろせずに夜踊る
2009.01.11 白鳥の一人浮かびし夜の壕
2009.01.10 風雨ありなしにかかわらず配達人
2009.01.09 生きている証し届けし年賀状
2009.01.08 詰め放題ドアが閉まれば一丁あがり
2009.01.07 目を離した隙にストンと陽の消える
2009.01.06 タイミングずれて乗り降り初出勤
2009.01.05 はや四日魔法の解ける時近し
2009.01.04 秋桜立つ花びら一枚ちぎれても
2009.01.03 空っぽの箱積み上げしジャングルジム
2009.01.02 流れ着く雲のひとつふたつかな
2009.01.01 年明けの汽笛ぼぼーっと無邪気なり