ikku 2013 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2013

2013年

月をクリックすると開きます。

12月

2013.12.31 ねんごろに洗い流して年の暮れ
2013.12.30 「会いたい」の文字行き来してまた一年
2013.12.29 ばちんばちんキミとの間に静電気
2013.12.28 不平不満熱燗にして飲み干して
2013.12.27 後にしようと言ってるうちに日が暮れる
2013.12.26 アイタイがアタマイタイになるゆうべ
2013.12.25 聞きわけのいい女なんて捨てちまえ
2013.12.24 ふゆといえばふっくらまるまるヤバイカタチ
2013.12.23 山茶花の咲いて耐えて散るさだめかな
2013.12.22 十一年ときおり拗ねる湯沸かし器
2013.12.21 待ち合いにひとりぼっちの冬帽子
2013.12.20 憎々し憎しと思ふ男よし
2013.12.19 痛みには強く優しさに弱いやつ
2013.12.18 生き物のにおい消し去る寒波かな
2013.12.17 何気なく頬を噛んでは血の匂い
2013.12.16 うらおもて見せて枯葉の舞い降りぬ
2013.12.15 後ろ髪ひかれる富士のシルエット
2013.12.14 夜明け前光の音はまっすぐに
2013.12.13 黒猫の影に隠れてひとり鳴き
2013.12.12 受け月の器こぼれる想いかな
2013.12.11 雨上がり黄色い絨毯踏みしめて
2013.12.10 できるだけ日向を歩く冬の朝
2013.12.09 真っ裸になりて冬木の潔し
2013.12.08 鍋はある鴨でも葱でもどんと来い
2013.12.07 文句言う人に限って代案なし
2013.12.06 くず米やふっくら雀よ降りて来い
2013.12.05 掃き清められた歩道に枯葉散る
2013.12.04 冬眠を求める身体に鞭打って
2013.12.03 からみ合いもつれ合うまま枯れる蔦
2013.12.02 ひとつひとつ想いの重さ知る師走
2013.12.01 美しきくぼみふくらみそれも好き

11月

2013.11.30 こわばりをときほぐしつつ初逢瀬
2013.11.29 ささくれの指ささくれの心かな
2013.11.28 とりどりの落ち葉集めて山ひとつ
2013.11.27 額縁にちっちゃな秋とはみ出す秋
2013.11.26 サイレンに吸い寄せられし人の耳
2013.11.25 拾ふ価値ありやなしやの五円玉
2013.11.24 枯れぬ花老いぬマネキンごみ捨て場
2013.11.23 香る秋写真の中に閉じ込めて
2013.11.22 かじられた痛みでさらに光る月
2013.11.21 背に受ける夕陽のぬくもり抱きしめたい
2013.11.20 赤いマフラー邪気追い払い幸を呼ぶ
2013.11.19 気づく人ないまま切った髪寒し
2013.11.18 逢えばまた逢えない時間が悲しくて
2013.11.17 扉開けるも少しだけ冬籠り
2013.11.16 蜘蛛の糸みんなどこかでつながって
2013.11.15 月の照るほどに冷たき指の先
2013.11.14 語り合ふ時もてぬまま秋去りぬ
2013.11.13 起き抜けにマンゴーアイス食べたい朝
2013.11.12 ナンパ道今ではすっかりジジババ道
2013.11.11 恋なくしピアスの穴も消えてった
2013.11.10 紅さしてハッと目覚める女の顔
2013.11.09 冬支度十年湯沸かし拗ねはじめ
2013.11.08 冬立ちぬ月の顔色うかがひて
2013.11.07 やいばむく月よ今宵は誰の元へ
2013.11.06 トントトン階段降りて逢いに行く
2013.11.05 鍵盤を残らず叩く雨の音符
2013.11.04 肩をポン強き弾みに知る若さ
2013.11.03 糸と糸つないで結んでかたくかたく
2013.11.02 ひとつふたつコト重なれば縁ありや
2013.11.01 何でもない何でもないけど心がくしゅん

10月

2013.10.31 助けてと言えてなんぼの仲間かな
2013.10.30 気がつけばいつも夕暮れ君が居ない
2013.10.29 ずりずりとこんこん増えて秋本番
2013.10.28 天高し揺れるあいつにダイビング
2013.10.27 おつかれさま夏の洋服しまい込む
2013.10.26 胸苦し揺れも歪みも受け止めて
2013.10.25 風に沿い風に逆らいカモメ飛ぶ
2013.10.24 ひらがなのやさいやさしき人の匂い
2013.10.23 ピンボケの月もまた良し秋の宵
2013.10.22 「大器晩成」言えば喜ぶ客のあり
2013.10.21 雲のなか置いてきぼりのラブレター
2013.10.20 花散ればしっかり根を張る時かなと
2013.10.19 地下鉄の車窓にのっぺり顔の過去
2013.10.18 虫の音もひそむ二人の息遣い
2013.10.17 生き物のようにうねりて風が行く
2013.10.16 卵茹でわざと強火でパンク待ち
2013.10.15 ひとことが言えずするする日の落ちる
2013.10.14 ポンと押すあきらめきれぬ夏の背を
2013.10.13 三次元の雲もまったり秋の空
2013.10.12 泣き顔は鏡の奥に閉じ込めて
2013.10.11 それぞれの想い出抱いて聴くユーミン
2013.10.10 強がりの逢えない時間も好きと言い
2013.10.09 尖っても触れる指なき乳房かな
2013.10.08 むしられて羽をなくした鳥の涙
2013.10.07 寄り添ったココロ引っ剥がすタイムリミット
2013.10.06 何もかも水に流すには足らぬ雨
2013.10.05 ツユクサの濡れ濡れるほど青々し
2013.10.04 ひとりごとなら許されるアイシテル
2013.10.03 知らんぷりするのも苦しハローアゲイン
2013.10.02 箸置きは疲れた箸の帰り待つ
2013.10.01 「ご無沙汰」の代わりに「今も好き?」と書く

9月

2013.09.30 パンケーキ三枚重ねじょきじょきじょき
2013.09.29 一人きり泣くならまぶた閉じた裏で
2013.09.28 葉先より赤らむ私許してね
2013.09.27 鬼瓦たまには口を半開き
2013.09.26 水玉のレンズに君を閉じ込めて
2013.09.25 かじられていびつになりし秋の月
2013.09.24 電池入れ取り戻すのさ笑い声
2013.09.23 キラキラの鱗剥がせばただの人
2013.09.22 悩みごと枕にのせりゃ沈みこむ
2013.09.21 恋花火とうとう球も底をつき
2013.09.20 射ぬくには今夜が一番フルムーン
2013.09.19 彼岸花あの世で逢おうと揺れながら
2013.09.18 ヨルガオのねじれほどける日暮れかな
2013.09.17 風過ぎて夜もさやさやと虫の声
2013.09.16 まだ居たか網戸に蝉の体当たり
2013.09.15 落下傘ゆるゆる降りて恋花火
2013.09.14 おろおろと首をふりふり扇風機
2013.09.13 9841とか3341とかの合言葉
2013.09.12 気づいても認めたくないピークアウト
2013.09.11 破れそうな歴史の折り目にテーピング
2013.09.10 ひまわりの花こっくりここっくりこ
2013.09.09 巨岩ありどついてダメならツンツンツン
2013.09.08 雨雲のキラリと光る九月かな
2013.09.07 夜のバス途切れ途切れの記憶かな
2013.09.06 一滴の水も漏らさぬ月無夜
2013.09.05 遠雷の音をベースに虫の声
2013.09.04 冷房にやられし喉にレモネード
2013.09.03 虫の声ぴたりと止みて何ぞ来る
2013.09.02 袋かぶり眠れ良い子の葡萄たち
2013.09.01 終わりたくない意地見せる残酷暑

8月

2013.08.31 次々と怒りをためて太る腹
2013.08.30 幸せと思うが勝ちさ人生は
2013.08.29 お互いに連絡待ちのデッドロック
2013.08.28 ふれることなき夏がゆく夏がゆく
2013.08.27 届かない空の高さも君の背も
2013.08.26 夏の暮れ水の扉をこじあけて
2013.08.25 熟れすぎた果実ぷにっと指を入れ
2013.08.24 この道は雨と雷の好きな道
2013.08.23 所有から外れて泳ぐ身体かな
2013.08.22 黒灰茶いつも残りし折紙セット
2013.08.21 お布団のくぼみならして迎える夜
2013.08.20 ふわふわと光集めて猫じゃらし
2013.08.19 水打てばじわっと立てる湯気の道
2013.08.18 きゅうり揉みもりもり食ひてやや飽きて
2013.08.17 ミンミンとジジジの輪唱合唱団
2013.08.16 蚊を叩き潰せば我の血の匂い
2013.08.15 チューニングするように抱く人のあり
2013.08.14 さらさらと時が溶けてく夢の中
2013.08.13 色褪せた朝顔のような寝起きかな
2013.08.12 全身を震わせて鳴くセミ・セミ・セミ
2013.08.11 ぽっかぽか夏のプールも温泉も
2013.08.10 マネキンの首の睨みし青田かな
2013.08.09 壁にバーン熱暴走か蝉の君
2013.08.08 狭き道さっと日傘を譲り合ひ
2013.08.07 涙腺が壊れたみたい夏の空
2013.08.06 猛犬も猛者も眠る猛暑かな
2013.08.05 手も足もぐんと伸ばして夢のお湯
2013.08.04 地下鉄の床をコロコロ逃げる西瓜
2013.08.03 何事もなかったように二三言
2013.08.02 お地蔵さん今日も変わらぬ笑み浮かべ
2013.08.01 キーンと来るたびに後悔かき氷

7月

2013.07.31 涼風においでおいでと窓開ける
2013.07.30 暑いねぇ影を並べて行く二人
2013.07.29 腹立てたほうが損そんな日もある
2013.07.28 感覚の戻る指先タタンタタン
2013.07.27 メガネかけたまま眠ってた午前四時
2013.07.26 熟れた桃すべってころんで痣だらけ
2013.07.25 泣きたいならミストサウナに行って泣こう
2013.07.24 張り付いた湿り気払う団扇かな
2013.07.23 夕立の窓洗うほど降りはせず
2013.07.22 蝉が鳴く申し合わせたように鳴く
2013.07.21 行く人を一票二票と数えけり
2013.07.20 君と同じ夜を行くのに傘ひとつ
2013.07.19 夏夕べうんちくよりもアイスクリーム
2013.07.18 着信音かわいく鳴りてとるオッチャン
2013.07.17 遠い日の私に会える野道かな
2013.07.16 束ね髪ほどきてのぞむ夏の宵
2013.07.15 雷は行ったよぴーちくぱーちくなう
2013.07.14 よたよたと鳩の歩みものろいかな
2013.07.13 時が飛ぶ次へ次へと夢が飛ぶ
2013.07.12 水たまり映りし恋もさっと消え
2013.07.11 ぷーんという音を頼りに蚊と格闘
2013.07.10 ことば選ぶごと残酷になる夕べ
2013.07.09 ソフトクリーム我より先に溶け始める
2013.07.08 真っ白なシャツにほんのり赤ワイン
2013.07.07 呼ばれればざぶんと返す夏の海
2013.07.06 雨押して橋の向こうに君がいる
2013.07.05 結び目を解いて結んでまた明日
2013.07.04 両腕でガシッと抱くホッチキス
2013.07.03 頭打つ雨をずしりと受け止めて
2013.07.02 雨だれのそっと心にはね返り
2013.07.01 人知れず水槽の中金魚泣く

6月

2013.06.30 夜深し蛇に抱かれし我も蛇
2013.06.29 傾きて遠くを望む仏かな
2013.06.28 つぶやきはひとり芝居の玉手箱
2013.06.27 ほめられて最後に残るリンゴかな
2013.06.26 あやとりのからみからめて君との夏
2013.06.25 胸板を撫でてひととき眠りたし
2013.06.24 同い年歩んだ道は違えども
2013.06.23 シャワーヘッドいやよいやよとそっぽ向く
2013.06.22 立ち入るなコーンすり抜け猫が行く
2013.06.21 濡れた道てかてか光るつると滑る
2013.06.20 ほおずきに息吹き込みてミニ提灯
2013.06.19 むかつきを腹でとどめて深呼吸
2013.06.18 水溢れ溺れる朝の目覚めかな
2013.06.17 はらはらと外れて落ちて夏レタス
2013.06.16 ど真ん中割れて割り箸にっこりと
2013.06.15 雨上がり夜風に頬を叩かれて
2013.06.14 夜明け前しっぽり濡れて花青し
2013.06.13 乳の香をあたりに散らし泣く赤子
2013.06.12 次々と開いて濡れて傘の花
2013.06.11 世を非難するだけの人世に要らず
2013.06.10 目に黒を入れればキリリッ勝ち達磨
2013.06.09 目の合ひて俺を食ふかと鮪のカマ
2013.06.08 つないだ手の指の先までおしゃべりさん
2013.06.07 枯れること許されぬまま水中花
2013.06.06 アボガドのにゅるっと匂ふサラダかな
2013.06.05 その玉は取れそうで取れないラムネの恋
2013.06.04 知らせあり心がホッと呼吸する
2013.06.03 黒カビのじわりじわりと陣地取り
2013.06.02 まんまるに咲いてぽんぽん手鞠かな
2013.06.01 傷付けぬよう切り詰めた爪痛し

5月

2013.05.31 きれいごと並べる壁に落書きを
2013.05.30 草むらに灯し灯され恋蛍
2013.05.29 ぽつぽつとしずくこぼして雲去りぬ
2013.05.28 うーんうーん蚊のつきまとうエレベーター
2013.05.27 満月の空をゆっくり転がりぬ
2013.05.26 狛犬のにらみ合うのも疲れるね
2013.05.25 ひぃふぅみぃネタを拾ひて食ふおでん
2013.05.24 鳴き始む蛙に我も声合わせ
2013.05.23 飯にぎりにぎりて試す団結力
2013.05.22 そら豆の皮から取り出す本音かな
2013.05.21 にこやかに雨を迎える青紫陽花
2013.05.20 かさこそとないしょばなしの葉ずれかな
2013.05.19 穴大きく大きくなりて脱げぬ靴
2013.05.18 浴槽に眠れる如く君の棺
2013.05.17 ぽつりぽつり話す言葉と雨しずく
2013.05.16 がぶがぶと水を飲み込む野生かな
2013.05.15 あと半分旅立ちを待つ綿毛かな
2013.05.14 雨ぱらら匂う天土生っぽく
2013.05.13 風強しひとりぼっちのイヤリング
2013.05.12 火加減の調節されてカーネーション
2013.05.11 ティラミスの甘さ苦さの絡み合い
2013.05.10 扉の前進めど開かぬ非自動ドア
2013.05.09 波打ち際ギリギリギリを歩いてる
2013.05.08 凛とした青のたたずむ菖蒲池
2013.05.07 お散歩の列太くなり細くなり
2013.05.06 小鳥鳴く朝目を閉じてひと眠り
2013.05.05 元気とは君が居るとか居ないとか
2013.05.04 死にゆくもの生まれくるもの世のめぐり
2013.05.03 夜ひとり珈琲ぽたぽた涙ぽたぽた
2013.05.02 赤い縄ぎっしり糸をねじ込んで
2013.05.01 傘開けば止み閉じれば降る春の雨

4月

2013.04.30 雪吊りを解けばぐぐーんとストレッチ
2013.04.29 うねらせた幹にみっちり蔦絡まる
2013.04.28 子守歌歌い手先に眠りけり
2013.04.27 おしゃべりに花が咲いている春の雲
2013.04.26 春の陽に食ひ尽くさるる女かな
2013.04.25 浮き上がれば消えてしまう炭酸の泡
2013.04.24 店頭にラスト一個のショートケーキ
2013.04.23 諍いも交わりもなし春哀し
2013.04.22 傷が傷を癒すこともあり春の宵
2013.04.21 雲びっしり絵を描きたいなケチャップで
2013.04.20 膨らんだ愛の中身を棚卸し
2013.04.19 スカートはタイトに限る春嵐
2013.04.18 花びらを纏ひて風の過ぎにけり
2013.04.17 うねる風うねうねうねる鯉のぼり
2013.04.16 ブランコを揺らせば自分に風が吹く
2013.04.15 緩ませたねじ締め直す月曜日
2013.04.14 手に載せた釣銭ひんやり春の宵
2013.04.13 運命の波のまにまに花一輪
2013.04.12 今何時?そこから始まる詐欺がある
2013.04.11 提灯や花に代わりてパッと咲き
2013.04.10 風パワー重き扉も軽々と
2013.04.09 風音に負けじと唸る春の猫
2013.04.08 ブランコを思い思いに揺らす風
2013.04.07 抗う花の息の根止める春台風
2013.04.06 空低く広がる生の匂いかな
2013.04.05 うそつきはいけないだからやめられない
2013.04.04 花散らし少し身軽になった枝
2013.04.03 首落とし上目づかいの椿かな
2013.04.02 帯解くようにくるくるリンゴ剥き
2013.04.01 雪降りて白鳥戻る五十嵐川

3月

2013.03.31 また降りて残雪さらに美しく
2013.03.30 弥生月散るならいっそひと思いに
2013.03.29 春かすみ鼻をくすぐる罪なやつ
2013.03.28 花散るをぐっととどめし氷雨かな
2013.03.27 肩にのる花びら一枚土産かな
2013.03.26 首重し背のちぢむことちぢむこと
2013.03.25 世の中が悪いと言うに幸は来ず
2013.03.24 持て余すことなく明ける春夜かな
2013.03.23 鼻つまみ高く高くはならないな
2013.03.22 左から右右から左へと心
2013.03.21 何を期待するでもなしでももしかしたら
2013.03.20 ちょっとだけ許せぜいたく春だもの
2013.03.19 ぷっつりと弦を切らして想ふ君
2013.03.18 幸せは歩いてこない走り去る
2013.03.17 じわじわと枝の下がりて桜咲く
2013.03.16 振り向けば崖かもしれぬ春の宵
2013.03.15 思うようにならぬ一日すするうどん
2013.03.14 願掛けし我に寄り添ふちょこれいと
2013.03.13 ぽっぽっぽっ薄暮に咲く春灯り
2013.03.12 目尻の皺一つ二つ三つ朝は嫌い
2013.03.11 地を絡め巻き上げ落とす春さくらん
2013.03.10 愚痴ばかり語るその口曲がりけり
2013.03.09 春近し残れる雪のミルフィーユ
2013.03.08 レモネード恋の甘さと酸っぱさと
2013.03.07 大枝の気持ち下がりて春近し
2013.03.06 押入れの奥にしまひし眠り雛
2013.03.05 病むほどに恋する我も女かな
2013.03.04 肉団子加えひたひた白菜煮
2013.03.03 一歩目は怖い下りのエスカレーター
2013.03.02 おとなりを互いにツンツンさくらんぼ
2013.03.01 春風のチャリンコ押して背を押して

2月

2013.02.28 かすていら底のざらめがうまいのう
2013.02.27 黒髪の巻ひて巻かれて夜深し
2013.02.26 寒くとも心の扉開けて待つ
2013.02.25 月光を浴びて凍てつく水面かな
2013.02.24 ゾウ・キリン・ライオン…空の動物園
2013.02.23 ころんころん水転がりて春の音
2013.02.22 空腹に雪でも食らえと降るるるるぅ
2013.02.21 かなしくとも恋を守らん星月夜
2013.02.20 夜が明ける前に眠ろう夜ふくろう
2013.02.19 冬の川途切れ途切れに光る水
2013.02.18 「好き」「嫌い」数比べれば「好き」の勝ち
2013.02.17 ぴぃぷぅぱぁ月の光も凍りそう
2013.02.16 妄想は自由に飛び交う揚羽蝶
2013.02.15 とけだした心かためてまた明日
2013.02.14 三日月の刃闇夜を傷つけて
2013.02.13 そばにいてくれさえすればたぶんしあわせ
2013.02.12 袋から飛び出す葱の白タイツ
2013.02.11 もう少し命乞いして恋をして
2013.02.10 すかすかの木にもぷくぷく春宿る
2013.02.09 落ちる日に引き裂かれてく胸の内
2013.02.08 埋まらないパズル二人で埋め合わせ
2013.02.07 手を揃え水の出るのを待つ女
2013.02.06 天気予報雪が降るより雪だるま
2013.02.05 ふと重し二の腕ぷよよんん春近し
2013.02.04 物食うもしゃべるもキスもその唇
2013.02.03 ありのまま映す鏡に八つ当たり
2013.02.02 一人歩き冬の星座をにじませて
2013.02.01 ゴミ出しをじっと見張っているカラス

1月

2013.01.31 歩くほど星が増えてく大きくなる
2013.01.30 ツンと立つ二つの乳房君に向く
2013.01.29 シュレッダーの紙はオフィスの雪となり
2013.01.28 髪を引く深き水底ぐいぐいと
2013.01.27 しゃきしゃきと並べる嘘の葉の青し
2013.01.26 とろとろと溶ける雪みたいこの恋は
2013.01.25 触れた手を離したくないでもまずい
2013.01.24 一歩二歩三歩遅れて君を追う
2013.01.23 ピリオドが怖くて告げぬ冬の恋
2013.01.22 すり切れぬよう少しずつねじ巻き人形
2013.01.21 連なりしお新香みんな仲良しだ
2013.01.20 受験・鬼・バレンタインの売り場かな
2013.01.19 君の腕に収まりきる私になりたい
2013.01.18 きっと君と掛け算したら面白い
2013.01.17 頬杖はあなたへのサイン寂しくて
2013.01.16 あいまいにしておくのも手冷たい手
2013.01.15 傷つきてほわと広がる鉄のにおい
2013.01.14 連休の君に会えない日の続く
2013.01.13 口開けて誰を呼ぶのかめざしくん
2013.01.12 ぱちんぱちんほっぺに気合いを入れる朝
2013.01.11 ここだけの話はここそこあそこにも
2013.01.10 とぐろ巻く赤へびを生むりんご剥き
2013.01.09 ランドセル小さく見える六年生
2013.01.08 真夜中の恋に珈琲似合いすぎ
2013.01.07 どんと立つ逆さ箒の大銀杏
2013.01.06 無理をするべきかどうかと試着室
2013.01.05 ポテチ踏むようにさくさく枯葉道
2013.01.04 異なものも温めてくれる炬燵かな
2013.01.03 初夢や心に宿る蛇うねる
2013.01.02 ふかふかの布団に宿る夢尊し
2013.01.01 去年今年曲がり曲がれど芯強し