印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2019

2019.02.17


泥葱の匂う売り場をゆっくりと

千早都

2019年

月をクリックすると開きます。

12月

11月

10月

9月

8月

7月

6月

5月

4月

3月

2月

2019.02.17 泥葱の匂う売り場をゆっくりと
2019.02.16 雪が降るあなたは来ると信じてる
2019.02.15 水底でじっと肩寄せ寒の鯉
2019.02.14 水槽から跳ねて飛び出しゃ水がない
2019.02.13 無灯火の自転車ビュンと脇を過ぎ
2019.02.12 近すぎて見えないものが増える歳
2019.02.11 どっしりと白菜の尻並びけり
2019.02.10 寒雀まるくまあるく膨らめり
2019.02.09 弁当もパンの売れ飛ぶ雪予報
2019.02.08 大口を閉じられぬまま吊し鮟鱇
2019.02.07 乗り込む人入りきるのか我の身も
2019.02.06 皆の富士パシャパシャ並ぶSNS
2019.02.05 まんじゅうに美男美女ありエイと取る
2019.02.04 くちびるがふっと開いて恋が咲く
2019.02.03 細くとも確かなつながり糸電話
2019.02.02 集う人のぬくもり感じるカウンター
2019.02.01 久しぶり空気ゆるみて匂う雨

1月

2019.01.31 トラブルがトラブルを呼ぶ雪予報
2019.01.30 一個ずつ食器並べるひとりごはん
2019.01.29 生き急ぐ未来は過去より短くて
2019.01.28 信頼は積み上げプラス絡み合い
2019.01.27 心から楽しむときはひとりかふたり
2019.01.26 雪騒ぎひょっこり現わる白うさぎ
2019.01.25 羽織るもの慌てて探す冬の朝
2019.01.24 無理をして会社に来るな皆のため
2019.01.23 さみしいと言ったら負けさ夜ひとり 
2019.01.22 軋む音顔見合わせるエレベーター
2019.01.21 大寒の月は目つぶし目くらまし
2019.01.20 クレーンのひと突きあるや寒の月
2019.01.19 布団の中着替え温める父の知恵
2019.01.18 集団から一羽離れて追い付いて
2019.01.17 お日さまに背中押されて一歩ずつ
2019.01.16 寒さゆえついつい声の尖りけり
2019.01.15 かじかんだ手にスマホ持つ危うさよ
2019.01.14 火の通り腰なき餅をぺろり吸い
2019.01.13 雪見たか?一日話題になる東京
2019.01.12 賜りし命を揺らす冬隣り
2019.01.11 起きたくない身体が拒否する午前五時
2019.01.10 踏み踏まれ落ち葉のかけら粉々に
2019.01.09 初歌い金銀咲かせて桃色吐息
2019.01.08 店じまい灯りを消せばぐっと冷え
2019.01.07 寒風やしがみつく葉を削ぎ落し
2019.01.06 春隣心に宿る恋歌う
2019.01.05 年明けの山高くなりゴミ収集
2019.01.04 雑煮食う三日が終わり白ごはん
2019.01.03 初春や行き交う人の口ゆるむ
2019.01.02 我らみな時の旅人陽を浴びて
2019.01.01 平成の夢よ目覚めよ次の世へ