印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2019

2019.11.17

現代の宝探しだ百均は

千早都

2019年

月をクリックすると開きます。

12月

11月

2019.11.17 現代の宝探しだ百均は
2019.11.16 0番線ホームへスタスタ京の秋
2019.11.15 ストレスのほど良き日々に光あり
2019.11.14 黒服のずらりと並ぶおにぎり棚
2019.11.13 丸い月ススキの中の恋照らす
2019.11.12 もう一度君に恋せん満つる月
2019.11.11 ぬくもりがふと恋しくて秋日和
2019.11.10 布団の中気持ち良いねと秋の朝
2019.11.09 背に日差し受けてぬくぬく冬立ちぬ
2019.11.08 雲の向こうときおり滲む秋の月
2019.11.07 刃向かうな守れと諭す自然かな
2019.11.06 内緒話ほんのり漏れて秋の宵
2019.11.05 待つ時間も幸せでした青い空
2019.11.04 何あれど母は母なり子は子なり
2019.11.03 息吸えばキリリと冷えるマイハート
2019.11.02 振り上げたこぶしゆるっとジャンケングー
2019.11.01 煮詰まった夢にうなされ午前五時

10月

2019.10.31 寝不足の目に寄り添うもみじかな
2019.10.30 本編の始まる前の闇暗し
2019.10.29 シャッターのがらがら上がる日の出前
2019.10.28 叩いても笑うばかりのかぼちゃかな
2019.10.27 天使なり赤子の顔の陽に透けて
2019.10.26 珈琲のみるみる冷める秋の夜
2019.10.25 抜け漏れにヒヤリハットの増える秋
2019.10.24 雄弁に変わる口もと紅差せば
2019.10.23 令和の世虹をかけるやアマテラス
2019.10.22 人間のおごりも流し尽くす雨
2019.10.21 沸き立つゲームつなぎつないでノーサイド
2019.10.20 好きをひとつ増やして眠る秋の宵
2019.10.19 蜘蛛は知る雨の来る位置来ない位置
2019.10.18 押せど引けど動かぬ習い風を蹴る
2019.10.17 駆け抜けてしまえ君への薄氷
2019.10.16 見て見てと皆でシェアする空燃えて
2019.10.15 向こう岸呼んでないよとご先祖さま
2019.10.14 負けという選択肢はない勝ちの価値
2019.10.13 雨打ちてキレイになった窓ガラス
2019.10.12 思い出す悲しい場面早送り
2019.10.11 ドトールなら別れ話もさらっとな
2019.10.10 笑うほど強くなれるよ君も僕も
2019.10.09 不揃いのペディキュアばかり秋の風
2019.10.08 薔薇の花寄れば棘さす美しさ
2019.10.07 粗い雨細かい雨と打ちにけり
2019.10.06 壁薄しぐっと堪えてピアニシモ
2019.10.05 太るねと言いつつ我の芋焼けた
2019.10.04 一本釣りしてみる遠い記憶かな
2019.10.03 寝苦しや厚み増す増す虫の声
2019.10.02 涼風に心許して歩く秋
2019.10.01 消えてった胸の谷間にペンダント

9月

2019.09.30 黒さびがじわじわ増える空模様
2019.09.29 うろこ雲生きるも死ぬも紙一重
2019.09.28 ぼそぼそとつぶやいている線香花火
2019.09.27 手をにぎる何をつかむでもなくにぎる
2019.09.26 濡れ髪をゆるりと梳いて風の指
2019.09.25 サンドレス一枚羽織り一人旅
2019.09.24 夏過ぎてプツッと止まる扇風機
2019.09.23 美味しいな秋のアイスは匙舐めて
2019.09.22 よく泣くね泣く子は育ち五十過ぎ
2019.09.21 車窓一つ隔て手を振り合う乙女
2019.09.20 味わえる珈琲濃いめ秋の朝
2019.09.19 ひぐらしのそうろり鳴きて鳴き止みて
2019.09.18 白魚の目は見ないフリいただきます
2019.09.17 向日葵のこくりこくりと頷けり
2019.09.16 サラサラのカレーも好きよあなたもね
2019.09.15 秋晴れの涸れて流るる涙かな
2019.09.14 すっぽりと我包み込む虫の声
2019.09.13 店頭に寂しく並ぶスイカかな
2019.09.12 茜色ぽとりぽとりと垂らす朝
2019.09.11 平然を装う空と濁り川
2019.09.10 吹き返す熱波佇む女かな
2019.09.09 ゴーゴーゴーさっさと行って台風さん
2019.09.08 身体より心が先を歩いてる
2019.09.07 朦朧とする太陽の降る街で
2019.09.06 三つ目の夏が終わるね笑う君
2019.09.05 青柿をまだだまだだと睨む鳥
2019.09.04 段取りの悪さ補うフットワーク
2019.09.03 宿題の山は消えたか新学期
2019.09.02 冷奴角から掬う箸使い
2019.09.01 夏服干し楽しい日々が揺れている

8月

2019.08.31 ピクリともせぬ蝉並ぶ外階段
2019.08.30 耳鳴りの奥にあなたが居たような
2019.08.29 信号の変わる際まで雨宿り
2019.08.28 シャワー一つためらいがちに浴びる二人
2019.08.27 ひと晩で蜘蛛の巣びっしりサイドミラー
2019.08.26 二筋目が本物の涙かな
2019.08.25 振り返る夏の記憶はほろほろと
2019.08.24 朝はセミ夜はコオロギぎゃんぎゃ鳴き
2019.08.23 噴水のわっしょいわっしょい風担ぐ
2019.08.22 夏が行く地上は蝉の焦り鳴き
2019.08.21 白壇は君の香りか扇子舞う
2019.08.20 燃え尽きて燃え殻僅か夏の宵
2019.08.19 思い出す悲しい場面早送り
2019.08.18 手入れなき花奔放に咲き乱れ
2019.08.17 積み上がる柿の葉鮨の葉っぱかな
2019.08.16 朽ちつつもカタチを残す夏の花
2019.08.15 裏側をめくってみたき夏の寺
2019.08.14 一歩二歩いつも先行く時計かな
2019.08.13 にぎやかな露天の裏はヒンヤリと
2019.08.12 空気吸うのも苦しくて冷房室
2019.08.11 脱け殻を集める子らの夏休み
2019.08.10 空がきれいだから逝くのかキミもキミも
2019.08.09 大股で走って行こう夏の雲
2019.08.08 炎天や最短距離を進む足
2019.08.07 風鈴をチリンと鳴らす君の指
2019.08.06 人ごみの中の日傘が怖い怖い
2019.08.05 ジージーと夏は短し鳴けよ蝉
2019.08.04 ラッパ飲みできれば君も大人入り
2019.08.03 速く行く者には見えぬ端の花
2019.08.02 その背筋シャキーンと伸ばす立葵
2019.08.01 焼ける空それは鬼火か狐火か

7月

2019.07.31 食卓に毎々並ぶ夏野菜
2019.07.30 風ゆるり見ぬふり通す格子窓
2019.07.29 夜を刻む規則正しい寝息かな
2019.07.28 意識して空気吸い込み嗅ぐ匂い
2019.07.27 見えねぇよ太字は滲み細字消え
2019.07.26 半分に切って袋に収まるネギ
2019.07.25 ギラギラが少し戻りて汗タラタラ
2019.07.24 逃げろ逃げろ尻尾を捨てて行くトカゲ
2019.07.23 ときどきは私を見てと架かる虹
2019.07.22 ぐっしょりと濡れて色めく花と花
2019.07.21 息災と言えどがたつく七つほど
2019.07.20 口重し頭の中も梅雨となり
2019.07.19 雨続き広がる髪をぎゅっと結び
2019.07.18 ぴかりーんお日さましっかり浴びて行こう
2019.07.17 腹立ちはやがて悲しみ諦めに
2019.07.16 建てる音崩す音あり現場作業
2019.07.15 涙ぽろり何とは言えぬ訳探し
2019.07.14 酔うための酒はいらぬと並ぶゼロ
2019.07.13 三振の次の打席はありやなしや
2019.07.12 紫陽花の長持ちしてる雨ららら
2019.07.11 ふがいなく口開けたまま歯の治療
2019.07.10 ツーアウトあっさり行くかスリーアウト
2019.07.09 紫陽花のこぼれる青と紫と
2019.07.08 買うてえなずらりと並ぶスイカたち
2019.07.07 煮詰まった夢追いかける二度寝かな
2019.07.06 抱き寄せて骨になっても君をぎゅっと
2019.07.05 ソフトクリーム二人で一つなめなめチュッ
2019.07.04 同じ音何度もたどる三味の雨
2019.07.03 早朝よりパラソルずらり池の端
2019.07.02 風の音しかとつかんでチリリンと
2019.07.01 ふうわりとにおうくちなし夜のつゆ

6月

2019.06.30 ポポポポポいくつ言えたら飛び立てる?
2019.06.29 ぐずぐずの空ぐずぐずの声包む
2019.06.28 なぐり書きした人思うアンケート
2019.06.27 蚊よ来るなエレベーターに蚊取り線香
2019.06.26 「あの頃は幸せでした」ああ過去形
2019.06.25 四人衆仲良く一つ傘に入り
2019.06.24 今日もまた好きが増えたと手をつなぐ
2019.06.23 雨のベール何枚めくればいいのかな
2019.06.22 聞き取れぬ異国の言葉か鳥が鳴く
2019.06.21 話したくない人の居て回り道
2019.06.20 雨続く君への愛も降り続く
2019.06.19 揺れ知らず寝落ちしていた酔っ払い
2019.06.18 身を削り役目全うする消しゴム
2019.06.17 十円で買える夢あり駄菓子屋さん
2019.06.16 暑苦し漢字あらためカタカナに
2019.06.15 雨音はショパンじゃなくてベートーヴェン
2019.06.14 サクランボ今年は高いとスイカ買う
2019.06.13 エンジンの節目節目に音を変え
2019.06.12 梅雨寒にクシュン心も風邪をひく
2019.06.11 雨染みたコンクリートのおどろろん
2019.06.10 矢のように行き交うツバメ雨ザーザー
2019.06.09 あめつちのにおいにむせる梅雨の朝
2019.06.08 花柄の傘ひとりおり終電車
2019.06.07 生垣の切り揃えられ雨を待つ
2019.06.06 人生ははらはらひらひらふらふらと
2019.06.05 鋏の柄折れて指切る鋏の刃
2019.06.04 川岸にもみ合う魚のキラキラと
2019.06.03 紙コップ閉じ込めプシューッ落ちる珈琲
2019.06.02 渦潮にぐぐっと心飲み込まれ
2019.06.01 すりこめばすりこむほどに令和よし

5月

2019.05.31 地図たどるそこから始まる旅路かな
2019.05.30 常識は古き常識心して
2019.05.29 せわしげに這わせる指に雨しとど
2019.05.28 「また今度」「今度っていつや?」尖る口
2019.05.27 予定調和わかっていても欲しくなる 
2019.05.26 ヘトヘトになりて目覚める夢ドラマ
2019.05.25 新米の新米らしきツヤと味
2019.05.24 魂のたっぷたっぷと漂えり
2019.05.23 目覚ましは鳥のさえずりああねむう
2019.05.22 空席を即座に埋める若者よ
2019.05.21 途中下車前途無効かそれもよし
2019.05.20 この愛を凍結させてミックスベジ
2019.05.19 鳴り響く忘れ去られたアラーム音
2019.05.18 青き匂いぐいと立ち上がる初夏の朝
2019.05.17 歳とれば前向き過ぎるもちょうど良し
2019.05.16 スタンプはクマネコウサギイヌハート
2019.05.15 日々違えど昔ながらの月愛でる
2019.05.14 目も耳も奪われ人の動く朝
2019.05.13 近づけばもみ合う鯉の口パクパク
2019.05.12 きいきいとブランコ揺らす大人一人
2019.05.11 異常なしという異常あり初夏の揺れ
2019.05.10 クールビズひしめく令和のラッシュアワー
2019.05.09 おさんぽが悪いんじゃないあゝ無情
2019.05.08 平手打ち食らった今朝のアラーム音
2019.05.07 AIに愛をズドンと打ち込めり
2019.05.06 来る来ない花びらばかりむしる夜
2019.05.05 君を夢に呼べど出て来ぬ薄情者
2019.05.04 急募のファミス・コンビニ客多し
2019.05.03 咲き誇る地上の星はそこここに
2019.05.02 ひと山で百円どうせと言うトマト
2019.05.01  えんどう豆はじけはずんでぽろろんと

4月

2019.04.30 耕すこと忘れた土地に家が建つ
2019.04.29 君の家ビュンと過ぎてくのぞみかな
2019.04.28 きゅうきゅうと靴の鳴る鳴る休養日
2019.04.27 小刻みに歩を進めてる雨ゆえに
2019.04.26 満開になりて悔いある八重桜
2019.04.25 青のライン雨の夜道を長々と
2019.04.24 花ふぶき季節はダダダと駆け足で
2019.04.23 ツーアウト満塁なれば燃える春
2019.04.22 手をつなぐだけで心もじんわりと
2019.04.21 泣き顔は似合わないよと鏡に言う
2019.04.20 シャボン玉君を映してシャララララ
2019.04.19 金曜日眉間のしわを伸ばし伸ばし
2019.04.18 うつむいて通り過ぎてく春日差し
2019.04.17 覚えるにはちょい長すぎるマイナンバー
2019.04.16 木蓮の花びらぱらりぱらりとな
2019.04.15 風吹いて花吹雪を浴びるリアル
2019.04.14 復活の公衆電話指差す子
2019.04.13 踏まないで芝生の中のたんぽぽたち
2019.04.12 うつ伏せのスマホの光る夜の浅し
2019.04.11 ためらいつつ一歩踏み出す四月かな
2019.04.10 なごり雪平成最後の四月ゆえ
2019.04.09 にぎやかに鳥のさえずり雨上がり
2019.04.08 母からのTel一番のプレゼント
2019.04.07 耳ダンボそれって何?と平成の子  
2019.04.06 白紙から始めてみたい春ゆえに
2019.04.05 遠ざかる夢追いかける二度寝かな
2019.04.04 風呂敷を広げてばかり春の宵
2019.04.03 日が変わる今日も誰かの誕生日
2019.04.02 生き物のにおいぷぅんと四月の雨
2019.04.01 沈黙の次のセリフは決定打

3月

2019.03.31 君だけを浮かべて寝ればぐっすりと
2019.03.30 揺れている降りますランプ終バスの
2019.03.29 ありがとう目一杯咲く桜さん
2019.03.28 撮る写真まで似ていたり親子だね
2019.03.27 桜ふわぁ匂いの帯の流れけり
2019.03.26 咲いたのを次々落すメジロかな
2019.03.25 雑巾のこすりこすれど落ちぬシミ
2019.03.24 飛び立てばふり返ることなき白鳥
2019.03.23 光るメダル銀は冷たし金ぬくし
2019.03.22 春めくや声の調子もゆるやかに
2019.03.21 張り替える前の障子をずぶずぶと
2019.03.20 空渡る日の出とともに鳥の群れ
2019.03.19 五十代恋でも愛でもどんと来い
2019.03.18 一歩ずつ踏みしめながら進む秒針
2019.03.17 薄日差す後追うように薄き影
2019.03.16 寂しさは笑顔の前触れ息を吐く
2019.03.15 意に沿わぬ風も吹く吹く春ゆえに
2019.03.14 その色は茜か薄墨か日の暮れる
2019.03.13 祝いごと集う人にも幸あれと
2019.03.12 晴れた空行き交う人の頬ゆるむ
2019.03.11 降り続く今宵は雨のゴーゴーダンス
2019.03.10 「ご自由にお持ちください」並ぶ家具
2019.03.09 「かわいいね」そう言うきみもかわいいね
2019.03.08 マスクに付く紅は避けたしノーメイク
2019.03.07 止みかけの空に飛び立つ鳩の群れ
2019.03.06 「またこんど」こんどはいつ?と言えぬまま
2019.03.05 ぱんぽろん元気に跳ねる雨・雨・雨
2019.03.04 白梅の雨に打たれてぽたぽたと
2019.03.03 クレーンのくねりくねりと空を舞う
2019.03.02 突っ走るスマホ片手のチャリ怖し
2019.03.01 君は来る光の束を携えて

2月

2019.02.28 首から下すっぽり湯に抱かれし風呂
2019.02.27 海風に行きつ戻りつ飛ぶかもめ
2019.02.26 坂をのぼるつもりがいつしかくだり坂
2019.02.25 もうそこまで来ている春のあと一歩
2019.02.24 レコードのキズで飛ばせる記憶かな
2019.02.23 並びいる石も転がる春嵐
2019.02.22 切れかけた心なでなで春の風
2019.02.21 命あるもの愛おしや春の雨
2019.02.20 寝ちゃダメだ言い聞かせてるあとひと駅
2019.02.19 スーパームーン君との距離も最接近
2019.02.18 春めくや朝な夕なに猫の声
2019.02.17 泥葱の匂う売り場をゆっくりと
2019.02.16 雪が降るあなたは来ると信じてる
2019.02.15 水底でじっと肩寄せ寒の鯉
2019.02.14 水槽から跳ねて飛び出しゃ水がない
2019.02.13 無灯火の自転車ビュンと脇を過ぎ
2019.02.12 近すぎて見えないものが増える歳
2019.02.11 どっしりと白菜の尻並びけり
2019.02.10 寒雀まるくまあるく膨らめり
2019.02.09 弁当もパンの売れ飛ぶ雪予報
2019.02.08 大口を閉じられぬまま吊し鮟鱇
2019.02.07 乗り込む人入りきるのか我の身も
2019.02.06 皆の富士パシャパシャ並ぶSNS
2019.02.05 まんじゅうに美男美女ありエイと取る
2019.02.04 くちびるがふっと開いて恋が咲く
2019.02.03 細くとも確かなつながり糸電話
2019.02.02 集う人のぬくもり感じるカウンター
2019.02.01 久しぶり空気ゆるみて匂う雨

1月

2019.01.31 トラブルがトラブルを呼ぶ雪予報
2019.01.30 一個ずつ食器並べるひとりごはん
2019.01.29 生き急ぐ未来は過去より短くて
2019.01.28 信頼は積み上げプラス絡み合い
2019.01.27 心から楽しむときはひとりかふたり
2019.01.26 雪騒ぎひょっこり現わる白うさぎ
2019.01.25 羽織るもの慌てて探す冬の朝
2019.01.24 無理をして会社に来るな皆のため
2019.01.23 さみしいと言ったら負けさ夜ひとり 
2019.01.22 軋む音顔見合わせるエレベーター
2019.01.21 大寒の月は目つぶし目くらまし
2019.01.20 クレーンのひと突きあるや寒の月
2019.01.19 布団の中着替え温める父の知恵
2019.01.18 集団から一羽離れて追い付いて
2019.01.17 お日さまに背中押されて一歩ずつ
2019.01.16 寒さゆえついつい声の尖りけり
2019.01.15 かじかんだ手にスマホ持つ危うさよ
2019.01.14 火の通り腰なき餅をぺろり吸い
2019.01.13 雪見たか?一日話題になる東京
2019.01.12 賜りし命を揺らす冬隣り
2019.01.11 起きたくない身体が拒否する午前五時
2019.01.10 踏み踏まれ落ち葉のかけら粉々に
2019.01.09 初歌い金銀咲かせて桃色吐息
2019.01.08 店じまい灯りを消せばぐっと冷え
2019.01.07 寒風やしがみつく葉を削ぎ落し
2019.01.06 春隣心に宿る恋歌う
2019.01.05 年明けの山高くなりゴミ収集
2019.01.04 雑煮食う三日が終わり白ごはん
2019.01.03 初春や行き交う人の口ゆるむ
2019.01.02 我らみな時の旅人陽を浴びて
2019.01.01 平成の夢よ目覚めよ次の世へ