印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2018

2018.12.11


新米には新米の艶ゆるむ頬

千早都

2018年

月をクリックすると開きます。

12月

2018.12.11 新米には新米の艶ゆるむ頬
2018.12.10  傷つきしりんごの甘き香りかな
2018.12.09 冬薔薇剪るも明日の世のためと
2018.12.08 一日を切り開いてく日の出かな
2018.12.07 腕ポキリ折りて着替えるマネキンたち
2018.12.06 月めくり最後の一枚ていねいに
2018.12.05 コート脱ぎ上着を脱ぎてエセ師走
2018.12.04 そだねーで終わる平和な年の暮れ
2018.12.03 何でもない道でつまずくああ歳か
2018.12.02 ショートケーキなぁんだイチゴは半分か
2018.12.01 喉仏動くのを見て嘘を知る

11月

2018.11.30 薄日差すふくら雀のこっくりと
2018.11.29 角の立つことにポツポツスタンプを
2018.11.28 ダイエット簡単なのは財布だけ
2018.11.27 どんな色どんな形でも雲は雲
2018.11.26 黄金色に光る銀杏よ君いずこ
2018.11.25 平成の最後を並べるカレンダー
2018.11.24 いろいろの色を身につけ山うれし
2018.11.23 外れてく棘なき薔薇の花びらよ
2018.11.22 天井のしみはお化けか夜の涙
2018.11.21 勇気だし放つ言葉のぎこちなさ
2018.11.20 色変えることなく枯れ散る葉の多し
2018.11.19 ありがたき幸せぽつり雨ぽつり
2018.11.18 サンキューもアイラブユーもハザードで
2018.11.17 半分の月を見上げる夜の苦し
2018.11.16 出番待ちジリジリ調整シクラメン
2018.11.15 ハートのネギいくつも浮かぶすまし汁
2018.11.14 葉の落ちるどうかゆるりとゆるゆると
2018.11.13 落ち葉踏む君と歩けばカサコソと
2018.11.12 陽の当たる木々はさささと色を変え
2018.11.11 海老天を大きく大きく作る夜
2018.11.10 ピーピーとかチンとか我を呼ぶ多数
2018.11.09 冬花火キミのポッケで手を温め
2018.11.08 犬だってあくびもするさ宮仕え
2018.11.07 望むことまだあるのかと自問の秋
2018.11.06 コスモスのスクラム組んでゆるりらら
2018.11.05 カタカナをずらり並べて目くらまし
2018.11.04 永久歯残っていいよ永久に
2018.11.03 美味そうなゴミはカラスのご馳走なり
2018.11.02 米つぶのふつふつ飯となりてぶつぶつ
2018.11.01 埋み火を掘れば広がる火事場かな

10月

2018.10.31 頭垂れスマホに吸わるる視線かな
2018.10.30 プリン・タルト・パイ・どら焼きもかぼちゃ色
2018.10.29 挨拶と「ありがとう」を言う君が好き
2018.10.28 間引かれた菜っ葉の味噌汁いただきます
2018.10.27 歳とればネエサンオバサンオバアサン
2018.10.26 満たされぬ心ふちからギザギザに
2018.10.25 びんびんと頭に届く高き音
2018.10.24 風呂場にて浮かんだ一句さっと消え
2018.10.23 ぎっしりの箸立て一膳抜き難し
2018.10.22 お日さまのストンと落ちて秋の暮れ
2018.10.21 白髪の染めても染めても白くなり 
2018.10.20 帯はずし素のまま本と過ごす夜
2018.10.19 想い出に酔ってふらふら迷い道
2018.10.18 あと五分あと一分と布団の中
2018.10.17 枝黒く塗るは激しい雨の筆
2018.10.16 世の中は光なければすべて闇
2018.10.15 商店街最後のシャッター下りる夜
2018.10.14 一年を遥か昔と思う秋
2018.10.13 ぶつからぬようにジグザグ飛ぶ蜻蛉
2018.10.12 返す声なくとも声かけ朝始む
2018.10.11 しあわせなときはチクチクシクシクと
2018.10.10 気が付けば涙あふれる五十路かな
2018.10.09 ドレミファソラララで止まる恋もあり
2018.10.08 ありがたやで終わる一日ありがたや
2018.10.07 逃げるなら正々堂々別人で
2018.10.06 耳と鼻より敏感になりて秋
2018.10.05 出勤札裏返すよう季の変わり
2018.10.04 赤白黄突如現わる彼岸花
2018.10.03 見ないフリ聞かないフリで溜まる毒
2018.10.02 あの人の香り微かに秋の宵
2018.10.01 今何時?さっと答えるスピーカー

9月

2018.09.30 10-1答えも1の心地して
2018.09.29 「なんでもいい」は「どうでもいい」に聞こえる秋
2018.09.28 恋しない人生なんて風ひゅるるぅ
2018.09.27 針金の花のようです彼岸花
2018.09.26 秋の夜のああ情念の声かすれ
2018.09.25 定まらぬ音の受け取り秋の耳
2018.09.24 暗闇より猫そばに寄る丸くなる
2018.09.23 一匹の蛾に阻まれるATM
2018.09.22 対極の季節の足音じわじわと
2018.09.21 ニンニクの匂ひて歩く距離をとり
2018.09.20 点滅のランプ好きよ好きよと言い
2018.09.19 ピンポンピンポン居留守のつもりはないけれど
2018.09.18 パーツごと並べて昆虫採取箱
2018.09.17 老若男女歳とるペースはみな同じ
2018.09.16 カキフライラスト一個は君の分
2018.09.15 つぼみよりしぼみの多し夏の花
2018.09.14 悪夢ばかり吸ってふくらむ枕かな
2018.09.13 平成のこれが最後と虫の声
2018.09.12 真夜中の光求めて冷蔵庫
2018.09.11 秋雨のどどどと空気入れ替える
2018.09.10 なつかしき男と奏でる青き音
2018.09.09 叩こうか吸わせてやろうか九月の蚊
2018.09.08 山肌を掻きむしったのか北の揺れ
2018.09.07 飛んで飛んで頬をかすめる枝葉あり
2018.09.06 ひび割れた鏡に映るいびつな世
2018.09.05 ゆく夏にドンドンバリバリグラグラふうぅ
2018.09.04 電車内別人になるお嬢さん
2018.09.03 虫の音の小さく小さく囁けり
2018.09.02 天からの借り物なんだこの命
2018.09.01 ぽつりぽつり音符のようなしずく落つ

8月

2018.08.31 混雑した車内をスイスイ蚊がスイスイ
2018.08.30 ピーピーと終わりを告げる音・音・音
2018.08.29 虫の声じわじわじわーっと押し寄せる
2018.08.28 イフイフイフイフはフイにやって来る
2018.08.27 炎天下転がる命のカケラかな
2018.08.26 老いと老い間に猫の大あくび
2018.08.25 蝉しぐれ君のうめきも消し去って
2018.08.24 土の中息をひそめて育つ芋
2018.08.23 みなが行くあの世のキャパは無限大
2018.08.22 歳とってニョッキニョッキと伸びる爪
2018.08.21 見とれてるゴロリと動く喉仏
2018.08.20 ふうらりと夏の終わりに蚊が一匹
2018.08.19 行かないで夏のしっぽはつかめない
2018.08.18 押す回す擦る時代の電話かな
2018.08.17 可愛げのあるどら猫でいたき我
2018.08.16 始めるも終えるも涙恋語り
2018.08.15 釣り糸を垂らすような雲あちこちに
2018.08.14 恋猫の甘えた声で夜が明ける
2018.08.13 長寿命より良寿命選びたし
2018.08.12 風鈴のチロンと存在示す風
2018.08.11 消し忘れ涼しい部屋のお出迎え
2018.08.10 アリの群れサボリはいてもイジメなし
2018.08.09 繰り返す空虚な言葉風になる
2018.08.08 秋立つや耳を遠くに傾けて
2018.08.07 ため息の量増えすぎて上がる温度
2018.08.06 I am I(アイアムアイ)ひっくり返せばあいまい(IMAI)
2018.08.05 なりたいもの互いに語る八十過ぎ
2018.08.04 道々に蝉転がりて踏まれけり
2018.08.03 老いの身や上を目指すも一歩ずつ
2018.08.02 盛り超え猛々しくて酷い夏
2018.08.01 地上にて我らしんなり炒めもの

7月

2018.07.31 子供よりシニアが揃うラジオ体操
2018.07.30 平等より納得する差をつけとくれ 
2018.07.29 邯鄲の夢はまぼろし雨あらし
2018.07.28 行き当たりバッチリなんて笑えない
2018.07.27 もしかして夏の終わりかヒュルヒュルリ
2018.07.26 泡となり君に溶け込む炭酸水
2018.07.25 私だけ平泳ぎなの金魚鉢
2018.07.24 いてててぇ聞こえる自販機取り出し口
2018.07.23 のろけるのはのろける相手あってこそ
2018.07.22 怖い人じゃないよ頭はハダカでも
2018.07.21 貧乏もシンプルライフと呼べばクール
2018.07.20 靴底の減りチェックする靴磨き
2018.07.19 背伸びしてまた背伸びして立葵
2018.07.18 大口を小口に変えて夏盛り
2018.07.17 思いのほかベッドを揺らす我の鼓動 
2018.07.16 平凡な人にも七癖世は楽し
2018.07.15 青い空青い海なのに君がいない
2018.07.14 仕事人オフィスを出れば親の顔
2018.07.13 迷ってる貴女は妊婦かポッチャリか
2018.07.12 どしゃ降りの音は心の睡眠薬
2018.07.11 闇を縫う光の糸を紡ぐ蛍
2018.07.10 バス停の日差しを避けて一人二人
2018.07.09 カラスカラス小賢さゆえの憎らしさ
2018.07.08 濁る世のスカッと太陽お見通し
2018.07.07 はや蝉か継ぎ足しながら鳴きにけり
2018.07.06 轟々と恫喝するような雨が降る
2018.07.05 アザミとて順次枯れゆく花であり
2018.07.04 畳み込む心いびつな形して
2018.07.03 半夏生我も我もと蛸受難
2018.07.02 鎌風になりてちょいちょいチェック付け
2018.07.01 葉の陰になりて止まれぬ「止まれ」の字

6月

2018.06.30 前倒し光と風に背を押され
2018.06.29 満月の夜にじんわり滲むブルー
2018.06.28 蛇口からガブ飲みしてた夏遠し
2018.06.27 ぼんやりと浮かぶ気持ちに風船を
2018.06.26 人生のエンドロールはさらさらと
2018.06.25 欝々と解けぬ思いと解ける帯
2018.06.24 幾たびも眠りほどけて探すキミ
2018.06.23 鳴くたびに上手くなるはずウグイス嬢
2018.06.22 逢いたいと思えばふいに雨匂う
2018.06.21 紫陽花のくしゅと重なり大手毬
2018.06.20 散るぞ散る木の葉のしずく花のしずく
2018.06.19 笑うとは心ゆるりと許すこと
2018.06.18 天照(アマテラス)岩戸の奥でいないいないばぁ
2018.06.17 「しあわせ」とひらがなで書くやわらかく
2018.06.16 目薬の外れて涙悔し涙
2018.06.15 紫陽花の毬をぽぽんと下支え
2018.06.14 飛び出したこころコロコロ帰れない
2018.06.13 なめくじの壁にぴったり雨上がり
2018.06.12 雨は降る叩きつけるよう撫でるよう
2018.06.11 横にいて前でも後ろでもなくて
2018.06.10 次は誰?互いに見てる老いの葬
2018.06.09 突然の雨走る人宿る人
2018.06.08 ドロドロの血液サラサラトマトジュース
2018.06.07 夏花火ドンとかまして後ずさり
2018.06.06 かりそめの姿溶け出す湯船かな
2018.06.05 とりどりの石を積み上げ強き壁
2018.06.04 日曜の夜も感じる君の気配
2018.06.03 「一茶くん」に負けじと千早都ここにあり
2018.06.02 誰か来るゆえキレイになる我が家かな
2018.06.01 大木にもたれかかりて深呼吸

5月

2018.05.31 それホンネ?自分でびっくりするポロリ
2018.05.30 ダメ出しの勇気むなしくひとり散る
2018.05.29 風見鶏今年の夏はあーついか?
2018.05.28 あくびして涙こぼしてまたあくび
2018.05.27 迷い込むハエ一匹と我一人
2018.05.26 植え替えの花・花・花の無念かな
2018.05.25 いだくべき罪を感じるコトのあと
2018.05.24 日に一つ発見ありや通勤路
2018.05.23 行き当たりバッチリそれは人間わざ
2018.05.22 運命といえば光も風も葉も
2018.05.21 星流れ月はゆるりと位置ずらし
2018.05.20 寄せ返すなら寄せていて君の波
2018.05.19 歳とれば子供に還る頭だけ
2018.05.18 ウソつき!と爪の食い込むグーの中
2018.05.17 ニョッキニョキはや1センチの白髪かな
2018.05.16 今日流す涙は甘いかしょっぱいか
2018.05.15 バッテリー不足補う鰻かな
2018.05.14 ぼこぼこに蹴られてなんぼのサッカーボール
2018.05.13 恋猫のじっと見つめる焼き魚
2018.05.12 消しゴムで消える程度の恋さらば
2018.05.11 ゆるキャラなら許されるかなこの体型
2018.05.10 寒暖にもてあそばれる命かな
2018.05.09 雨ザザザもっと寝てたい雨ザザザ
2018.05.08 キッチンではチンと鳴るのがご主人様
2018.05.07 焦げぬようゆるくかき混ぜ恋のシチュー
2018.05.06 フラットよりシャープがいいな向上心
2018.05.05 森作る林の上に木を植えて
2018.05.04 サイレンの遠く近くに聞こえけり
2018.05.03 かさぶたのふちからちびちびぺりぺりと
2018.05.02 水の中ゆうるり落ちる一円玉
2018.05.01 大ごとも砂粒になる時経れば

4月

2018.04.30 青き日の鯉の終わりはミソラシド
2018.04.29 ひとときの君の歯ブラシ立ちぼうけ
2018.04.28 人形の目が睨んでる捨てるなと
2018.04.27 おむすびの尖りぱくりぱくりとな
2018.04.26 ぴょんぴょんと夏はせっかちウサギさん
2018.04.25 花びらの舞うおもてうらおもてうら
2018.04.24 角の取れた言葉がこつん君の意思
2018.04.23 三日月に心ぶら下げ春の宵
2018.04.22 残音を包むやわらかな空気かな
2018.04.21 その命少し凍らせてアイスクリーム
2018.04.20 動力の風を求めてかざぐるま
2018.04.19 ひといきに積み木の部屋はこわせない
2018.04.18 緊張をさっとゆるめる冷凍めん
2018.04.17 青々しにおいの満ちて胸苦し
2018.04.16 餌もなきベランダぺちゃくちゃ集う鳥
2018.04.15 鳥たちの声高らかに雨の朝
2018.04.14 身に届くはるか地底の息づかい
2018.04.13 春酔いは甘美な地獄か天国か
2018.04.12 ぶんぶんと泳ぎまくれよ鯉のぼり
2018.04.11 足跡を残さぬように春の風 
2018.04.10 夢と夢重なり合ひて闇深し
2018.04.09 会える日が待ち遠しくてうるうるるぅ
2018.04.08 春の日をくまなく埋める「鬱」の文字
2018.04.07 強風に背中押されてゴーゴーゴー
2018.04.06 身の重き朝を突っ切るツバメかな
2018.04.05 入れない回転ドアはくるりくるり
2018.04.04 ゆるゆると切り開いてく花の河
2018.04.03 これでもか!これでもか!って夢疲れ
2018.04.02 するりんとボタン落ちるもナイスキャッチ
2018.04.01 シャープよりフラットになる春の影

3月

2018.03.31 ピュアに素に生きるが楽か春日差し
2018.03.30 日の落ちて月と桜と君と僕
2018.03.29 いくつものいいね!の中に君がいる
2018.03.28 どの人も美しきかな花の宴
2018.03.27 日没の空もほんのり桜色
2018.03.26 目の奥に夢押し込めて今日を見る
2018.03.25 ありがとうだけ残したい最後の日
2018.03.24 間違えたフリして送るアイラブユー
2018.03.23 ぶっ放すおなら逞し赤子かな
2018.03.22 春分のおっとどっこい雪化粧
2018.03.21 スタッカートスキップステップ思い出し
2018.03.20 泣いてくれる人いて我ももらい泣き
2018.03.19 たら・ればの池に沈める恋・恋・恋
2018.03.18 都合の良い夢を見たいな微熱の夜
2018.03.17 惰性で生きるのはやめたいな春の声
2018.03.16 ぺろりんと新聞めくる贅のとき
2018.03.15 しがらみをきずなに変えてまた一歩
2018.03.14 逃げる去る何が残るか春霞
2018.03.13 合鍵のそのギザギザにひっかかる
2018.03.12 開花予報梅に続ける桜かな
2018.03.11 何万もの星のきらめく3.11
2018.03.10 恋猫の甘えた声をぶつけ合い
2018.03.09 謝るなら早い方が良し雨上がり
2018.03.08 こわれてもいいかななんてはるあらし
2018.03.07 見え透いた嘘をつかれて春濁る
2018.03.06 いびつという思いに触れて春嵐
2018.03.05 幾筋もの風に分かれて放つ雲
2018.03.04 裏白きチラシをささと抜いてどさっ
2018.03.03 雪景色終わりにしたき弥生かな
2018.03.02 名を持ちて一人前の病かな
2018.03.01 クリアボタン押したい押したいああ押せない

2月

2018.02.28 陽だまりをこの手に載せてコロコロと
2018.02.27 そだねーがいっぱいきこえる春近し
2018.02.26 今日もまた切符切るように日をめっくる
2018.02.25 雨上がりくっきり残る雨の跡
2018.02.24 金銀銅泣いて笑って抱き合って
2018.02.23 封じ込めた思い一人でぎゅっと抱く
2018.02.22 生き残り回り続ける独楽寂し
2018.02.21 車窓より奥へ奥へと雪の峰
2018.02.20 真夜中の喉を潤す水うまし
2018.02.19 ぽつりぽつりつぶやくように開く梅
2018.02.18 京の梅ゆるりゆるりと綻びぬ
2018.02.17 ほうとうのかぼちゃのような役を得る
2018.02.16 口割らぬ二粒残ししじみ汁
2018.02.15 掛ける気のないボタンしかと掛け違え
2018.02.14 やや甘くやや苦きもの君のにおい
2018.02.13 忠実に生きるは難し恋の道
2018.02.12 逃げるコマ攻めるコマあり休みの朝
2018.02.11 針に糸エイッと一発とおりゃんせ
2018.02.10 かさこそと君が駆け寄るアフターファイブ
2018.02.09 ぼろぼろとこぼれ落ちてく木肌かな
2018.02.08 席を立ち何しに来たか泣き笑顔
2018.02.07 潔く雪よ消えてと願う朝
2018.02.06 五十過ぎやたら伸びるも白い髪
2018.02.05 よいしょっと足腰膝を励ましぬ
2018.02.04 豆巻きて鬼と交わせり春の酒
2018.02.03 雪空に裸の像の凛と立ち
2018.02.02 スリーセブン並ぶレシートポケットに
2018.02.01 身を切るも身をそぐもあり血はいずこ

1月

2018.01.31 ひね曲がる松にも松の生き方よ
2018.01.30 指先の滑りイマイチめくれない
2018.01.29 ぱっくりと口開け人吸うエレベーター
2018.01.28 あたたかき言葉は冬のご馳走なり
2018.01.27 裸木のツンツン月をつつく夜
2018.01.26 ちびちびとペンギン歩きだるい足
2018.01.25 ぽつぽつとたまったホコリに落ちる涙
2018.01.24 くしゃみして吹っ飛んだ知恵拾ひけり
2018.01.23 鷹の爪ひょいと紛れて口の中
2018.01.22 ひと眠り君と枕を分け合ひて
2018.01.21 ぴっちりと揃わぬダンスもまた楽し
2018.01.20 前後左右誰かが君を支えてる
2018.01.19 白菜の出来が悪くてはんぶんこ
2018.01.18 一日が押し出されてく午前零時
2018.01.17 冬の朝痛みのふうせんぷううとな
2018.01.16 期限切れ間近の食品パクパクと
2018.01.15 お皿とは遅かれ早かれ割れるもの
2018.01.14 集う人一人二人消えアッシュトレイ
2018.01.13 かすかなる鈴の音のゆく夜道かな
2018.01.12 バタバタとカラスの騒ぐ日の出かな
2018.01.11 喧嘩して仲直りする青き時代
2018.01.10 ゆでたまごつるりとむけてにんまりと
2018.01.09 たまゆらの夜半の心音添える君
2018.01.08 歳取りて歪む身体にごくろうさん
2018.01.07 チュンチュンとすずめのような口づけを
2018.01.06 ちぐはぐがすんなりとなる二人かな
2018.01.05 生きているそれだけでいい年賀状
2018.01.04 ひとつずつ時計動かす新たな年
2018.01.03 うわごとも熱も夢もただあなただけ
2018.01.02 にじむのは思い出じゃないスーパームーン
2018.01.01 新年は溜め息よりも深呼吸