ikku 2004 of OfficeKOBA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > ikku 2004

2004年

月をクリックすると開きます。

12月

2004.12.31 雪孕む雲のますます厚み増す
2004.12.30 やっと来た年の終わりの白装束
2004.12.29 竹箒立てて邪念を追い払う
2004.12.28 魂をそっと洗ひて君に添ふ
2004.12.27 かなしみのひしめき合ひて月の啼く
2004.12.26 線路入る鳩さん逃げて早く逃げて
2004.12.25 恋するとちょっとうれしいちょっと悲しい
2004.12.24 赤ちゃんに戻りし老いの笑み優し
2004.12.23 焼き芋が改札口で待っている
2004.12.22 涙さえ流せぬ雲のやるせなさ
2004.12.21 あれれれと顔見せし蚊をやり過ごす
2004.12.20 空澄みて薄雲さらさら刷毛で描く
2004.12.19 散らかしたゴミとカラスの爪楊枝
2004.12.18 ぬくもりをさらりと落とす着替えかな
2004.12.17 布こすれ人とこすれ合う冬電車
2004.12.16 夕暮れのいちばん星に君想う
2004.12.15 小窓より月をこっそり招き入れる
2004.12.14 地を割りし力にひれ伏す者はなし
2004.12.13 人恋ひて箒持つ手の頼りなさ
2004.12.12 流れ星逢いたいときに逢えなくて
2004.12.11 耳たぶの中のほくろを目でつかむ
2004.12.10 繰り出せば命ひしめき合う東京
2004.12.09 身を寄せてちりちり丸まる紅葉かな
2004.12.08 あなた坂のぼれどのぼれど転げ落つ
2004.12.07 あああれは・・・急行電車は停まらない
2004.12.06 風温し窓を磨きて飾り雪
2004.12.05 枯れ葉散ると歌えば最後の枯れ葉散る
2004.12.04 闇夜から繰り出す一番列車かな
2004.12.03 東京を睨みて昇る冬陽かな
2004.12.02 やせ細る風の尖りて肌を切る
2004.12.01 ぬくもりに幸せ感じる十二月

11月

2004.11.30 鰯雲赤く染まりて藍に消ゆ
2004.11.29 秋晴れや百キロ先の山近し
2004.11.28 落ち葉敷き鳩一羽立ち皆も立ち
2004.11.27 風に揺れなびきこそすれ根は動かず
2004.11.26 人肌のぬくもり残る座席かな
2004.11.25 天抜けし空の青さが目にしみる
2004.11.24 空っ風いのちのぬめり剥がしゆく
2004.11.23 月冴ゆるかと思いきやにわか雨
2004.11.22 くれないの肩から腕へするり落つ
2004.11.21 ゆず削り椀のうっすら香るかな
2004.11.20 いけないと言いつつ夜なべに夜食かな
2004.11.19 突風にきりきり舞いの銀杏かな
2004.11.18 秋寒し朝のコーヒー香り立つ
2004.11.17 晴れなのにぽつぽつ雨降る屋根のふち
2004.11.16 幸せ顔と言われて泣いて繕って
2004.11.15 冬篭り君よ恋しと毛布抱く
2004.11.14 呼び出し音鳴るか鳴らぬか君の声
2004.11.13 葉の先の雨の雫の膨らめり
2004.11.12 泣き虫は雨上がりの幸せを知り
2004.11.11 もの言わぬ男の肩をぽぽんのぽん
2004.11.10 恋猫のそそくさと去る餌のあと
2004.11.09 とろとろの柿を吸い吸い秋の暮れ
2004.11.08 力無き日差しを背中にペダル踏む
2004.11.07 木漏れ日の躊躇いがちに照らす君
2004.11.06 煙無き絵は描けぬか世界地図
2004.11.05 枯れ葉散る速さを競う並木道
2004.11.04 のぞき込む鏡の中の我の中
2004.11.03 コスモスの群れて好き好き咲き乱れ
2004.11.02 蟻一匹きみの幸せ問うてみる
2004.11.01 やや遅れゆれる柳のやるせなし

10月

2004.10.31 あの人の足音探す白兎
2004.10.30 君に触れ我に触れたる秋の風
2004.10.29 ノーサイド眠りをください私にも
2004.10.28 白月やすすきの波に風踊る
2004.10.27 音をあげるポジションさぐる雨の午後
2004.10.26 そこなしのさみしさ映す透いた空
2004.10.25 色づいた葉のお出迎え無人駅
2004.10.24 集まりてぬくもり拾う夜寒かな
2004.10.23 束ね髪ほどきて一人夜長し
2004.10.22 雲散りてぐんと広がる秋の空
2004.10.21 互い違い傘を開きて巣に帰る
2004.10.20 にじみ出たインクの香る雨の朝
2004.10.19 恋猫の爪におびえる恋敵
2004.10.18 犬はただ我にすり寄り言葉なく
2004.10.17 お日さまをすっぽり隠す憎き雲
2004.10.16 雑草の歩道へにょっきり手を伸ばす
2004.10.15 幾たびも寝返りを打つ長夜かな
2004.10.14 キンモクセイ香りもろとも失えり
2004.10.13 泣きすぎて笑顔作れぬ朝となり
2004.10.12 棒切れを選びて止まる赤とんぼ
2004.10.11 日の暮れて空気ぎゅぎゅっと引き締まる
2004.10.10 異次元のポストにくべしラブレター
2004.10.09 夢に咲き愛を誘ひて歌ふ花
2004.10.08 夕暮れは七難隠し富士を見せ
2004.10.07 秋の陽や色づく紅葉と睦み合ふ
2004.10.06 雨続き遺書のひとつも書いてみる
2004.10.05 いびつなる野菜安くて買ひ求む
2004.10.04 飲み干したグラスに残る君の汗
2004.10.03 老い増えて老いの譲りし優先席
2004.10.02 ひょうひょうと輝く月の寒さかな
2004.10.01 さるすべり百日咲いてまだ咲いて

9月

2004.09.30 例えば恋とは諦めない気持ちかな
2004.09.29 日の暮れて風と語らふ紅葉かな
2004.09.28 ATM輪唱のごと声並ぶ
2004.09.27 幸せを選び抜けるかあみだくじ
2004.09.26 指先の君を求めて掬う風
2004.09.25 秋雨の袖を濡らして立ちすくむ
2004.09.24 競売の地に赤く燃ゆ曼珠沙華
2004.09.23 魂の集ひて帰る彼岸かな
2004.09.22 安全ピンちくりと留めし君の胸
2004.09.21 柿の実の青いまま落つ無念かな
2004.09.20 コスモスの連なる小径風遊ぶ
2004.09.19 サングラスマスク帽子の軽井沢
2004.09.18 生きている分だけ募る罪深さ
2004.09.17 ネクタイを一息に抜く戦士かな
2004.09.16 満たされたからだに宿る重みかな
2004.09.15 イントロの十秒待てず次の曲
2004.09.14 霜降りの空がぐふふと笑い出す
2004.09.13 忘れたきことほど忘れがたき海
2004.09.12 なだれ込む黒雲空をベタ塗りし
2004.09.11 五十音の中より選びてア・イ・シ・テ・ル
2004.09.10 あの世からこの世に戻る目覚めかな
2004.09.09 虫の声我を眠りへいざなえり
2004.09.08 指先の目覚めし夜半のキーボード
2004.09.07 コーヒーの酸味引き立つミーティング
2004.09.06 泡の消えたコーラみたいに浮かぬ顔
2004.09.05 噴水のまあるくまあるくなりて秋
2004.09.04 だれひとり列を乱さぬ乗車口
2004.09.03 無農薬とは青虫眠るキャベツかな
2004.09.02 Tシャツの色褪せるまで続く夏
2004.09.01 君と居る時間は伸びたり縮んだり

8月

2004.08.31 腹見せて沈める海老のあぶくかな
2004.08.30 蜂ぶんぶん網戸開けるから逃げてって
2004.08.29 人通り切れてさらりと水を撒く
2004.08.28 蝉の声ぐっと細りて虫の声
2004.08.27 ラッシュアワー人の戻りて息を吐く
2004.08.26 ケータイにつながれし人街埋める
2004.08.25 「じゃあね」と言い「またね」と言わぬ二人かな
2004.08.24 互い違い傘を開きて路地歩き
2004.08.23 雨を背に奏でるピアノの音強し
2004.08.22 点眼の薬こぼれて伝う頬
2004.08.21 生命線おんなはくっきり手首まで
2004.08.20 あの娘とは今日もコーヒーまでの恋
2004.08.19 蝉しぐれ雨に負けじと声高く
2004.08.18 草むらに入らば慌てし虫の発つ
2004.08.17 送り火の果てて戻りし街灯り
2004.08.16 渋滞に細る言葉の拾い編み
2004.08.15 肌に触る風のぬるさよ夏の海
2004.08.14 前略と書きてごまかす不勉強
2004.08.13 ゆるゆるとねじりを解いて開く花
2004.08.12 恋愛に勝ち負けないよと吠える犬
2004.08.11 「なるようになる」はならない日暮れかな
2004.08.10 ちりりんと鳴れば涼しさ感じおり
2004.08.09 かき回す風の重さや扇風機
2004.08.08 しずしずと落ちる火の粉に君の影
2004.08.07 悲しみの炎が灯る君の背に
2004.08.06 あのときの解けぬ知恵の輪ぽろと落ち
2004.08.05 音もなく日付の変わる夜にひとり
2004.08.04 ためらえば頃を逃せり秋の風
2004.08.03 閉じ込めた時間を刻む砂時計
2004.08.02 女だけ元気じゃ世の中つまんない
2004.08.01 ゆで卵つるりとむけた朝うれし

7月

2004.07.31 歯車の少し軋みて身をずらし
2004.07.30 深夜便止まらぬあくび座席まで
2004.07.29 落水のピタリ止まりて眠る夜
2004.07.28 漕ぎ出した船に重なるテイクオフ
2004.07.27 ママママと子になつかれて母となり
2004.07.26 サンセット隣は誰と見る人ぞ
2004.07.25 来日を夢見て働くプールボーイ
2004.07.24 波厚くじろと睨みて牙見せる
2004.07.23 群れて散るいたずらザルの日も暮れる
2004.07.22 片言の英語日本語テリマカシ
2004.07.21 耳飾りブーゲンビリアの似合う朝
2004.07.20 夏休みちびた鉛筆転がりぬ
2004.07.19 バラのトゲぽちぽち折りて持ち帰り
2004.07.18 着実に丈を伸ばせり夏の髪
2004.07.17 バナナの皮どこに置こうか捨てようか
2004.07.16 蟹足の如くクレーンの曲げ伸ばし
2004.07.15 嘘ついたなら嘘のまま暮れて行け
2004.07.14 冷凍の魚ぱっちり眼を開き
2004.07.13 じわじわとのぼせてしまう地球かな
2004.07.12 投票日差すは日傘か雨傘か
2004.07.11 雨降りてぺらぺらの土ふくらめり
2004.07.10 めんどうなくどいお酒とやさ男
2004.07.09 我動かぬされど地球は回るらし
2004.07.08 息苦し最高気温は聞くべからず
2004.07.07 猫道を行けば餌やる人のあり
2004.07.06 東京の日の傾きてまだらなり
2004.07.05 空晴れて途絶えし音信復活し
2004.07.04 次々に電池の切れて止まる時
2004.07.03 シャーペンの芯のポキポキ金曜日
2004.07.02 紫陽花はいつもそこに居る別れの朝
2004.07.01 魂のうるおう夜は明け易し

6月

2004.06.30 暮らしぶり爪にあらわれる女かな
2004.06.29 太陽を海に沈めて夕涼み
2004.06.28 生き物の寝息潜みし夏の宵
2004.06.27 水の色さえ暑苦し凪の海
2004.06.26 室外機唸りて暑さを増幅し
2004.06.25 嗚呼涼し座りてついつい乗り過ごし
2004.06.24 風乾き喉の渇きてまあ一杯
2004.06.23 長き夜君を想ひて二度三度
2004.06.22 細長い空間めがけ風きゅうきゅう
2004.06.21 夜を聴き夜を見つめる女猫かな
2004.06.20 とりどりの花にまさりし笑顔かな
2004.06.19 たんぽぽのわた一斉に飛び立てり
2004.06.18 いじれどもカラスの爪あと消えぬ朝
2004.06.17 なかなかに切れぬ乗車とドアと笛
2004.06.16 風受けし葉裏に見ゆる情報網
2004.06.15 逢えぬ日を重ねて月の細るらし
2004.06.14 買い求むインクのにおい紙のにおい
2004.06.13 幸せな夢の終わりは突然に
2004.06.12 背を見れば心にじみて雨の夜
2004.06.11 あの人の姿をみとめ歩をゆるめ
2004.06.10 露恋しあじさい坂に煙る青
2004.06.09 風浴びて海の匂いに染まるかな
2004.06.08 八の字に広がってゆく船のあと
2004.06.07 とろてろと空よりこぼれて梅雨の朝
2004.06.06 パタパタとミュール駆け込むエレベーター
2004.06.05 一等地押さえて挟み塗りつぶす
2004.06.04 エンジンを止めて流るる小舟かな
2004.06.03 一人分ぽっかり空いてラッシュアワー
2004.06.02 ラインぎわフェアかファウルかこの恋は
2004.06.01 背の高き人中吊りに顔うずめ

5月

2004.05.31 冷房の軋みて一同顔しかめ
2004.05.30 君の魂朝な夕なに抱きけり
2004.05.29 花びらの皺をも写す高画質
2004.05.28 蛇穴を石で塞ぎてニッと笑ふ
2004.05.27 負けいくさ心いくえにも着ぶくれて
2004.05.26 本心を聞いてみたくて酒を注ぎ
2004.05.25 いつか着ると思ひて箪笥膨らめり
2004.05.24 ぶらんこに立ちて世界を揺らしけり
2004.05.23 煙吸わぬ我に集へり店の虫
2004.05.22 君の手に背を抱かれて渡る道
2004.05.21 君待ちて風に流るる柳かな
2004.05.20 見え隠れすれどつかめぬ薄衣
2004.05.19 水煙り涼を求める人の息
2004.05.18 ひるまない日差しにぐらり身の揺れる
2004.05.17 君は今どこで流すや血の涙
2004.05.16 転んでは土の優しさ身にしみる
2004.05.15 行き一人帰りも一人にゃあと鳴く
2004.05.14 風潜りビルの谷間でごつんごつん
2004.05.13 モノ言わぬモノを壊して何建てる
2004.05.12 いにしえの風を運びし京扇子
2004.05.11 ひな菊のわれもわれもと咲きにけり
2004.05.10 Tシャツの胸に宿りし涙かな
2004.05.09 アイスクリーム売り場で動かぬ子の視線
2004.05.08 冷たさがご馳走になる夏日かな
2004.05.07 生っぽい匂ひ払ひて日差し請ふ
2004.05.06 鳥眠る木々に疾風の鳴りやまず
2004.05.05 ぽつぽつと貴重な鯉が泳いでる
2004.05.04 水バケツ底まで月の届くかな
2004.05.03 子の遊ぶ姿の見えぬ日暮かな
2004.05.02 正確に君の不在を刻む針
2004.05.01 輪郭の変わりし顔にパパンパパン

4月

2004.04.30 半月のお椀に星の飛び込めり
2004.04.29 雨上がりミドリガエルとにらめっこ
2004.04.28 ミル貝の足の長さに赤面し
2004.04.27 色鉛筆好きな色から縮みゆく
2004.04.26 春祭りピアスにはっぴでワッショイショイ
2004.04.25 踏み外すこと難しき花座敷
2004.04.24 熱帯びしこの身を晒す春の宵
2004.04.23 ゆったりと並びし春の等圧線
2004.04.22 花びらにわれ戯れん薄衣
2004.04.21 さくらさくら花びら舞ひて木の見えず
2004.04.20 待ち合わせホームに降りて深呼吸
2004.04.19 ひたすらに麺食ふ人の汗も食ふ
2004.04.18 次々と綿毛を吹いて風を見る
2004.04.17 苦水を噛みて始まる新年度
2004.04.16 「君だけ」と言うは今だけウソじゃない
2004.04.15 寒暖も晴雨絵巻も春ゆえに
2004.04.14 白魚の跳ねて転びし100円寿司
2004.04.13 鉛筆の削り香なつかし小学生
2004.04.12 楚々と咲く二三歩後から八重桜
2004.04.11 つり銭の残りはないかと老いた指
2004.04.10 風薫る空き地の猫は大あくび
2004.04.09 空にあり地にも輝く星の花
2004.04.08 ようやっと水面に立てる水すまし
2004.04.07 身を溶かす術を持たない花の雪
2004.04.06 ゆうるりと舟を漕ぎ出す春の海
2004.04.05 さくらさくら力尽きるならひといきに
2004.04.04 飛行機雲描いても描いても消えてゆく
2004.04.03 親指の爪ほどの豆むきて食ふ
2004.04.02 花びらのどっと流れて桜色
2004.04.01 花かがり浮世の夢を咲かせたまふ

3月

2004.03.31 雨水をさらりと逃がす糸桜
2004.03.30 夜桜に酔ひてゆだねる君の肩
2004.03.29 菜の花のシテにワキにと卓に載り
2004.03.28 おしゃべりな風を肴にもう一杯
2004.03.27 君帰る月の刃を頭に載せて
2004.03.26 待ちきれぬ花のはじけてたわわなり
2004.03.25 とってつけたような寒さが身にしみる
2004.03.24 さんづけで呼ばれて遠い人となり
2004.03.23 猫と雨ご機嫌取りはあきらめて
2004.03.22 残り梅ひらりひらりと地に帰る
2004.03.21 駄目押しの雪からまりて桜泣く
2004.03.20 街灯を囲みて一番花の宴
2004.03.19 咲きかけた花に試練の凍り雨
2004.03.18 砂風の中でもぱっちりダテめがね
2004.03.17 熱ありて冷やしリンゴが口に染む
2004.03.16 春眠し浮遊時間を更新中
2004.03.15 ごま油ぷぅんと香りお腹もぐぅ
2004.03.14 靴紐の幾度ほどけて春遠し
2004.03.13 プルプルルゥ悲しく響く電車内
2004.03.12 外歩き黄砂に吹かれて肌ざらり
2004.03.11 なまぬるい風のぺちぺち頬叩く
2004.03.10 わたしたちがわたしに変わる春ゆえに
2004.03.09 紅差して鏡の中で生き返り
2004.03.08 あたたかな日差しに雪のパントマイム
2004.03.07 満月や心も身体もどんぶらこ
2004.03.06 春雨やダダンダダンと胸を打つ
2004.03.05 覆う雲抜け出す月のデッドヒート
2004.03.04 四方より聞こえてくるよ風の悲鳴
2004.03.03 ガラス窓曇りて我ら閉じこめる
2004.03.02 春雨に濡れて寄り添うあてもなし
2004.03.01 やわらかな甲羅かためる大人かな

2月

2004.02.29 山の端の空に吸われし春霞
2004.02.28 ありあまる空のこぼれて海に落つ
2004.02.27 錆び付いたブランコきぃと鳴らす夜
2004.02.26 木々の芽のぽつぽつぷっくりもう一息
2004.02.25 月照らす宇宙の底を歩いてる
2004.02.24 寒風や別れ惜しみて再登場
2004.02.23 ふきのとう春はかくにもほろ苦し
2004.02.22 朝もやのぬくもり抱きて上陸す
2004.02.21 夜桜の頬にうつりて艶めかし
2004.02.20 水ぬるみ我の身体を駆け巡る
2004.02.19 透けて見えるほどの切り身は百円也
2004.02.18 くちびるのふっくらたらこぺろり食う
2004.02.17 吊革のぴしりとのびる人の腕
2004.02.16 北の風猫背の輩を突き飛ばす
2004.02.15 日の照りて半身反らせり白い月
2004.02.14 かたくななつぼみほぐれし春の雨
2004.02.13 春近し寒さ余りて空荒れる
2004.02.12 狭くとも手足伸ばせる我が家かな
2004.02.11 夕暮れて重なり合えぬ二枚皿
2004.02.10 風強し高層ビルに潜む笛
2004.02.09 朦朧と雲立ち上がる二十五時
2004.02.08 あったかぁい扉を開けて配達人
2004.02.07 紅梅の前座つとめし白梅か
2004.02.06 にらみ合いにらみ倒して勝負あり
2004.02.05 星月夜硬き光が胸を射る
2004.02.04 着ぶくれて一席足らぬ電車かな
2004.02.03 心まで吸い出してごらん唇で
2004.02.02 ガチャガチャに夢中になるは子より親
2004.02.01 子の歩く背に柔らかな日差しあり

1月

2004.01.31 白梅の咲きてぽろぽろひなあられ
2004.01.30 廃線のレールを包む草の息
2004.01.29 青い海胸の奥まで染めてゆく
2004.01.28 まるまると太ったカラスに石当たる
2004.01.27 触れる人なき廃屋に雪降りぬ
2004.01.26 もの思えば思う人見る我の居る
2004.01.25 地に落ちし椿見上げる空の青
2004.01.24 くしゃくしゃにすれどシワにはならぬ水
2004.01.23 腰痛し規則正しく巡る月
2004.01.22 切り花の覚悟を決めて凛と咲く
2004.01.21 上書きを重ねて疲弊した記憶
2004.01.20 まといつく雨振り払い地下ホーム
2004.01.19 竹箒になりて木の枝空を刺す
2004.01.18 君の居ない夜数えれば足らぬ指
2004.01.17 茂みから黒い尻尾がみゃうと鳴く
2004.01.16 一画ごとポキポキ折れしシャープペンシル
2004.01.15 空間に言葉を置きてビーズ編み
2004.01.14 人影を君と思ひて咳一つ
2004.01.13 振り袖をぺちぺち叩く風の舞い
2004.01.12 一度低いだけで風邪をひくキミとボク
2004.01.11 枝伝ふ薄い日差しに揺れる午後
2004.01.10 探しものばかりしている夢の中
2004.01.09 水仙のつつつと並ぶ花三輪
2004.01.08 一つずつ七草唱える親子かな
2004.01.07 本めくりはらりと落ちるクーポン券
2004.01.06 しゃっくりが止まらず俯く晴れ着かな
2004.01.05 欲持つな無理言うなかれ中吉よ
2004.01.04 地の民に覆い被さる月一つ
2004.01.03 テイルランプさえもまぶしいMidNightDrive
2004.01.02 龍立ちて目覚める朝の陽は赤く
2004.01.01 吸い込みて朱塗りの社は膨れゆく